ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ふと疑問に思ったことなんですが、「神経」という言葉には「神」という言葉が含まれていますが、どうして「神」なんでしょうか。「神経」の語源についてご存知の方いらしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちわ。


>どうして「神」なんでしょうか。

・まず文字の語源を調べてみましょうか。日本の漢字は文字通り中国伝来のものです。中国古来からの意味をそれぞれご案内します。
「神」の字は、
a:伝説中の天に住む尊い生物、仙人、神霊、神仙、鬼。
b:人が死んだ後の精霊。
c:特別に超越した人知に及ばない出来事や物。
d:精神。
e:心情、心意。
f:風采、気色、顔色。
g:尊い物。

「経」の字は、
1:縦の糸。
2:南北の方向(地球などの経度)。
3:直行。
4:経過、経歴。
5:主要のもの。
6:境界線。
7:常道、常規。
8:尊い教えが書かれた書物(経典とか言います)。
9:尋常。
10:女子の月経。
11:中医学でいう人体の精神や血液が流れる道。
12:酒器の名前。
13:懸ける。
14:副詞で、曽て、既に。

以上の語源のから、d: と11: の組み合わせで「神経」という言語が成り立っています。
つまり、「精神」や「気」が流通する経路、すなわち「神経」となります。
「神」の字は英語で言う god 以外にもたくさん有ることが諒解できれば謎が解けると思います。
いずれにしても、人類の身体の仕組みって本当に神がかっています。
昔の人が「血」や「気」や「精神」の流れ道に「神」の字をあてがった気持ちが理解できます。

蛇足で、中国では「神」一字でも神経や精神や注意力や賢いなどの意味も含まれております。

>「神経」の語源について・・・

・上述のごとく、中国の数百・数千年前に遡ります(^^♪。tenn.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご回答ありがとうございました!
「神経」という言葉に杉田玄白の「解体新書」が関わっているなんて、驚きでした。中学の時の歴史を思い出しました^^;
元々は中国医学が源となっているんですね。最近瞑想というものを始めまして、ふと疑問に思いました。
みなさんから回答をいただきとても勉強になりました。ありがとうございました^^

お礼日時:2004/07/04 10:13

東洋医学でいう『神(かみ)』とは、極端に言うと「生きているか死んでいるか」という事で、「神がある」という事は生きている、生命力がなくなっていないという意味になります。



感覚を得るのは神がある(生命力がある)からで、神のない、死んでいる人間は痛みを感じません。
ですからこの考え方では、感覚の有無はで生命力が有無あるとも考えられます。

それで、その生命力の経脈(気の流れ道)である刺激伝導系の事を、杉田玄白をはじめとする解体新書に携わった人たちが正式に「神経」と名付けたというわけです。

鍼灸師でした。
    • good
    • 1

「神経」という言葉は、杉田玄白が『解体新書』の中で、オランダ語の“ゼニュー”の訳語として「神気の経脈、道筋」という意味で名づけたものです。


http://www.dnp.co.jp/jis/g_gakko/talk/19/19_talk …
「神気」については下記が多少参考になるかもしれません。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~xianxue/dictionary/s …

なお蛇足ながら、解体新書についてはこちらでPDF書類で見ることができます。
http://www.nakamura-u.ac.jp/~library/yogaku/kait …
http://www.nakamura-u.ac.jp/~library/yogaku/kait …

参考URL:http://www.dnp.co.jp/jis/g_gakko/talk/19/19_talk1_2.html,http://www2s.biglobe.ne.jp/~xianxue/dictionary/s …
    • good
    • 0

#1です。


勢いで回答ボタン押してしまいました。^^;

体に張りめぐらされた重要な経路で,そこには
神懸かったエネルギー(気)が通っている,
と考えられていたみたいです。
    • good
    • 1

漢語からの借用で,神様もしくは神気の経路,という意味です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神経の“神”の由来

神経と言う単語がありますよね。運動神経や反射神経の神経なんですけど、なぜ神経の“神”は神様の“神”なんでしょうか?昔の人は神様が通って人間の体を動かすと考えたのでしょうか?言葉の由来を教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じ質問があります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=912911

ちなみに、「神」の意味ですが、英語の「god」に神という意味付けがなされたのは明治期以降なので、それ以前に生まれた語句に付けられた「神」とは若干意味が異なってきます。
http://engbib.hp.infoseek.co.jp/god.html

Qアリストテレスの精神の座について

アリストテレスは、頭ではなく心臓に心があるという精神の座を提唱したらしいのですが、それに至った経緯や所以を知りたいのですが、誰か知っている方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

参考程度に
アリストテレスは霊能者でもあったようですから、心が精神で、心は心臓の近くにあるということは知っていたのでしょうね。脳が心ではありませんね、脳は記憶媒体ですね。これは2500年前の仏教でも同じですよ。

Q飛車→龍、角行→馬になるのはなぜ?

こんにちは。
早速質問です。

なぜ、飛車の裏は龍(王)で、角行の裏は(龍)馬なのですか?
何か由来があるのだと思うのですが…。
飛車-龍王、角行-龍馬の間につながりがあるのでしょうか?
それとも飛車-角行の関係と龍王-龍馬の関係が同じようなものって事なのでしょうか?


また、飛車も角行も同じくらいの格(?)だと思うのですが、片や「龍」で片や「馬」では何だか重みが違いますよね?
どう考えても龍>馬な感じがします。
これは「龍王」を略すときに「王」に出来ないから「龍」で、「龍馬」は「龍」はさっき使っちゃったから「馬」って事なのでしょうか??

Aベストアンサー

>飛車-龍王、角行-龍馬の間につながりがあるのでしょうか
もともと飛車と龍王、角行と龍馬は別の駒です。ご存知かと思いますが、平安時代には駒の種類が多く取った駒を再使用しない大将棋、中将棋などの将棋がありました(中将棋の駒については別添URLご参照ください)。時代が下りルールが簡素化されるプロセスで駒の統合が行われ、よく似た駒の動きが一体化していったものと思われます。

個別の関係というより、いろいろな駒の動きを考え、それぞれに強そうな名前をつけ、後から動き方を中心に整理したのでこうなった、というわけです。

>どう考えても龍>馬な感じがします。 これは「龍王」を略すときに「王」に出来ないから「龍」で、「龍馬」は「龍」はさっき使っちゃったから「馬」って事なのでしょうか
そのとおりだと思います。
なお、諸説ありますが、「竜馬」は頭部が馬、胴体が龍の動物とするものもあり、当時の人にとっては龍王に匹敵するイメージではなかったかと思います。
(例)  ↓
http://homepage3.nifty.com/butsuzo-jidai/page017.html

以上、ご参考になれば。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/konishi/Hobby/Chushogi/

>飛車-龍王、角行-龍馬の間につながりがあるのでしょうか
もともと飛車と龍王、角行と龍馬は別の駒です。ご存知かと思いますが、平安時代には駒の種類が多く取った駒を再使用しない大将棋、中将棋などの将棋がありました(中将棋の駒については別添URLご参照ください)。時代が下りルールが簡素化されるプロセスで駒の統合が行われ、よく似た駒の動きが一体化していったものと思われます。

個別の関係というより、いろいろな駒の動きを考え、それぞれに強そうな名前をつけ、後から動き方を中心に整理したの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング