町内の会計を担当することになりました。財務会計のことはほとんど知りません。決算書を作成するときに、各科目の増減額を計算しますが、計算式はどうなるのでしょうか。

①収入、支出とも「実績金額」-「計画金額」
②収入は「実績金額」-「計画金額」、支出は「計画金額」-「実績金額」

 今までの会計担当者の作成資料は①です。町民の財務業務経験者の方には②と言われる方もいます。他の町内のを参考に見せてもらいましたが②です。
 もしかしたらどちらでもいいのでしょうか。この件に関しての正しい財務書類作成方式のURLなどありましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>もしかしたらどちらでもいいのでしょう…



町内会の会計に簿記を持ち込むまでのことはないです。
毎年同じ方法でやっていればそれで良いんです。
むつかしいことを考え出すと、次年から会計係の引き受け手がいなくなりますよ。

>今までの会計担当者の作成資料は①です…

それで良いんじゃないですか。

予算よりたくさん使った (支出)、予算より多く儲かった (収入) ときはプラス。
予算ほど使わなかった (支出)、予算ほと儲からなかった (収入) ときはマイナス。

が一番わかりやすいと思いますよ。

>町民の財務業務経験者の方には②と言われる…

町民の財務業務って、町役場に勤めている人という意味ですか。
それはお金が残る残らないという観点からの話です。
簿記を言い出すと確かにそうなりますが、予算どおり施行されたのかどうかという面では、素人にはやはり分かりづらいでしょう。

>この件に関しての正しい財務書類作成方式のURLなどありましたら…

総務省が出している、町内会等の規約類の指針です。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/commun …
これの「8.決算報告書の読み方」では ○2 が例となっていますが、あくまでも「・・・の場合」としていますから、 ○2 を強制するものではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。本当に助かりました。現状引き継いだとおりにやってゆきたいと思います。総務省のURLも非常に役に立ちました。

お礼日時:2016/01/14 17:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財務会計と管理会計

こんばんは。
財務会計と管理会計の違いを簡単に教えてください。

Aベストアンサー

財務会計とは一般的に外部利害関係者(例えば株主)を対象に作成されます。

それに対して管理会計は企業内部の者(例えば社員)を対象にして作られます。

前者は、企業のHPに行くと、よく「会社情報」といった形で公開されています。そこからその企業の業績の良し悪しがわかり、株式売買、さらには就職するか否かの決定材料になりえます。

後者は、経営戦略に生かされることが多いです。会計学と経営学の両方の知識があって初めて生かされる会計で、奥が深いです。

Q管理会計と財務会計

必要に迫られて簿記の勉強をし始めたばかりです。
財務会計と管理会計の違いをわかりやすく説明いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっと読みずらいですが
違いについて掛かれているページを見つけましたので
参考まで

参考URL:http://user.shikoku.ne.jp/komori/za8.html

Q財務会計・管理会計業務の実務経験について

東証一部上場企業に勤務しています。
このたび、経理部に欠員が出たため、
社内公募で経理の募集がでました。

現在コールセンターの事務部門で
この部門の業務と兼任しながら、一部現金出納や現預金周りの管理のみ
対応したことはありましたが、経理財務専任として、高度な業務に
携わったことがなかったので、この募集に応募したいと思っている
のですが、担当部署の上長から現在の部門で管理会計に近い仕事をさせるから、
異動しないほうが良いと言われています。

上長は、管理部門の部長を以前の会社で歴任されてきた方なのですが、
その方からは、今財務会計の事務経験を積んで行っても
最終的に作業者(アカウンター)で終わってしまうから、
財務会計は、しないほうがよいと言われています。

ただ、その上長からは、昨年も経理の仕事がしたいと相談した際に、
同じことを言われたのですが、部署の人員が急に減ったこともあり、約束が果たされず。。
となった経緯があり、少し上長のお話を信じ切れていません。

さらに会社の経費で落ちなかったキャバクラの費用を実際に負担した社員の給料に上乗せして払わせるよう人事担当の新卒社員に指示していたことが分かったりなど、会社の全体のルールを無視して進められているのを見ることが多くあり、上長のことを信用するべきか悩んでいます。

仕事としては、もちろん管理会計も興味があるのですが、上長のさじ加減で
業務が決まる可能性が高い部門で働くか、経理部門に異動して、
経験の浅い財務会計業務を深めていくか迷っています。

管理会計をする場合は、現在の部門の現在に業務をしながらの兼務になるため、
専任として、経理・財務業務に専念することはできないと聞いています。

私としては、管理会計には興味はあるのですが、現在の業務と
ずっと兼任して業務をしていくことで経理関連の実務経験が積めるのかと
不安に思っております。

コールセンターで、入れ替わりが激しい部署であるため、
また人員が急に減少した場合などにまた約束を反故にされるのでは・・と
いった懸念を感じております。

良いアドバイスがあれば、お伺いしたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

東証一部上場企業に勤務しています。
このたび、経理部に欠員が出たため、
社内公募で経理の募集がでました。

現在コールセンターの事務部門で
この部門の業務と兼任しながら、一部現金出納や現預金周りの管理のみ
対応したことはありましたが、経理財務専任として、高度な業務に
携わったことがなかったので、この募集に応募したいと思っている
のですが、担当部署の上長から現在の部門で管理会計に近い仕事をさせるから、
異動しないほうが良いと言われています。

上長は、管理部門の部長を以前...続きを読む

Aベストアンサー

貴社内で「管理会計」と「財務会計」をどのように区分されてるか不明ではありますが、あなたが経理の仕事を覚えたいと考えてるなら、失礼ながら「片手間でしてる管理会計」などは、経理実務を知ってますといえる履歴ではありません。
 重ねて失礼ながら「コールセンターでの事務もしてて、現金出納や預金管理をしてた」はどこまで行っても「コールセンターの仕事」です。
 「私こう見えても経理の経験があります」と例えば経理部署の職員に言えますか?
推測ですが「そりゃ、恥ずかしてく言えません」ではないでしょうか。

ご自身が、自分に経理職をしてたという自信を持たせるために「経験」を求めるならば、上長がどうだこうだではなく「社内公募に応募する」意思を貫けばよろしいと存じます。

「最終的に作業者で終わってしまう」?
疑問符をつけたくなる発言です。
一部上場企業ですから、公認会計士の監査を受けますし、税務申告書は税理士が作成するでしょう。
突き詰めると、それ以外の者は作業者です。
そんなに卑下した見方をするのは、現実の経理部署で働いてる方を侮辱しているように感じます。
係数の誤りが許されない重要な処理を行うのが「経理部門の職員」です。

作業者で終わってしまう?
それを言いだしたらサラリーマンはすべて「会社の歯車でしかない」ではないですか。
発言者がそのような部署を経験してるとしたら、自分の経歴を「情けない経歴であった」と告白してるようにかんじます。
経理マンはその作業に誇りをもっているのですから、このような言い方をする方の気がしれません。

貴社内で「管理会計」と「財務会計」をどのように区分されてるか不明ではありますが、あなたが経理の仕事を覚えたいと考えてるなら、失礼ながら「片手間でしてる管理会計」などは、経理実務を知ってますといえる履歴ではありません。
 重ねて失礼ながら「コールセンターでの事務もしてて、現金出納や預金管理をしてた」はどこまで行っても「コールセンターの仕事」です。
 「私こう見えても経理の経験があります」と例えば経理部署の職員に言えますか?
推測ですが「そりゃ、恥ずかしてく言えません」ではないで...続きを読む

Q 管理会計と財務会計の数字の違いってどこですか?

管理会計と財務会計の数字の違いってどこですか?

Aベストアンサー

結論から言うとこの二つはぜんぜん違います。
まず、財務会計ですが、これは、企業が主に外部の利害関係者に対して情報を提供する為のものであり、更に法律や社会規範等によって厳密に規制されている「制度会計」と企業が自主的にさまざまな情報を提供する「その他の財務会計(情報会計・非制度会計とも言われる)に分かれます。
どちらにしても、企業が利害関係者に対して、企業に対する判断を誤らせないようにすることが目的であり、例外を除いて、現実に発生した真実を正確に漏らさず計上することになります。
ちなみに、制度会計とその他の財務会計ですが、ほぼ、法律等で強制されているかどうかの差で、近年良く耳にする「キャッシュフロー計算書」は、その他の財務会計から、法改正によって制度会計となった例です。

これに対し管理会計は、主に内部の経営者などが、業績の評価や意思決定の為に作成するものであり、その目的の為に、合理的な計算方法を採用する上で原則自由です。つまり、業績評価では、2つの部門の業績を判断する上で、「この経費は考慮に入れない」と判断すれば、発生した事実でも計上する必要はありません(埋没原価等)。また、財務会計では、発生した事実を計上するわけですが、意思決定の為の管理会計では、各代外案を採用したときに発生するであろう予測の原価等(未来原価)を計上したりすることもありますし、判定の方法も、投資に対する利益率や、キャッシュフローの現在価値など無数に存在します。

たとえは悪いかもしれませんが、主婦の方で財布を握っている方が、旦那さんに見せるために厳密に家計簿を作成するのが財務会計。ビールを発泡酒にしたら、いくら貯金できるか等を計算するのが管理会計と考えてみると想像しやすいと思います。

結論から言うとこの二つはぜんぜん違います。
まず、財務会計ですが、これは、企業が主に外部の利害関係者に対して情報を提供する為のものであり、更に法律や社会規範等によって厳密に規制されている「制度会計」と企業が自主的にさまざまな情報を提供する「その他の財務会計(情報会計・非制度会計とも言われる)に分かれます。
どちらにしても、企業が利害関係者に対して、企業に対する判断を誤らせないようにすることが目的であり、例外を除いて、現実に発生した真実を正確に漏らさず計上することになります...続きを読む

Q固定資産システムの償却方法。(財務会計、税務会計)

お世話になっております。
新しく固定資産システムを導入したのですが、
償却方法が

税務会計用
償却資産税申告用
企業会計用
その他償却用

とあります。

税務会計用と企業会計用の違いはわかるのですが、償却資産税申告用は
税務会計用と何が違うのかよくわかりません。
そもそも償却資産税と固定資産税は違うものなのでしょうか?
また、上場企業の経理担当者の方がいらっしゃればお教えいただきたいの
ですが、企業会計用と税務会計用で償却は別々にしておられますでしょうか?
上場会社での経理処理を参考にさせていただきたいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

固定資産は税法・商法・企業会計原則を勉強してください。あなたの質問に企業会計原則と税法を書いていますが,全てが違うわけではありませんが,中には企業会計原則に基づいた方がよい場合があります。

固定資産で土地以外は減価償却費を計算します。よって土地以外は固定資産または償却資産といいます。土地は固定資産税。他は償却資産税と云いますが,一般的には固定資産税といいます。

固定資産システムを導入と書いてありますが,会計に関する事は全て可能ですので,応用すれば出来ると思います。我社も最初固定資産をシステム化して,後に会計関係を全てシステム化しました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報