最新閲覧日:

初歩的な質問ですみません。

2期前の売上金額が1000万円以上なら今期は消費税の課税事業者になる、
と消費税の学習本に書いてあったのですが、
2期前のどの書類で確認すればいいでしょうか。
会計事務所作成の決算報告書の「損益計算書」の売上勘定科目の金額を
見ればいいのでしょうか?(それは1000万円以上になっていました)

先輩方に色々な意見を言われ、どの意見を信じればいいのか分かりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

会計の区分と消費税は関係ありませんから決算書などの会計書類をみてもわかりません。


消費税の判断は取引ごとに行われ、課税取引収入の合計が課税売上げになるのであって、会計上の区分が売上か営業外収入かも関係ありませんし、例えば車の買い替えの場合の旧車の下取り価格のように会計上は収入として計上しないようなものも含まれます。
消費税の課税売上げがいくらかというのは、会計ソフトでの仕訳の段階で取引ごとに消費税区分を入力しておき、その集計額で判断します。いまどきの会計ソフトなら消費税区分別の集計機能がありますから、その出力を確認して判断することになります。
まあ、事業内容が単純で、収入が全部決算書上の売上になっていて、かつその売上が全部課税取引ということなら、売上高で判断していいことになりますが。
なお、基準期間の課税売上高は、その期間が免税事業者なら税込金額で、課税事業者なら税抜金額で一千万円以上かどうかで判断することになっていますのでご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
損益計算書の金額だけでは判断できないのですね。
>なお~
そうなんですね…。その点も確認してみます。

お礼日時:2016/01/17 08:34

No.6です。


回答に不具合があったので、全面的に書き直します。

~~~~~~~~~~~~~~~~

No.6の回答を無視して下さい。改めて、簡潔にまとめて回答します。


原則として、2期前(基準期間)の課税売上高が1千万円を超える(←「1千万円以上」ではない)なら、当期は課税事業者になります。


A.ここで、課税売上高の「売上高」は消費税法上の用語です。損益計算書(会計)での「売上高」とは概念が異なるので注意して下さい。

まず、消費税法上の「売上高」には、棚卸資産(商品)の譲渡、それ以外の資産の譲渡、役務の提供、その他の利益の発生などの「総ての取引」に関わる対価を含みます。
しかし、ここでいう「総ての取引」のうち、損益計算書(会計)で「売上高」になるのは、営業目的に適合する取引(←営業収益)だけです。

次に消費税法上の取引には、課税取引と非課税取引という区分があります。原則として総ての取引が課税取引(輸出も課税取引)になりますが、例外的に消費税法別表第一で「消費税を課税しない」と定めている取引があります。これを非課税取引といいます。

消費税法では、課税取引に関わる売上高を「課税売上高」と呼ぶのです。


B.次に、消費税法上の「課税売上高」に消費税を含むかどうか、という問題ですが・・

課税売上高の金額の定義は、消費税法によれば、「課税売上における対価の額。ただし、課税売上に課される消費税等《注》の額を含まない。」となっています。
《注》消費税等:消費税+地方消費税
【根拠法令等】消費税法第九条第二項、同法第二十八条第一項

ですから、2期前(基準期間)の課税売上高から消費税等を差し引いた金額が「1千万円を超える」場合は、当期は課税事業者である、ということになります。

==========

質問者の場合も、損益計算書の売上勘定科目の金額が1000万円以上であっても、「消費税法上の課税売上高」の金額が1000万円以上であるとは限りません。

損益計算書の売上勘定科目の金額の中に、「身体障害者用物品」や「学校教科書」を販売額が含まれているならば、それらは減算しなくてはなりません。「身体障害者用物品」や「学校教科書」の販売は非課税取引と決められている(消費税法別表)ので、消費税法上の「課税売上高」ではないからです。

また、棚卸資産(商品)以外の資産、例えば建物、機械、自動車、特許権などの資産の売却がある場合は、それらは消費税法上の「課税売上高」なので、加算しなくてはなりません。

つまり、損益計算書の売上高、営業外収益(受取家賃、雑収入など)、特別利益の内訳を一つ一つ、点検しなくてはならない。また、棚卸資産(商品)以外の資産の売却があったかどうかも、点検すること。そうしないと、正しい「課税売上高」を把握できないからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔参考〕

>「うちで作成した決算報告書の売上金額が1千万円以上でしたら今期は課税事業者に・・・

ここの「決算報告書」とは、損益計算書のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

勉強になりました。
参考にさせて頂きますね。

お礼日時:2016/01/30 05:05

簡潔にまとめて回答します。




原則として、2期前(基準期間)の課税売上高が「1千万円」を超えるなら、当期は課税事業者になります。


A.まず、課税売上高についてですが、

消費税法によれば、課税売上高の金額の定義は、「売却取引の対価として受け取る金銭又は金銭以外の物もしくは権利その他経済的な利益の額。ただし、売却取引に課される消費税等の額を含まない。」となっています。
【根拠法令等】消費税法第九条第二項、同法第二十八条第一項
消費税等:消費税+地方消費税

ですから、2期前(基準期間)の売上高から消費税等を差し引いた金額が「1千万円」を超えるなら、当期は課税事業者になります。


B.次に、損益計算書の売上勘定科目の金額が1000万円以上であっても、「消費税法上の課税売上高」の金額が1000万円以上であるとは限りません。なぜなら、損益計算書(会計)での売上高と消費税法での売上高とは、概念が異なるからです。

まず「損益計算書の売上」というのは、企業会計上の「営業収益」を意味する通称です。会計では頻繁に用いられる用語です。

例えば、企業が使用している自動車を売却(かりに400万円)しても、その対価は、「損益計算書の売上」にはなりませんが、「消費税法上の課税売上高」に該当します。ですから、「損益計算書の売上」に自動車売却代金(400万円)を加えて「消費税法上の課税売上高」の金額を算出しなくてはなりません。

また、「身体障害者用物品」や「学校教科書」を販売(かりに500万円)しても、それらは非課税取引と決められている(消費税法別表)ので、「損益計算書の売上」からそれらの販売の対価(500万円)を差し引いて、「消費税法上の課税売上高」の金額を算出しなくてはなりません。

なお、損益計算書の営業外収益(受取家賃、雑収入など)の中にも「消費税法上の課税売上高」に該当するものがある場合があるので、営業外収益の内訳を一つ一つ、点検しなくてはなりません。

不明な点があれば再質問をして下さい。
    • good
    • 0

「うちで作成した決算報告書の売上金額が1千万円以上でしたら今期は課税事業者に なります」が会計事務所の回答なのですか?


ひどく不親切な事務所ですね。
なぜ「今期は課税事業者です」「今期は免税事業者です」という直接的な回答をしないのか?と思います。
それを判断してお客に伝えるのが仕事なのに、冒頭の回答はそれを放棄してます。
事務員が回答してるのでしたら、税理士に「そんな理屈をきいてるのではないので、結論だけ教えて欲しい」というべきです。

それに「うちで作成した」というぐらいですから、2期前は関与してたのです。
資料が会計事務所にあるのですから「手元の資料を見てください」と答えるなど、不親切以上の業務放棄そのものです。
「今、確認します。お待ちください」「折り返しお答えします」
として、その後回答すべき問題です。

それなのに「あなたが確認しろ」という回答をした点をしっかりと税理士に伝えるべきです。
税理士がそういう回答をしたというなら「お客に調べさせることではなかろう」と異議を唱えるべきです。
何のために報酬をもらってる税理士なのか、大きな勘違いをされてる会計事務所だとわたしは思います。

私なら、この点を抗議して、態度が改まらないようなら税理士を変更します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

税理士の回答というのはそういうものなのですね。
確かにお客さんが全く関係ない書類を見ている場合もあるわけですし…。
今後は気を付けますね。ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/30 04:59

会計事務所が作っているのなら、会計事務所に聞けばいいのでは?



ちなみに1000万円以上とは課税売上高のことなので、売上高だけを見るのではなく、売上高と雑収入に含まれる課税売上の合計で判断します。
なので、厳密に言えば損益計算書だけでは判断は出来ませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>会計事務所が~
すみません、質問では省略したのですが、実は会計事務所の方には既にお聞きしたのです。
その方に「うちで作成した決算報告書の売上金額が1千万円以上でしたら今期は課税事業者に
なります」と教えて頂きました。ですが、その時に「決算報告書」と言われただけでそれが
「損益計算書」のことなのかどうかちゃんと聞かなかったので…不安になってここで質問
させて頂きました。

雑収入の課税売上も含まれるのですね。確認してみます。

お礼日時:2016/01/17 08:42

専門家紹介

税理士_中川祐輔

職業:税理士

「税務相談」はTRUSTAX認定税理士の中川祐輔にお任せください。

学生時代に税理士試験に合格し、会計事務所に就職。
中小企業の記帳代行から決算業務までを担当する。
その後、大手税理士法人に転職し、大企業の決算業務に加えて
中小企業の事業再生や金融機関交渉といったコンサルティング業務も担当する。
また、事業承継やM&A、飲食店の資金調達などのスポット業務も数多くこなす。
独立後も様々な案件に携わってきたが、中でも中小企業の業務効率化に興味を持ち
freeeやMFクラウドを専門に扱うクラウド会計専門の税理士事務所を立ち上げる。
ITを活用した低価格の税務顧問サービスはお客様からの評価も高い。

https://trustax.jp/tax_accountants/90057040

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

>決算報告書の「損益計算書」の売上勘定科目の金額を…



売上のすべてが (消費税の) 課税取引ならそれで良いです。
非課税や不課税、免税取引も混在しているのなら、課税売上だけの合計額です。

なお、これまでが免税事業者であるなら、税込会計以外の選択肢はありませんので、上記の合計額はすべて消費税込で判断します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
課税売上以外もあるかどうか確認してみます。

お礼日時:2016/01/17 08:31

売上勘定科目で正解です。


本業で得た売上が課税対象になります。
営業外の不動産売買等は非課税になります。
http://www.shohi.com/haya/haya01_02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リンク先も参考にさせて頂きますね。

お礼日時:2016/01/17 08:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税込みの請求金額、いつから8% ??

自営業をしていて、外注契約で仕事を受けています。
20日締めで、翌月末に支払いいただくために、
納品・請求書を発行します。
このとき、
2月21日~3月20日の分は消費税5%と分かりますが、
3月21日~4月20日の分をどのように計算するのが
正しいでしょうか??

(1) 3月21日~3月31日を5%、
4月1日~4月20日を8%で計算。
(2) 3月21日~4月20日を5%で計算。
(3) 3月21日~4月20日を8%で計算。
(4) その他

ご教示、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常は
(1) 3月21日~3月31日を5%、
4月1日~4月20日を8%で計算。
が正解です。
納品日に消費税が発生しますが、業態によっては、別途の取り扱いが適用される場合もあります。
詳細は国税庁のホームページを参照して下さい。
場合別の指針が載っています。

Q消費税の課税売上割合について

消費税の課税売上割合に関することで質問です。

次の取引は非課税資産の輸出等取引に該当するのでしょうか?

・円建外債の償還益
これは償還益が非課税資産の輸出等取引に該当するのでしょうか?

・海外の投資信託の売却
これは売却益が非課税資産の輸出等取引に該当するのでしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

円建て外債の償還差益ですが、発行体が非居住者(外国法人)であれば非課税資産の輸出になります。発行体が非居住者かどうか証券会社にお尋ねください。

外国投資信託の売却は有価証券の譲渡取引であり、非課税資産の輸出の適用はありません。

Q消費税の課税売上の計上すべきなのか困ってます

よろしくお願いします

当方は賃貸マンションを一室所有しておりまして現在テナントに貸しています。
通常の管理費及び修繕積立金は当方が負担しています。

3年前より、事業者に貸している場合の特別管理費がかかることになり、当方、テナント、管理組合の三者で合意の上テナントが直接管理組合に支払うことになりました。
特別管理費は現在もテナントが直接管理会社経由で管理組合に支払っています。

この特別管理費は私の課税売上にしなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>当方は賃貸マンションを一室所有しておりまして…

どんな豪華マンションか存じませんが、1室の賃料だけで 2年前の売上が 1,000万以上あって、現在が消費税の課税事業者なのですか。

それとも、本来は免税事業者だけどあえて課税事業者選択届けを出してあるのですか。

>この特別管理費は私の課税売上にしなければいけないのでしょうか…

課税事業者ではなかったら、課税売上などという言葉は関係ないですよ。

その前に、

>テナントが直接管理会社経由で管理組合に支払…

なら、大家は関係ないですよ。
店子が電気や水道料金をそれぞれの事業者に直接払うのと同じです。

Q請求書と領収書の金額が違う

無知なため、詳しいかた教えてください。

勤務先の互助会のような会で、会計をしています。
社内での歓送迎会等に会費を使うことができます。
その際には、規定の「会費請求書」を提出しなければならず、
歓送迎会等を実施後には「請求額分の領収書」を提出しなければなりません。
会則にもそういったことがはっきり書かれています。

先日ある部署から3万円の請求があり、
現金を渡す際に「実施後は請求額と同額の領収書を添付してください」と書き、
さらにその文を蛍光ペンで線まで引いた文書を添付しました。

しかし、提出された領収書は、請求額を上回る4万円でした。
請求者に電話をしたところ
「4万円の領収書ってことは、請求した3万円は使い切ったってことだからダメなの?
 また店まで行って領収書作り直してもらってこいってこと?!」
と言われました・・・。

飲食店で実際に4万円の食事をし、4万円支払っても、
店員さんに頼めば3万円の領収書を作ってくれるお店が多いと思います。
(もちろん、拒否するお店もあるかもしれませんが。)
今までは他の部署はそのように領収書を提出してくれて、とくに問題がありませんでした。

互助会なので、税務署とかが関係あるのかないのかもわかりませんが、
今回の場合、4万円の領収書を受け付けて問題ないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

無知なため、詳しいかた教えてください。

勤務先の互助会のような会で、会計をしています。
社内での歓送迎会等に会費を使うことができます。
その際には、規定の「会費請求書」を提出しなければならず、
歓送迎会等を実施後には「請求額分の領収書」を提出しなければなりません。
会則にもそういったことがはっきり書かれています。

先日ある部署から3万円の請求があり、
現金を渡す際に「実施後は請求額と同額の領収書を添付してください」と書き、
さらにその文を蛍光ペンで線まで引いた文書を添付...続きを読む

Aベストアンサー

互助会のような会っていうものがわかりません。

会社とは別運営として認められる形なのでしょうか?
それとも内部組織扱いということでしょうか?

別運営であれば、非営利団体となり、税務署は関係ないでしょう。
同一運営の疑いがかからないような規約や運営組織に注意している必要があり、疑われることも想定しなければならないでしょう。

しっかりと会社と区分された組織であれば、その組織内の規則に従うべきです。
想定外であり、想定外のことをしっかりとできないのであれば、全額を会にお金を戻してもらうか、領収証を再作成してもらってくるように伝えればよいでしょう。

そもそも、税法や税務署が社内のやり取りについて定めたりすることはありません。しかし、不明瞭なお金の動きは疑いがかけられるだけです。

組織で判断すべきですが、私が組織の長であれば、幹事さんに清算書のようなものを書いてもらいますね。予算を超えたものについては、参加者の自費で行ったと書かせればよいのです。

税務署などはお金の動きに根拠や説明できる状態であれば、あとは正しい処理となっていれば文句を言われる筋合いではありません。
ただ、いい加減な運用であれば、営利団体の税金対策等に非営利団体や任意団体を利用していると疑われる可能性もあります。規則や運用の説明ができなければ、大問題に発展するかもしれませんね。

会の事務担当者が規則外の判断をすべきではありませんので、いつも通りの説明をしたにもかかわらず、説明通りの運用をしなかった幹事さんへの対応を会議すべきでしょうね。

互助会のような会っていうものがわかりません。

会社とは別運営として認められる形なのでしょうか?
それとも内部組織扱いということでしょうか?

別運営であれば、非営利団体となり、税務署は関係ないでしょう。
同一運営の疑いがかからないような規約や運営組織に注意している必要があり、疑われることも想定しなければならないでしょう。

しっかりと会社と区分された組織であれば、その組織内の規則に従うべきです。
想定外であり、想定外のことをしっかりとできないのであれば、全額を会にお金を...続きを読む

Q外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加する

外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加するように追加できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではないですか。

これは、この注意をした方の言葉使いというか表現が、わかりにくすぎます。
あえて、わかりにくく言ってるのか、言ってる本人が誰かから指示されて伝えてる(伝言ゲームの一員であるというだけ、言われたことを理解しないで人に伝えてる)のどれかでしょう。

売上金額110万円から外注費の100万円を「売り上げ10万円として計上」するのは間違いです。
正解は
売上110万円
外注費100万円
です。

それなのに、あなたは
売上10万円
と処理してたので、
「売上と外注費にその分追加」という言い方をしたのでしょう。

単純に「差し引きして儲けを売り上げに計上したらだめじゃん。売上はいくら、経費(外注費)はいくらって処理するんだよ。」でいいのです。
具体的には、売上に計上されてる10万円に100万円を加える(これを追加というので、訳がわからなくなる原因をわざわざ作ってるのです。110万円が正しいから直すように、と言えばいいのです)。
外注費100万円が計上されてないので、計上するわけです。これまた「追加」というので、訳がわからなくなるのです。記入が漏れているというだけの話です。

簿記原則で「総額主義」があります。
売上は全額あげて、経費は全額あげて、一定期間の集計をして「売り上げー経費=儲け」という計算をするのです。
今回のように110万円の仕事だが、外注に100万円で依頼するから、手元に10万円残るので、、と考えて
「売り上げ10万円」と処理するのは間違いです。
頭の中で計算して「おお!丸投げして進行管理して10万円儲けだぜ」というので、売上を10万円にしてはあかんのですね。

大変失礼ながら、あなたに「外注費を売上に追加する」という言い方をされた方って、他人にものを教える事は非常に苦手な方でしょう。あるいは、あなたに対して憎しみや嫌悪感をもっていて、「自分はきちんと指導したから。わからないのはあんたのせいね。せいぜい、何を間違えてるのか考え悩んで、この仕事に自分は向いてないと思い込んで、やめてくださいね」と思ってるかもしれません。
それほど「わかりにくい」というか「そんなのあり得ないだろ」という説明です。
他の回答者も「意味がつかめない」と述べてます。この方はここで簿記会計の難問でも回答される方です。
この方が「意味不明だぜ」というので、私が「何言ってるのか、じぇんじぇんわからんですわい」と言っても良いのだと自信を持ちました。
そのくらい、あなたに「外注費を売り上げに追加」指示をした方の指示は意味不明です。
外注費の金額を計上して、同額を売り上げに加算する、という言い方ですと、簿記会計に明るい方ですと「それって、差額を売り上げにあげて記帳してる時の指摘じゃないかな」とわかるでしょう。

「売上にあげる金額と外注費にあげる金額が違う」
という指摘を受けてるのですよ。

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報