初歩的な質問ですみません。

2期前の売上金額が1000万円以上なら今期は消費税の課税事業者になる、
と消費税の学習本に書いてあったのですが、
2期前のどの書類で確認すればいいでしょうか。
会計事務所作成の決算報告書の「損益計算書」の売上勘定科目の金額を
見ればいいのでしょうか?(それは1000万円以上になっていました)

先輩方に色々な意見を言われ、どの意見を信じればいいのか分かりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

会計の区分と消費税は関係ありませんから決算書などの会計書類をみてもわかりません。


消費税の判断は取引ごとに行われ、課税取引収入の合計が課税売上げになるのであって、会計上の区分が売上か営業外収入かも関係ありませんし、例えば車の買い替えの場合の旧車の下取り価格のように会計上は収入として計上しないようなものも含まれます。
消費税の課税売上げがいくらかというのは、会計ソフトでの仕訳の段階で取引ごとに消費税区分を入力しておき、その集計額で判断します。いまどきの会計ソフトなら消費税区分別の集計機能がありますから、その出力を確認して判断することになります。
まあ、事業内容が単純で、収入が全部決算書上の売上になっていて、かつその売上が全部課税取引ということなら、売上高で判断していいことになりますが。
なお、基準期間の課税売上高は、その期間が免税事業者なら税込金額で、課税事業者なら税抜金額で一千万円以上かどうかで判断することになっていますのでご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
損益計算書の金額だけでは判断できないのですね。
>なお~
そうなんですね…。その点も確認してみます。

お礼日時:2016/01/17 08:34

No.6です。


回答に不具合があったので、全面的に書き直します。

~~~~~~~~~~~~~~~~

No.6の回答を無視して下さい。改めて、簡潔にまとめて回答します。


原則として、2期前(基準期間)の課税売上高が1千万円を超える(←「1千万円以上」ではない)なら、当期は課税事業者になります。


A.ここで、課税売上高の「売上高」は消費税法上の用語です。損益計算書(会計)での「売上高」とは概念が異なるので注意して下さい。

まず、消費税法上の「売上高」には、棚卸資産(商品)の譲渡、それ以外の資産の譲渡、役務の提供、その他の利益の発生などの「総ての取引」に関わる対価を含みます。
しかし、ここでいう「総ての取引」のうち、損益計算書(会計)で「売上高」になるのは、営業目的に適合する取引(←営業収益)だけです。

次に消費税法上の取引には、課税取引と非課税取引という区分があります。原則として総ての取引が課税取引(輸出も課税取引)になりますが、例外的に消費税法別表第一で「消費税を課税しない」と定めている取引があります。これを非課税取引といいます。

消費税法では、課税取引に関わる売上高を「課税売上高」と呼ぶのです。


B.次に、消費税法上の「課税売上高」に消費税を含むかどうか、という問題ですが・・

課税売上高の金額の定義は、消費税法によれば、「課税売上における対価の額。ただし、課税売上に課される消費税等《注》の額を含まない。」となっています。
《注》消費税等:消費税+地方消費税
【根拠法令等】消費税法第九条第二項、同法第二十八条第一項

ですから、2期前(基準期間)の課税売上高から消費税等を差し引いた金額が「1千万円を超える」場合は、当期は課税事業者である、ということになります。

==========

質問者の場合も、損益計算書の売上勘定科目の金額が1000万円以上であっても、「消費税法上の課税売上高」の金額が1000万円以上であるとは限りません。

損益計算書の売上勘定科目の金額の中に、「身体障害者用物品」や「学校教科書」を販売額が含まれているならば、それらは減算しなくてはなりません。「身体障害者用物品」や「学校教科書」の販売は非課税取引と決められている(消費税法別表)ので、消費税法上の「課税売上高」ではないからです。

また、棚卸資産(商品)以外の資産、例えば建物、機械、自動車、特許権などの資産の売却がある場合は、それらは消費税法上の「課税売上高」なので、加算しなくてはなりません。

つまり、損益計算書の売上高、営業外収益(受取家賃、雑収入など)、特別利益の内訳を一つ一つ、点検しなくてはならない。また、棚卸資産(商品)以外の資産の売却があったかどうかも、点検すること。そうしないと、正しい「課税売上高」を把握できないからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔参考〕

>「うちで作成した決算報告書の売上金額が1千万円以上でしたら今期は課税事業者に・・・

ここの「決算報告書」とは、損益計算書のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

勉強になりました。
参考にさせて頂きますね。

お礼日時:2016/01/30 05:05

簡潔にまとめて回答します。




原則として、2期前(基準期間)の課税売上高が「1千万円」を超えるなら、当期は課税事業者になります。


A.まず、課税売上高についてですが、

消費税法によれば、課税売上高の金額の定義は、「売却取引の対価として受け取る金銭又は金銭以外の物もしくは権利その他経済的な利益の額。ただし、売却取引に課される消費税等の額を含まない。」となっています。
【根拠法令等】消費税法第九条第二項、同法第二十八条第一項
消費税等:消費税+地方消費税

ですから、2期前(基準期間)の売上高から消費税等を差し引いた金額が「1千万円」を超えるなら、当期は課税事業者になります。


B.次に、損益計算書の売上勘定科目の金額が1000万円以上であっても、「消費税法上の課税売上高」の金額が1000万円以上であるとは限りません。なぜなら、損益計算書(会計)での売上高と消費税法での売上高とは、概念が異なるからです。

まず「損益計算書の売上」というのは、企業会計上の「営業収益」を意味する通称です。会計では頻繁に用いられる用語です。

例えば、企業が使用している自動車を売却(かりに400万円)しても、その対価は、「損益計算書の売上」にはなりませんが、「消費税法上の課税売上高」に該当します。ですから、「損益計算書の売上」に自動車売却代金(400万円)を加えて「消費税法上の課税売上高」の金額を算出しなくてはなりません。

また、「身体障害者用物品」や「学校教科書」を販売(かりに500万円)しても、それらは非課税取引と決められている(消費税法別表)ので、「損益計算書の売上」からそれらの販売の対価(500万円)を差し引いて、「消費税法上の課税売上高」の金額を算出しなくてはなりません。

なお、損益計算書の営業外収益(受取家賃、雑収入など)の中にも「消費税法上の課税売上高」に該当するものがある場合があるので、営業外収益の内訳を一つ一つ、点検しなくてはなりません。

不明な点があれば再質問をして下さい。
    • good
    • 0

「うちで作成した決算報告書の売上金額が1千万円以上でしたら今期は課税事業者に なります」が会計事務所の回答なのですか?


ひどく不親切な事務所ですね。
なぜ「今期は課税事業者です」「今期は免税事業者です」という直接的な回答をしないのか?と思います。
それを判断してお客に伝えるのが仕事なのに、冒頭の回答はそれを放棄してます。
事務員が回答してるのでしたら、税理士に「そんな理屈をきいてるのではないので、結論だけ教えて欲しい」というべきです。

それに「うちで作成した」というぐらいですから、2期前は関与してたのです。
資料が会計事務所にあるのですから「手元の資料を見てください」と答えるなど、不親切以上の業務放棄そのものです。
「今、確認します。お待ちください」「折り返しお答えします」
として、その後回答すべき問題です。

それなのに「あなたが確認しろ」という回答をした点をしっかりと税理士に伝えるべきです。
税理士がそういう回答をしたというなら「お客に調べさせることではなかろう」と異議を唱えるべきです。
何のために報酬をもらってる税理士なのか、大きな勘違いをされてる会計事務所だとわたしは思います。

私なら、この点を抗議して、態度が改まらないようなら税理士を変更します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

税理士の回答というのはそういうものなのですね。
確かにお客さんが全く関係ない書類を見ている場合もあるわけですし…。
今後は気を付けますね。ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/30 04:59

会計事務所が作っているのなら、会計事務所に聞けばいいのでは?



ちなみに1000万円以上とは課税売上高のことなので、売上高だけを見るのではなく、売上高と雑収入に含まれる課税売上の合計で判断します。
なので、厳密に言えば損益計算書だけでは判断は出来ませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>会計事務所が~
すみません、質問では省略したのですが、実は会計事務所の方には既にお聞きしたのです。
その方に「うちで作成した決算報告書の売上金額が1千万円以上でしたら今期は課税事業者に
なります」と教えて頂きました。ですが、その時に「決算報告書」と言われただけでそれが
「損益計算書」のことなのかどうかちゃんと聞かなかったので…不安になってここで質問
させて頂きました。

雑収入の課税売上も含まれるのですね。確認してみます。

お礼日時:2016/01/17 08:42

専門家紹介

税理士_中川祐輔

職業:税理士

「税務相談」はTRUSTAX認定税理士の中川祐輔にお任せください。

学生時代に税理士試験に合格し、会計事務所に就職。
中小企業の記帳代行から決算業務までを担当する。
その後、大手税理士法人に転職し、大企業の決算業務に加えて
中小企業の事業再生や金融機関交渉といったコンサルティング業務も担当する。
また、事業承継やM&A、飲食店の資金調達などのスポット業務も数多くこなす。
独立後も様々な案件に携わってきたが、中でも中小企業の業務効率化に興味を持ち
freeeやMFクラウドを専門に扱うクラウド会計専門の税理士事務所を立ち上げる。
ITを活用した低価格の税務顧問サービスはお客様からの評価も高い。

https://trustax.jp/tax_accountants/90057040

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

>決算報告書の「損益計算書」の売上勘定科目の金額を…



売上のすべてが (消費税の) 課税取引ならそれで良いです。
非課税や不課税、免税取引も混在しているのなら、課税売上だけの合計額です。

なお、これまでが免税事業者であるなら、税込会計以外の選択肢はありませんので、上記の合計額はすべて消費税込で判断します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
課税売上以外もあるかどうか確認してみます。

お礼日時:2016/01/17 08:31

売上勘定科目で正解です。


本業で得た売上が課税対象になります。
営業外の不動産売買等は非課税になります。
http://www.shohi.com/haya/haya01_02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リンク先も参考にさせて頂きますね。

お礼日時:2016/01/17 08:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上1000万円以上の個人事業主が廃業してから復活した場合の消費税

売上1000万円以上の個人事業主が廃業してから、
2年後にまた個人事業主として事業を
開始した場合、一年目から消費税課税は
義務付けられますか?

それとも、再び前々年の売上が1000万円を超えて、
はじめて消費税課税の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

2年前の課税売上高が1000万円を超えているのであれば、その間廃業していたとしても1年目から課税事業者になります。

Q消費税での売上 法人税での売上

消費税上の売上って何ですか?
法人税上の売上とはどのように違うのでしょうか?
また、課税売上高とは、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

売上の意味は基本的には双方共に変わりませんが、消費税を考える場合会計処理方法により売上金額が変わります。
・税抜き会計処理の場合・・・売上には消費税が加算されていません。
・税込み会計処理の場合・・・消費税込みの金額になります。
また、課税売上高は、課税事業者とそうでない場合に変化します。
・課税事業者の場合・・・消費税を抜いた金額を課税売上とします。
・課税事業者でない場合・・・消費税額を含んだ金額を課税売上(非課税事業者なので課税という考え方から外れるように思いますが、消費税の課税事業かどうかの判定にはこのように考えます)とします。

ご質問の件では、売上の考え方についてですが、基本的には売上に違いはなく、法人税なり消費税を申告納付する際売上金額・その他諸経費の差し引きにより税額を計算しますが、それぞれ税法上の計算方法により税額が変わりますが、売上が変わることはないと思われます。

Q消費税で課税売上か非課税売上か

中国から商品を仕入れて国内で販売している法人です。
中国の業者との契約で、ある商品について、販売すればその3%を紹介料として頂けます。この場合、当社としてはこの売上(紹介料)は、課税売上になるのでしょうか?非課税売上になるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

これって、委託販売手数料になるのかな。
消費税法7条の輸出免税等で非居住者に対する役務の提供
国内に支店を持たない非居住者に対する役務の提供で、国内において直接便益を受けないものは、輸出免税等に該当する。
たとえば、国内に支店を持たない非居住者(質問の場合、中国の会社)の依頼により、その会社の新商品の市場調査(委託販売)を行ったことに
受け取った手数料(紹介料)は、免税売上になります。
ご質問者の方の場合も、上に当たるのではないでしょうか。
専門家ではないので、断言はできませんが。

Qコスト削減金額を売上金額に例えるなら。管理会計。

経費削減における提案書を書こうと考えております。
ざっくりと下記内容で、問題がありますでしょうか?
変動費、固定費等を加味すると全く違う計算になるのでしょうか?
問題がある場合、何が問題でしょうか?
どうぞお教え願います。


一月当たりに削減できる工数総計は100時間(10時間×本社事務の人数10人)
              ↓
一月当たりに削減できる総計金額は10万円(100時間×本社事務時給1000円)
              ↓
粗利益50パ-セントより、一月当たり、20万円の売上に匹敵(10万円÷50%)
              ↓
5年使うとした場合1200万円の売上に匹敵(20万×12ヶ月×5年)

Aベストアンサー

計算は合っていると思います。
でもこの提案(5年使う)は0円で実行できるのですか。
本社事務は給与削減できるのか、それとも空いた時間に別の仕事を
行わせるのでしょうか。後者の場合、印象は変わります。
それと売上に例えるのは、提案に書くのはくどい気がします。

Q短期借入金は返済すると、その分の金額は売上(収入)金額に計上されるのでしょうか?

帳簿ソフトを使って、帳簿を付けていて理解出来ない点があったので質問させて下さい。
70万円の借入金を返済したのですが、それを記帳すると決算画面の売り上げ
(収入)金額も70万円増えてしまいます。
返済した借入金は収入と考えるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>70万円の借入金を返済したのですが、それを記帳すると決算画面の売り上げ(収入)金額も70万円増えてしまいます。

お使いの帳簿ソフトがどのようなものか分かりませんが、考えられることはソフト上の科目の設定だと思います。

短期借入金つまり流動負債の減少にともなって売上という収益が増加するということは、短期借入金の設定登録場所が本来は前受金であるところに設定されておりませんか? (工事前受金/売上高のような仕訳が考えられます)

今一度、システム上の設定を確認なさった方が宜しいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報