勤怠入力で
就業日数=会社の定める仕事をしないといけない日数
勤務日数=勤務した日数
有給or欠勤日数+勤務日数=就業日数 という入力をしていましたが、休日出勤日数がある場合は勤務日数に入れるべきでしょうか?
それとも休日出勤日数はどちらにも含めず、外数として考えるのでしょうか。
それと勤務時間には休日出勤時間は含めるのでしょうか?
休日出勤日数が2日16時間の場合
就業日数 22日                就業日数 22日
勤務日数 22日                勤務日数 25日
休日出勤日数 3日               休日出勤日数 3日
勤務時間 176時間              勤務時間 200時間
どちらが正解でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 例題が間違ってました
    休日出勤日数3日の場合でご回答お願いします。

      補足日時:2016/03/16 11:59

A 回答 (1件)

ん・・・例え間違ってまへんか?


>休日出勤日数が2日16時間の場合

>休日出勤日数 3日
なんで3日なんでっか?
って突っ込んで・・・本題。
正解はこれでっせ!
>就業日数 22日
>勤務日数 24日
>休日出勤日数 2日
>勤務時間 192時間
あんさん、休日出勤も銭払うんでっしゃろ。
奉公で「休日出勤せんかい!」ならこれ
>就業日数 22日
>勤務日数 22日
>休日出勤日数 2日
>勤務時間 176時間
それとやのぉ〜、あんさんの会社「振休」の考えは無いんでっか?
普通は無駄な銭出したく無いよって「振替で休まんかい!」って命令されるんでっけど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例題を間違ってました。すみません。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/03/23 11:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定休日出勤、法定外休日出勤

法定休日出勤と法定外休日出勤の違いを教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

労働基準法第35条に「休日」についての規定があります。
第35条
第1項
使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。
第2項
前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

つまり法律では
「原則1週間に1回の休日を与えなさい、それができない場合には4週間に4日以上の休日を与えなさい」といっています。

この原則1週間に1回又は4週間に4日の休日を「法定休日」といいます。この「法定休日」に出勤させた場合が「法定休日出勤」でこの日には3割5分増以上の「休日労働割増賃金」を支払う必要があります。

これ以外の休日(会社の所定休日)に出勤させた場合が「法定外休日出勤」になると思います。
この日に出勤することで1週間の労働時間が40時間を超えた場合には2割5分増以上の「時間外労働割増賃金」を支払いが必要となります。

詳しいことは労働基準監督署にお問い合わせくださいね。

Q勤務表作成で休日日数について(年末年始、週休2日)

はじめまして。

私の会社では、週休2日制で日曜日が完全に休みを取っており、あとは職員の関係により平日に休みを取っております。あと年末年始(30日、31日、1、2、3日)が休みです。

今回、1月の勤務表を作る際に、正社員の休日日数、勤務日数はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

休日が少ないと違法性が出てきますが、多い分には何の問題もありません(減給が無い場合)
適当に好きなように作ればいいのでは?
というか、どういう就業規則なんです?
年末年始の休みにしても有休の一斉付与とか、単に年間カレンダー(1年の変形労働時間制)とか色々あるのに、定義されていなければ分かりません。
夏休みや春休み、秋休み、創立記念日に開校記念日、革命記念日にレーニン誕生日、太陽復活祭に春分、秋分の日、お彼岸にお盆にValentine Dayと他の休日も全部影響します。

Q休日出勤時間と総労働時間の考え方について

給与計算初心者で理解力が良くないので、
猿でもわかるようにお教えいただければ幸いです。

フレックスタイム制です。
新たに勤怠システムを導入するにあたり、総労働時間等を設定していましたが、
新しい勤怠システムは代休を取った分だけ総労働時間からマイナスされていました。
例)177.1H-8H=169.1H

この件について社労士に確認したところ、「御社の場合は変動しない」
「法定休日労働の時間数と総労働時間数はべつものだ」と言うばかりで、
これ以上の説明をしてもらえません。
一方、システム会社も「社労士がおかしい」と言い張り困っております。

そこで、いろいろと検索したところ、
あるサイトで以下のような説明が書かれていました。

※(1)
法定休日に1日の労働時間の全部を勤務し、代休を与えた場合ですが、
現に行われた休日労働が代休を与えることによって休日労働でなくなる
ものでありません。代休を与えて法定休日の割増賃金135%を支払います。
一方、代休で休んだ日は清算期間の所定労働日から除くべきであると
考えられます。代休の日の所定労働時間だけ精算期間の総労働時間数が
少なくなる結果となります。

※(2)
代休により所定労働日を休むのですから、所定労働時間が減ったことになり、
その時間分の賃金を差し引くことも定めにより可能です。差し引く定めなら
通常賃金部分は相殺の形となり、割増部分35%のみ支払えばよいことになります。

以上

現在、休日出をし、代休を月内に取得した場合は、
休日出8Hに割増35%を付けて、代休の日は総労働時間にカウントしておりません。
代休を取れば取るほど、その月の総労働時間を満たすのが難しくなっています。

※(1)と※(2)は、給与計算をした場合、同じ金額になるのでしょうか?
システム会社と社労士の言い分の食い違いは、このことだろうと、
なんとなく印象ではわかるのですが、本当のところで理解できていません。

どうか、もっとわかりやすく解説してくださる方、
頭の悪い私に、ご教示願います。
宜しくお願い致します。

給与計算初心者で理解力が良くないので、
猿でもわかるようにお教えいただければ幸いです。

フレックスタイム制です。
新たに勤怠システムを導入するにあたり、総労働時間等を設定していましたが、
新しい勤怠システムは代休を取った分だけ総労働時間からマイナスされていました。
例)177.1H-8H=169.1H

この件について社労士に確認したところ、「御社の場合は変動しない」
「法定休日労働の時間数と総労働時間数はべつものだ」と言うばかりで、
これ以上の説明をしてもらえません。
一方、システム会社も「...続きを読む

Aベストアンサー

考え方と実際の計算方法が必ずしもぴったり同じでなくとも、結果として合っていれば良いので計算方法だけみるとややこしくなります。
なので、まず原則論から。

日給月給制である事から、毎月の賃金は同じです。大小の月があっても、決められた所定労働日(時間)働けば満額の賃金になります。
代休が発生するのは、休日出勤、つまり所定労働日を超えて働いた場合です。単純に時間外割増として1日分+αの賃金を払ってしまっても良いのですが、金をケチるために代休を与えてプラマイゼロとすれば1日分の賃金は不要になります。

だけなら話は単純ですが、問題は+αの部分です。
休日出勤は時間外割増の対象なので、25%か35%増しの賃金を払わなければなりません。
事前に設定された振替休日の場合なら割増分も不要なのですが、それでも、週をまたいだ振替や代休の場合は、厳密にはその週の労働時間は法定を超えてしまう事から、割増分は払わなければなりません。

最初に挙げた単純に時間外割増として1日分+αの場合、賃金の計算は125、ないし135(「法定」休日の場合)となりますが、代休があった場合、ここの100の部分は不要で25ないし35の部分だけの支払いとなります。
ここで、100の部分をどこで削るか、というような部分が実務上のややこしさになります。
同一週内の事前に変更された振替休日なら、割増部分も不要という違いが計算をさらにややこしくさせています。

休日出勤した日に労働時間と算入するか、代休の日を労働時間と算入するかの違いです。


>現在、休日出をし、代休を月内に取得した場合は、休日出8Hに割増35%を付けて、代休の日は総労働時間にカウントしておりません

このように代休の日を労働時間に算入しないのであれば、休日出勤の日を労働時間に算入します。相殺されますので、

>代休を取れば取るほど、その月の総労働時間を満たすのが難しく・・

こうなるはずはありません。

※(1)もそれに該当する後段部分の記述が変です。


※(2)は間違いではありませんが、一部分しか述べていません。
1と同じ事なのですが、代休が発生する前提として休日出勤が存在し、その時間が労働時間に算入されていなければなりません。


あくまで、休日出勤を相殺するための代休なのですから、その社労士さんが言うように総労働時間が減る事はありません。
1日余分に出たから1日余分に休むだけです。全体の労働時間は同じです。

ps
法定休日はあくまで週1、もしくは月4日の指定された休日だけです。
週40時間ですから、通常は法定休日と法定外休日が存在します。

考え方と実際の計算方法が必ずしもぴったり同じでなくとも、結果として合っていれば良いので計算方法だけみるとややこしくなります。
なので、まず原則論から。

日給月給制である事から、毎月の賃金は同じです。大小の月があっても、決められた所定労働日(時間)働けば満額の賃金になります。
代休が発生するのは、休日出勤、つまり所定労働日を超えて働いた場合です。単純に時間外割増として1日分+αの賃金を払ってしまっても良いのですが、金をケチるために代休を与えてプラマイゼロとすれば1日分の賃金は不要...続きを読む

Q休日出勤時間の計算式

残業手当計算シート(勤怠表と同様のものです。)を作成しているのですが、E列:出勤時刻、F列:退社時刻とし、I列に休日出勤手当(35%加算)相当時間が出るように計算式を入れたいのです。(22時~5時までの深夜労働部分を除いた時間)どのように入れたらよいのでしょうか。尚、J列には深夜労働の時間が出る計算式を次のように入れました。
=IF(OR(E8="",F8=""),"",MAX(F8+(F8<E8),22/24)-22/24)
結果、深夜労働を含む休日出勤をした場合、I列+J列となるようにしたいのです。
どうぞ宜しくお願いします。尚、平日の規定労働時間は8時間、休憩1時間です。

Aベストアンサー

次の数式をお試し下さい。
=IF(OR(E8="",F8=""),"",MIN(F8+(F8<E8),22/24)-E8-1/24)

Q振替出勤と振替休日の賃金の支払(給与締め日をまたぐ)

賃金の支払について教えてください。

【例】給与締日:毎月10日 振替出勤:12/8(日) 振替休日:12/21(土)

12/8分の賃金は、50,000円+夜勤手当+5,000円+深夜手当+3,000円とします。
この日は夜勤勤務だったと考えてください。
とりあえず、10日締めなので今回はこの賃金分を支払います。
そして、次回の給与で差引くという形をとるのですが、ここで問題が発生しました。

12/21分の振替休日分は、そっくり58,000円差引けばいいのでしょうか?
私はそう思っていましたが、上司が違うのでは???と。
上司曰く「夜勤手当と深夜手当は引かなくてもいいだろう」と。
振替っていうのは、出勤したのと休んだのと賃金をチャラにすることではないのですか?

Aベストアンサー

参考URLに求めているお答えが載っています。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/sogorodo/soudan/roudouqa/m51.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報