人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

ネイリストについて。
現在事務職から小さい頃の夢である
ネイリストに転職をしたいと
真剣に考えています。

ですが、まだ資格や検定も持っていません。

前にユーキャンを申し込んだことがあって、
材料や、DVDなどはあるのですが、
3級だと、独学で受かるものなのでしょうか?

たぶん2級は無理だと思い、
スクールなども探していますが、
なかなか値段が高いため、
通うか迷っています。

渋谷などで安いネイルスクールや、
個人で指導してくれるところなどは
ありますか?
ネイルサロンとかで教えてもらえるものなのでしょうか?

ほんとに今の仕事が嫌で嫌で、
変えたいと思っています。

休日の土日にはかならず自分の手ではありますが、ネイルをしたり、
DVDをノートにまとめたりしています。

検定の申し込みや、登録の仕方、
ネイルを勉強するにはどうしたらいいかなど、
詳しい方教えてほしいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

3級は独学で大丈夫です。


私も独学でした。

ただ、わからない事を教えてくれる人がいませんし、やり方を間違っていても指摘してくれる人もいません、これはかなり痛いです。

なので、1~2回でもいいのでセミナーに参加しましょう、1回数千円で受講できます。

3級はケア重視なので、ケア指導のセミナーには1度でも行く事をオススメします。

検定対策セミナーもあります、合格率アップに繋かりますので、こちらも出来たら参加しましょう。

1度でも人に指導してもらうと、グンとレベルが上がりますよ!


スクールは高いですよね(^^;)

でも、色々ありますから大丈夫。

数十万の大金を出す事が厳しいなら月謝のスクールはどうですか?

試しに「ニコネイルスクール」で検索を。こちらは通い放題で3万の様です。

他にも色々あるので検索なさってください。
個人指導のスクールもあります。

ただ、スクール選びは慎重に。当たり外れがありますからネットの口コミはよくチェックして、色々な所に体験レッスンに行かれてから決めてください。
認定校が一番ですが、高い場合も多いので、そこはもう見極めてください。

3級は独学で2級からスクールで良いと思いますよ、私もそうです(^^*)

検定はJNA(日本ネイリスト協会)のHPから申し込みます。

JNAがネイリストの全てです、資格試験からコンペまでJNAが実施します、
大事なHPなのでブックマークを。

DVDをお持ちとの事で、JNAの教本もお持ちですか?

「JNAテクニカルシステムベーシック」という青本と公式問題集は必須。

どちらもHPから買えますから、これを見て勉強を。

DVDをノートに纏めるより実際に練習をして、身体で覚えましょう。


youtubeでも赤ポリの塗り方など参考になる動画が沢山ありますからそちらもご覧になって下さい。

あと、出来たらネイル検定を持っている友人を作ってください、同じ夢を持つもの同士の情報交換はかなりタメになります。豆知識も教えてもらえます、SNS等で募集されてみては?

お互い頑張りましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます(T_T)!!!かなりたすかります!
色々調べてみますね!
私も今より頑張ります!
お互い頑張りましょう(^_^)

お礼日時:2016/07/04 18:27

ひとつ、いい忘れました。



今はジェルネイルが主流なのでジェル検定も一緒に取った方がいいです。
サロンに就職して実際に求められるのはジェルです。

大体周りもジェル検とネイリスト検定同時進行で進めてます、頑張って!
    • good
    • 0

3級は自分でも取れますよー


後は地区が開催する就職支援のような活動で、無料で講習受けられるのもあります。
後は、例えばですが、「無料で店を手伝うから教えて欲しい!」何て言ったら教えてくれる個人経営のお店とかありそうだけどな。その場合は何か貴方に能力がなきゃだめだろうけど。(イラレ使って広告作れるとか、経理歴が長いとか、マーケティングにくわ良いとか...)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネイルアーティストの仕事は収入源として生活できますか?

26歳の主婦です。
現在 家で細々と内職の仕事をしながら
生活をしています。
(主人と、ワンちゃん1匹で子供はいません。)

何か自分でも稼げる仕事をと思い
それだったら、「手に職」と考え、
以前から ネイルアートに興味があったため
ネイルアーティストになることを思いつきました。
(自分ではかなり手先は
器用な方だと思っています。)

近く、学校に行き資格をとり
将来は 自宅のマンションの 1室を使いサロンを
開こうかと考えています。

学校に行く授業料は、コツコツと内職で
貯めました。
サロンの場所となるマンションは
結婚したばかりですので、
これから購入を考えています。
(購入は、5年後に東京に買う予定です。)

そこで、以下の質問があります。

1、ネイルアーティストの仕事は収入源として生活できますか?
(大体、月に10~15万の収入が
あれば良いと思っています。)

2、自宅のマンションの1室で開業は、現実問題として
可能でしょうか?
(お客様が、本当に来るのでしょうか?、
このような形で実際に経営をされて
上手くいっている方はいるのでしょうか?)

3、ネイルアーティストの技術は、本当に学校に行かなければ学べないものですか?
(独学じゃダメなのでしょうか?)

そのネイルアーティスト自身の技術、経営のノウハウ、マンションの場所、接客などによって
色々と 変わってくるとは思いますが
実際のところは どうなのか知りたいです。

ネットや、雑誌、学校などにも直接
問い合わせをしましたが
どれも、良いことばかりしか言わないので
正直、ネイルアーティストの実態がわからないです。

学校も通うには、結構な額なので
主婦の私にとっては慎重に検討しなければ
いけないと思っています。

どうぞ、詳しい方教えてください。
宜しくお願い致します。

26歳の主婦です。
現在 家で細々と内職の仕事をしながら
生活をしています。
(主人と、ワンちゃん1匹で子供はいません。)

何か自分でも稼げる仕事をと思い
それだったら、「手に職」と考え、
以前から ネイルアートに興味があったため
ネイルアーティストになることを思いつきました。
(自分ではかなり手先は
器用な方だと思っています。)

近く、学校に行き資格をとり
将来は 自宅のマンションの 1室を使いサロンを
開こうかと考えています。

学校に行く授業料は、コツコツと内職で
...続きを読む

Aベストアンサー

もうひとつ、(1)「月10~15万の収入は可能か」というのと(2)「自宅マンションで経営してやっていけるのか」という点にお答えしていなかったと思いますので
私の場合の経験で、お答えしたいと思います。

まず(1)については「経営」について学ばれるとよくわかると思います。私も単に最初は「ネイルを家庭で提供して喜んでいただこう」とおもってスタートしましたが
「これは職業にするのだ」と思ったときに経営について
素人な自分に気がつきました。そこで地元の商工会が行っている経営者の勉強会に参加したり、青色申告者のための
セミナーを受講したり、女性起業家の集まりにいったりうぃてまず「いろいろな経験者の方の起業」や「営業=収益を上げるということ」について学びました。
そして何より全く知らなかった「経理帳簿のつけかた」から学びました。恥ずかしながら最初はお客様から頂いたお金を丼勘定?でかわいい箱に入れてそれを「家計簿」程度の帳面につけているだけで、いったい経費がどのようになっていて、どれだけが収入となるのかさえわからず、
「奥さんの趣味程度」だったと思います。

しかし私はちゃんと「仕事」にしていきたかったのでまず
学びました。起業の本を読んでみるだけでもどういった届け出をしたらいいか、税務申告をする上で何を用意したらいいかもわかりとても勉強になると思います。

帳面が(うちは青色申告ソフトを使っています)はっきり
わかるようになると売り上げと経費などの関係もよくわかり「よし来月はこうしよう」と目標ができるようになりました。これは「5000円ですね、ありがとうございます」といって箱にしまっていたころとは明らかに違いました。やる気も起きました。

10万から15万の収入というのは「自分が売り上げた金額」ではないですよね。自分の「手取り」のことしょうか。10万円の売り上げなら単純計算で、こじんまりしたホームサロンで一人しかお客様が来なくて1万以下の売り上げでも10日営業できれば成り立ちます。そして
それにかかる経費は5000円もかからないと思われます。(スタート時に道具やカラーなど必要なものはすべてそろっていると家庭して)
でも「ネイルカラーも毎月新しいものを何本もそろえたい、流行のネイルストーンも大量に色をそろえたい」といったオーナーの方針や、私どもではきらきらがはいった人工爪の材料もすべて「材料ときらきら成分は別」に用意していてお客様のオーダーの都度混ぜて少量消費していますが有名ブランドの「○○ミックス」といった既製品のブランド品で何色もそろえたいといった場合では話が違ってくると思います。

もし私が始めたときと同じようなやりかたで経費がかからないように工夫、(勉強)すれば10万の売り上げで5000円の経費(しかも光熱費、家賃などは自宅なのでゼロ)9万5000円が自分の収入になり、当時私は
手作りのチラシとパソコンで作った名刺カードに手配り用のメニュー表、あとはインターネットで掲示板などに書き込みしたりホームページを手作りした程度でしたのでほとんどかかりませんでした。

ですが、その9万5000円でお洋服を買ったり遊びにいったか?といわれるとしていません。
収入があるとそれで「お店」に飾る壁飾りをかったり、新しいカーテンをつけたり、ネイルアートを飾るボードを買ったり。それも経費と呼ぶのかもしれませんが、私にとっては当時は「自分のために使える夫に頼らない収入」としてとてもうれしかったのを覚えています。

その後も売り上げの中で「収入」として使える資金は
私の場合はほとんどすべて「次に使ってみたい新しい材料を購入」する代金にしたり「いってみたい東京や大阪の技術セミナー」のための旅費や受講料となったり。

それは後日売り上げが上がってきてからはむしろ「経費」となっていく部分ですが、最初は「自分のために使えるお金もネイルの仕事のためにつかって」いたとおもいます。
今思い出してみてもとてもうれしく楽しかったです。
「自分のささやかな事業だけれど、ちゃんと自分の収入の中でやっていて、家計からは使っていないぞ」というのが
主婦の私としては最低限実現したいことでした。

そして現在の状況と合わせてアドバイスしますと
「最低限収入としたい金額の3倍以上は売上げがあると
よい」とういう感じがします。家賃など基礎体力的な経費の消費を含めて考えるとそいう気がします。
(ずっと自宅ならもっとかからないですよね)

(一般的には給料というのでしょうか、ちなみに
青色申告では経費以外の部分は経営者の収入とされるの税務上の定義とはまた違うのかもしれませんが。)

私は人を雇うときに「あなたを採用するとこれだけの経費が必要になります、つきましてはこのギャラをお支払いするのにはこれくらいの売上げが必要となりますが、目指してがんばっていただけますか?」と伺うようにしています。ノルマということではなく「経営する営業する」ということについて一緒に考えていただきたいからです。

15万ギャラを取りたいなら最低限でも50万以上は売上げて頂くと人を雇っても事業の収益がでるのではという
感触があります。

サロンをするということはどんなに規模小さくても「経営」です。しっかりと経営状況を自分で把握でき、経済活動ができる知識を持てばやっていけますよ。
なにもなくて「技術だけ提供して、その都度お金がはいってきて」という方法では私の場合は限界を感じました。

また「マンションの一室でお客様はきますか?」ということですがきてくださるように努力をすれば問題ありません。人は信用ですので近くの美容室で格安でキャンペーンをさせていただいてそのとき「ここでやっているんですよ」とチラシをおかせてもらう=美容室はネイルが無料(格安か)でやってもらえると宣伝でき、自分は自分の
お店の宣伝ができるという双方のメリットにより喜ばれたりします。ネットを利用して写真なども載せて「こんなところでこんな人がやってくれるんだ、じゃあいってみようかな」とおもってもらうのも安心材料になるとおもいます。
「デパートなどだときれいにしていかなくちゃいけない気がするけれどここは近所だし気軽」とか「車できても
駐車料金がいらないからうれしい」といったお客様のメリットを出していけば口コミでも広がっていきます。

「路面店や繁華街ではないこと」を強みとして「自分だったら何があったらいいかな」と考えること。
無料駐車場やメイクしてこなくてもくつろげる空間、子供さんと一緒でもOKでDVD見放題、メイクやネイルに関する本の無料貸し出しや終わった後のお茶サービスなど。またきたくなる魅力を楽しみながら考えるといいですよ。

私も日々考えながら楽しくがんばっていてお客様や
スタッフに教えられることばかりです。
貴女の夢が叶いますように。応援しております。

参考URL:http://nail.hirotaka.co.jp/

もうひとつ、(1)「月10~15万の収入は可能か」というのと(2)「自宅マンションで経営してやっていけるのか」という点にお答えしていなかったと思いますので
私の場合の経験で、お答えしたいと思います。

まず(1)については「経営」について学ばれるとよくわかると思います。私も単に最初は「ネイルを家庭で提供して喜んでいただこう」とおもってスタートしましたが
「これは職業にするのだ」と思ったときに経営について
素人な自分に気がつきました。そこで地元の商工会が行っている経営者の勉...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報