「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

椎間板ヘルニアで3回目です
温存療法で神経根ブロック注射で二回とも回復しましたがまた痛みが出て動けない状態になりました
もう手術することがベストでしょうか

質問者からの補足コメント

  • 三回目の再発です温存療法、手術は本人に任せますと医者に言われています。
    もしも三回目も温存療法で…再発が4回目がって考えると
    おやじですがやはり手術への恐怖感も有ります

      補足日時:2016/07/05 09:18

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

腰痛お察しいたします・・・。


私は今年1月に内視鏡治療でヘルニアを除去してもらいました。手術の同意書には「最悪の場合」を想定してあり悩んだりしましたが、先生を信じて施術を受けました。
現在は痛みと無縁の生活で、農作業の中腰状態も全く苦になりませんし、無理の効く体を取り戻せたことが何よりです。
勿論、整形外科や整体に通院を重ねていましたが「その場しのぎ」、ペインクリニックは痛みを忘れられましたが根本は解決せず・・・・で、手術を希望しました。
テレビで紹介される「ゴッドハンド」の先生ですが、二子玉川で開業されており私にとっては「救いの神」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
私の通っている病院です狩り
内視鏡手術ではなく開腹手術での病院ですやはりネットで探して内視鏡手術できる病院に初診しようと思います
ありがとうございました

お礼日時:2016/07/05 12:17

私なら、ブロック注射をして、あの注射自体が痛いんですが(^_^;


痛みを感じない状態で、運動して(腰痛体操とかヘルニア体操とか)、仕事も極力座らないでして(立った状態でデスクワークができるように机を組みました)寝る時は、畳に直接(冬は毛布を敷きますが)
それを1年続けましたよ、その後は定期的な運動はずっと続けています、寝るのは固いマットで

セックスも不自由することなくできますし

もう一度、温存療法を進めては、どうでしょうか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
じっくりと考えて判断します。

お礼日時:2016/07/05 12:12

>次はやはり手術の選択がベストですかね



生活を変えないんだったら、手術しても、また再発しますよ

脊髄の手術なんて、どんなに名医でもぜーたい嫌と温存療法を選んで、20年
今では痛みは、まったくありませんから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何回も回答頂きましてありがとうございます。
そうなんです
手術しても再発する可能性はある
根幹ブロック注射してもすでに三回目の再発何がベストなのか…やはり悩みます

お礼日時:2016/07/05 09:28

個人的には排尿障害などが出ない限りはオペは受けません。


私も過去2回強く手術を勧められましたが拒否。温存療法を選択しました。
今ではヘルニアもすっかり引っ込んでいます。(MRIで確認済み)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/05 09:21

ブロック注射は麻酔を打ってるだけですから、麻酔が切れれば痛みがぶり返ります。



温存療法で生活や体を改善できなかったのであれば、手術ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
以前二回とも神経根ブロック注射をして頂きましたが
また再発三回目です
次はやはり手術の選択がベストですかね

お礼日時:2016/07/05 08:54

手術したから今後は痛みから解放されるかは不明です。


私なら温存療法を選択しますね。
上手く行けば硬膜外ブロック注射数回で今までの痛みが嘘のように思えるほど回復することもあります。
最終的には神経根ブロック注射までするかもしれませんが手術するよりマシです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。二回とも神経根ブロックまで打ってまた三回の再発ですまたまた神経根ブロックでがベストですかね?

お礼日時:2016/07/05 08:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎間板ヘルニア。足まで痺れがあり、明日ブロック注射を…

去年の秋に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。
手術をする程でもないと言われ、その後ボルタレンを含む痛み止めや炎症止めを飲みながらシップを張り続けています。
整形外科では薬を出してもらうことしか出来ません。
手術で何とかなりませんかと聞いても手術をするほどではないの繰り返し…。

今年に入り体調を崩し入院したことがきっかけで複背筋が弱ってしまったようで、最近また痛みが酷くなってきました。
神経に障るような痛みが走ると同時に、足首の方までビリッとした痺れというか痛みが走り、ここ数日は地獄のような毎日です…。
丁度薬が切れてしまったので、昨日通院している整形外科へ行き先生と話し、レントゲンで見ながら神経に直接うつブロック注射をしようと言う事になりました。

前置きが長くなりましたが、ここからが質問です。
・ブロック注射は一度うてば良くなるものなのでしょうか。それとも継続してうたなければいけないものなのでしょうか。
・なぜ手術をしてもらえないのでしょうか。
・カイロプラクティック(針治療あり)に通い続けた方が効果があるのでしょうか。

痛くて痛くてどうしようもありません。
どなたか何かよいアドバイスなどが在りましたら宜しくお願い致します。

去年の秋に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。
手術をする程でもないと言われ、その後ボルタレンを含む痛み止めや炎症止めを飲みながらシップを張り続けています。
整形外科では薬を出してもらうことしか出来ません。
手術で何とかなりませんかと聞いても手術をするほどではないの繰り返し…。

今年に入り体調を崩し入院したことがきっかけで複背筋が弱ってしまったようで、最近また痛みが酷くなってきました。
神経に障るような痛みが走ると同時に、足首の方までビリッとした痺れというか痛みが走...続きを読む

Aベストアンサー

ヘルニア手術経験者です。

お仕事をされておられる中での、あの激痛はさぞかし苦痛でしょう。
痺れが出てきたのでしたら、手術を視野に入れた方が、良いかも知れませんね。

私もブロック注射を1度打ちましたが、
麻酔が取れたと同時に痛みは戻っていました。
そして、翌週、神経根ブロックも打ちましたが、こちらも同じで効果なし。
(神経根ブロックは普通のブロックより痛いし高いです(--;
1ヶ月間、自宅安静…お風呂も4日に1回、ずっとベットの上。
動くのはおトイレのみ。
そんな生活でも座薬すら効かなくなり、
「この痛みと痺れが取れるなら手術してください!」と、
切実に担当医に訴えました(笑
そして、3日後にラブ法にて2箇所のヘルニアを摘出しました。

術後は、麻酔が取れた時には、痺れが消えて、寝ていても激痛だったのに、
「耐えれる痛み」まで軽減されていて、それはそれは天国でした。

術後2年ちょっとですが、痺れは全くありませんが、
傷ついた神経は、なかなか良くならない様で、
日常生活に支障はありませんが、寒い日や、
姿勢の加減で痛みがシバシバ走る事があります。

お医者さんによって治療方法は違うと思いますが、
日常生活に支障が出てくる様でしたら、手術を、私はお勧めします。
術後2週間もすれば、普通に過ごせますし、
何よりも、あの激痛とオサラバできますね。
痛みは本人しか分かりませんからね・・・

入院はふた月にまたがない様にご入院下さい。
1ヶ月以内で退院された方が、お金の負担も少しで済みますよ。

ヘルニア手術経験者です。

お仕事をされておられる中での、あの激痛はさぞかし苦痛でしょう。
痺れが出てきたのでしたら、手術を視野に入れた方が、良いかも知れませんね。

私もブロック注射を1度打ちましたが、
麻酔が取れたと同時に痛みは戻っていました。
そして、翌週、神経根ブロックも打ちましたが、こちらも同じで効果なし。
(神経根ブロックは普通のブロックより痛いし高いです(--;
1ヶ月間、自宅安静…お風呂も4日に1回、ずっとベットの上。
動くのはおトイレのみ。
そんな生活でも...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む

Q腰椎椎間板ヘルニアのブロック注射が良くないという理由は?

腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。典型的な症状が当てはまっており、育児に支障を来たし苦痛なのでブロック注射をしてもらいました。

ところが、母や夫が「注射はよくないと聞くから止めたほうがいい、他の病院にも行ってみたら?」と言うのです。話を掘り下げても、『どこかで聞いた』とか『骨に注射して良い訳ないだろう』という程度なのです。

私は看護士です。でも整形外科は経験がなく、知識もありません。ですが、保存療法として、コルセット等を併用しながら痛みを取り除くことがどうして悪いのか、判断がつきかねます。キチンと消毒し、適切な部位に適切な量の注射をすることが、どうして『良くない』と言われるのか。
思いつくのは、痛みを感じないために、本当なら出来ないような姿勢や動作(無理)をしてしまう弊害くらいです。

他に何か、理由があるのでしょうか?気長にヘルニアと付き合っていくつもりでいますが、こういう話を聞くと、どういった治療を受けたら良いか気になってしまいます。教えてください。

Aベストアンサー

病院で実際に治療をしている立場からの意見です。

外来に来たときの症状から、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いと考えて、仙骨部硬膜外ブロックを行うことは時々あります。
痛みがつらい状況では、レントゲンもうまく撮れないことがあり、まずは痛みをおさえることから考えます。
はっきりとした診断をするには、MRIをとることである程度はわかりますが、実際には撮らないでいくこともよくあります。
仙骨部硬膜外ブロックに関しては、レントゲンを撮ったり、計測などはいらないものです。キシロカイン、生食、ステロイドを混ぜたものが多いと思われます。

ご家族の方が言われる、注射はあまりよくない、というのは一番は感染の問題でしょうか。ステロイドをうつことに関しては否定的に考える医者もいるかと思いますが、実際に問題を起こすことにはあたったことはありません。
筋力低下、知覚障害が進んだりがなければ保存的治療でいけるかと思います。もしできれば整形外科で直接話を聞いていただければと思います。

Q神経ブロック注射ってどのくらい痛いですか?

椎間板ヘルニアが再発し、
先週から服薬治療を始めました。
第三と第四腰椎の間の椎間板と第四、第五腰椎の間の椎間板が神経を刺激し、腰部、太ももに痛みが、右親指にしびれがあります。
薬を飲んでも少し座っていれば痛みで横になりたくなります。
薬で痛みが治まらない場合はブロック注射と言われましたが、痛いと聞き、ビビッてます。
どのくらいいたいのか?(個人差あるかと思いますが)、どうすれば注射の痛みを少しでも回避できるかお知恵をください。
よろしくお願いします。
今日午後整形へ行く予定です。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

自分は仙骨硬膜外ブロックと腰部硬膜外ブロックを受けたことがあります。

*仙骨硬膜外ブロック・・うつぶせで尾てい骨付近から注射。
*腰部硬膜外ブロック・・自分のへそを見るように丸くなりヘルニアがある部位の背骨側から注射。
いずれも30分~1時間ほど安静が必要なのでトイレは済ませておく。

ヘルニアの痛みに比べたら楽ですよ。
麻酔科でやった方が効きがよかった感じがします。

自分は足の麻痺があったので内視鏡手術を5月にうけましたけど。。。

Q椎間板ヘルニアとその手術について(長文です)

私はH15年6月ごろから、椎間板ヘルニアをもっている現在19歳のものです。
発症した頃は、日常生活に支障をきたすほどのことはなく、ただ趣味であるダンスができない、という感じでありました。その頃は病院のほうでPNFという筋力トレーニングをするような専門の施設を紹介してもらいやっていました。
それを続けているうちにだいぶ良くなったので、あまりそちらにも行かなくなっていたら、H16年8月くらいから今度は立っている、座っている、歩く、または寝ていても痛い、というような以前より重い症状がでるようになってしまいました。
先日、埼玉の川越にある大きい病院でMRIをとったところ、やはり以前よりは悪化しているものの、軽度の部類に入るものだ、とのことで、今すぐ手術がひつようということではないが、経過も長いし、まぁ手術という選択肢もあることにはありますよ、とのことでした。
今は9月くらいから整体に通い針や牽引をしてもらっていますが、あまり効果を感じません。またブロック注射も何回か違う病院でしてもらったこともあるのですが、それほど大きな効果は感じません。(そちらのほうでコルセットも作ってもらいました。)
私としては、自分の好きなことが全くできず、又常に痛い、痺れる状況で、とても気分が落ち込んでしうことも多々あり、手術ということも検討しているのですが、何しろ手術をしたことがないもので、とてもとても恐いのです。どんなに痛いのだろうかと考えると、そんなことと思われるかもしれませんが、勇気がでないのです。手術経験のある方や、客観的にこの状況をみてなにか思うところがある方がいらっしゃいましたら、ぜひご意見ください。

私はH15年6月ごろから、椎間板ヘルニアをもっている現在19歳のものです。
発症した頃は、日常生活に支障をきたすほどのことはなく、ただ趣味であるダンスができない、という感じでありました。その頃は病院のほうでPNFという筋力トレーニングをするような専門の施設を紹介してもらいやっていました。
それを続けているうちにだいぶ良くなったので、あまりそちらにも行かなくなっていたら、H16年8月くらいから今度は立っている、座っている、歩く、または寝ていても痛い、というような以前より重い...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は腰椎椎間板ヘルニアで2回手術を受けた経験者です。
ヘルニアの辛さは身に沁みて知っています。

たとえ現在の痛みや痺れが軽度のものであるとしても、それを我慢することで症状が悪化するということがあるそうです。
人間の体は、痛いところを無意識にかばうようにできています。そのため、姿勢や動作に無理が生じ、他のところにまで痛みが発生したりします。
ですから、痛みがあったら、それを軽減させる処置をするべきだと思います。
痛みがあると辛いから止めるというだけではなく、病状をより悪化させないためにも、痛みを止めることは必要です。
これは私の主治医が口癖のように言っていたことです。
私の経験上もたしかにその通りでした。

手術以外の治療法として、多くの場合、内服薬を処方されます。私も手術を受けた後に痛みが再発したことはありますが、かなり激しい痛みでも内服薬で痛みは止まりました。私が今まで処方されたのは、主に抗炎鎮痛剤と筋肉弛緩剤です。
内服薬で神経の炎症を鎮めて痛みを軽減させ、その間に椎間板の復元力が働けば、手術する必要はなくなるのだと思います。しかし、もはや体に本来そなわっている復元力に期待できないような状況になっていれば手術によるしかないということです。私はそのように説明を受けました。私の経験で言いますと、1回目の手術のときは、髄核までずれていたので、手術せざるを得ないという状況でした。

もう一つ、私の主治医が言っていたのは、痛みより痺れのほうが始末が悪いということです。
私の場合ですが、痺れは痛みが慢性化し、ある意味で体が痛みに慣れてしまったころから現れました。
たとえ現在の痛みが激痛というほどではなくても、症状が慢性化してしまっているのは、不安です。先ほど言いましたように、無意識に姿勢や動作に歪みが生じるので、将来もっと悪い状態になるかもしれないからです。

手術を受けるべきかどうかということに関しては、何とも言えません。私の場合、手術を受けた方が良いかどうか、ではなく、そうするしかないという状況でした。(2回ともです)

腰椎椎間板の手術は、現在では技術も確立されているので、それほど恐れることはありません。ただ、絶対安全とまでは言い切れませんし、医師の技量はピンからキリまでありますので、整形外科医なら誰でもいいというわけにはいきません。もし手術を受けられるなら、信頼できる医師を選んでください。

ちなみに私は2回の手術歴にも関わらず、剣道をやっています。かなり激しい運動をしていますが、痛みが出ることはありません。しかし、左足の痺れは慢性化していて、力が入りません。(左足の親指は上に曲げることが全くできません。)基礎稽古でも、ちょっと稽古量を増やすと、左足が痺れて、感覚がない状態になります。剣道では左足の動きが重要なので、これはかなり辛いものがあります。
しかし、手術当時の激しい痛みを思えば、剣道のような激しい運動ができるだけでも夢のようです。

長く症状が続くと、時には絶望的な気持ちに襲われることもあると思います。
しかし私のような例もありますので、希望を失わず、がんばってください。

医師と十分に相談されて、最も良い方法を考えてください。
場合によっては、他の医師にセカンドオピニオンを求めることも良いかもしれません。(現在の主治医に悪いと思われるかも知れませんが、自分の患者が他の医師にセカンドオピニオンを求めることを嫌がるような医師であれば、そもそも信頼に値する医師ではありません。)

足の痺れがあると、わずかな段差でもつまづいたりしやすく、それが原因となって急速に症状が悪化することがあります。私もそういう苦い経験があります。くれぐれもご注意ください。

とても辛いとお察ししますが、これからの長い人生を考え、最善の選択をできるよう、お祈りしております。
がんばってくださいね。

こんにちは。
私は腰椎椎間板ヘルニアで2回手術を受けた経験者です。
ヘルニアの辛さは身に沁みて知っています。

たとえ現在の痛みや痺れが軽度のものであるとしても、それを我慢することで症状が悪化するということがあるそうです。
人間の体は、痛いところを無意識にかばうようにできています。そのため、姿勢や動作に無理が生じ、他のところにまで痛みが発生したりします。
ですから、痛みがあったら、それを軽減させる処置をするべきだと思います。
痛みがあると辛いから止めるというだけではなく、病...続きを読む

Q椎間板ヘルニアって完治するの?

7~8ヶ月前に椎間板ヘルニアって診断されました
そこまでひどくなかったので毎日電気を当てに行っていたら3ヶ月くらいで痛みがなくなりました
元々腰痛があり今もたまに腰が痛いときはありますがヘルニアの痛みとは全然違います
治療中の3ヶ月は毎日湿布をはって腰痛体操をしたり普段の姿勢を気をつけて生活してましたが良くなってからは元の生活にもどってます
MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?
再発したりしないのですか?
ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか?

Aベストアンサー

>MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?

ヘルニアは治ることが分かっています。簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。


>再発したりしないのですか?

ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれらのヘルニアの可能性が高まります。


>ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか?

これはいえると思います。

病院では通常保存療法を選択します。手術は即効性がありますが、髄核を全て取り除いてしまうため上下の椎間板ヘルニアのリスクが高まるからです。保存療法とは飲み薬(NSAIDs、ステロイド)、ブロック注射、理学療法、運動療法、鍼治療などですね。整体やカイロプラクティックは高確率で悪化しますので注意が必要です。これは厚生労働省も警告しています。

再発予防のためには腹筋背筋の強化、屋外ウォーキングなどで運動し、痛くなったらすぐに病院にいきましょう。

>MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?

ヘルニアは治ることが分かっています。簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。


>再発したりしないのですか?

ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれら...続きを読む

Q椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょ

椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょうか?
椎間板が後方の神経と干渉してるからどこかに神経痛が走る。
しかし自然に治らないということはその椎間板が引っ込まない→神経と干渉→痛いまま のはず。
なのになぜ痛みが和らいでゆくのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることはないのでしょうか?

椎間板とは中心層と、それを取り巻く層の構造になっています。ヘルニアとはその中心層が出ることを言います。大福で言えばあんこの部分です。出てしまったあんこは元に戻りません。


>もしなければつぶれたままということになりますが、それが、
これ以上突出する余裕がないくらいペッチャンコであれば、
今後、突出によって神経への炎症がおきることは無い、ということでしょうか。

ヘルニアによる炎症の可能性は減るかも知れませんね。しかし炎症の原因はヘルニアだけではありません。他の原因によって炎症がおき、激しい痛み、坐骨神経痛などでるかもしれません。

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることは...続きを読む

Qヘルニアによる神経、歩行障害は治りますか?長文です。

三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。びっこを引いての歩行しかできません。実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法で第5~仙骨の手術(A総合病院)二度目は翌年同じ箇所の再発でセカンドオピニオンにより(B整形外科・ヘルニアではでは有名らしいです)B整形ではラブ法+再発しない為にお尻の骨を背骨(多分?)に移植する手術法でした。過去二回は激しい痛みがあり手術しか選択のよちがありませんでしたが今回は前記のとおり我慢できないような痛みはありませんので出来ることならこのまま痛みもなくなおかつこの歩行障害?神経障害?のような状態からの改善を期待しています。セカンドオピニオンでB整形という良い主治医に出会いましたが現在はコレという治療法もないようで具体的に治療はしていません。リハビリの先生は低周波が効果あるらしいとか結構あいまいなアドバイスしかいただいてません、毎晩負担にならないくらいの軽いストレッチはしています。そこで同じような経験をされている方、あるいは専門家の方がいらっしゃれば相談にのってやってください。具体的に何かやったほうが良いのか、それともこのまま自然治癒に任せて治っていくものなのか一生びっこの生活が続くのかわからないので非常に不安です。出来ることならもう手術はしたくありません。痺れは最初の手術からありますのであまりきにはなりませんが足首の神経障害は何とかしたいのでアドバイス願います。

三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。びっこを引いての歩行しかできません。実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法...続きを読む

Aベストアンサー

看護師です。医師ではないのですが、自分もヘルニアの経験があり、(L5/S1間)手術もして(MED法)再発した経験もあり、その症状・不安・疑問などがよくわかります。

結論からいいます。手術はするべきではありません。
時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。

神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。椎間板の8割は水分だからです。これが蒸発していけば、自然に凹みます。
また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収する可能性もあります。
さらに、ヘルニアが消失しなくても神経根との間に可動性があれば、ヘルニアがあったままでも問題ありません。
ついでに、L5、S1などの神経は末梢神経なので回復の見込みがあります。
年齢や健康状態にもよりますが、自然治癒力に期待することをお勧めします。(時間はかかります。ちなみに、私は完全回復まで3年ほどかかりました。寝返りも打てない状態から、痛いけど我慢できるレベル、そして完全回復と経過しました。途中、一生治らないと感じ悲観していた時期もありました。)

まず、何より大切なことは「安静」です。
椎間板に圧力負担をかけないことです。
横になっている状態を1とすると、立位で2、イスに座った状態で3、あぐらで4の圧力負担がかかると考えていいでしょう。
コルセットを巻いておくのも有効ですね。

次に、痛みをなるべく感じないようにすることです。
急性期の激痛なら、整形外科にて「神経根ブロック」や「硬膜外ブロック」のブロック注射をすることです。これはかなりの確率で効果があります。
また、消炎鎮痛剤の内服です。痛みを抑えましょう。ビタミンB12は神経の回復に効果を期待できます。

足首の筋力低下も治ります。質問者さまは、L5とS1の神経症状により、足首の力が両方(背屈も底屈も)に入りにくいから歩行困難かと思いますが、これも痛みがやわらいできたころには、歩くことなどによって筋力は回復されるし、神経症状自体も回復します。

低周波に関しては、神経を刺激しますし、気持ちいい思いをするのでいいのではないでしょうか。これ自体が治療というより、気持ちいい思いをする程度に考えていていいでしょう。

結論:心配しなくても時間が経つと治る。(個人差もあるからどのくらいかかるかはわかりません。)

※仕事の都合などで、早く社会復帰をすることを優先するがために(ある意味QOLを考慮した)手術療法があるくらいに考えておいていいでしょう。

それではおだいじに。

看護師です。医師ではないのですが、自分もヘルニアの経験があり、(L5/S1間)手術もして(MED法)再発した経験もあり、その症状・不安・疑問などがよくわかります。

結論からいいます。手術はするべきではありません。
時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。

神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。椎間板の8割は水分だからです。これが蒸発していけば、自然に凹みます。
また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収...続きを読む

Q椎間板ヘルニアで現在休職中2ヶ月近く休んでるのは休みすぎ?

15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に復帰しても良いでしょうとの事でしたが仕事復帰の為、自宅で座ってる時間を長くしたり家の事をやったりしていると直ぐにまたひどく痛みだし、その度に腰が左右に折れ曲がってしまいます。こんなので仕事の復帰は出来るのだろうか?と自分では自信が無いのですが家族の者からはいつまで仕事を休んでるんだ!さっさと治って仕事に行けないなら違う病院に変われと嫌味を言われるし主人からも休んで家に居るなら、せめて家の事くらいやれよと言う感じなので治ってきたかな?と思っても腰が曲がってしまうの繰り返しで、もう2ヶ月近く休んでる事になり給料は病院代で無くなってきて、これ以上違う病院でまた初診料から払うお金もありません。自分の甘えすぎなのか腰が折れ曲がった状態でも無理に仕事に行くべきなのか今の病院の先生に満足していますが他の病院に移るべきなのか?自分でもどうすれば良いのか分かりません自分が情けなくって毎日悩んで夜も眠れなくなってきています。どうすれば良いでしょうか?教えて下さい。

15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に...続きを読む

Aベストアンサー

3年前に椎間板ヘルニアの手術を受けました。10数年来の持病でしたがとうとう足にしびれがきてしまい痛みは寝てるのも起きてるのもツライ状態にになり受診したところ入院治療で少し様子見をすることになりました。(MRIでも確認済)硬膜外、神経根ブロックなどの注射やリハビリ治療もしましたが一時的に改善されるだけで痛みは戻って来てしまう状態でした。先生からは「あと何十年と働かないといけないし今後のことも考えるとなるべく早いうちに手術がいいのでは?」とアドバイスされて決めました。一度出てしまった椎間板は戻らないのとその状態が長い年月の人は一日でも早い方がいいのでは?手術自体は全身麻酔ですし術後もそんなに痛みはなかったですよ。当然、入院費や手術代などで50万そこそこはかかったような気がしますが保険でかなりカバー出来ました。100%完治は期待出来ないとは思いますがかなりよくなりました。又、ぶっちゃけた話しですが職場でも腰痛で自宅療養ではなかなかいい顔されませんでしたが手術になると「そんなにひどかったのか!」って具合で理解されたようにも思います。

Q椎間板ヘルニアの手術を受けた方、復帰までの過程を教えていただけないでしょうか。

私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ
坐骨神経痛と診断されました。

痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき
当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。
ですが 1週間しか効かずに最初の病院に話たら やっと違う病院で
MRI撮影を依頼→結果(ヘルニア)→背骨専門の国立病院へ診察→1ヵ月後に検査入院
→2週間後に手術待ちのために一時退院→1ヵ月後再入院→手術後3週間後に退院→

再診察(術後)まで3ヶ月間、入浴以外は オーダーしたコルセットを常時着用と言われました。

東北一の病院でしたが 先生と患者とのコミュニケーションが少なくて 退院前に
リハビリをして早くよくなりたいのですがと聞いたのですが 絶対安静みたいな風に言われたので
心配で仕事や運動もするのが怖いです。

自身は 30代後半の力持ちやったので 同症状で手術、入院してる人(年齢がかなり上)よりは
回復力があると思っています。

今は 術後、5~6週間です。

ここ2,3日ですが 慣れてたコルセット着用が苦痛になってきました。

痛みは 坐骨神経痛の痛みは 術前が100とすれば 術後45で今は10~30です。
腰は そんなに痛くなかったのですが術前30、術後60、今は20~30です。

治った方や、私より快方に近い人の経過、意見をお願いします。

私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ
坐骨神経痛と診断されました。

痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき
当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。
ですが 1週間しか効かずに最初の病院に話たら やっと違う病院で
MRI撮影を依頼→結果(ヘルニア)→背骨専門の国立病院へ診察→1ヵ月後に検査入院
→2週間後に手術待ちのために一時退院→1ヵ月後再入院→手術後3週間後に退院→

再診察(術後)まで3ヶ月間、入浴以外は オーダーし...続きを読む

Aベストアンサー

『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。以下、抜粋します。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(コメント付き)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm

腰椎椎間板ヘルニア | Minds 医療情報サービス | 第5章 予 後
5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか
要 約
【Grade A】
腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手術直後からの積極的なリハビリテーションプログラムの必要性も認められない。
【Grade A】
術後1ヵ月経過した頃から開始されるリハビリテーションプログラムは、数ヵ月間は機能状態を改善させ、再就労を早くするという強い証拠があるが、1年経過時においては全般改善度において軽い運動と比較し差は認められない。
【Grade B】
職場での医療アドバイザーによる介入は就職率の向上に有効である。
http://minds.jcqhc.or.jp/G0000045_0049.html

腰痛 | Minds 医療情報サービス | 第9章 職業性腰痛
III.職場復帰について
3.職場復帰を遷延させる因子
(1)腰痛の要因
腰痛のタイプが性や年齢に比べて職場復帰に影響を持つことを示した。非特異性の腰痛の予後は、器質性ものより職場復帰が早い22)。
背部痛の質に関連する23)。
(2)心理的要因
仕事に対する満足は慢性疼痛や身体障害が遺残が少なく、逆に仕事に対する不満は慢性腰痛の危険度を高める可能性が指摘される24)。
もとの仕事への認識と治療開始後の職場復帰間での期間に関連が存在する25)。
補償(特に請求総額)、心理学的障害、欠勤日数、年齢が職場復帰における重要な因子である26)。
(3)社会的要因
腰痛補償は好況の期間に増加し、不況の期間に減少する結果を示しており、不況の期間に増加するという傾向は認められない27)。
既婚患者が独身の患者(P < 0.01)より早期に職場復帰した18)。
慢性疼痛は無視できないので,心理社会的な動機が職場復帰を不可能にすることに確実に役割を果たしている28)。
(4)総合的要因
職場復帰を遷延させる要因としては、放散痛の有無、機能性身体障害の程度、早い作業テンポと作業量、同僚との人間関係などが指摘されている29)。
職場復帰には身体障害の遷延、認識、痛みの性質や精神的重圧などの要因が関与している30)。
更正計画カウンセリングの参加者の分析では職場復帰の期待値が低いものは、高度な身体障害、疼痛の強いもの、若く、失業期間が長いものなどがあげられる31)。
休業している腰痛患者を職場復帰させるための有効な治療や衛生手段はない19)
http://minds.jcqhc.or.jp/G0000052_0061.html

『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。以下、抜粋します。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(コメント付き)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm

腰椎椎間板ヘルニア | Minds 医療情報サービス | 第5章 予 後
5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか
要 約
【Grade A】
腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手...続きを読む


人気Q&Aランキング