プロが教えるわが家の防犯対策術!

この商品は5つの回転域(800,1600,2400,4000,5600)において±30%の燃料の増減をできるものなのですが、そこで質問があります。
その1 これを変更した場合常に変更した分だけ増減してしまうのでしょうか?
その2 気温、スロットル開度、負荷により、必要燃料量は同じ回転数でも変化するのではないでしょうか?
その3 800回転時に-30%とした場合、悪影響はあるのでしょうか?(特に問題はないような気がします。)
その4 一般的に出力を上げる場合燃料を増量するようですが、ノッキング手前であればいわゆる”薄い”状態のほうが出力は上がるのではないでしょうか?
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

先ず先に、ターボか?NA?で話が違います。


 次に、オートフュエル・コントロールの、価値としてエアフロ・マフラー・スパークコントロール。これらが無いと100%に近い価値が出ません。ROMと同じなのがこの辺で分かってきます?
1の、点では二種類あり、スクランブル・ボタン有り無しで,フュエルカットを全部,この商品でして任意にコントロールしているしてい無いが見れると思います。
(無い場合は、AFCの電源投入時)
2の問題は、ROMの仕事で・・・センサーにより多少の増減はしています。殆どの場合、燃調よりエアー調整や、E-GR(排気ガスを吸気に混ぜるバルブ)で2の調整をしています。
3の問題は、エンジン始動時、暖機運転に、エンジンが止まる可能性があります
4・・・多分筆問からして、其れなりに詳しい様ですが?多分ここでの「出力」とはトルク、・・・つまり馬力とトルクのムズムズしさにこれから、ブツカリつずけるのでは?    {yukai4779さんの走るフィールドで高回転型?高出力(馬力〕型に、分け早くに方向を決めるのがいいと思いますよ}

この回答への補足

申し遅れました。以前スープラに乗ってましたが、トラストのレビックLCでコントロールしておりました。コントロールは1つのダイヤルのみだったので疑問はなかったのです。あ、そうそう今の車はEJ20R(レガシィ ターボです。)

補足日時:2001/06/23 08:58
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QアペックスのAFCについて

最近中古のレガシィワゴンを購入したのですが、アペックスのAFCというものがついてました。
一体どうゆうもので、どう使えばいいか教えて下さい。

Aベストアンサー

AFC=Air Flow Controller

燃調コントローラーです。
もっともエアフロの測定範囲内でしか増減出来ませんし、
新しいモデルではノックセンサー対応ですが、昔のモノ
はコレが無く、ヘタに絞り過ぎると最悪ブローします。

要はエアクリ交換等で狂ってしまった燃調を、コレによっ
エアフロの出力を調整して(エアフロの出力範囲内)燃料
の噴射量を増減させる物。

初期はダイヤル1つでしたが、その後段々細かい補正が
出来る様になり、今ではノックセンサーからの信号を拾う
ことで、より安全にコントロール出来る様になっているみ
たいです。操作部分も液晶パネルで見易いですし。

詳しくは参考URLのメーカーページをどうぞ。

不要であれば取り外す事をお勧めします。
特に配線をエレクトロタップ等で取っていた場合、その
部分の劣化や「配線切れ」で悪さをし兼ねませんし・・・

参考URL:http://www.apexi.co.jp/products/electronics/super.html

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング