最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

経理初心者です。
仕訳について教えてください。

法人で講演の謝金と交通費を受け取りました。
講演後に講演料〇〇〇〇円と交通費△△△△円を振込で受け取りました。
会場へ行く交通費は当法人立て替えております。

その場合の仕訳はどのようになるのでしょうか?

1)預金/売上高   講演料
  預金/旅費交通費   交通費
2)預金/売上高   講演料・交通費

講演料と交通費を別々にした方が良いのか、合算にした方が良いのかどちらなのでしょうか。
それともどちらとも違いますか?

以上 よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • ≪ 補足させていただきます。 ≫
    公共交通機関のみの移動です。
    頂戴した交通費はちょうどではなく2000円程上乗せでした。

      補足日時:2016/09/13 14:26

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法人が建物ごと移動して、建物が講演をすることはできないので、誰か人間が講演したわけです。


その報酬として、講演先から「法人の口座に入金」がされてるのでしょう。
いくつかのケースが考えられます。
講演者への謝金支払い方法として、
1、直接、講師への支払い
2、一度、法人口座に支払ってもらって、法人が「受領代理人」として受領して、そのまま講師に現金あるいは振り込みで支払う。
3、講師が法人組織の人間であって、別途講師には法人から給与あるいは報酬を支払う。
 

2の場合には、振り込みがあった金額を、そのまま講師に支払いするだけです。支払い者からの支払い明細等が発行されてるならば、それも講師に渡します。

3(おそらく、ご質問のケース)
 全額法人の売り上げにします。
 実際の交通費と、相手方から支払いされる交通費の差額を考える必要はありません。
 交通費を「立て替えてる」と考えると、複雑化してしまいます。

 法人組織の講師の、講演会場までの交通費が実際いくらかかったかは、どうでも良いのです。
 講演費用を請求する際の「講義報酬」「交通費」を記載するさいに交通費を公共機関の実費を記載する場合もありますが、端数を切り上げて千円単位にしてしまうケースもあります。
 差額があろうとなかろうと「法人が出費する交通費」として処理します。

ここで「差額が出るんだけど、どう考える」です。
差額がプラスなら法人の益金です。儲けですね。
マイナスなら損金です。「損こいた」です。

決算で一年間の合計をして総額で判断しますので、個別に仕訳で「儲けた」「損こいた」を算出しなくても良いです。
別途台帳を作って「ここの仕事は交通費を余分にもらえる」「ここは交通費を削ってくる」という資料とするのは、自由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になる回答をありがとうございます。

お礼日時:2016/09/15 11:33

>預金/旅費交通費   交通費…



その交通費は、実際にかかった電車・バス代を 10円の差もなくきっちりいただいたのですか。
それなら、すでに計上してある交通費の減算でも良いです。

>合算にした方が良いのかどちらなのでしょうか。…

その交通費というのが、千円単位に丸められているとか、マイカーか社用車で行ってガソリン代・有料道路代相当をもらったのなら、仕訳としては「売上」のうちです。
交通費の減算ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教えていただきありがとうございます。

≪ 補足 ≫
公共交通機関のみの移動です。
頂戴した交通費はちょうどではなく2000円程(千円単位に丸まれておりません)上乗せでした。

経理の根拠をつかめていないのでもっと勉強しなければと思っております。

お礼日時:2016/09/13 14:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q講師の報酬が入金されたときの仕訳はどのようになりますか。

講師の報酬が入金されたときの仕訳はどのようになりますか。

普通預金 20,000円 / ?   20000円

?の部分は売上でもいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

即日入金なら「売上」で良いですが、後日入金なら「売掛金」です。
また、講師の報酬ということであれば原則として源泉徴収されますから、

・講演した日に
【売掛金 22,222円/売上 22,222円】
・入金された日に
【普通預金 20,000円/売掛金 22,222円】
【事業主貸  2,222円/---------------】

支払側の何らかの事情で源泉徴収されていなかったら、もちろん 2,222円は関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q講師へ支払う報酬の仕訳は?

個人事業をしています(コンピューター関連です)今度仕事で新しいソフトを使うことになり、勉強会を開きたいと思っています。講師を呼んで講習会を行ないたいのですが、この場合、講師に支払う報酬や交通費など、経費で落とせるものなのでしょうか?もし落とせるとしたら、仕訳は何になるのでしょうか?それと、交通費や食事代などは報酬に含んでもいいのですか?それとも別々の仕訳に記録した方がいいのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

事業に関連するものですから、当然経費になります。

交通費や食事代なども、経費として問題ないと思われますが、報酬は、源泉徴収の対象(1回の支払額が100万円以下のときは10%)になりますから注意してください。

(報酬部分)
支払手数料 100 / 現金預金 90 
          源泉税預り金 10
(交通費実費支給部分)
交通費 ×× / 現金預金 ××

(食事代)
接待交際費 ×× / 現金預金 ××

以上の仕訳でよいと思います。

Q謝礼+交通費の源泉のやり方が判りません。

源泉について、どう扱ってよいか判らず悩んでいます。
教えてください。
謝礼30,000円、交通費50,000円(合計80,000円)を支払う場合、源泉は謝礼にのみかかるのでしょうか?
また相手から領収書をもらいたいのですが、どういう風に書けばよいのでしょうか?
(但書になんて記入すればよい?金額はどうすればいい?)

全く初心者でよくわからないので、どなたか助けてください!

Aベストアンサー

>謝礼30,000円…

受取人は個人だと想像しますが、なんの謝礼ですか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>謝礼30,000円、交通費50,000円(合計80,000円)…
>源泉は謝礼にのみかかるのでしょうか…

源泉徴収対象職種で間違いないとして、交通費50,000円ちょうどというのは、交通機関に支払う実費とは考えにくいです。
合計 8万円を元に源泉徴収します。

交通費50,000円が交通機関の実費で間違いなければ、交通費分は源泉徴収しません。

消費税についても同様に考えます。

>相手から領収書をもらいたいのですが、どういう風に書けばよいのでしょうか…

領収証は、受取人が書くものです。
支払い側があれこれ悩むものではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>謝礼30,000円…

受取人は個人だと想像しますが、なんの謝礼ですか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http:...続きを読む

Q社員の講師料

従業員が会社で加盟している技術協会の研修において講師を行いました。そして謝礼をもらいました。
ここで質問です。
(1)その謝礼についてはどう処理されていますか?
 勤務時間中の研修であり、給与勘定の費用戻しがいいのか、営業外収 益が良いのか?
(2)個人の所得か会社の収入かの判断はどこで行うのでしょうか?
 謝礼の宛名が会社であれば会社の収入でしょうか?
(3)休日に行った講師料(会社名を肩書きに入れた講演でした)について は個人所得か会社収益か?
以上どれかだけでの回答でも良いのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

講演をお願いしたり、職員を講師として派遣することが多くあります。

(1)その謝礼についてはどう処理されていますか?

収益に計上します。
給与をマイナスすると、給与は消費税対象外、講演料は(国内でしたら)消費税対象なので、消費税の計算もおかしくなりますし…。

(2)個人の所得か会社の収入かの判断はどこで行うのでしょうか?
 謝礼の宛名が会社であれば会社の収入でしょうか?

勤務時間中の行動でしたら業務の一環ですので、勤務先の収入にします。(あらかじめ、上司の承認を経て届出が必要です)
その講演のため、勤務時間外の資料原稿準備などを要した場合、上司の承認を得て、定額の手当を勤務先に請求できます。(請求する人はあまりいません)

(3)休日に行った講師料(会社名を肩書きに入れた講演でした)について は個人所得か会社収益か?

休日・有給取得で行った講演、勤務時間外に書いた原稿などは、原則個人所得として扱っています。
ただし、個人所得にしたくない(確定申告が面倒)と、休日出勤にして講演料は勤務先に入れ、休日出勤手当をもらう人もいます。

☆講演料は、個人の場合、源泉徴収されます。会社の収入にする場合は、必ず会社の収入にするので源泉徴収しないでくれと先方に伝えてください。会社の経理に入れるのことの証明は、会社名の請求書と会社名義の銀行口座への振込で足ります。現金入金の場合は、会社名の領収書で足ります。一旦、源泉所得税を誤納されてしまうと還付まで時間がかかり、大変面倒です。

講演をお願いしたり、職員を講師として派遣することが多くあります。

(1)その謝礼についてはどう処理されていますか?

収益に計上します。
給与をマイナスすると、給与は消費税対象外、講演料は(国内でしたら)消費税対象なので、消費税の計算もおかしくなりますし…。

(2)個人の所得か会社の収入かの判断はどこで行うのでしょうか?
 謝礼の宛名が会社であれば会社の収入でしょうか?

勤務時間中の行動でしたら業務の一環ですので、勤務先の収入にします。(あらかじめ、上司の承認を経て届出が必...続きを読む

Q源泉徴収された報酬の法人での扱い

医療法人の経理をしています。
理事長個人への報酬(源泉徴収後 5万円)が、
法人の銀行口座に振り込まれ、法人の収入として処理するように、
指示を受けました。
このような場合、消費税などどのように処理すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

ANO.1です。
もしかして、matto2525は請求書等で消費税額が区分表示された報酬の源泉徴収が記憶にあり、この質問をされたのではありませんか?
  
http://www.taxanser.nta.go.jp/6929.htm

法人が報酬料金を受け取る場合の源泉徴収は、これとはまったく別問題となります。現在、法人が報酬料金を受け取る場合に源泉徴収されるのは、競馬の馬主の報酬だけです。

 http://www.taxanser.nta.go.jp/2792.htm

民間企業の利子配当は税法の根拠があって源泉徴収され、法人税確定申告の時に控除されますが、税法の根拠がない報酬料金を源泉徴収したら源泉徴収義務者(報酬の支払者)の誤納です。誤納は、源泉徴収された者は還付請求できません。還付請求できるのは、誤納をした者(報酬の支払者)だけです。

そうはいっても、医療法人の法人税確定申告の時、利子配当の源泉徴収と一緒に差っぴいてしまえばバレないだろうと思うと大変です。
医療法人は公益法人等に該当し利子配当の源泉徴収はありませんね。
すると、法人税の確定申告の際に、誤納された報酬料金の源泉所得税だけを確定申告書で差し引くことになるので簡単にわかります。

また、報酬料金の源泉徴収をそのままにしておけば、理事長個人分の支払調書が税務署へ行ってしまいます。すると「法人の収入として処理するように」という指示を守らなかったことになります。

面倒に思うかも知れませんが、その報酬が誤って源泉徴収処理がされているのでしたら支払元に通知し、訂正してもらってください。
その際、支払元から個人でなく法人の経理に入れていることの証明を求められたら、本来、法人名義の口座へ振り込まれてることだけで足りますが、あわせて法人名の領収書を発行すれば済む問題です。
 

ANO.1です。
もしかして、matto2525は請求書等で消費税額が区分表示された報酬の源泉徴収が記憶にあり、この質問をされたのではありませんか?
  
http://www.taxanser.nta.go.jp/6929.htm

法人が報酬料金を受け取る場合の源泉徴収は、これとはまったく別問題となります。現在、法人が報酬料金を受け取る場合に源泉徴収されるのは、競馬の馬主の報酬だけです。

 http://www.taxanser.nta.go.jp/2792.htm

民間企業の利子配当は税法の根拠があって源泉徴収され、法人税確定申告の時に控除され...続きを読む

Q謝金会計処理

謝金の支払いをしたのですが、仕訳で何の科目で処理したら良いのでしょうか?
給与関係の雑給でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

領収証や請求書があるなら、支払報酬、支払手数料、雑費などでよいと思いますが、その際は源泉徴収は忘れないようにしたほうがいいです。
領収証を貰わないなら交際費になると思います。
講習会の講師さんというと雇用関係はないのだから給与関連の勘定では無理だと思います。それとも「偽装請負」の関係になりのでしょうか?

Q請負先への交通費実費請求は売上となってしまうのか

請負先で当社社員が業務を行っています。そこで発生した交通費実費分は、当社を通じて請負先へ請求し、受領分を当社社員に支払っています。
この場合、この交通費実費は当社の売上となってしまうのでしょうか?
それとも、売上は請負金額のみで、交通費実費は売上には算入されないのでしょうか?
算入されないなら、請求時と、相手会社からの入金時、及び社員への支払い時に、どのような仕訳を行えば良いでしょうか?

Aベストアンサー

請求書などに、交通費の内容が具体的に詳しく書かれ、しかも主要な交通費の受領証の写しを保存しておくことが出来るならば、そして交通費の合計額と請求額が一致しているならば、請求の内容を「立替金の精算」として会計処理できます。また税法上も、「立替金の精算」として認められます。つまり、売上にする必要はありません。

この場合は、
(1)交通費実費を支払った時点で、
〔借方〕立替金оооо/〔貸方〕現金оооо

(2)請負先から入金した時点で、
〔借方〕当座預金оооо/〔貸方〕立替金оооо

しかし、請求額が交通費の合計額よりも多い場合は、交通費の実費に利益を上乗せしたとみなされるので、請求額は売上にせざるを得ません。

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

Q講師の謝礼・交通費の源泉税について

今まで講師へ謝礼金と交通費の支払をする際、
謝礼金のみ源泉をしていましたが、
上司が税務署へ行った際、交通費の分も源泉しなければ
ならないと言われてきました。
過去にさかのぼっても、交通費で源泉した事も無く
税務監査・国税の監査でも指摘を受けた事が無いので
源泉しなければいけないのでしょうか?

するとした場合の例として
謝礼50,000×10%=45,000
交通費28,600(税込)×10%=25,740
上記の支払をしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>上司が税務署へ行った際、交通費の分も源泉しなければ…

それはたぶん支払調書の書き方が悪かったのでしょう。

意地の悪い係員が見たとき、交通費とは名ばかりで、報酬の一部であると取られると、確かに源泉徴収しなければならなくなります。

単に「交通費 28,600円」と書くのでなく、
「JR乗車券○○-△△ 15,000円」
「特急券○○-△△ 13,600円」
のように具体的に書けば、源泉徴収から省いてかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

誰が見ても重箱の隅をつつかれないような書き方をすることが肝要です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング