こんにちは。FX初心者です。注文方法がいくつかありますが、そのうち1つを教えて下さい。

例えば、

ドル円の現在レートが100円とします。

101円になったら買注文が自動的に入り、

102円で決済注文も自動的入るようにして、

そして、思惑と逆に価格が進んでしまった場合に備え、

99円で損切りが自動的に入るようにしたい場合の設定の流れを教えてください。

また、上記のような注文の種類の名前は、何と言うのでしょうか?

※指値とか逆指値、OCOとかIFDONなど、ネットで調べても、
いまひとつピンときません。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    XS200様

    こんにちは。画像まで貼付してくださり、加えて、理解しやすい解説に感謝いたします。

    少し補足させてください。

    おっしゃるとおりですね。今、100円で買えるのに、
    わざわざ101円になったら買うなんて、不利ですよね。
    ということは・・・
    たとえば、
    現在価格の100円で、買いの成行注文を出しおいて、
    すぐに、101円で決済注文と
    99円の損切り注文を同時に設定したい場合は、
    どのようにすればよいのでしょうか。
    お忙しいところ恐縮です。宜しくお願いいたしますm(_ _)m

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/07 08:58

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>わざわざ101円になったら買うなんて、不利ですよね。


説明上で逆指値をわかってもらえるかなと思って「不利になる」としただけでレンジを抜けたら買うという手法もあるので、一概に不利だとはいえないのはご承知ください。

成行だとIF(もしも)はなく必ず約定してしまうので、IFD-OCOではなく成行+OCO注文です。OCO注文も同時に入れられます。

#1, #2ともGMOクリック証券の画面です。
「FX初心者です。注文方法をおしえてくださ」の回答画像2
    • good
    • 0

指値は指定した値よりも安ければ買う(高ければ売る)という注文、逆指値は時価よりも不利な価格を入れる注文です。



例にある注文はIFD-OCOになります。
いま100円で買えるのにそれよりも高くなったら買う不利な注文ですから逆指値になります。
IFD-OCOの新規買いで逆指値101円を入れます。指値101円は101円以下なら買うという注文ですから即座に100円で約定するので注意です。画像の時価はリアルな数字なので無視してください。これがIFDの注文です。

決済注文は同様で有利な注文が指値、不利な注文が逆指値です。
102円で売る方が有利ですから指値102円、99円で売るのは損ですから逆指値99円といれます。One Cancel Otherですから、指値か逆指値のどちらかが約定したらもう一方の注文はキャンセルされます。これがOCOです。
「FX初心者です。注文方法をおしえてくださ」の回答画像1
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXトレード初心者です。 注文で、リアルタイム、指値・逆指値、リピート注文はできるのですが、成行注文

FXトレード初心者です。
注文で、リアルタイム、指値・逆指値、リピート注文はできるのですが、成行注文ができません。成行注文の仕方をご教示ください。
まだバーチャルトレードの段階です。

Aベストアンサー

指値・逆指値を設定しないでリアルタイムで即注文を入れられるのなら、それが成行注文です

QIFD注文の新規注文の執行条件(指値・逆指値)って何?

IFD注文の新規注文の執行条件ってなんですか?

現在1ドル100円。
もし、101円になったら買って、
102円になったら売るIFD注文をする仮定する。

102円で売る(決済条件の"指値")はわかります。
新規条件の執行条件(指値・逆指値)ってなんで存在するのですか?
しいて言えば指値しか必要ないでしょう?

Aベストアンサー

3です。
>現在値より高く買おうが安く買おうが、
>注文レートさえ入力しておけばいいのではないでしょうか?

注文のルールだと思って、なぜなんて考えたことありません。
逆指値注文は、指定のレートになったら成行注文を出す仕組なので、指値と分けているのかも?
投資家が不注意で指値と逆指値を間違えると、注意が出て注文自体入りませんので、そういう理由ではないです。

自分がわかるのはこのくらいです。

Q証拠金取引の注文方法、指値と逆指値の違いについて

指値と逆指値について、例えばドル円が110円から111円になったら買いという注文の出し方は、指値と逆指値のどちらになりますか?

Aベストアンサー

現在のレート110円より不利なので、逆指値でしょう。新規注文ですよね?

Qドル・円 逆指値(ストップ注文)の手法について

現在、次の自己ルールでFX取引しています。
○通貨はドル・円のみ
○注文はすべて逆指値(ストップ)注文
○時間足チャート(ローソク足)を使用し、直近の高値あるいは安値を目安にし、高値を超えたら買い、安値を超えたら売り、で発注。
○発注後の決済は利益確定は30ポイント、損切りは15ポイントで決済。(例:100.00で買いであれば、100.30で利益確定、99.85で損切り)
このように取引しているのですが、この一ヶ月での収支はややマイナスです。利益確定が早すぎるのか、損切りが遅いのか、それとももともとの注文する時点を見誤ってるのかわかりませんが、この手法を改良するにはどの点を変えていけばよいでしょうか。(もちろんみなさん独自の指摘で構いません。そんなに簡単に儲かる世界ではありませんから・・・)

Aベストアンサー

利確が早いかな?
それだと、スキャトレードになってしまう
典型的な「勝ち続けているけど、少しずつ損をしてしまう」というパターンと思う
大損してないだけ良いとは思います

時間足チャートといっても、どれを使っているのか?
多く使うと逆に方向性を見失うかもしれません(これは自分に言えますが)

まず、30PIPSで利確というのは、やはり安全に行き過ぎではないかと思います。
状況によりますが、最低でも50ぐらいは必要ではないでしょうか?
上手い人ほど、多く長期でやっていると思います
中期で非常に上手い人だと、70-100PIPSと思う

単純に、105.00L 106.00S など、キリのいいところでのみエントリーする人・手法もありそうです
現に、今だと109.00は非常に大きな意味を持ちますよね

損切りも少し甘くしてもいいかもしれませんが、わかりません
エントリーで、株だと「自分が思ったところより5つぐらい下で待つと丁度良い」という人もいます
為替でも使えると思います

Sは損切りきつめで(スワップ払う)、Lは損切りゆるくがいいかも

利確が早いかな?
それだと、スキャトレードになってしまう
典型的な「勝ち続けているけど、少しずつ損をしてしまう」というパターンと思う
大損してないだけ良いとは思います

時間足チャートといっても、どれを使っているのか?
多く使うと逆に方向性を見失うかもしれません(これは自分に言えますが)

まず、30PIPSで利確というのは、やはり安全に行き過ぎではないかと思います。
状況によりますが、最低でも50ぐらいは必要ではないでしょうか?
上手い人ほど、多く長期でやっていると思います
中...続きを読む

Qfxについての質問です。 3月17日にドル円で逆指値で売りの注文を入れました。この時の値段が112.

fxについての質問です。
3月17日にドル円で逆指値で売りの注文を入れました。この時の値段が112.947でした。
この時の112.968まで下がりましたが、112.947まではいきませんでした。しかし注文は112.947で確定していました。
なぜ注文が確定したのか教えてください。

Aベストアンサー

抜けてますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報