これからの季節に親子でハイキング! >>

先日、天文台に行き、金星を見ました。
火星? だったか、近くにひとつ星がありました。

地球からみて、一直線というか、だいたい同じ方向の天空に見えているということは
太陽と地球、金星、火星の位置を、どのように考えればいいでしょうか

頭の中は、紙の真ん中に太陽を 大きな〇で書いて、
金星。。。地球。。。火星の位置の描き方が
わかりません。。。
地球。。。金星。。。火星という順番の線でしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

火星」に関するQ&A: 火星に住もう!

A 回答 (3件)

雑で悪いけどこんな感じ


地球が自転してもうすぐ日が暮れるよ~となった時に
それまで太陽がまぶしすぎて見えなかった金星が見える。
その地球から金星までのその延長線上の近くに火星もある。
「宵の明星、金星、の近くに、もうひとつ星が」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
色々と考えたいことが、興味が、わいてきました

お礼日時:2017/02/10 23:28

「今日の星空」で検索してみて下さい。


星の配置図が見つかります。
多くは、観測地と日時間を変えることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼 お礼日時:2017/02/09 21:38

地球-太陽-金星-火星の順

    • good
    • 1
この回答へのお礼

おお、想像した通りです。

お礼日時:2017/02/09 21:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンドロメダ星雲はおよそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で直径22~26万光年と聞いてますが、どうやって

アンドロメダ星雲はおよそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で直径22~26万光年と聞いてますが、どうやって確かめたのか?

Aベストアンサー

アンドロメダ”星雲”ではなく、アンドロメダ”銀河”ですよ。
昔は、銀河と星雲との区別が明確ではなかったのでアンドロメダ星雲やアンドロメダ大星雲などと呼ばれていました。

アンドロメダ銀河の大きさは、まず距離を推定する事からですね。
ケファイド変光星という、変光パターンから明るさを推測できる変光星から距離を見積もってきました。
昔は天の川銀河と200万光年ほどの距離と言われていましたが、近年はその距離の見積が少しづつ大きくなっています。
今後の天文学や物理学、観測技術の進歩でどのように距離が修正されるのか予測は出来ませんが、何倍にも大きく変わることは無いと私は思います。

大きさはアンドロメダ銀河までの距離と、観測した直径で求められるのですが、これも不確定な部分が多いですね。
天の川銀河や大小マゼラン雲(マゼランは何故か未だに雲も多いですね…)等が属する局所銀河群の中では最大の銀河であるのは間違いないのですが、
どこからどこまでが銀河に含まれるのかは、アンドロメダ銀河でも周囲のハローの部分も含むようになり大きさを見積もるようになってきて、
昔よりも直径が大きく見積もられ、今は22-26万光年とされています。

アンドロメダ銀河の大きさも距離も、他の銀河も含めて、色々な観測的な事実や天文学物理学の進歩で、銀河の定義や範囲がどこからどこまでなのか等、
人間の知見が広まり議論が深まると、今とは少し違った見積り方になると思います。
銀河に関することでは、解明されていないダークマターの存在が大きさに影響を与えるかも知れませんね。

アンドロメダ”星雲”ではなく、アンドロメダ”銀河”ですよ。
昔は、銀河と星雲との区別が明確ではなかったのでアンドロメダ星雲やアンドロメダ大星雲などと呼ばれていました。

アンドロメダ銀河の大きさは、まず距離を推定する事からですね。
ケファイド変光星という、変光パターンから明るさを推測できる変光星から距離を見積もってきました。
昔は天の川銀河と200万光年ほどの距離と言われていましたが、近年はその距離の見積が少しづつ大きくなっています。
今後の天文学や物理学、観測技術の進歩でどのように距...続きを読む

Q肉眼で見える夜空の星は、すべて銀河系内の星か、もっと遠い銀河か

プラネタリウムに行くと、必ずギリシャ神話の話があります。
あれに、イライラします。そんな作り話を聞きたいのではなくて
星の話、宇宙の話を聞きたいのに。
どこそこに落下した隕石には鉄分が他の隕石よりも多く含まれているので
散ってしまった星のかなり内部から飛んで出たもの(鉄が多い)ですとか、
コレコレの恒星の特徴は、とか。物理的なこと、天文的なことを聞きたいのに。
ギリシャの話はいらないのです。

さて、肉眼で見える夜空の星は、たいていは、我々の天の川銀河系でしょうか
アンドロメダでしょうか

Aベストアンサー

銀河系の外にあって肉眼で見えるのは (超新星を除くと) アンドロメダ銀河, さんかく座銀河と大小マゼラン雲くらいのはず. いずれも星として分離することはできないだろうね.

Q昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。 時間軸が狂いま

昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。
時間軸が狂いますよね?
水金地火木土天冥海 全て 軸がずれますよね?
予測して下さいまし。

Aベストアンサー

時間軸の意味がわかない。
公転がなくなるの太陽が無くなった瞬間にすべての惑星円運動をやめまっすぐ飛んでゆく。
地球が光速に近づくわけでもないので時間の変化はないでしょう。
地軸の変化もすぐに表れるものではないし自転もそのまま続くでしょう。
合わせて月もだんだんと離れてすべての惑星と衛星は別々に飛んでゆくと思われます。

QNASAが先日見つけた7つの惑星って日本から望遠鏡で観察できますか?

NASAが先日見つけた7つの惑星って日本から望遠鏡で観察できますか?

Aベストアンサー

太陽系外の惑星は肉眼(望遠鏡を使って)で見ることができません。

太陽系外で望遠鏡で見えるのは、恒星と呼ばれ、太陽のように自ら光を発している天体だけです。

最近は肉眼(光を見る)のではなくて、電波を見たり、磁場を見たりすることで存在を確認できるようになりました。
だから最近まで発見されなかったということでしょう。

Q【山の標高】富士山の標高の3360mは東京湾の海面を0mとして高さを出しているそうです。 エレベスト

【山の標高】富士山の標高の3360mは東京湾の海面を0mとして高さを出しているそうです。

エレベストの標高の基準は何ですか?

オーストラリアのゴールドコースとアメリカのマイアミと日本の東京湾の海面は同じ高さなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

以下の2つのページが参考になると思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%81%95#.E6.A8.99.E9.AB.98
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%89#.E3.82.B8.E3.82.AA.E3.82.A4.E3.83.89.E9.9D.A2.E3.81.A8.E6.A8.99.E9.AB.98

「基準点」をどこに取るのかが、難しいです。
2つめのリンク先で取り上げられているように、富士山の標高も、基準点次第で変わります。

>オーストラリアのゴールドコースとアメリカのマイアミと日本の東京湾の海面は同じ高さなのでしょうか?
同じではありません
・地球の形
・重力のばらつき
のため、地球を「球」に例えた場合の高さは違ってきます。
…正確には「球」ではなく、「回転楕円体」です。


何か、参考になれば幸いです。

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q月の欠け方で、日本の季節がわかるか

日本居ると四季があり、すぐに実感できますが、その感覚を封印するとして、

夜の月の
1.欠け方
2.大きさ
3.19時など一定時点の角度
4。方角

に依拠して、いまの季節(何月や上旬か下旬か)は、
複雑な計算なしにわかりますか?

Aベストアンサー

No.1続き
18年毎に動くから、2~3年では変わらないし、地球の公転面とのズレも僅か5°位だから、

冬は低く、夏は高い、で良いと思う。
あくまで比較の問題だケレド。

Q潮汐は何故一日二回あるの ?

「月の引力」と聞いたことがありますが、
これだと一日一回となります。
「遠心力」とも聞いたことがあります。
これだとすれば、一定だと思います。
一日のうちでも変わるし一年(春夏秋冬)でも変わっています。
釣り好きなど素人です。教えて下さい。

Aベストアンサー

>ゴムボールを一方向に引っ張ると引っ張った方が伸び、反対側はゴムボールのままの形と思います。
いいえ。そんなことにはなりません。ゴムボールを引っ張る方法でも、ゴムボール全体が引っ張られるわけですから、
ゴムボールを横に引っ張った場合、横方向に全体が伸びた形になります。
さらに、万有引力は近ければ強く、遠ければ弱く働きます。
海水が月に引っ張られれば、月に近い側は強い力で、中心付近は中くらいの力で、反対側は弱い力で月に引っ張られます。
そのため、海水は岩石に比べて扁平な楕円となります。

で、海水が引っ張られるのと同様、地球だって引っ張られますから海水の楕円の真ん中ほどに地球が来るのは自明のことと思うのですが。

Q138億光年前の光

望遠鏡などで遠い星を見るとその距離(光年)に応じた年数前の光を見ていることになると思います。
現在もっとも遠くの銀河は138億光年のかなたにあるといわれており、これは138億年前の光であるということになります。
しかし、138億年前はビックバンで宇宙は1点に集まっていたはずです。
このビックバンの時に放った光が、何故今見えるか不思議です。

Aベストアンサー

あなたの疑問は正しいですよ。

137億光年前には、そこと地球の場所も数ミクロンしか離れていなかった訳です。
その間を光が旅するのに137億年も掛ったという事です。

その時代には宇宙全体が1cm位の大きさだった。

その時代の宇宙の膨張速度はインフレーション的に膨張していて、1cm離れた場所でのお互いの速度は10²⁵km/秒にも及んだ。

そこから出た光も膨張と共に一緒に吹き流されてしまいコッチにやって来れない。

膨張速度が緩やかになり、ヤットこちらに向かい始めたのは、宇宙の大きさが今の1/4の時代。クエーサーが観測されているけど、それが出来始めた時代。

そうやって、ようやく地球に今光が届いた。
僅か数ミクロンの距離を137億年も掛けて旅した訳です。

「でも、光速度は一定値Cでは無いですか?」という疑問も湧くかも。

[光は、そこの無重力系に対して一定値C」という重要な命題があります。

宇宙膨張で膨張するのは座標系、物理的に言うと、無重力系がお互い飛んで膨張してます。

だから地球から遥か遠い空間は、地球からみて光より速い速度で膨張しています。が、その場所の座標に対してはCで進みます。

あなたの疑問は正しいですよ。

137億光年前には、そこと地球の場所も数ミクロンしか離れていなかった訳です。
その間を光が旅するのに137億年も掛ったという事です。

その時代には宇宙全体が1cm位の大きさだった。

その時代の宇宙の膨張速度はインフレーション的に膨張していて、1cm離れた場所でのお互いの速度は10²⁵km/秒にも及んだ。

そこから出た光も膨張と共に一緒に吹き流されてしまいコッチにやって来れない。

膨張速度が緩やかになり、ヤットこちらに向かい始めたのは、宇宙の大きさが今の1/4の時代。...続きを読む

Q日の出時刻の変化が一定でないのはなぜですか?

私は、高齢者になってから毎朝早朝ウオーキングをしているのですが、する以前は日の出も、日の入りも、毎日等間隔で冬至から夏至の間で長くなったり、短くなったりしてるものと思っていました。
しかし、実際に日の出前に自宅に戻るウオーキングを始めてみると、季節によって日の出、日の入の時刻の変化が一定でないことに気づきました。
当地の日の出時刻は一番早いのが、6月6日から6月18日の間で、5時4分です。
反対に一番遅いのは1月5日から1月12日の間で、7時20分です。
因みに今朝は7時12分で、明日は7時11分と、ほぼ毎日1分近く5月の下旬ぐらいまで
早くなっていきます。
なぜでしょうか? どなたか教えてください。

Aベストアンサー

日の出の時刻が変わるのは、地球の自転軸が傾いているためです。地球は、自転軸を傾けたまま公転軌道を回ります(いつも自転軸の延長線に北極星が見えることから、軸が動いていないことが分かると思います)。その結果、地球が公転している間に、太陽に面する角度が変わって、日の出の時刻も変わります(春夏秋冬の四季が現れます)。

日の出の時刻の変化の仕方が、一定でないのは、地球の公転軌道が、楕円のためです。つまり、地球が1日に軌道上で同じ距離を動いたとしても、角度で見たときには、同じになりません(角度の変化が時間の変化に対応することは分かると思います(1日に360度変わりますから、1時間が15度に対応します。必要に応じて、1分あたりとかも計算できます))。
その結果、日の出の変化に仕方が変わります(地球の公転軌道は、ほぼ円軌道ですが、変化の仕方を見るために、ためしにつぶれ方の大きめな楕円を描いて、その上で硬貨を一定速度で動かしてみると、遠いところと近いところでの角度の変化が違うことが実感できると思います)。


人気Q&Aランキング