FXについて

ドル円で指値なんですが、
例えば現在114円だとして、
115円になったら売るという注文が出来たら良いなと思うのですが、
自分が利用するDMMfxでは出来ませんでした。

現在より高いレートを入力して下さいと出ます。
115円になったら買うという指値しかできないみたいなんですが、他の業者でも出来ませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

普通の指値の機能です。

何か勘違いしてませんか?

>現在より高いレートを入力して下さいと出ます。
現在114円で115円売りで、
なんで、現在より高いレートを...
って言われるんですか?

①売りを選んで、
②指値を選んで
③指値115円を設定して
④発注する

です。

質問そのものが違うんですか?
ドル円115円でショート(売り)
の指値ですよね?
違いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勘違いでしたm(_ _)m

お礼日時:2017/03/07 17:35

逆指を使えば普通はできますよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドル・円 逆指値(ストップ注文)の手法について

現在、次の自己ルールでFX取引しています。
○通貨はドル・円のみ
○注文はすべて逆指値(ストップ)注文
○時間足チャート(ローソク足)を使用し、直近の高値あるいは安値を目安にし、高値を超えたら買い、安値を超えたら売り、で発注。
○発注後の決済は利益確定は30ポイント、損切りは15ポイントで決済。(例:100.00で買いであれば、100.30で利益確定、99.85で損切り)
このように取引しているのですが、この一ヶ月での収支はややマイナスです。利益確定が早すぎるのか、損切りが遅いのか、それとももともとの注文する時点を見誤ってるのかわかりませんが、この手法を改良するにはどの点を変えていけばよいでしょうか。(もちろんみなさん独自の指摘で構いません。そんなに簡単に儲かる世界ではありませんから・・・)

Aベストアンサー

利確が早いかな?
それだと、スキャトレードになってしまう
典型的な「勝ち続けているけど、少しずつ損をしてしまう」というパターンと思う
大損してないだけ良いとは思います

時間足チャートといっても、どれを使っているのか?
多く使うと逆に方向性を見失うかもしれません(これは自分に言えますが)

まず、30PIPSで利確というのは、やはり安全に行き過ぎではないかと思います。
状況によりますが、最低でも50ぐらいは必要ではないでしょうか?
上手い人ほど、多く長期でやっていると思います
中期で非常に上手い人だと、70-100PIPSと思う

単純に、105.00L 106.00S など、キリのいいところでのみエントリーする人・手法もありそうです
現に、今だと109.00は非常に大きな意味を持ちますよね

損切りも少し甘くしてもいいかもしれませんが、わかりません
エントリーで、株だと「自分が思ったところより5つぐらい下で待つと丁度良い」という人もいます
為替でも使えると思います

Sは損切りきつめで(スワップ払う)、Lは損切りゆるくがいいかも

利確が早いかな?
それだと、スキャトレードになってしまう
典型的な「勝ち続けているけど、少しずつ損をしてしまう」というパターンと思う
大損してないだけ良いとは思います

時間足チャートといっても、どれを使っているのか?
多く使うと逆に方向性を見失うかもしれません(これは自分に言えますが)

まず、30PIPSで利確というのは、やはり安全に行き過ぎではないかと思います。
状況によりますが、最低でも50ぐらいは必要ではないでしょうか?
上手い人ほど、多く長期でやっていると思います
中...続きを読む

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

QIFD注文の新規注文の執行条件(指値・逆指値)って何?

IFD注文の新規注文の執行条件ってなんですか?

現在1ドル100円。
もし、101円になったら買って、
102円になったら売るIFD注文をする仮定する。

102円で売る(決済条件の"指値")はわかります。
新規条件の執行条件(指値・逆指値)ってなんで存在するのですか?
しいて言えば指値しか必要ないでしょう?

Aベストアンサー

3です。
>現在値より高く買おうが安く買おうが、
>注文レートさえ入力しておけばいいのではないでしょうか?

注文のルールだと思って、なぜなんて考えたことありません。
逆指値注文は、指定のレートになったら成行注文を出す仕組なので、指値と分けているのかも?
投資家が不注意で指値と逆指値を間違えると、注意が出て注文自体入りませんので、そういう理由ではないです。

自分がわかるのはこのくらいです。

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

Qドル円が上がると資源国通貨の対円レートは

どうなる傾向がありますか

Aベストアンサー

>ドルがあがると資源国通貨が下がるという意味でしょうか
今年(というか明けて2015年)はそうだったということです。

2013年あたりから2年ぐらいは円安が進みました。
通貨の強さでいけば、ドル>豪ドル>円
円安が進むことでドルも豪ドルも円に対して
高値となりました。

その傾向は2015年は変わったと言えます。
というように、一般的傾向は一概に言えません。

経済の動向とバランスで傾向は変わります。

ドル/円
豪ドル/円
豪ドル/ドル
といった
最低この3セットで
通貨バランスをみる
必要はあります。

クロス円をトレンドを
みる場合、対ドルが
どうなっているかを
常に確認しておく
必要があるのです。

いかがでしょう?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報