この4月に高校生になる娘が夏季より1年留学を希望しており、少しでも教育資金(金融機関など)の支援になる助成金制度など知りたいと思い、詳しい方ご教授お願い出来ますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本の奨学金は、貸与型が多く、学生に借金を負わせることになってしまいます。


#1の回答にもあるように、それだけ効果があるかどうか、良く見極めた方が良いと思います。

返済不要の給付型奨学金で、対象になる物があるか、下記参照サイト等で調べてみたらどうですか。

参照)独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)「海外留学支援サイト」:http://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/
    • good
    • 0

ハッキリ申し上げて、留学は、借金をしてまで行かすものではないです。

    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外の高等教育機関での教育費をもらえる奨学金制度について。

現在、アメリカの大学に1年間の交換留学生として、日本の大学から派遣されています。こちらにきて強く思ったのが、こちらの大学のほうが自分に合っているということです。もう数ヶ月で日本に帰らないと行けないのですが、どうにかアメリカに戻って来たいと考えています。方法としては

1.日本の大学からこちらの大学へ編入し、こちらの大学で学位を取る。

2.日本の大学を卒業し、こちらの大学院へ進学する。

の二つを考えています。どちらにするかはもう少し、考えてから出ないと、答えが出せないのですが、共通して言えることは、お金がかかるということです。そしてそれが今現在、一番大きな問題だと思っています。そこで、奨学金をどうにかもらおうと思うのですが、個々の大学で留学生に支給される奨学金を除き、他にどのような奨学金があるのでしょうか?政府関係や、どこかの企業のものなど、ご存知の方がいらっしゃったら、ご教授願います。ちなみに僕が欲しい奨学金は給付のものです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さん、No.2さんの両方とも良いお答えだと思います。私も、日本の大学を卒業しておいた方が断然有利だと思います。

日本でもどこでも、大学を出てからアメリカに渡った場合、バチェラーを持ってると言うだけで大学院生として扱われるので、修士号を取るまでの全体的な単位数が少なくなるのです。大学レベルなら、「アメリカの歴史」とか「体育」を取らされたりで無駄が多いような気がします。

TFとして一年間アメリカの大学で教えたことがありますが、給料が安くて、とても生活できるような金額ではありませんでした。

奨学金に関しては、大学や地域によって違うと思いますが、大学には奨学金の案内がありますし、掲示板に貼ってある場合があります。

ご専門に自信があればタダで大学に行くことも可能です。何処やらの国の奨学金と違って、貰いっぱなしの奨学金がありますからね。私が貰っていた奨学金はコンペティティブ・スカラシップで、一年に一度更新でしたが、血のにじむような思いで、博士課程も含む7年間、タダで大学院に行きました。芸術とかスポーツ等でも、圧倒的な成績を残すような力があれば、大学はそういう学生を金銭的にサポートしてくれますよね。

私のアドバイスとしては、

1)まず日本の大学を卒業する
2)奨学金のことはあまり考えずにアメリカの大学院に入り、少し様子をみてから次年度の奨学金を貰えるような準備を現地でする。8月後半から学期がはじまって、次年度の奨学金の申し込みは大抵は2月とか3月には締め切るのじゃないかな?

ということでしょうかね

ご専門と英語に自信がお有りでしたら、日本の大学在学中に、アメリカの大学の教授に直接連絡を取って、休みの時にでも渡米し、奨学金に関する手続きを教授にお願いするということも可能です。どこの大学でも世界で通用するような優秀な学生を欲しがっていますので。

アメリカの大学の教授には何人もお会いしましたが、直接教授の家に電話をしても良いですし、メールでも良いでしょう。結構個人的に会ってくれますよ。紹介状があればもっと便利ですが。

ですから、大学の手続きという枠を乗り越えて教授に直に接触できるということです。私の教授はロシアからの留学生のために、願書の費用($38でしたが)を立て替えて、その学生のための入学手続きをやりました。そのロシアの学生はアメリカに来てもトップクラスの成績を収めることが出来ると教授が判断したからなのですが・・・。

習いたい教授、行きたい大学が決まれば、春休みでも夏休みでも情報収集のために渡米したら良いかも。日本では特定の大学の奨学金に関する情報は限られますので。それから、奨学金関係者へは遠慮無くメールを送るべきでしょうね。聞くことに関してペナルティーはありませんので。

No.1さん、No.2さんの両方とも良いお答えだと思います。私も、日本の大学を卒業しておいた方が断然有利だと思います。

日本でもどこでも、大学を出てからアメリカに渡った場合、バチェラーを持ってると言うだけで大学院生として扱われるので、修士号を取るまでの全体的な単位数が少なくなるのです。大学レベルなら、「アメリカの歴史」とか「体育」を取らされたりで無駄が多いような気がします。

TFとして一年間アメリカの大学で教えたことがありますが、給料が安くて、とても生活できるような金額ではあ...続きを読む

Q夏季留学について

極力安く、夏休みを利用して英語圏の国へ語学留学したいんですが、何かオススメな方法はありますか?
現在、大学一年生なんですけど、学校が主催するのは高いので困っています。どなたか 教えてください。

Aベストアンサー

  こんにちは。
  『学校が主催するものは高い』ということですが、学校が主催するものはいくらくらいですか?
  私は今、アメリカの大学に留学中ですが、私の通う大学には、日本から日本の学校のプログラムで来る日本人の人がたくさんいます。その人たちに費用は全部でいくらくらいかかったのか聞いたことがありますが、実際にかかる費用にくらべたらかなり格安だったと思います。団体で来る場合は割引がきくのかな?と勝手に解釈していましたが・・・。
 
  自分はアメリカにいるので、『英語圏の国』の中の一つの国として、アメリカの西海岸について書きます。西海岸は治安の悪い場所もいくつかありますが、比較的住みやすい場所で、海や山などもあってきれいです。

  場所や州にもよってもかなりの差がありますが、西海岸だと、州立の大学の場合、夏の間だけは学費がアメリカ人と同じ値段場合が多くて、その場合だと1単位だいたい$150~$300くらいです(夏以外は non-resident fee として、外国人はアメリカ人の約3~4倍の額の学費を請求されます)。

  英語を勉強するわけですし、夏は学期の期間が短く、授業の長さが長くて進むのが早いので、だいたい6~10単位くらい(2~3クラスくらい)でちょうどいいくらいだと思います(普通はフルタイムとして12単位以上取らされますが、夏の間だけは自由に自分の好きな分だけの単位をとることができます)。

  コミカレの場合は夏もその non-resident fee を請求されます。それなので、アメリカ人の学費に比べたら高いですが、コミカレの学費は大学に比べるとかなり安いので、その non-resident fee でだいたい1単位$150~$300くらいで、大学へ行くのとあまり変わりません。

  また、コミカレだと寮がないことが多く自分でアパートを見つけるかホストファミリーを探さないといけないし、住む場所が学校から遠い場合はバスなどで通わないといけないので不便な場合もあります。

  その点、大学だと学校内に寮がある場合が多いので便利だし、ルームメイトで同じ年くらいのアメリカ人と一緒に住んだりできるので英語の練習にもなるし、友達も作りやすくていいと思います。寮の費用はだいたい一ヶ月で$500~$1200くらいで、その中に電話代、インターネット代、食費、電気代、水道代などが含まれています。

  『短期』で来るわけですし、寮に入るのがいいと思います。アパートだと探したり引き払ったりするのが面倒くさいし、ホストファミリーは寮にくらべるとかなり安いのですが、当たりハズレがあって、中にはお金をもらうためのビジネスでやってる人もいて、そういう場合は朝晩お粗末な食事をくれるくらいで、自分たちは当然もっとマシなものを食べているわけですから食事も別ですし、会話もないという感じです。もっとひどい場合は食事もほとんどくれないし、学校までの送り迎えもナシという場合もあります。

  もちろん、いいホストファミリーもたくさんありますし、「当たり」のホストに行く事ができれば短期間で英語も学べて良い思い出が作れます。
  とにかく、ホストファミリーは、同じ費用を払っても各家庭によって大きな差があり、当たりハズレも大きいです。

  ホストが気に入らなければ変えてもらうこともできますが、次の場所を探すのに時間がかかったりすることもあります。それに短期間で来るのに、引越ししたり、ホストのせいでストレスをためるのは時間の無駄だと思います。
  寮にもルームメイトの当たりハズレはありますが、食事はカフェテリアでするので、そこの食事が気に入らない場合以外での理由で食べ物の問題はないし、ルームメイトが嫌だったらすぐに変えてもらえて、その場合はただ部屋を移動するだけです。

  ここに書いた費用は大まかなものでアメリカの西海岸の平均です。東海岸で行けばもっと高いところもありますし、内陸の方に行けばもっと安いところもあります。

  それから、詳しい費用は各学校によって違いますので、行きたいところを決めたら自分で学校に問い合わせるかインターネットで調べるといいと思います。

  ちなみに私の学校は夏は2ヶ月いて6単位(午前と午後の2クラス)取った場合で学費と寮の全部の費用がだいたい$2500くらいです。

  また、日本の学校の主催で行く場合、何もかも学校がサポートしてくれるしので楽ですが、当然他の生徒も一緒に大勢で行くことになるので、どうしても友達同士グループになりがちで、その場合はあまり英語の勉強にはなりません。クラスの中のほとんどの生徒が自分と同じ学校から来た生徒ということも十分ありえます。

  私にはよくわかりませんが、グループで来ていつも同じグループで固まっている場合に、一人だけ別行動を取り、アメリカ人などと話したりして積極的に勉強しようとすることは、今の若い人にとって勇気のいる事なのかもしれません。
 
  個人で来れば、学校を探したり、どこに住むか決めたり、短期滞在の手続きなど、嫌でもいろいろなことを自分の力でやらなきゃいけないので、苦労もありますが、友達も作りやすく、英語の勉強にもなると思います。

  例え個人で来たとしても、日本から来た団体のグループと現地でかち合う可能性は高いですが、その場合同じ日本人同士でも知り合いじゃないのでお互い話すこともないし、団体で来た人たちはいつも数個のグループで固まっているので、それさえ避ければ一人で勉強できると思います。
  それに個人で来た方が達成感もあっていいと思います。

  アメリカの大学の夏学期は、だいたい6月の終わりくらいから始まります。個人で入学の手続きやビザを取る場合、大体1ヶ月くらいかかるので、個人で行く場合はすぐに準備に取り掛かるといいと思います。

  入学の準備とは、学校にFAXで願書を請求し、必要事項に記入し手数料と一緒に学校に郵送で送ります。手数料は学校によって違いますが、大体$50くらいです。現金を入れると学校は受け取らない場合が多いしトラブルの元なので、銀行でUSドルのマネーオーダーを作ってもらって送といいと思います。

  また、日本でF-1ビザを取る場合、学校からの入学許可書やI-20があるととてもスムーズで早くできます。
 
  長くなってしまってすみません。
  がんばってくださいね。

  こんにちは。
  『学校が主催するものは高い』ということですが、学校が主催するものはいくらくらいですか?
  私は今、アメリカの大学に留学中ですが、私の通う大学には、日本から日本の学校のプログラムで来る日本人の人がたくさんいます。その人たちに費用は全部でいくらくらいかかったのか聞いたことがありますが、実際にかかる費用にくらべたらかなり格安だったと思います。団体で来る場合は割引がきくのかな?と勝手に解釈していましたが・・・。
 
  自分はアメリカにいるので、『英語圏の...続きを読む

Q初めて相談します。子供が大学1年で今回半年の留学に行きたいと相談してきました。留学もテストなどの難

初めて相談します。
子供が大学1年で今回半年の留学に行きたいと相談してきました。留学もテストなどの難関を通り本人は勉強をひたすらして、合格しました。行かせてあげたいのですが費用が200万かかります。母子家庭で下にも子供がいる為、何か援助してもらえるような制度はありませんか?どなたか知っていたら教えていただきたくて質問しました。

Aベストアンサー

大学が行うプログラムならば、大学側で留学のための奨学金を貸与するケースはあります。
大学に問い合わせてみてください。
息子も今度留学しますが、その際奨学金や教育ローンに関する書類を大学からいただきました。

日本学生支援機構でも短期留学用の奨学金を借りる事はできます。
ですが、留学費用は一括で事前に払込みしないとならないはずですから、日本学生支援機構の毎月支払われる形の奨学金では事前の支払いに対応できません。
教育ローンなど借りて、奨学金を返済に充てる形を取るしかないとは思います。
http://www.jasso.go.jp/saiyou/tanki_ryuugaku.html

QNIC(ネバダ・カリフォルニア大学国際教育機関)について

私は高校3年生です。今とても進路のことで悩んでいて、今のところ留学というみちを第一志望として考えています。それでいろいろと専門学校とか留学機関を調べて、今一番興味を持っているのはNICなんです。でも、NICでやっているようなことは資料を見る限り他の専門学校でもやっていることだったので(たぶん)、資料だけではわからないNICの良いところや悪いところをもっと知りたいと思ってます。NIC在学生の方や卒業生の方からの回答待ってます!

PS. もしNICよりオススメの留学機関などがあれば教えてください!

Aベストアンサー

#2です。
>在学中に資料には書いてなかった多額の費用を払わなければいけないことがあった
う~ん、これは記憶していないですね。
何のための費用か具体的に書かれているといいのですが…。
アカデミックをとった場合は通常の授業料確か33万円くらいだったと思うのですがそれに13~5万円くらいプラスだったと思います。
それのことでしょうか?これはたぶん資料に書いてある気がするのですが…(確かではないです)。

>他国の人たちとは友達になりにくい状況になるとかそういうことですか?
それはその人次第ですね。
同じクラスで隣に座った人とかに積極的に話しかければもちろん友達はできますよ。
ただ、やはり日本人と居るっていうのは居心地がいいですからね。
上手に両立すればホームシックとかにもかかりにくいんじゃないかな?

>でもNICで得たものは大きいですよね?
一応そう思っています。writingの基礎や、苦手だったlistening/speakingが上達したのはNICのシステムのおかげでしょうね。
とはいっても完全に理解し、ペラペラってことはないです。
あくまで、英会話ができない状態からそこそこ対応できるようになったという感じですが。

>NICを修了してから渡米するときの英語力
う~ん、渡米したときですか…。何を持って図ればいいのでしょうかね?
渡米時ではないですが、高校3年の1月だったか、その辺に英検準1級を受けたんですが2次で落ちました。
でも、NICに入った後、落ちた同じ年ですが、6月か7月に受けたときは受かったということぐらいしか判断材料が…。
今考えれば、準1級とはいえ面接は簡単ですからね…あまり参考になりそうにないですが。

>NIC在学中に一日どのくらい勉強しましたか?
これは私に訊いちゃいけない質問ですね(笑
勉強嫌いグループなので(笑
まぁでも平均2時間くらいはしてたんじゃないですかね?
正直な話5時間もしませんよ(笑
でも、真面目にやればそのくらいかかっちゃうと思いますよ。
Readingのクラスで単語の品詞、意味、自分で作った例文を書く宿題があるんですが、学期中に1000だったかな?正確な数は忘れましたが、やらなきゃいけなくて、提出が中間と期末の二回。
で、中間に100くらいしかやってなくて、期末提出日ギリギリに500単語書いたときは死ぬかと思いましたね(笑
と、私自身は非常に参考にならないですが、みんな平均3時間くらい(多分それ以上)はしてたんじゃないですかね?
ペーパー提出のときは図書館に朝からこもってましたから余裕で5時間とか行くこともしばしばですが。

ネバダの生活は、平日は授業のため学校か自分の部屋か、あとはlibraryとcomputer labを行き来していますね。
勉強はそこまで難しくないですよ。1,2年の間は特に。
ただ、3,4年のクラスは大変になってきますね。

>日本でacademic classがとれるということですが、それをとれない人ってけっこう多いですか?
多いですよ。
academicを取る条件はTOEFL PBTで500点以上且つHAまたはLAのクラスを終了した人しか取れませんから。
クラスは上から順にHA,LA,HI,IN,LI,HBだったかな?
通常一学期ごとに1レベル上がります。
あ、でも通常授業(EPA)と並行して1,2クラス(academic)を取ることもできます。
part-timeといいますが、TOEFLが450だったかな?超えてれば可能なはず。うろ覚えですが。

とまた長くなってしまいました。ごめんなさい><

#2です。
>在学中に資料には書いてなかった多額の費用を払わなければいけないことがあった
う~ん、これは記憶していないですね。
何のための費用か具体的に書かれているといいのですが…。
アカデミックをとった場合は通常の授業料確か33万円くらいだったと思うのですがそれに13~5万円くらいプラスだったと思います。
それのことでしょうか?これはたぶん資料に書いてある気がするのですが…(確かではないです)。

>他国の人たちとは友達になりにくい状況になるとかそういうことですか?
それはその人次第...続きを読む

Q大学院留学からの現地での日本語教授について

大学院留学からの現地での日本語教授について

大学院留学で博士号を取り、現地の大学で日本語を教授することは可能なのでしょうか?
また、このとき専攻は教育学のほうがやはりいいのでしょうか?(他に興味のあるところがあります)

留学先はオーストラリアでGroup8を希望しています。
新卒からの大学院留学です。

オーストラリアへの留学経験がある方などおりましたら、ぜひとも経験談をお聞かせください。

Aベストアンサー

#2です。 
まず最初に、訂正ですが、#2の中で、「Q8」と言うのは、「G8(Group 8)」の間違えですので、読み替えて下さい。

「この回答への補足」を読みました。
>博士号を取る専門分野というのはどこでもいいのですか?
と言うご質問に戸惑っています。
専門家ではないので、的確なアドバイスは出来ないかも知れませんが。。。

大学教授を目指す人にとっては、専門分野でPhD(博士号)を取ると言う事は必須の事だと思います。
しかし、では、どの専門分野が良いかと言う事を考えるのであれば。。。

大学の学部で、何を専攻して、何の学士号を取れるのか?によって、大学院での専攻分野はかなり絞られてくるのではないですか。
又、就職のことを考えれば、PhDを取れる時期に、自分が勉強し研究した分野で大学教員の需要があるか?等も考慮の中に入って来るのだとは思いますが。。。

そして、学部を卒業し、大学院に進学して博士課程まで行こうと思えば、学部で勉強したり、研究したりした科目の実績が評価されるでしょうし、ご自身の今後の研究に対する興味などによっても、大学院で研究する専門分野と言うのは、自ずから決ってくるのではないかと思います。
また、ご自分の研究したいテーマが決ってくれば、希望している大学院に、同じ研究をしている教授がいるかどうか調べたり、その教授の下に受け入れてもらえるか等問い合わせたり、ご自分の希望を話したり、相談したりするのではないですか。
大学院も、研究主体のプログラム(Reaserch-based Program)でなくて、受講主体のコース(Coursework-based Program)であれば、そうでもないのかも知れませんが。。。

一つのサジェスチョンですが。。。
G8の大学の中にも、日本語や日本研究をしている日本人の教授(Lecturer/Professor)が何人かいるようですので、そう言う人達の経歴や研究論文、著書等を大学のホームページから調べて見るのも、これからの進路を決める上で参考になると思います。

#2です。 
まず最初に、訂正ですが、#2の中で、「Q8」と言うのは、「G8(Group 8)」の間違えですので、読み替えて下さい。

「この回答への補足」を読みました。
>博士号を取る専門分野というのはどこでもいいのですか?
と言うご質問に戸惑っています。
専門家ではないので、的確なアドバイスは出来ないかも知れませんが。。。

大学教授を目指す人にとっては、専門分野でPhD(博士号)を取ると言う事は必須の事だと思います。
しかし、では、どの専門分野が良いかと言う事を考えるのであれば。。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報