65歳未満の人が年金をもらいながらアルバイトで働く場合、年金が減額されない範囲の基準のようなものがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

働きながら年金を満額受給するためには、厚生年金に加入してはいけません。


とは言っても、厚生年金に加入するしないは個人あるいは会社の判断で決められるものではなく、次のどちらか一方の用件を満たす必要があります。また、アルバイトやパートなどという呼び方では判断せず、勤務実態で判断します。

1.1日の労働時間が一般正社員に比べておおむね4分の3未満である。
(1日の労働時間にむらがある場合は週の労働時間で判断)
2.1ヶ月の労働日数が一般正社員に比べておおむね4分の3未満である。

どちらか一方を満たせば良いわけで、1と2の両方が4分の3以上の場合には厚生年金に加入することになります。
例)1日8時間、1ヶ月21日の会社の場合
1.1日5時間30分で毎日出勤
2.1日8時間1ヶ月15日の出勤
1・2のどちらかの条件で働くことになりますね。これより短いのはもちろんOK。

4分の3の解釈ですが、1日8時間の会社の場合は6時間未満という計算になりますが、5時間59分ならよいのかというとそうでもないようで5時間30分程度にしておいた方が無難です。
また、会社との間で上記用件を満たす内容の労働契約を結び、出勤簿などでもそのことが証明できるようにしておけば、社会保険事務所の調査が入ったときにも安心だと思います。
年金に加入しないことにより、会社側も保険料を負担しなくて良いわけですからそのあたりから労使ともに良い条件で契約できるといいですね。
    • good
    • 0

現在支給されている年金の額と、貰う給料の額により、減額される金額が違い、減額されない給料も変わります。


参考URLの「在職老齢年金の仕組み」をご覧ください。

或いは、社会保険に加入していない事業所で働けば、この問題は有りません。

または、#1の回答のように、短時間で、社会保険に加入の必要が無いようにする方法も有ります。

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~tsr/1.7.html
    • good
    • 1

基本的には、65歳までは厚生年金に加入する必要がありますが、そうするとおっしゃるように原則年金は減額されます(在職老齢年金)。

つまり、厚生年金に加入しなければ全額年金が支給となります。okanokanさんはアルバイトで、ということですから、厚生年金に加入しなくても良い条件で働けばいいんです。具体的には、所定労働時間の4分の3を超えない範囲で働けば、年金は全額支給となります。ですから、週40時間労働の職場では30時間までに抑えればいいんです。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳以上で年金をもらいながら働いている義父について

タイトルどおり、義父について、質問いたします。
義父は、現在69歳。60歳で定年を迎え、その後再雇用継続で、厚生年金を払いながら同じ職場で勤務しております。65才からは、厚生年金(65歳まで納めた分)をもらいながらなのですが、その後も引き続き厚生年金を払っている状態です。この場合、65歳以降支払った厚生年金はどのような形で返ってくるのでしょうか。それとも、返ってこないものなのでしょうか。年金の仕組みがよくわからないので、構造的に解き明かしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足して年金額を再計算し、支給を受けられるようになります。
 厚生年金は70歳までしか加入できないので、在職したまま70歳を迎えれば、厚生年金の脱退届をそこで会社から出してもらい、70歳に達した月の翌月分から、65歳以降に加入した厚生年金の分が年金の受給額に
含まれてくることになります。
 ただし、70歳以降も引き続き在職する場合は、在職による年金額の減額や支給差し止めが続く場合がありますのでご注意を。一般的には厚生年金の月額と月給・ボーナスを12等分した額が48万円を超えた場合に年金減額の対象になります。

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足...続きを読む

Q年金をもらいながらアルバイト

64歳で社員からアルバイトになる場合、年金は増えるのですか?
基本給 194000円 から 100000円前後になったら、年金をあわせた合計金額はどうなるのでしょう。

Aベストアンサー

「アルバイトになる」とのことですが、厚生年金保険料は給料から引かれなくなるのでしょうか?
年金をもらいながら働く場合に年金額がカットされるのは、「厚生年金に加入しながら(保険料を払いながら)老齢厚生年金を受ける」場合です。厚生年金に加入しないで働くのであれば、年金額はカットされません。

ですから、もし「アルバイトになる=社会保険に加入しない」であるならば、年金の上では会社を辞めたのと同じ扱いですから、下記参考URLに示した回答となります。つまり、年金は全額支給されるようになると言うことです。

また、厚生年金に加入したままであっても、給料が大幅に下がるのであれば、逆に年金額は上がりますね。その場合の回答も、同じページに載ってたような気がします。

書き込みの手間を惜しんだ不親切な回答ですみません。筆不精なんです。(正しくは「キーボード不精」でしょうか)

参考URL:http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/qa/qa0202.htm#qa0202-q156

Q年金をもらいながら働いたら?

もうすぐ60歳ですが年金が満額もらえることになっています。それでも健康や小遣い等を考え働こうと思っています 。そこで月16万の収入を得た場合支給される年金額はどうなるのでしょうか?。

Aベストアンサー

こんにちは

「満額」という表現をされているので、「国民年金(老齢基礎年金)」だけの受給なのでしょうか?
就職していらして、厚生年金や企業年金をかけていらした場合や、自営業などの場合でも国民年金基金などをご利用になっているのなら、受給額が大幅に違ってきますよ。個人差もありますし・・・
支給停止の金額は、年金受給額と収入によって決定しますので・・・

文面からすると、国民年金だけのようでなので・・・
付加年金を納めていなければ、60歳から受給する場合、65歳から受給する金額の約70%(受給開始の月ごとに違いますが・・・)、月額にすると46,500円ほどになると思います。この場合ですと、月収が16万円なら減額されることはありません。
年金と収入の月額合計が、28万円以下なら、全額受け取ることが出来ます。

厚生年金などにも入っていらして、もっと受給額がある場合は、以下URLの表と照らし合わせてみてください(見やすい表なのですが、多少金額が飛んでいます・・・)。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~justeye/zairou_hyou.htm
http://www13.plala.or.jp/S-Kawamura/jimu/zaishokunenkin.html

こんにちは

「満額」という表現をされているので、「国民年金(老齢基礎年金)」だけの受給なのでしょうか?
就職していらして、厚生年金や企業年金をかけていらした場合や、自営業などの場合でも国民年金基金などをご利用になっているのなら、受給額が大幅に違ってきますよ。個人差もありますし・・・
支給停止の金額は、年金受給額と収入によって決定しますので・・・

文面からすると、国民年金だけのようでなので・・・
付加年金を納めていなければ、60歳から受給する場合、65歳から受給する金額の約7...続きを読む

Q障害年金をもらいながらのアルバイトについて

精神手帳2級、障害基礎年金2級をもらっている者です。
統合失調症を患っており重症です。
正直、障害基礎年金2級の金額では生活が困窮しています。
おまけにずっと家に閉じこもっているので、
病気はひどくなり気が狂いそうになっています。

家族も短時間でいいから働けと言います。
そこで無理をしてでも短時間のアルバイトをしたいのですが、
少しでもアルバイトをしてしまうと、
障害年金の次回更新時に支給停止となってしまうのでしょうか?

このことがネックで前に踏み出せません。
ただでさえ重症なのに無理してアルバイトをして、
障害年金が支給停止になってしまっては破滅状態になります。

やはりアルバイトをすると障害年金は支給停止になるのでしょうか?
ちなみに20歳以前の傷病ではありません。
お聞きしたいのは症状が軽くなったと判断されないか否かです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
質問への回答にはなってませんが、心配なので書きます。

「重症」とのことですが、症状が重くて辛いという状況でしょうか?
でしたらアルバイトは難しいのではないかと思います。

>家族も短時間でいいから働けと言います

傍目には体調がよさそうに見えるのかもしれませんが、
この病気の辛さは外見ではわからないところがあります。
まずは医師と相談して、医師の意見を優先してください。

>おまけにずっと家に閉じこもっているので、
病気はひどくなり気が狂いそうになっています。

ご家族からいろいろ言われる状況では、家にいるのも
辛いかもしれませんね。
でしたら、デイケアとか、作業所などに参加されてみては
いかがでしょう。収入は期待できませんが、収入より
体調を整えることが大事です。これについても医師とよく
相談してみてください。

焦って体調を悪化させることだけは避けなくてはなりません。
「重症」の時に無理して働くのは控えた方がいいと思います。
今は病状が軽快することを目指し、アルバイトはそれから
考えても遅くないのではないでしょうか?

Q65歳未満の在職老齢年金の支給停止の計算式について

65歳未満の在職老齢年金の支給停止の計算式について
自分の給与からの在職年金の額をサンプル的に算出したのですが、誤っていませんでしょうか?
■275,000-〔税引き等なし・通勤費込み〕支給額
■66,000-〔800,000÷12〕月当たり年間賞与
■78,000-〔936,000÷12〕月当たり在職年金の額

275,000+66,000=341,000〔総報酬額〕
341,000+78,000=419,000
〔419,000-280,000〕÷2=69,500〔カット額〕
◎78,000-69,500=8,500〔月当たり在職年金の額〕
こんな風に単純計算したのですが、よろしいでしょうか?
〔別件としてご質問いたします〕

Aベストアンサー

http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kounen07.pdf の11頁・12頁・13頁に詳細な計算式が説明されています。
これに基づいて計算します。
給与額ではなく標準報酬月額を採らなければならないので、その時点で既に計算を誤っています。

正しくは、ざっくり計算すると以下のとおりとなると思います。
上述したPDFを参考にして、計算し直してみて戴けると幸いです。

総報酬月額相当額
=その月の標準報酬月額+(直近ぬ年間に受けた賞与額の合計)÷12

基本月額
=年金額(加給年金額を除く)÷12

標準報酬月額=28万円(月額の給与支給額より、厚生年金保険料額表を使って算出)
直近1年の賞与額の合計÷12=67,000円

基本月額=加給年金額がないとして、936,000÷12=78,000円

総報酬月額相当額=347,000円(280,000円+67,000円)

基本月額が28万円を超えておらず、総報酬月額相当額が48万円を超えていない
⇒ 支給停止基準額=[(合計収入額-28万円)÷2]×12
⇒ (基本月額+総報酬月額相当額-28万円)÷2×12
⇒ (78,000+347,000-280,000)÷2×12=870,000

年金支給額(年額)
=936,000-870,000=66,000円(5,500円/月)
 

http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kounen07.pdf の11頁・12頁・13頁に詳細な計算式が説明されています。
これに基づいて計算します。
給与額ではなく標準報酬月額を採らなければならないので、その時点で既に計算を誤っています。

正しくは、ざっくり計算すると以下のとおりとなると思います。
上述したPDFを参考にして、計算し直してみて戴けると幸いです。

総報酬月額相当額
=その月の標準報酬月額+(直近ぬ年間に受けた賞与額の合計)÷12

基本月額
=年金額(加給年金額を除く)÷1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報