最近祖母が入院する事になりました。そして退院後には施設に入ることが決まっています。

祖母は軽度の認知症であり、自分で病院や施設への支払いの手続きや口座の手続きなどが出来ません。

そこで母は祖母の同意の元、祖母の口座から500万円を母の口座に移して、病院や施設への支払いを母の口座からすることにしました。

そこで質問です。

この場合形の上では母は祖母から500万円贈与を受けたことになる訳ですから、贈与税がかかるのでしょうか?

是非教えてください。

A 回答 (3件)

基本的にはそのお金は預かっているものでしょうから、問題ないと思います。


ですが、そう見せかけて悪いことをしている人は少なくないですし、お母さまもそうでないとは限りません。
つい、うっかりで実質おばあさまのお金を使ってしまっている状態になる可能性もあります。

本来であれば、預かったお金は別口座に入れて管理をするべきです。
しかしそうでないのならご自身の手で通帳からおばあさまの分だけの収支を抜き出し、おばあさま分の通帳(帳簿)を作ることです。
つまりおばあさまのお金の収支と残高がまるで通帳のように確認できる書類を作るということです。

また口座から現金を抜いて、そこから支払いをした場合も同様です。
領収書を添えて、いつ誰に何のためにいくら支払ったのかを分かるようにしておかないといけません。
(要は預かったお金についての家計簿)

「今いくら?」「何に使った?」と聞かれてちゃんと答えられるならOK。
分かんないなら贈与です。

またこれをしておかないと、おばあさまに万が一のことがあった場合は親族間でドエライことになります。
自分以外のお金は1円単位でキッチリするようにお母さまに伝えておきましょう。

また#1さまは
>お金が有り余っているなら
と仰っています。
普通はこのくらいはご自身で…という意味で仰っていると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。
実は知人から指摘されて、当方も大分混乱していまして。母には一円単位で管理するように忠告しておきます。

お礼日時:2017/04/14 22:44

贈与税や相続税は国税ですから、市役所は関係ありません。


税務署です。

税理士は有料です。
お金が有り余っているならどうぞ税理士さんに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうございます。
税理士さんに相談してみます。

お礼日時:2017/04/14 21:44

それは、その 500万円が祖母のためだけに使われるなら、贈与ではありません。


そのためには、母が通常使っている口座とは別の独立した口座にして管理する必要があります。

母のもともとある口座に入れ、母自身のために使いたいお金とごちゃ混ぜにしてしまうなら、親から子への贈与と判断されてもおかしくはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

母に聞いてみたところ、既に自分が使っている口座に500万円移してしまったそうです。

相談するなら税理士さんか役所どちらの方がいいのでしょうか?

お礼日時:2017/04/14 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の不動産の家賃収入を母名義の口座に。これを自分名義の口座に移すと贈与税?

8年前に父が亡くなり、遺産は預金が2000万、不動産評価額が3000万ほどでした。
当時、不動産登記の手続きをしておりませんし、相続税の申告もしていません。
法定相続人は母と姉妹をあわせて4人なので、相続税は発生していないと思います。

保守的な田舎なので、父の口頭の遺言もあるため不動産は私が相続して登記することに誰も反対しません。
しかし、預金については将来、母の死後に姉妹との間で争いが心配です。

現在、預金が母名義で5000万円ほどあります。遺産のアパートの家賃収入がほとんどです。
当時学生だったので地元の母に任せっきりにしていました。固定資産税の課税台帳では母が納税管理人になっています。
不動産所得の申告も母がしています。賃貸契約書の賃貸人だけは全部私名義です。

この預金を私の口座に移しても贈与税が発生しないようにはできませんか?

どなたか、ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

>預金が母名義で5000万円ほどあります。遺産のアパートの家賃収入がほとんどです…

「ほとんど」ではなく、あなた名義の不動産から得られて収入額を、実際に証明することはできますか。
できるなら、その収入額から賃貸を管理するためにお母様が要した経費を除いて、あなたの財産であると主張することができます。

これまでお母様名の口座に入っていたことは錯誤であったとして、税務署や市役所にその旨を説明すればよいでしょう。

>母が納税管理人になっています。
不動産所得の申告も母がしています…

社会人になった時点で、納税管理人を外せばよかったのですが、国民のすべてが税法に熟知しているわけではありません。
間違いは間違いとして素直に認め、過去の申告も訂正するなどすれば、贈与税は発生しないと思われます。

Q妻の両親からの住宅資金贈与。贈与税の手続きは?

3000万円で家を買いました。
私の両親から500万円。
自己資金900万円。
ローン1600万円でした。

このほか、妻の両親から300万円もらいまして、
家具の購入などに充てようかと考えております。

私の両親からの贈与は、「相続時精算課税制度」を
利用したいと考えています。
ただ、妻の親からもらった分は、やっぱり普通に
贈与税の申告しかないのでしょうか。
振込みは妻の通帳にされています。

節税対策があれば教えてください。

Aベストアンサー

もっと確実な方法は、

夫婦共有名義にし、(持分、夫10分の9、妻10分の1)妻の親からの資金300万円も住宅購入資金として「相続時精算課税」で処理するのです。

そして、自己資金の900万円から300万円を家具の費用として当てるのです。

こうすれば、100%問題なく一度に解決します。

Q連年贈与税について毎年、毎月一定のお金を口座にいれていると連年贈与税と

連年贈与税について毎年、毎月一定のお金を口座にいれていると連年贈与税となると聞きました。

私は専業主婦です。主人の給料からもらう こづかいを自分名義の口座に毎月入れて貯金しようとしています。

連年贈与税対策として毎年同じ時期に入れないこととネットで調べているうちにわかりました。

ならば、最初の年を奇数月、次の年を偶数月にとわけて自分名義の口座に入れたら対策になりますか?
あと毎年の金額を若干変える工夫もします。

奇数月というのは、1月3月5月・・・・といった感じで。偶数月は、2月4月6月・・・といった感じで。

わかりづらい文書かもですが、よろしくお願い致します。※おこづかいは現金でもらっていて一部を自分で自分名義の口座にお預けいれします。

Aベストアンサー

「連年贈与税について毎年、毎月一定のお金を口座にいれていると連年贈与税となる」という情報がガセです。
連年贈与とは、110万円の基礎控除額以内の額をこれから何年間か贈与するという契約をいいます。
国税庁では、110万円かける年数の額をその契約をした年に贈与したとする考え方を持ってます。

離婚した配偶者への慰謝料支払いなら贈与ではありませんし、夫が妻に毎月の生活費を渡すのも贈与ではありません。

贈与税は思いもよらず大きな負担になる税金です。そうでなくても、税金は最近改正が頻繁で専門家でも追いつけないのが本音です。一般人が、冒頭にあるような知識を口にしていたら、疑ってかかるのが一番ですね。税務署は官公庁の中でもっとも親切に教えてくれるところです。お聞きになるのが間違いない選択です。ネットでの回答など間に受けていてはいけません(NO.1回答様を批判してるのではありません。このサイトでの税金カテゴリーでは知ったかぶって、間違った回答が多いです)。

Q祖母からの贈与に対する贈与税

土地及び住宅の購入を考えています。
我々夫婦(31歳)は、小さな家でいいと思っていますが、93歳の祖母が自分が死ぬ前に立派なところにすんでほしいと2000万円出すといっています。ちなみに土地は3300万円し、まだ建物の会社は決めてませんが、建物は2500万程で収めたいと考えています。自己資金は、700万円程出せると思います。父親は63歳です。
 全額自分の給料ではその土地では購入不可能なので、祖母がお金を出すといっているようですが、贈与税がかなりかかってくるんではないかと思っています。
 実際いくら贈与税がかかるかと、何か節税に関してアドバイスあれば教えていただきたく存じます。
 

Aベストアンサー

話は簡単です。
お祖母さまはお父様の親ですね。
お父様が健在な限り、あなたは法定相続人ではありませんから、相続時精算課税制度などの特典を利用することはできず、普通の贈与となります。
贈与税は 110万円を足切りとし、110万円を超える部分について、下記の税率です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

贈与税は、あらゆる税の中でもっとも税率が高いことで知られています。
お父様が、お祖母さまのお金を「相続時精算課税制度」を利用して受け取り、お父様とあなたの共有名義にするのが、税金面では得策ですが、あなた単独名義でないといけないのでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q主人の口座から私の口座へ預金を移したのですが、贈与税がかかるのですか?

恥ずかしながら、全く何も気にせずに預金を移してしまったんですが、大丈夫なんでしょうか?
車の下取金を120万円、定期の解約40万円、ボーナス60万円をそれぞれ別の時期に主人の口座から、私の口座へ移してしまいました。
次の車を買うまでに期間があったので、主人の口座(生活費の口座)に入れておくと、使ってしますおそれがあったので、さわることのない私の口座へトータル260万円移しました。
先日、車を購入したのでその代金を私の口座から、振り込んだのですが、振り込んでから、ハタと気になって、これって贈与に当たるのかしら?って不安になってしまいました。
全く無知なので恥ずかしい限りなのですが、どうか教えていただけますか、お願いします。

Aベストアンサー

基本的には、不動産や預金など名義があるものについて、他の人の名義に変えるということは贈与となります。

ただし、気がついた時点で元に戻せば、贈与は無かったことに出来ます。

又、その購入した車両の名義がご主人であれば、便宜的に奥様の口座を経由して、自分の資金で自分名義の車両を購入したことになり贈与にはなりません。

購入したのが奥様名義の車両でしたら、贈与となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報