これからの季節に親子でハイキング! >>

日本語には同音異義語がたくさんあります。

例えば、「はいけい」では、
「背景」「拝啓」「肺経」「廃鶏」「排経」といった意味が該当します。
英語でも、
「run」には「走る」の他に「経営する」といった意味があります。
しかし、日本語ほど同音異義語は多くないと思います。

日本語はなぜこんなに同音異義語がたくさんあるのでしょうか?
日本語は、前後の文脈から意味を把握しなければなりません。

漢字、ひらがな、カタカナなど、
日本語は多種多様の文字がありますし、文法も複雑奇怪です。
習得難易度もトップレベルですし、ある意味、欠陥言語なんでは無いかとも思いますが、
実際のところどうなのでしょう...

A 回答 (7件)

表記言語として進化したのか、表音言語として進化したのかの違いかと。



まず日本語が同音異議語が多いと言う認識は間違いで、同音異議語はアルファベット圏でも多いし、更に類音異議語まで加えると、日本語より多いかも知れません。
英語などアルファベット的な文字で表記される言語は、文字数が20~30くらいしかありませんので、当然、似たスペルが発生しますので。

例)right,write,wright,light / haul,hall,whole,hole

その結果、母音数や音節で、発音を区別しているワケです。

あるいは、異音類義語なども登場し、漢字では「〇牛」「牛〇」の熟語で表現するものが、「Cow(牝牛)」「Ox(去勢された牡牛)」「Bull(未去勢の牡牛)」「calf(子牛)」「Beef(牛肉)」などになってますよね?
これは英語などが、漢字圏の様な熟語化に適していない言語だからと考えられますが、その結果、和文や漢文を英語訳すると、概ね文章は長くなってしまいます。

一方の日本語も、平安時代くらいまでは、母音や音節を多く持っていたそうです。
たとえば徒然草の一節で「硯にむかひて」と言う表記がありますが、当時は「むかい」ではなく、実際に「むかひ」に近い発音をされていたものと考えられます。
現在も文字としては残存している「ゐ」「ゑ」「ヲ」も、かつては「Wi」「We」「Wo」と発音されたほか、更にヤ行の「Yi」「Yu」「Ye」なども、使い分けられていたそうです。
余談ながら、「ヱビスビール」は、日本語表記は「ヱ」ですが、アルファベト表記は「YEBISU」で、かなり拘ってますね。

それが鎌倉時代あたりから、貴族言葉の「和語」から、武家言葉の「漢語」化など、簡略化されたり合理化され始めます。
「大根」は和語で「おほね(おおね)」と言われていたのが、現在の「だいこん」となったのは、鎌倉時代だそうです。
あるいは「火事」も和語では「ひのこと」と言われていたものが、漢語の「かじ」になったりしていますが、「家事」と同音異議語になったのは、この漢語化のせいと言えるかも知れません。

いずれにても、日本語は母音や文節を犠牲にしてでも、熟語の利便性や、表記言語としての長所を重視して発達した言語と言えるかと思います。

言語の優劣に関しては、一概には言えませんが、一つの基準としては、「語彙数」が挙げられます。
語彙数が少ない言語は、あるものを表現する際に、外来語の借用などをせねばならず、母語より外来語が多くなったりすれば、外来語が母語化し、母語を駆逐してしまう様なケースがありますので。

そう言う観点からすれば、日本語は母音や音節が貧弱な言語とは言えますが、語彙数は多国の言語に勝るとも劣らず、独自に進化を遂げた孤立語ながら、外国語を日本語に翻訳できない様なケースはほとんどありません。
逆に、有名なところでは「もったいない」など、外国語には無いニュアンスの表現(語彙)もあって、なかなか優れた言語かと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々と深いんですね
日本語はなかなか優れた言語ということが知ることができ、
良かったです
ありがとうございました!

お礼日時:2017/05/07 09:17

同音異義語が特に多いのは漢語です。

つまり、漢字を輸入したもの
の、声調までは真似できませんでした。そして、日本語ではさらに
音素数が減るということも起こったので、同音異義語は爆発的に増
えたのです。

「こうしょう」には「交渉」「鉱床」など40を超える同音異義語が
あります。奈良時代の読み方だと、「こうしょう」は10通りになり
ます。しかし、徐々に音素が減って、平安時代に8通り、室町時代
に6通り、そして江戸時代に1通りになりました。

音素は基本的に増えないので、今後も改善は期待できません。カタ
カナ語を採用は、解決策として合理的といえるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔は音がたくさんあったんですね
ありがとうございました!

お礼日時:2017/05/07 09:16

英語は、優れた、表現方法です。


アフリカ諸国とか、東南アジアの人達が英語を喋るのは、自国語では、全く通じ無いからです。
日本語の美しい表現は、嘗てののフランス語に、匹敵する
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね
ありがとうございました!

お礼日時:2017/05/07 09:17

英語でも発音上区別をしきれないので「前後の文脈から意味を把握」してるというのが現実. ちなみにフランス語はあの系統の言語としては珍しく「主語が必要」なんだけど, その理由は知ってる?



あと余計なことだけど, 日本人にとって日本語の習得難易度は「トップレベル」というほどじゃないと思うね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理由は知りません
日本人にとっては日本語はそんなに難しくはありませんが、
逆に他の言語を習得するのが難しいです

お礼日時:2017/05/05 12:12

欠陥どころか、世界一、優れた表現方法です。


確かに外国人から見て、複雑怪奇な文に見えますが、学の無い日本人でも、難なく、使いこなして居ます。
漢字、仮名、片仮名、を、自在に使う文章は、世界に例を見ませんし、日本語が、文章表現に、如何に優れているかを、世界に知らしめて居ます。
似た様な漢字で、中国語が有ります。
最近、簡体語を、多く、使う様に成りましたが、寧ろ、字文化が、後退してる感が有ります。
漢字を除く外国語は、センテンス意外、意味を持た無いのが特徴で、漢字は、1語1語が、意味を持って、独自言語を発達させて居ます。
最近、韓国語新聞を見る機会が有りますが、矢鱈に、漢字が、ハングル語の間を、埋めて居ます。
つまり、ハングルでは、表現出来ない
言語を漢字で補っているのが、現実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世界一優れてるんですか?
確かに表現が多様ですよね
しかし、1億人としかコミュニケーションが出来ません
英語をマスター出来たほうが良くないですか?

お礼日時:2017/05/05 12:13

英語で外国人とチャットしていると、カマをかけてみたところで


「英語って素晴らしい!」という人は今まで見かけたことはないですねー。
ただ、合理的で便利な言語だとは思います。

ならばエスペラントの方がもっと合理的なはずなんですが、最近はエスペラントを喋れる人なんて探しても見つからないですしね。

他にフランス語、ドイツ語、ロシア語をかじってみましたが、男性・中性・女性名詞、またそれぞれの格変化を覚えるだけで一苦労。

苦労して覚えてフランス人に使ってみると
「ち、素人が知ったかぶりして中途半端に使い分けるくらいなら全部女性名詞でいいっつうの。」と言われたところでフランス語は嫌いになりましたw

ロシア語は性別の格変化がフランス語よりもはるかに多い上に英単語が氾濫していて結局何語の単語を覚えようとしているのかわけわかんなくなったりとw

一周というかちょびっと周って日本語が大好きになった次第ですは。

ただし、世界中探しても「欠陥言語」なんて存在しません。
逆に欠陥の無い言語も存在しないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と言語にトライされているようで羨ましいです
英語は合理的で良いですよね
私も日本語は好きですが、英語のほうがもっと好きかもしれません
エスペラント語なんてあるんですね、知りませんでした!

現時点で一番合理的な言語は英語ということで大丈夫でしょうか?

お礼日時:2017/05/05 12:16

例示なさっているのは、漢語です。

ご存じのように漢語には四声があり、それぞれ別のものとして発音できますが、日本語にはそれが無いため、同音となります。
LとRを区別して発音できないとライトで、右なのか灯りなのか正しいなのかよく分からなくなります。
日本では50音図の中に、かつては中国語、今日は英語その他の言語を取り入れてきていますので、同音異義語はますます増える気がします。日本人にさえ意味不明な日本語になる可能性も無いわけではないので、抜粋日本語または公用日本語を決める必要も生まれるかも知れません。
しかし悪いことばかりでもなく、ダジャレに使うなど言葉遊びを楽しむこともできます。

なお、文法は基本部分では単一で、複雑怪奇とは思いません。これはどこの言語でも同じではないでしょうか? 重箱の隅をつつき始めないかぎり、どこのだってまあまあ統一性がある気がします。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半百ってどう読むの?

ある文書を見ていたら「半百」という言葉が出てきた。
意味は百の半分50だと分かるのですが、読みはどうか?
インターネットで検索したら中国語の読みが出てきたが日本語での読みは見当たらない。
単純に「はんひゃく」だろうか、それとも「ごじゅう」だろうか、はたまた違う読みか
疑念が広がりました。
本当は何て読むんでしょうか?

Aベストアンサー

はん‐ぴゃく 【半百】
解説・用例
〔名〕
百の半分。五〇。五〇歳。
*菅家文草〔900頃〕六・北堂文選竟宴、各詠史得乗月弄潺湲「半百行年老 尚書庶務繁」
*俳諧・笈日記〔1695〕上・難波「年もやや半百に過たれば、いねては朝雲暮烟の間をかけり」
*水土解弁〔1700頃〕気運盛衰弁「今時の人は半百にして動作皆衰ふは」
*狂歌・近世商賈尽狂歌合〔1852〕「としは半百に過たり」
*白居易‐戊申歳暮詠懐詩「窮冬月末両三日、半百年過六七時」

  [日本国語大辞典]より

Q「雰囲気」 みなさんこの字をなんと読みますか?

「雰囲気」
みなさんこの字をなんと読みますか?

Aベストアンサー

ふんいきですが、こういう話もあるみたいですね。

http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/nihongo/labo/lab_016/body.html

Qなぜ日本海を日本海と呼ぶのですか? 日本の海のようにきこえるのですが?

なぜ日本海を日本海と呼ぶのですか?
日本の海のようにきこえるのですが?

Aベストアンサー

長いんでとりあえずこれみて下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E5%91%BC%E7%A7%B0%E5%95%8F%E9%A1%8C

Qこの質問、はいと答えるべきか、いいえと答えるべきか? 日本語とはなんと難しいことか。。。

あるファミレスのアンケートにこのような設問があります。

設問
サラダバーの周辺は汚れていませんでしたか? 「はい」「いいえ」

さて、この質問、なんと答えるのがいいのでしょうか?

はい、と答えた場合、
「はい、サラダバーの周辺が汚れているなどという事はありませんでした。大変美味しくいただきました」
という意味にもなるでしょうし、
「はい、サラダバーの周辺は汚れていました。大変不快でした。もう二度と利用したくありません」
という意味になるような気がします。

逆に、いいえ、と答えた場合も
「いいえ、サラダバーの周辺が汚れているなどという事はありませんでした。大変美味しくいただきました」
という意味にもなるでしょうし、
「いいえ、サラダバーの周辺は汚れていました。大変不快でした。もう二度と利用したくありません」
という意味になるような気がします。

サラダバーの周辺が清潔であった場合(あるいは汚れていた場合)、貴方は、はい、と答えますか? いいえ、と答えますか?

そもそも、設問自体がすこし言葉足らずな気がします。質問者の意図がが正確に伝わり、回答者が迷わずに、はい、いいえ、の二択のみで回答できるようにするには、質問文にどのような語彙を足せばよいでしょうか?

あるファミレスのアンケートにこのような設問があります。

設問
サラダバーの周辺は汚れていませんでしたか? 「はい」「いいえ」

さて、この質問、なんと答えるのがいいのでしょうか?

はい、と答えた場合、
「はい、サラダバーの周辺が汚れているなどという事はありませんでした。大変美味しくいただきました」
という意味にもなるでしょうし、
「はい、サラダバーの周辺は汚れていました。大変不快でした。もう二度と利用したくありません」
という意味になるような気がします。

逆に、いい...続きを読む

Aベストアンサー

『サラダバーの周辺は汚れていませんでしたか? 』
たしかに両方の解釈が可能ですね。

a.「サラダバーの周辺が汚れている」ということはありませんでしたか? 
これが一般的で素直な解釈。⇒「はい、ありませんでした」

b.「サラダバーの周辺が汚れている」ということはありませんでしたか?「ありませんでしたか?」とお聞きしたわけですが、この想定とは逆に、もしかすると汚れていてご迷惑をおかけしたのではありませんか?このように心配しているがゆえのアンケートでございます。
こちらは反語的で深読みする方用の解釈。⇒「はい、ありました」

bの解釈が否定されがちかもしれませんが、たとえば、交通事故を起こした人に対して、
『スピードを出していませんでしたか?』と言う場合を想定なされば、それほど特殊な解釈でないことがご理解いだだけるでしょう。この場合は、
a.「スピードを出す」ということはありませんでしたか?⇒「はい、出していませんでした」
ではなく、むしろ、
b.「スピードを出す」ということはありませんでしたか?「スピードを出していませんでしたか?」とお聞きしたわけですが、この想定とは逆に、おそらくスピードを出していたから事故を起こしたのではないかと推測しているので、このように聞くのですが、どうですか?
という意味に解釈するほうが一般的な受け止め方であり、
⇒「はい、出していました」
と答える人がほとんどでしょう。

『サラダバーの周辺は汚れていませんでしたか? 』
たしかに両方の解釈が可能ですね。

a.「サラダバーの周辺が汚れている」ということはありませんでしたか? 
これが一般的で素直な解釈。⇒「はい、ありませんでした」

b.「サラダバーの周辺が汚れている」ということはありませんでしたか?「ありませんでしたか?」とお聞きしたわけですが、この想定とは逆に、もしかすると汚れていてご迷惑をおかけしたのではありませんか?このように心配しているがゆえのアンケートでございます。
こちらは反語的で深読み...続きを読む

Q「多くの話」は不自然でしょうか

「多くの人」はよく聞きますが、「多くの話」のような表現はあまり聞いたことがありません。
「多く」が名詞を修飾するときは、その名詞が「人」である場合に限るのでしょうか。
あるいは「多くの話」も可能なんでしょうか。

長文になってしまい、申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

このサイトで、過去にこんな質問がありました。「形容詞」の「多い」は、「人が多い」のように使うのに、「多い人」という言い方をしないのはどうしてですか。(「多くの人」という)

 形容詞の持つ問題点の一つです。「君は黒い」とは言えなくて、「君は<色が>黒い」は言える。「あなたは少ない」は言えなくて、「あなたは<髪の毛が>少ない」は言える。「あなたは高い」は言えなくて、「あなたは<背が>高い」といえる。じつはこの形が、有名な「象は鼻が長い」に発展するわけです。しかし、この問題は今回の質問に関係無いのでこれ以上続けません。

 「多くの」は人以外にも使えます。「多くの国」「多くの顔」「多くの手」「多くの女」いくらでも出てきます。気になるのは「少なくの」「広くの」などは言えなくて類例がほとんどないことです。どうやら言えるのは「多くの」の外に「遠くの」「近くの」しかないようです。これは不思議としか言いようのないことです。すなわち「形容詞・連用形の名詞化」の話です。

Q普通じゃない読み方の感じ

「浴衣」ゆかた、「刺青」いれずみ、など
日常生活に溶け込んでいる、
標準的な音読みとは違う読み方をする、漢字を教えてください。

溶け込んでいいれば、「北京」ぺきん、など、地名など、幅広く歓迎します。
よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

煙草(たばこ)、麦酒(ビール)、明日(あした、あす)、今日(きょう)、明後日(あさって)、
玄人(くろうと)、素人(しろうと)、一日(ついたち)、二日(ふつか)、大晦日(おおみそか)、師走(しわす)、二十歳(はたち)、今年(ことし)、一昨年(おととし)、今朝(けさ)、
七夕(たなばた)、一寸(ちょっと)、下手(へた)、大人(おとな)、従弟・従妹・従兄弟(いとこ)、女将(おかみ)、梅雨(つゆ)、山車(だし)、出汁(だし)、雪崩(なだれ)、紅葉(もみじ)、百合(ゆり)、海老(えび)、心太(ところてん)、小豆(あずき)、竹刀(しない)etc.

いっぱいありますよ、、俺もヒマだなww

Q電子レンジで加熱することを何故チンすると表現するのか。ドアがピンポンするとは言わないのに。

http://www.sankei.com/life/news/140924/lif1409240054-n1.html
>「チンする」は9割超使用 「タクる」「ディスる」は1割未満 国語世論調査

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/247153/meaning/m0u/
>[動サ変]《調理終了を知らせる音から》電子レンジで加熱する。「飯を―・して食べる」

ドアがピンポンする、風邪でコンコンしているとは聞きません。幼稚に聞こえるからだと思います。
しかし、飯をチンするは何故言うのでしょうか?

Aベストアンサー

https://irorio.jp/jpn_manatee/20140925/163972/
今や家庭に一台の時代ですが、大手シャープがTVコマーシャルで広めて、しかも庶民が短く分かりやすくて便利だと思ったからです。

ただ、コンビニなどでは「チンしますか?」とは訊きません。軽すぎて失礼だからで、隠語というかスラング、家庭内用語仲間用語の感はありますね。

サッシ会社とかドアホンの会社が本気でやれば、ピンポンだって普及したかも知れませんね。

Q【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。 「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」

【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。

「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」が付くと「だい」に読みが変わるんですか?

大将と御大将はどっちが偉いですか?

大将と御大将の違いは何ですか?

Aベストアンサー

おん‐たい 【御大】解説
〔名〕
(「おん」は接頭語。「大」は「大将(たいしょう)」の略)
(1)一つの団体や仲間の中で、中心的な地位にある人を親しみをこめて、または気軽な感じでいう語。かしら。親分。大将。
(2)刑事をいう、盗人仲間の隠語。〔特殊語百科辞典{1931}〕
 [日本国語大辞典]

Qこの主語の表記はおかしくありませんか。

下記の文章は、「雪のふる街」(本間昭南・著)の一節です。(284~285ページ)

>賢一は何も言わなかった。ただ黙って相変わらず加世の肩越しに海を見ていた。
>その時になって彼は彼女が、自分に背中を向けて海を見ていてくれて良かったと思った。
>彼は素早くマフラーでごしごしと顔を拭った。それで少しは平静な表情に戻ったと思ったが、掛ける言葉はまだ見つからなかった。
>「私、今年から学校に行くわ。多分もう大丈夫だと思う。あいつらはあいつら。私は私だものね」
>加世は勢いよく振り向いて賢一を見た。
>賢一はその顔を見て、思わず息を呑んだ。
>彼女がこんなにも嬉しそうに、しかも晴れやかに笑うことができるとは想像もできなかった。
>つられて賢一も笑った。
>その瞬間、喜びが胸の奥からこみ上げて来た。
>「そうだとも、加世。そうだとも」
>賢一は思わず心の中で叫んでいた。
>腰を伸ばし、両手を空に突き上げて伸びをすると加世も立ち上がり、それから彼を真似て両腕をぐいと上げ、続いてぴょんぴょんと飛び跳ねてみせた。

(質問その1) 著者は、賢一のことを「彼」とか「賢一」、加世のことを「彼女」とか「加世」とか表記しています。その表記はバラバラです。ここに問題はありませんか。

(質問その2) 「掛ける言葉はまだ見つからなかった」の「まだ」と、「それから彼を真似て両腕をぐいと上げ」の「それから」は不要ではありませんか。

下記の文章は、「雪のふる街」(本間昭南・著)の一節です。(284~285ページ)

>賢一は何も言わなかった。ただ黙って相変わらず加世の肩越しに海を見ていた。
>その時になって彼は彼女が、自分に背中を向けて海を見ていてくれて良かったと思った。
>彼は素早くマフラーでごしごしと顔を拭った。それで少しは平静な表情に戻ったと思ったが、掛ける言葉はまだ見つからなかった。
>「私、今年から学校に行くわ。多分もう大丈夫だと思う。あいつらはあいつら。私は私だものね」
>加世は勢いよく振り向い...続きを読む

Aベストアンサー

私ならこう書きます。

 賢一は何も言わず、黙って加世の肩越しに海を見ていた。
加世が、自分に背中を向けていて良かったと思った。なぜなら、自分の表情を見せたくなかったからである。
 賢一は素早くマフラーで顔を拭い、それで少し平静を取り戻したが、掛ける言葉は思いつかなかった。
 「私、今年から学校に行くわ。多分もう大丈夫だと思う。あいつらはあいつら。私は私だものね」加世はそう言いながらこちらを振り向いた。
 賢一はその顔を見て、思わず息を呑んだ。
こんなにも嬉しそうに、晴れやかに笑う姿を見たことがなかったのである。
 賢一も笑いかけ、喜びが胸の奥からこみ上げのを覚えた。
 「そうだとも、加世。そうだとも」
 賢一は心の中で叫び、腰を上げると、両手を空に突き上げた。すると、加世も同じよう腕を上げ、飛び跳ねてみせた。その時、賢一は加世と何かを共有できたと直感した。

Q漢字で「終わり」と「終り」の送り仮名の違いは何ですか?

漢字で「終わり」と「終り」の送り仮名の違いは何ですか?

Aベストアンサー

違いはありません。

文部省のHP、「送り仮名のつけ方」単独の語 1 活用のある語 通則2 には
・終わる〔終える〕
とありますので、これに従えば「終わり」が正しく、「終り」が間違っているように思えるかもしれませんが、実はそうではありません。

同じこのHPの一番最後、許容の部分に「読み間違えるおそれのない場合は,活用語尾以外の部分について,次の( )の中に示すように,送り仮名を省くことができる。」とあり、そこに
・終わる〔終る〕
があります。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kijun/naikaku/okurikana/honbun02.html

この「送り仮名のつけ方」は1973年に内閣告示第2号で示されたルールではありますが、あくまで公的書類などで送り仮名を使う場合は従わなければいけませんが、個別の表記の場合は強制力がないものです。

よって、普通の人が公的書類以外で使う場合は、どちらを使ってもOKで、意味の違いもありません。


人気Q&Aランキング