特許のイラストって誰が描いているのですか?

「【特許申請した人に聞きたい】特許申請の際」の質問画像

A 回答 (2件)

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。

(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の中身はわかりませんから、いくら専門家と言えども発明者の本当の意図通りの絵は絶対に描けません。

特許というのは、クレームで明確に言及されているもの以外にも、
発明者本人がきちんと認識していなかったor重要だと思っていなかった(当然だと思っていた等)の隠れた発明がひそんでいて、
実はそっちのほうが重要だった、なんてことはよくあるんですが、
この場合でも明細書や図面にその隠れた発明が表現されていれば、後から分割出願して権利を主張できます。
で、図面には、文の10倍くらいの情報がつまっています。
また、文は書いた人が書いた時点で重要だと思っている部分しか書かれないのにたいして、図には頭の中で当然視している事柄も含めて図示されますから、
基本的には、発明の本質は図面に表れることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい!!!!ありがとうございます!!!!

お礼日時:2017/05/16 14:11

特許図面を専門に描くイラストレーターもいます。



どれくらいの割合の人が使っているんでしょうかね。
たぶん(全く私の個人的な感覚で根拠は全くないですが)、
出願されている特許のうちの半分くらいは発明者自身が描いていると思います。(もっと少ないような気もしますし、もっと多いような気もします。。。すいません。よくわからないです)
で、30%くらいは弁理士事務所の人が描いているかな。(事務所内で図面を描くことを専門としている人が多いとは思いますが)
残りが専門のイラストレーターへの発注?

もし、質問者がこれから特許申請をしたいと考えているなら、まずは、自分で図を描くことをおすすめします。
最終的に専門の方にお願いするとなるにしても、やっぱり発明者本人じゃないと分からない部分が多々あるので。
例えば、弁理士さんにお願いするとしても、打ち合わせの時に図があるとないとでは大違いだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
でも、あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
それでも大丈夫でしょうか?
特許の図面はどれも同じようなスタイルなので、図面の描き方のガイドラインがあるのでしょうか?

お礼日時:2017/05/15 18:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有料でイラストを作成してもらった場合、イラストで描かれたキャラクターが

有料でイラストを作成してもらった場合、イラストで描かれたキャラクターが商品化となったときには著作権料を払わなければならないのでしょうか?

又、こちらがそのイラストで商標権をとっていてもダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

有料で作成以来をする時に、著作権ってのは一部と全移転できるんですが
権利移転を書面にて契約していないのであれば
著作権 第21条の「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。」という複製権の侵害となります。依頼者といえども、著作物を勝手に複製することはできません。

著作権法でいう著作権とは、「著作物を排他的に利用できる権利」のことで、これは第61条にあるように、他者に譲ることが可能です。譲り受けた者は、その著作物をその形態で使用する限り、自由に使えます。ですが、「著作人格権」を譲り受けることはできません
第20条第1項の「著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。」(同一性保持権=著作人格権の1つ)という規定に反すると考えられます。
これは、著作権を譲渡した場合であっても有効です。依頼者が「この方が見栄えがいいから、この箇所を少し変えてみよう」ということは、その変更が著作権者の意に反するなら、たとえ著作権を譲り受けても勝手にはできないのです。つまり、商品化するにも著作者の意向を仰ぐ必要があります。
著作権が移行されてても勝手に商品化したら違反になります。著作人格権の絡みで

商標権の及ぶ範囲は、登録商標と「同一又は類似」の範囲です。どこまでが「類似」の範囲であるかはまさに専門家の分野ですが商品に対して類似品が出回らないための保護権利であって まったく別物です。

有料で作成以来をする時に、著作権ってのは一部と全移転できるんですが
権利移転を書面にて契約していないのであれば
著作権 第21条の「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。」という複製権の侵害となります。依頼者といえども、著作物を勝手に複製することはできません。

著作権法でいう著作権とは、「著作物を排他的に利用できる権利」のことで、これは第61条にあるように、他者に譲ることが可能です。譲り受けた者は、その著作物をその形態で使用する限り、自由に使えます。ですが、「著作人...続きを読む

Q【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか? 同じ形式のお店を出せないようにビ

【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか?

同じ形式のお店を出せないようにビジネスモデル特許って取れるのか教えてください。

Aベストアンサー

ビジネスモデルの特許はあります。

文章を読む限り、この場合は 「同じ形式」がミソですね。
販売する商品は商品の特許ですが、この、「形式」がユニークで有れば、可能ではないでしょうか?

Q特許が公開される前に、特許ではなく特許の情報を売れるでしょうか?

特許を出願しました。この特許は一年半後ネットで公開され誰でも見ることができますが、公開されてから、企業に売り込んだ方が良いでしょうか?企業はその発明が価値あるものなら、一日でも早くその情報を欲しいでしょうから、特許ではなく、特許の情報を一万円位で売れないでしょうか?特許が価値有るものであるかどうかは、特許を取得できるかどうかで決めるものとします。つまり、企業はたとえ情報を受け取ったとしても、その特許情報が特許にならなければ情報料を払わなくて良いわけです。これなら企業も納得して話に乗ってくれるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 ご質問内容からは貴方の立場が判らないのですが、貴方が何の後ろ盾もない、全くの個人であるという前提で回答をさせていただきます。

 一般に、一個人が、出願公開前に出願された発明の情報を企業に持ち込むのは極めて危険と言わざるを得ません。
 情報を持ち込まれた企業の中には、貴方の発明を見て画期的な優れたものだと判断しても、貴方の前ではおくびにも出さず、影でこっそりと、貴方の発明の内容に若干の変更(特許庁が、貴方の発明と同一であると判断できない程度の変更)を後付けして、貴方の出願が公開される前に出願する、アンフェアなところが出てくる危険性があるからです。

 もし、貴方の出願が公開された後に、その企業が出願をしたのであれば、特許庁による審査の結果、貴方の出願は特許になり、他方、その企業による後付け部分は、特許庁の審査で進歩性なしと判断され、特許法第29条第2項の規定で拒絶されることがありえます。

(29条第2項についての詳細はコチラ↓をご覧下さい。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/5046/patentlaw29-2.html)

 しかしながら、もし、貴方の出願が公開される前に、その企業が出願をしたとなると、特許法第29条第2項の進歩性に関する規定は適用されず、特許法第29条の2が適用されることになり、貴方の出願が特許になる一方で、若干の変更を付加した、その企業の出願も特許になることもありえます。
 この場合、その企業は、貴方から無料で仕入れた情報を元に、若干の後付けをするだけで特許権を得ることができるので、楽してオイシイ思いができる訳ですね。

(29条の2についての詳細はコチラ↓をご覧下さい。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/5046/patentlaw29-02.html)

 貴方が、特許出願された発明について企業とライセンス契約を締結して、ビジネスを進めたいとお考えなら、できるだけ速やかに、審査請求の手続きをして審査を受け、特許を取得する道を選ぶことをお勧めします。
とは言いましても、普通に審査請求の手続きをとっても、現在、特許庁には膨大な数の審査待ちの出願があり、2~3年は待たされる事になるでしょう。
 特許庁では、すでにその発明を実施している出願や、我が国以外にも出願している出願、中小企業、大学等や個人の出願に対して、要請に応じて他の出願に優先して早期に審査・審理を行う制度「早期審査」という制度を設けています。
 この制度は、審査請求料以外の手数料を必要とせず、所定の書式の事情説明書を提出するだけで利用をすることができます。
まず、このような制度を利用して、できるだけ速やかに特許を取得することを検討されては如何かと思います。

(早期審査についての詳細はコチラ↓をご覧下さい。
http://www.kyushu.meti.go.jp/under/tokkyo/soukisinsa.htm)

 なお、貴方の出願が公開された後で未だ特許取得していない時に、他者が公開内容を無断で模倣した場合、その時期の分の補償金を、貴方が特許を取得した後で請求することもできます。(これを「補償金請求権」と呼んでいます。)
 この点を考えても、早期に特許取得することをお考えになった方が賢明かと思います。

(「補償金請求権」についての詳細はコチラ↓をご覧下さい。
http://www.geocities.jp/gibsccn/patentlaw64-65-1.html)

 ご質問内容からは貴方の立場が判らないのですが、貴方が何の後ろ盾もない、全くの個人であるという前提で回答をさせていただきます。

 一般に、一個人が、出願公開前に出願された発明の情報を企業に持ち込むのは極めて危険と言わざるを得ません。
 情報を持ち込まれた企業の中には、貴方の発明を見て画期的な優れたものだと判断しても、貴方の前ではおくびにも出さず、影でこっそりと、貴方の発明の内容に若干の変更(特許庁が、貴方の発明と同一であると判断できない程度の変更)を後付けして、貴方の出...続きを読む

Q【商標権のトロールビジネスにおいて大半が取得料未納ってどういうことですか?】 特許だと特許出願料が認

【商標権のトロールビジネスにおいて大半が取得料未納ってどういうことですか?】

特許だと特許出願料が認可、拒否であろうと掛かるのに商標権取得は無料で申請が出せるってことですか?

で、認められて商標権の権利者リストに載っても代金未納で乗り続けるってこと?

Aベストアンサー

商標権登録申請では、申請時には費用は必要ではありません。
しかし、審査後には最低13000円の費用が必要となります。
未納の場合は、商標登録ができません。
今朝のTVでは、「PPAP」の事をしていましたが、要は審査が認められるまでに使用等の許諾契約や譲渡の話し合いをして金にしようとする意地汚い商売です。

Q特許事務所に勤務している方(主に弁理士、特許技術者)、相談に乗ってください

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英語に対する学習意欲は高いと思っている。また、生涯を通じて勉強することは大変だと思うが、苦にはならないと思う。
 弁理士として働くには語学力、特に英語は必須だと聞きました。また常に最新の法改正等にも対応する必要があるため、勉強し続けることは重要で、自分はそれができると思っています。

3.勤務地が固定されている。
 私は家庭の事情で、実家に近い範囲で就職することを希望しています。ちなみに、今すぐそうする必要はなく、できれば30歳頃にはそのような就職をしたいと考えています。これは特許事務所に就職したいと思う決め手でもあります。

よろしくお願いします。

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英...続きを読む

Aベストアンサー

向上心と覚悟は完璧です。
そこまで理解されているならば、弁理士を目指すのにふさわしい見識をお持ちだと思います。
また、事務所に勤めるのならば、実家から通勤可能範囲の特許事務所に勤務地をほぼ固定できます。

あえて言わせて頂くならば、想像と現実は違うということです。
私自身、弁理士試験の勉強を始めて1年であきらめた人を数多く見ていますし、10年以上勉強している人も何人か知っています。
決して楽な試験ではありませので、弁理士だけを目標にして人生を棒に振らないようにしてください。
まだ学生さんということですので、まずは試験勉強を始めてみて、それから決めるのでも遅くはないと思います。

なお、個人的には、数年間企業で経験を積むのも良いと思いますが、それはmanami0926さんの好きになさればいいと思います。

参考URL:http://dotcom.versus.jp/all/,http://benrishikoza.web.fc2.com/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報