仕事中に落下事故で半年入院していました。(両足骨折)
事故直後、社長が労災の申請書類を持ってきて「本当の事を書くと労災がおりないから・・」といって、事実と違う説明が書かれている書類に印をおしました。
今は退院してまだ仕事に出られない状況ですが、辞めさせられそうな雰囲気です。
嘘の理由を社長がでっち上げたという事は、危険だという事がわかっていて仕事をさせていた・・という事の証明ですよね。(社長が自分に落ち度がないと思っていたなら、嘘の申請をする必要がないから)
事故のせいで足が2.7センチ短くなって、まともに歩けませんし、元の仕事もできそうにありません。
この状況で「労災保険法及び厚生年金法に基づく過去分及び将来分の給付を除く損害賠償の請求」はできるんでしょうか?
裁判・・という事になるんでしょうか?費用がかかりすぎて、結局「やってもやらなくても同じだった」という事になるんでしょうか?
どなたかアドバイスをおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どうも使用者の指示命令があったようですから、かなり使用者には問題があるようです。

安全配慮義務以前の問題と思われてもしかたがない?
賠償金算定は下記のサイトで計算が出来ます。大変良く出来ています。また、民法上の請求との関係も下記サイトで詳しく書いてあります。一般的に支給確定済みの労災給付額は控除の対象です。いづれにしても、まず自分の逸失利益を計算してみるべきです。労災給付額も年金給付(傷害等級による)で計算して対比してみればどうでしょうか?慰謝料計算や損害項目として算入する項目も他にも考えられるのであれば、考慮して最大値で計算後、過失相殺を加味するとこうなる。また、民事訴訟すると、遅滞金、弁護料の請求などの問題もある。と一考をお願いする形もあります。最終的には法的制裁になるでしょうが?

参考URL:http://m1.aol.com/keikokuw/roukihou28.htm http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2traffi …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
図書館とかでいろいろ調べてみたんですけどわかりにくくて・・・・・
計算機のサイトこんでいて重かったので、明日やってみます。

お礼日時:2001/07/03 00:45

故意に貴方にとって不利益、使用者に有利に展開しようと画策して事実を歪曲したのであれば問題です。

(よくある話ですし、悪質な経営者はこのような自分の非を潔く認めません)裁判になれば、それを貴方が立証しなければならないと思います。ただ、その点を争点にする必要があるか疑問です。労災補償を円滑に処理するのであれば、普通は余計な事は書かないのですが。事実のみを記載し、あとは監督署の判断に任せますし、認定や審査が記載内容で極端に遅れることもありません。
業務中に被災しているのであれば。安全配慮義務違反で使用者責任を問うことで会社の誠意ある態度を要求すべきだと思います。従業員の事を思えば、どのような対応をすればよいのか会社にも考えさせる必要があります。
その際、損害賠償額このようになると具体的に提示すればよいでしょう。遺失利益や慰謝料などの計算はネットでも調べられますし、一般的には、自賠責の青本と呼ばれるものを参考にします。

この回答への補足

ありがとうございます。
事実は「社長に言われた通りに作業していた」だったのですが、用紙には「足場をはずした後に、僕が勝ってに足場がない所で作業していた」事になっていました。最初から足場なんかなかったんですが。
一年近くその現場で仕事をしていたので(年5回)目撃者がたくさんいるので立証は出来ると思います。
実際には算出された額から、労災で支給されている額を引いたものが賠償額になるんでしょうか。
金額など調べてみます。

補足日時:2001/07/01 23:42
    • good
    • 0

文中からは、解りにくい部分もありますが、まず社長のおっしゃっている労災がおりないから、本当の事を書けないというのは誤りです。

たぶん、監督署に提出する死傷病報告書だと思いますが?まず、よほどの重大過失が認められない限り適用外にはならないでしょう。ただし、使用者側には勧告などの指導がある場合がありますので、その点を危惧されているのでしょうか。
また、安全配慮義務違反があるのであれば、民事訴訟を起こしても勝訴できると思います。相手の出方によっては、慎重に行った方がよいでしょう。
弁護士さんに相談すると、勝訴するから告訴する方向になると思いますが、弁護士さんも商売ですし、法廷闘争までに解決する糸口も検討されてはいかがでしょうか。国の代位請求の件や障害等級、労働損失率など様々問題がありますので一言でお答えできません。申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
監督署に提出する書類に、事実と違う事を書いても罪にはならないのでしょうか。もし裁判になったとき証拠になるのでしょうか。

お礼日時:2001/07/01 11:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安全配慮義務はどこから生じる?

学校側には安全配慮義務があるという弁護士のコメントを聞いたことがあります。
確かにもっともだと思いますが、
法律検索してみると、学校関連の法律では特に安全配慮義務は明記されていないようです。
ここで確認したいのですが、法律に特別な明記がなくとも、義務は生じるのでしょうか?
下手すると相手方は、安全配慮は法的根拠がなく義務ではないとか言ってくると思います。
何故安全配慮の義務があるのか、どなたか説明してください。不文律ってやつですか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

安全配慮義務と一口に言っても適用される場面は大きく2つに分けられます。

A.一定の法律関係にある者が、互いに相手の身体・生命・財産を
  害さないようにするもの
B.労働関係において使用者が労働者の生命・身体・健康等を危険から
  保護するよう配慮すべきもの

の2つです。

これらの義務の性質については、基本的には一定の契約関係に入った者同士の契約責任の一種である「信義則(民法1条2項)」上の義務であると考えられていますが、この他にも、契約責任(民法415条)の一種として構成する説、不法行為責任(民法709条~724条)の一種として構成する説、両者の中間的性質を持つものとして構成する説の大きく3つに分かれます。

一般的には、契約責任の一種として構成する方が

(1)消滅時効が10年(民法167条1項)となる点(不法行為として構成した
  場合は3年または20年(民法724条))
(2)被害者側が安全配慮義務の具体的内容を確定し、使用者や管理者側の
  義務違反の事実を証明すれば、使用者や管理者側は免責事由があることを証明
  しない限り責任を免れないことになり被害者の救済に厚くなると考えられる点

において有利であるとされていますが、その一方、

(3)損害金の起算点が請求の翌日になると去れている点((最高裁判所昭和
  55年12月18日判決)不法行為の場合には請求しなくても不法行為が行われた
  時点から遅延損害金が起算されます)
(4)契約責任の一種であるとすると遺族固有の慰謝料請求権が認められない
  点(不法行為の場合には711条で認められる)

において不利であるとされ、どちらの構成にした方が良いかはケースバイケースで考えるべきであろうとされています。


なお、上記(1)の「一定の法律関係」の中には、通常の売買契約などのほかに、診療契約・在学契約・請負契約などが含まれます。

安全配慮義務と一口に言っても適用される場面は大きく2つに分けられます。

A.一定の法律関係にある者が、互いに相手の身体・生命・財産を
  害さないようにするもの
B.労働関係において使用者が労働者の生命・身体・健康等を危険から
  保護するよう配慮すべきもの

の2つです。

これらの義務の性質については、基本的には一定の契約関係に入った者同士の契約責任の一種である「信義則(民法1条2項)」上の義務であると考えられていますが、この他にも、契約責任(民法415条)の一種として構成...続きを読む

Q業務労災の申請書類

ある事故で労働基準監督署に相談いったところ「業務災害」と判断されました。申請用紙が「労働安全衛生規則様式第23号」と「様式第5号」といわれました。申請用紙はどこに置いてあるのでしょうか?病院?労働基準監督?文房具屋?又8月7日の午前中に提出書類に記入して会社に提出しなくてはいけません。書式をPDFファイルでお持ちの方いませんか?乱文で申し訳ありません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

様式第23号とは、死傷病報告と言われるもので、労働者が労働災害により4日以上休業した場合に、事業者が所轄労働基準監督署に提出することが義務付けられている書類です。
これについては、被災した労働者が記入したりすることは通常ありません。
様式第5号とは、療養補償給付たる療養の給付請求書と言われるものです。
その提出手続きについては、参考URLにて。

なお、いずれの様式も労働基準監督署に(無料で)備え付けられていますし、日本法令の様式を扱っている書店で購入することもできます。
ただし、いずれの様式も機械で読み取るため、ネット上で様式は確認できますが、それをそのままダウンロードして使うことはできません。

参考URL:http://www.saitama-roudou.go.jp/seido/rousai/tetuzuki1.html#

Q安全配慮義務について

安全配慮義務について
 ある地方公務員が一泊の飲食を伴った懇親会に参加した場合、自家用車で会場へ向かう途中、事故に
 巻き込まれ、怪我をした。懇親会に毎月会費を納めており、会長は管理職がなっており、幹事もいる。
 懇親会は職務ではないので、公務災害にはあたらないでしょうが、地方公共団体と職員とは雇用契約
 を締結している以上、安全配慮義務はあるのではないでしょうか。

Aベストアンサー

> 安全配慮義務はあるのではないでしょうか。

せいぜい、
・普段から車の運転には注意するよう、呼びかけする。
・そういう事故がありましたって事を周知して、再発防止の助けにする。
とか程度だと思います。

それだって、過失ゼロのもらい事故の場合には、どうにもしようが無いですし。

当人が車の運転は困難だ、不安があるって事を申し出ていた上で、自家用車での参加を命じたとかなら、問題になる可能性はありますが、そういう状況だって当人が認識しているのなら、公共交通機関などを使用する余地はあったわけですし。


> ある地方公務員が一泊の飲食を伴った懇親会に参加した場合、自家用車で会場へ向かう途中、

飲酒運転させないとかは、一般的ですが。

Q労災申請に肝心の勤怠管理簿がないので申請をあきらめるか?

過労労災申請するための証拠書類(勤怠管理簿)が、ずさんな会社のため取ってないのです。諦めるしかないでしょうか。会社は勤怠簿なんて初めからないし、自分で記憶を頼りに調べろと言ってます。

Aベストアンサー

労働基準監督署は会社の言い値で労災の可否を認めるものではありません。ましてや、貴方が適当に書いて会社が承認してOKということであれば、事実と異なることが発覚した場合、最悪不正受給になりかねません。

ましてや過労関係だと労働基準監督署は認定に消極的な傾向にありますし、厳格にやってくると思われますからお奨めできません。

ないものを作っても仕方ないでしょうから、あとは記憶や同僚などの第三者からの証言で補強するしかないと思います。他に考え得るものとしては、施設の警備のロック時間(最終退出者の時間はわかる)とか、そういったものくらいでしょうか。

労災認定のために何が必要なのか、足りない時はどうすればいいのか、監督署に聞かれた方がよろしいかと思います。

Q事業主の安全配慮義務とは?

労働災害の事業主の安全配慮義務についてですが、

中古一戸建ての2階の窓で、地面からロープを巻いた
箪笥を引き上げ、同僚と一緒に吊り上げていました。
(窓は和室の窓で顔からひざ下までの大きさでした。)
古い窓柵がありましたが、腰ぐらいまで持ち上げた時に
箪笥の重みからか、私の方の柵が下方へ外れ崩れ落ち、
足場がなかったため、バランスをとれずにそのまま
1階地面に墜落しました。
そして意識が戻ると、運悪く頚椎を骨折していました。

この状況の場合、事業主が安全配慮義務をおこたった
とすることは難しいでしょうか?
行政書士の方には、私に原因があると言われました。
転落、墜落事故では事業主の安全配慮義務を問うことは
難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 作業場所の状況・詳細が不明なので断言できませんが、墜落箇所が労働安全衛生法第519条に規定する作業床の端、開口部に該当する可能性は極めて低く、建屋内部である以上、通常の作業時に墜落の危険性があるとの認定は難しいと考えます。よって、事業者に対して、足場の設置・墜落用の保護帽の着用・安全帯の使用・親綱設置の設備等の措置を求めるのは合理性が低い。

 本来は、(1)作業計画の有無 (2)作業方法の妥当性 (3)作業箇所の事前点検等に関して重大な過失があったとするほうが争いやすいと思います。つまり、本来は箪笥を吊り上げるにはクレーン車を使用するか、フォークリフトのようなもので下から持ち上げるのが妥当な作業方法。さらに窓柵の強度の確認、作業員に対する作業位置の適切な指示等を、作業指揮者が怠ったこと、さらに必要な費用措置を事業者が怠った故の事故です。一般的に、想定できる事故ですから。

 ここで作業指示者の怠ったということが、事業主から適切な指示・その徹底がされていないなら法人の管理責任ありとして、安全配慮義務違反として法人を相手に争う余地ができます。費用措置の未措置も同じです。しかし事業者の指示を作業指揮者が独断で無視していた場合は、その者の不法行為が原因といえます。

 この手の相談をするのに、行政書士は不適切。少なくとも30分5,250円の弁護士会の有料相談等に行くべきです。

 作業場所の状況・詳細が不明なので断言できませんが、墜落箇所が労働安全衛生法第519条に規定する作業床の端、開口部に該当する可能性は極めて低く、建屋内部である以上、通常の作業時に墜落の危険性があるとの認定は難しいと考えます。よって、事業者に対して、足場の設置・墜落用の保護帽の着用・安全帯の使用・親綱設置の設備等の措置を求めるのは合理性が低い。

 本来は、(1)作業計画の有無 (2)作業方法の妥当性 (3)作業箇所の事前点検等に関して重大な過失があったとするほうが争いやすいと思います...続きを読む

Q労災保険 労災保険 分からない 労災保険 労災保険

はじめまして。社会福祉士を勉強していて下記の問題が調べてもわからないので教えてください。できれば答えの解説も添えて頂けると有り難いです。



個人タクシー、大工などのいわゆる一人親方も労災保険へ( )することができる。

Aベストアンサー

一人親方ってのは社長さんだから、労基法上の労働者では無い。
労働者じゃないから、労災保険には入れない。

でも、一人親方の団体があるので、そこに加入すれば一人親方労災に入れる。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/040324-6-02.pdf

Q安全配慮義務債務不履行について

安全配慮義務債務不履行における損害賠償について、ホテルと宿泊客及び施設と客の様なケースで過去の判例が御座いましたらご教示願います。

Aベストアンサー

この辺りは如何でしょう?

http://j-net21.smrj.go.jp/well/law/column/post_7.html

Q不動産登記の申請の場合、半ライン申請の場合に、添付書類の原本還付できま

不動産登記の申請の場合、半ライン申請の場合に、添付書類の原本還付できますか?
オンライン申請だけど、添付書類は書面で申請している、いわゆる半ライン申請
の場合に、添付書類の原本還付はできますか?

Aベストアンサー

当然、できますよ。
半ラインだからといって、特別な手続きではありません。
単純に、「申請情報」だけをインターネットを介して送るだけのことですから、
通常の紙申請と全く同じだと思ってください。

そもそも半ライン申請は、法務局が電子申請推進という政府方針をクリアするために、
何が何でもオンライン申請比率を上げたいがために作り出した
「まやかしのオンライン」ですから、中身は紙申請とまったく同じなんです。

Qパワーハラスメントによる会社の安全配慮義務について

私は、平成14年4月1日付けの異動先の上司から平成15年3月まで、パワーハラスメントを受け続け、その結果、うつ病になり、平成15年9月から現在まで休職中です。その上司は、私だけでなく、何人かの同僚に同じように人格を傷つけるようなことを行っていました。
会社は労働安全衛生法において、安全配慮義務を負っていると思いますので、債務不履行による損害賠償請求をしたいと考えています。
ネットでの情報では、会社側が安全配慮義務を果たしていると立証責任があり、立証できなければ損害賠償義務負うとありましたが、本当でしょうか?
裁判に勝てるハードルはどの程度のものでしょうか?

Aベストアンサー

>会社側が安全配慮義務を果たしていると立証責任があり
傷病の原因がはっきりしている場合の話ではないでしょうか。
たとえば、職場で棚が落ちてきて怪我をした場合、それが安全に固定されていたことを証明する義務は会社側に有りますね。

原因が特定できない場合は、被告側に傷病と原因の因果関係について立証できないと厳しいのではないでしょうか?

パワーハラスメントが実在していたことと、それが病気の原因であると裁判官を納得させる客観的な情報をあなたが提供できるかどうかにかかっています。

Q労災&事故の労災

社内で業務中に腰を痛めて労災扱いで通院しており、完全に直っていない状態で勤途中に、被害者がさしていた傘と前方から走ってきた車と接触があった。
その接触の反動の際に腰に痛みを感じた。

(会社の業務中に痛めた損傷と、その後に起きた車との間接的接触での損傷がどの位かは誰も分からないことだと思います。)

会社の担当者に相談しての対応は、会社で業務中おきた事の労災で継続してよいということでしたのでその様にした。

加害者が中々話し合いに応じてくれなく月日が過ぎた・・・
加害者が過失を認めて自動車保険会社と連絡をとったが、「事故当日から事故の労災に切りかえれば自賠責の計算でお支払いします。」などと言われた。

この事故から2ヶ月以上経過しており提出している労災の書類を取り下げるのは難しいようです。


1.労災から事故の労災に切りかえる必要があるのでしょうか、また、そのまま労災で問題があるのでしょうか?

2.事故の労災扱いでの会社の休暇を取った場合、その休暇に対する支払いは、どこからどこへされるのか?

※対応のアドバイスお願いいたします。

社内で業務中に腰を痛めて労災扱いで通院しており、完全に直っていない状態で勤途中に、被害者がさしていた傘と前方から走ってきた車と接触があった。
その接触の反動の際に腰に痛みを感じた。

(会社の業務中に痛めた損傷と、その後に起きた車との間接的接触での損傷がどの位かは誰も分からないことだと思います。)

会社の担当者に相談しての対応は、会社で業務中おきた事の労災で継続してよいということでしたのでその様にした。

加害者が中々話し合いに応じてくれなく月日が過ぎた・・・
加害者が...続きを読む

Aベストアンサー

 会社には、労災になるかどうかの判断の権限は、一切ありません。判断できないはずの会社の担当者の話を鵜呑みするのは大変危険です。

 労働基準監督署へ直接行って、対処を相談するのが一番です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング