現在ひざの痛みに悩んでいます。最近よく広告などで関節の軟骨によく効く
サプリメントがあるなどと記載されていますが、その実際の効果はどうなんでしょうか、またその副作用などはないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

サプリメントは副作用などの心配はなく、


安心して飲むことができます。

私は以前咳のし過ぎから肋骨を傷めたことがあります。
その時DHCの「コンドロイチン」で治りました。
即効性があるわけではありませんが、
それでも数日飲んだだけでだいぶマシになりました。
完治するまでは1ヶ月ほどかかりましたが・・・

「グルコサミン」と併用するとより効果的だそうですよ。
一度試されてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.dhc.co.jp/
    • good
    • 0

前に回答されているように、膝の痛みの原因はさなざまです。

まず病院でしっかりと検査を受けてください。変形や損傷があれば、外科が専門になりますので、そちらで治療を受けられることをお勧めします。外科的に異常がないとすれば、体全体のバランスの問題が考えられます。関節運動機能上の問題や、体重重心位置の変化などから、膝に負担がかかって痛みが出ている可能性もあります。体の構造上問題がないか、問題があれば当然ですが専門家の治療が必要です。サプリメントで栄養的な部分を補うのも大切ですが、構造面からも良くしていく必要があると思います。
    • good
    • 0

膝の痛みにもいろんな原因があります。


変形性膝関節症、関節リウマチ、半月版損傷等・・・
共通して言えるのは、膝への負担を減らすことで、体重が軽くなると負担は大分軽くなります。
それから、筋肉を鍛えることも大切です。特に大腿部(太もも)を鍛えると、痛みが軽くなります。
筋肉を鍛えるのは、膝に負担のないように 水泳や椅子に座ってできる運動からはじめては如何ですか?
薬に頼るよりいいと思いまして・・・
    • good
    • 0

おそらく、コンドロイチンですね。

確かサメのヒレからとる成分だったような?
効果は試したことがないので、何ともいえません。
nobor3さんもおっしゃるように、私も通常の食事からできることをする方がいいと思います。
    • good
    • 0

ねばねばした食べ物を食べるといいらしいですよ。


オクラとか納豆とかね。
もちろん副作用なんか無いし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関節痛に効く健康食品や薬は?

グルコサミンやコンドロイチン、ヒアロルン酸などが
入った健康食品が、テレビCM・新聞紙上を賑わせておりますが、

本当に効果のあるのはどこの会社の何ていう商品でしょうか?

また、健康食品では関節痛を和らげることは不可能ですか?

医者からなんらかの薬をもらうしかないんすかね?

Aベストアンサー

こんにちは。

薬がすべての人に効果を発揮するとは限りませんよね! 抗癌剤でも効く人も居れば,効かない人もいる。お上が認めた薬でさえすべての人に効くとは言っていません。サプリは補助食品です。薬ではありません。効果の出る人も居れば,そうでない人も居る。

医療機関や医師が薦めるサプリメントであれば,薬と同等とまでは行かないまでもそれなりの効果が出る人も居ます。サプリメントに関しては,日本抗加齢医学会専門医を探して相談すると良いです。

Qお尻の関節、足首の関節などが痛いです。何科を受診すべき?

こんにちは。

何が原因か分かりませんが、2週間くらい前にふと寝て起きたらお尻の関節が痛くなっていました。歩くと痛いです。また自転車に乗るとき、降りるときに左足を軸とするのですが左足足首も痛くなりました。

何の因果か巡り巡って両手首やその他の関節も痛いです。ほとんど身体中1週間以上は。

これは何科を受診すべきでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

整形外科で見てもらう方がいいですよ

Q健康食品とワインの化学反応

コラーゲン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチン、エラスチン、セラミド、VC
を含む粉末の健康食品を温湯に溶かしたところに、
赤ワイン(亜硫酸塩含有)を数滴滴下したところ、
青黒く透明な液体になってしまいました。
どんな化学反応の起こったのでしょうか?

Aベストアンサー

pHの変化によって、アントシアニンの色が変わった。

Qひざの関節がはずれます

タイトル通りなのですが、小さい頃から膝の関節がはずれやすいです。
小さい子にはよくあることみたいなので、大人になったら治るものだと思っていたのですが、今でも1年に1回は、はずれます。
はずれてしまったら、痛くてしばらくは動けません。
少しずつ動いて元にもどしています。

ここ最近は、肩まではずれるようになってきました。肩のほうは一瞬はずれて、元にもどる、という感じなので、痛みも少なくて済むのですが、日に何度もはずれるので心配になってきました。

どうにかしたら治るものなのでしょうか?
また、病院に行くとしたら何科にかかれば良いでしょうか?
ご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

ご質問拝見しました。
通常、ひざが外れるというのはお皿の骨(膝蓋骨といいます)が脱臼することだと思います。膝蓋骨が外れたり戻ったりする病気としては、習慣性膝蓋骨脱臼というものがあります。怪我で外れた事のある膝蓋骨がそれ以降に繰り返し外れるようになるものもありますが、ご質問者の場合、それとはちがい、もともと外れやすい体質の方に起こるタイプのものと思います。これは怪我がなくとも外れることがあります。
日常生活でお困りのようでしたら、装具を処方しますが、手術治療が必要になることもあります。ひざの形が脱臼しやすい形になっているようであれば装具でのコントロールは難しいことがあります。手術方法は幾通りかあります。選択は年齢、骨の形、術者の技術などによって決定されます。

ただ、ご質問者の場合、最近肩も外れやすいとのこと(一瞬はずれて元に戻る状態を亜脱臼障害といいます)ですので、全身的に関節が柔らかく、脱臼しやすい傾向にあるものと思われます。全身関節弛緩症という概念があります。これは脱臼しやすいということ以外には病気というほどのものではありませんので心配はありませんが、ほかにも全身の靭帯や皮膚が正常範囲を超して柔らかくなるような症候群もあります(非常にまれですが)。

このような体質の場合、手術も効果が薄いこともありますが、一度整形外科を受診し、相談してみてください(肩とひざ、両方)。必要なら専門医を紹介してくれると思います。

ご質問拝見しました。
通常、ひざが外れるというのはお皿の骨(膝蓋骨といいます)が脱臼することだと思います。膝蓋骨が外れたり戻ったりする病気としては、習慣性膝蓋骨脱臼というものがあります。怪我で外れた事のある膝蓋骨がそれ以降に繰り返し外れるようになるものもありますが、ご質問者の場合、それとはちがい、もともと外れやすい体質の方に起こるタイプのものと思います。これは怪我がなくとも外れることがあります。
日常生活でお困りのようでしたら、装具を処方しますが、手術治療が必要になること...続きを読む

Q健康食品と医薬品論争!!!! 私は健康オタクの医薬品信者である。 私に良い健康食品があると大手飲料メ

健康食品と医薬品論争!!!!


私は健康オタクの医薬品信者である。

私に良い健康食品があると大手飲料メーカーが売っている健康食品を私に勧めて来た。

私は「本当に聞くなら医薬品として売るであろう。製薬会社は医薬品として開発したが、思ったほど効果が認められないものを健康食品として売る。よって本当に効くなら医薬品として売るはずである。医薬品と認められれば3割負担が適用されて売上が大きくなる。だから10割負担の健康食品として売らずに本当に効くなら医薬品登録をする」

と言ったら、健康オタクの健康食品信者は「医薬品と登録するには時間とお金が掛かるから効果が高くても健康食品で売る」と主張してくる。

どちらが正しいですか?

健康食品で効くなら医薬品として売るでしょ?

違いますか?

ちなみに健康食品はカルピスのL-21かなんかの乳酸菌サプリメントです。アレルギーを抑えるそうです。

カルピスくらいの大資本なら本当に効果があるなら医薬品認定受けますよね?

効果が薄いから健康食品のサプリメントとして売っているのでは?

どちらが正しいか教えてください。

健康食品と医薬品論争!!!!


私は健康オタクの医薬品信者である。

私に良い健康食品があると大手飲料メーカーが売っている健康食品を私に勧めて来た。

私は「本当に聞くなら医薬品として売るであろう。製薬会社は医薬品として開発したが、思ったほど効果が認められないものを健康食品として売る。よって本当に効くなら医薬品として売るはずである。医薬品と認められれば3割負担が適用されて売上が大きくなる。だから10割負担の健康食品として売らずに本当に効くなら医薬品登録をする」

と言ったら、健康オ...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問から、前者です。
本当に医薬品に値する効果があれば、医薬品申請することにより医療機関や市販などで量販できます。
お金が掛かっても、医薬品と認められればすぐに採算がとれるのです。
医薬品を目指して開発したが認められなかったので、高価な健康食品として販売するしかないのです。

関連して、海外では「スマートドラッグ」等の記憶力増進薬が以前から販売されています。
我が国でも、いくつかの製薬会社が医薬品として発売したのですが、国の審査により「医薬品の基準を満たす効果なし」と判断されたため、販売中止になったことがありました。
この例では、健康な人の記憶力をよりベターに保つ程度の弱い作用はあったのですが、病気による記憶障害への効果は認められなかったのです。

ご参考まで。

Qひざの関節って、そう簡単にはずれるものですか?

みなさんこんにちは。

結構昔からなのですが、左膝の関節がはずれる(?)様な感じの時があります。
初めてなったのは、今から8年ほど前です。
フリーマーケットに行き、床に並べられてる品物を見ようとしゃがんだ時です。
説明しづらいのですが、私は足を揃えてしゃがむ事(体育座りでお尻を上げた状態)が出来ないので、
しゃがむ時は、いつも"ウンコ座り"をしています。
でも、ウンコ座りって足(股)を開く感じで、人前ではちょっとお行儀悪いので、
ウンコ座りでひざをくっつける様にしゃがみました。
その時、左ひざを内側に入れ過ぎたのか、
『ボリッ』という音と共に、ひざに激痛が走りました。"あ、はずれた!"という感じでした。
その時は、思い切ってひざを外側に押しやると、また『ボリッ』といって治り、傷みもなくなりました。
それ以降、何度かそういったのがあったのですが、先日
、ストレッチ体操をする時に態勢を変える時にまたやってしまいました。これは過去最高に痛かったです。
やはり左ひざで、同じく内側に向かっている時だったので、また外側へ押しやって治ったのですが、2日間くらいは傷みが治りませんでした。
今はさすがに大丈夫なのですが、それ以来ひざ部分が弱くなった様な感じで、しゃがむのがかなり怖いんです。
小さい頃から"お姉さん座り"がやり辛く、今もめったにやらないのですが、いまは正座すら怖いです。

これって、整形外科へ行けば治るのでしょうか?もし治るとしたらどういった治療法になるのでしょうか?
それとも、単なる運動不足か何かで、自力で何とか治せるものなのでしょうか?

分かりづらい質問になってしまいましたが、回答のほうよろしくお願い致します。

みなさんこんにちは。

結構昔からなのですが、左膝の関節がはずれる(?)様な感じの時があります。
初めてなったのは、今から8年ほど前です。
フリーマーケットに行き、床に並べられてる品物を見ようとしゃがんだ時です。
説明しづらいのですが、私は足を揃えてしゃがむ事(体育座りでお尻を上げた状態)が出来ないので、
しゃがむ時は、いつも"ウンコ座り"をしています。
でも、ウンコ座りって足(股)を開く感じで、人前ではちょっとお行儀悪いので、
ウンコ座りでひざをくっつける様にしゃがみました。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

膝が抜ける・・というのは、「脱臼」ですよね?

 膝の脱臼グセがあった女です。
中学生の頃、遊んでいてグキッ!・・痛いけど、なんだろ?捻挫かな?と思い、湿布を貼るだけで忘れていたのですが、その後、2.3回繰り返し、ある日とうとう、グキッのあと、あまりの激痛に立ち上がれなくなり、病院送りになりました。
で、整形外科で「脱臼」と判明し、ギブスで固定(太股つけねから足首まで)1ヶ月&リハビリで治ったはず・・だったんですが、
その後もやってしまい、けっきょく、膝にボルト&自分の骨でつくった釘を埋める手術(間接が抜けないように固定する)、一年後にボルトを抜く手術で、どちらも一ヶ月ちかく病院に入院してました・・
しかも、靱帯も損傷し、骨までちょっと欠けていたので、かなり長いこと病院通いの日々でしたよ。

 質問を拝見すると、たぶん脱臼がクセになっているのではないかと思います。
なるべく早めにいちど、整形外科を受診されたほうが良いかと思います。
クセになってしまうと、やっかいです。
 自分で直す・・といっても、なぜ起きるのかという原因がわからないと、むずかしいのでは?
私の場合は、「太股に筋肉がないので、膝に負担がかかり、なおかつ間接が柔らかいのでぬけやすい」のが原因でした。
 ボルトで固定手術後は、脱臼してないのですが、次ぎにやったら「人工関節」になってしまいます。

なんだかおどかしてすみませんが、ほんとに私みたいにならないように、お医者さん早めに行った方がいいです!

膝が抜ける・・というのは、「脱臼」ですよね?

 膝の脱臼グセがあった女です。
中学生の頃、遊んでいてグキッ!・・痛いけど、なんだろ?捻挫かな?と思い、湿布を貼るだけで忘れていたのですが、その後、2.3回繰り返し、ある日とうとう、グキッのあと、あまりの激痛に立ち上がれなくなり、病院送りになりました。
で、整形外科で「脱臼」と判明し、ギブスで固定(太股つけねから足首まで)1ヶ月&リハビリで治ったはず・・だったんですが、
その後もやってしまい、けっきょく、膝にボルト&自分の骨...続きを読む

Q健康食品が効く人・効かない人

よく「健康食品で癌が治った」とか「花粉症が治った」とかいろいろ聞きますが、私は今までに健康食品で何かが良くなったり変わったりした覚えがありません。私の母親も、どんなに素晴らしい成分が入った健康食品を飲んでも、癌が再発したり転移したりしています。
健康食品が効く人と効かない人の差は、どこにあるのでしょうか?
紛れもない癌家系の我が家に生きる私としては、何とかして健康食品の効く体質になりたいです。
何かいい方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

#2で一度えた者です。

ストレスには大きく分けると2つありますが、影響が大きいのは精神的なストレスのほうです。さらにストレスの元になるものは幾つかに分かれます。

例えば、心配・恐怖心・怒り・嫉妬・恨みなどがありますが、この内容によっては身体に影響を与える分泌されるホルモンの種類やその度合いが異なる事があります。

解消法につきましては、一概には言えないのでここでは申し上げられません。


癌については、あまり大きな事を言える立場ではありませんが、まずはトータル的に身体の仕組みを良く知った上で、人間の身体はどうやって健康を維持していこうとしているのかという基本的な事を勉強する必要があるのではないかと思います。

簡単に紹介しますと、人間の身体は1日に5000億個の細胞が新陳代謝されていますが、誰でも1日の間で数百個以上の癌細胞が出来ているという事はよく知られていることです。

1つの遺伝子が活酸素によって傷つけられ、この細胞を修復しようとする時に、突然変異が起こった場合に癌細胞ができます。

これはまだ一つの細胞のレベルなので、これが発病しないわけは、各免疫細胞の連携プレーによって処理される自然治癒力のお蔭です。


サプリメントは栄養補助食品でありますから、あくまで補助であるにしか過ぎません。しかし使い方次第では強い味方になってくれることもあります。

したがって、ご存知でいらっしゃるとは思いますが、サプリメントだけを頼ってあとは何もしないというのは間違いであって、主体はやはり、正しい生活習慣であって、それを土台にして足りない部分を身体の状況に応じて適切な方法で対処していく必要があると思います。

もちろん、必要があれば専門家のアドバイスを受けたほうがいいと私は思います。

#2で一度えた者です。

ストレスには大きく分けると2つありますが、影響が大きいのは精神的なストレスのほうです。さらにストレスの元になるものは幾つかに分かれます。

例えば、心配・恐怖心・怒り・嫉妬・恨みなどがありますが、この内容によっては身体に影響を与える分泌されるホルモンの種類やその度合いが異なる事があります。

解消法につきましては、一概には言えないのでここでは申し上げられません。


癌については、あまり大きな事を言える立場ではありませんが、まずはトータル的に身体...続きを読む

Q右ひざの関節が痛い

右ひざの関節が去年の年始あたりからおかしいんです。
何がおかしいかというと、例えば正座を五分くらいしたりしたあと
立ち上がろうと思って足をのばすと突然右ひざの関節あたりが「ボキッ!」となって一瞬の痛みと共にカクッっとよろめいてしまうのです。ひどいときには転んでしますこともあります。
それが最近になってひざの曲げ伸ばしを軽くするだけで痛みがジンジンくるようになってこまっています。
こんな症例と似たような病気があったら教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

この症状はロッキングといいます。主に膝関節のクッションをしている半月板が損傷して膝関節の中に挟みこまれて起こる現象です。
ご説明のお話は典型的かと存じますので整形外科にいらしてください。出来ればMRIと入院の設備がある病院がよろしいかと思います。
関節内視鏡で治療をすることが一般的です。
お大事に。

Q癌に効く健康食品で・・・

癌に効く健康食品って沢山出回ってますよね。
もちろん医薬品ではなく健康食品なので効くと言う文句は一切うたっていませんが・・
いったい、どれを信用したら良いのか・・
特にキノコ類の健康食品がありますよね。
そればかりを摂取していると効き目がなくなるといってどこそこの医師が研究開発され、相乗効果で、これが良いとケーブルTVでも紹介された健康食品を見ました。どうなんでしょうか?

民間放送では考えられないと思うのですがTVでやってたんですよね。

Aベストアンサー

どれも信用出来ません。

> どこそこの医師が研究開発され・・・
どこにその研究論文を発表し、その評価は如何だったのか。学会からその効果を認められたのか。ならば、何故医療法に織り込まれていないのか。etc. 信用できる要素はありません。

私事ですが私は食道癌を持っています。肺にも転移していました。日本の医学ではサジを投げられる病状でした。が、幸い私は北米移住の身であり、現在Chemotherapy(化学療法。いわゆる抗癌剤投与です)とRadiation therapy(放射線治療)の併用治療中です。Chemotherapy開始して2ヶ月で癌のサイズは30%まで縮小しました。その縮小を確認してRadiation therapyを開始しました。

さて、この治療経過中、あらゆる友人が色々な健康食品を「癌に効くから」と言って持ってきて下さいました。が、技術者としての私の基本思想に基づき、科学的に証明されていない健康食品は一切利用していません。それらを併用する事によって、治療して下さってる医師に情報の混乱をきたさない為です。

私見ですが、私たち患者は医師の治療に対し、正しい医学データを返す義務があると考えています。それらのデータが医学の発展に寄与し、次の患者の治療をより確実なものとすると信ずるが故です。

誰も「死」に対する恐怖を持っています。「癌」と言う言葉はその恐怖心を効果的に刺激するようです。「癌は死の病」と言う誤認識につけ込み、色んな健康食品が出回っています。が、どれも信用する必要はありません。(そもそもTVを介しての情報は信用し切れません。これは情報認識の基本です。)健康食品に頼る、その様な藁にもすがりたい気持ちがNegativeであり、癌の治療効果を低下させていると個人的には思っています。

癌に効果的なのは健康食品ではなく、患者自身のPositiveな気持ちです。その為には誤認識を正さなければなりません。癌について多少学べば理解出来ますが、「癌は死の病」ではなく「癌は治る病気」なのです。そもそも癌細胞は普段から生まれては免疫機能によって消滅させられると言う事を私達の体内で繰り返しています。判りやすく比喩すれば、「あ、細胞のコピーに失敗しちゃった。白血球さん、そいつを食べちゃって下さいませ。」「おっしゃ、了解。パクパク」ってな感じな、お茶目なサイクルが体内で行われています。つまり、普段から治しているのです。たまたま免疫で消滅し切れなかったのが塊となって腫瘍(癌)となります。んで、免疫のお茶目な自助効果によって消滅出来るレベルまで腫瘍をChemotherapyとRadiation therapyで縮小させましょうってのが現代北米医学の考えです。「癌は治る病気」の視点に立てば、おのずと冷静に健康食品に対する目が変わるのではないでしょうか。

ここまで書くと、「なるほど。じゃぁ、免疫効果を高める健康食品はありそう。」となります。それは医師に相談してみて下さい。私の場合は(科学的根拠不明ですが)蜂蜜を勧められました。たまたまここMexicoではそこらの村に出向けば自然の蜂蜜が安く仕入れられます。ドライブがてら仕入れに行ってます。なんて安くて美味しくて、入手が楽しい健康食品なのでしょう。

余談ですが、私の場合は初診から癌の疑いを掛けられました。検査の結果、一週間後には癌が認識されました。診断に同席した私のパートナーの方が取り乱して泣いてましたが、その時の私の気持ちは「ふ~ん。んじゃぁ治しましょうか。」と、いたって平静でした。今でも私の平静さを皆さんが不思議がります。因みに両親も兄弟も「ふ~ん。」と言った反応です。平静さとPositiveな気持ちが癌治療に一番効果的だと言う助言を残して、アドバイスに代えさせて頂きます。

どれも信用出来ません。

> どこそこの医師が研究開発され・・・
どこにその研究論文を発表し、その評価は如何だったのか。学会からその効果を認められたのか。ならば、何故医療法に織り込まれていないのか。etc. 信用できる要素はありません。

私事ですが私は食道癌を持っています。肺にも転移していました。日本の医学ではサジを投げられる病状でした。が、幸い私は北米移住の身であり、現在Chemotherapy(化学療法。いわゆる抗癌剤投与です)とRadiation therapy(放射線治療)の併用治療中です。Chemot...続きを読む

Q右ひざの関節が・・・

たびたびお世話になっております。普段あまり歩かない為か、たまに20~30分位、歩くと必ず右ひざの関節が抜けた様な感じ、と骨がかみ合わない様な感じになり、歩きにい状態になります。この症状は何か病気でしょうか?ちなみに35歳男です。

Aベストアンサー

私は昨年の夏に臼蓋(股関節の屋根の部分)形成不全による変形性股関節症で人工股関節の置換手術を受け今は普通に歩いていますが毎日筋肉トレーニングは欠かせません。
私の場合は股関節ですが30才頃からf-h6811さんの様々な症状が出始め長く歩いたあとや重いものを持ったりしたあと腰が抜けたようになり腰全体にに違和感を感じました。
特にスポーツをした後はその状態が激しくゴリゴリゴキゴキ鳴る様になったり徐々に長く歩いたり重いものを持った後の痛みが強く出るようになりました。
そして整形外科で診察してもらった結果、股関節が未発達で臼蓋(股関節の屋根の部分)の形成不全といわれその後、股関節の軟骨が減り骨と骨が擦れる状態になり歩行が困難になったため上記のような手術をしました。
決して脅かすわけではありませんしf-h6811さんの場合は膝で症状も未だ軽いようですが是非早いうちに整形外科で膝関節と股関節の両方のレントゲンを撮ってもらってください。
腰が悪い場合それをかばって歩く為に膝に症状が出ることがあるそうですから。
今は初期の状態であまり症状が出ていないのかもしれません。
そして手術例の多い病院の方が経験豊富で診断も技術も優れていますので書籍等で確認してお近くの優秀な病院で診察されることをお勧めします。
膝関節はその周りの筋肉で支えられていますので早期発見であれば筋肉トレーニングである程度症状の進行を遅らせることが出来ます。
早期発見早期治療です。
整形外科受診の結果、上記のような心配が無ければ結果オーライです。
もし今の技術がもっと前にあれば人工股関節の置換手術をしなくてもすんだと思うと経験者からはとても心配ですのであえてきついアドバイスをさせて頂きましたので悪しからず。
なお、事前に変形性膝関節症についてお知りになりたければ検索サイトで「変形性膝関節症」と入力すれば沢山のHPを見つけることが出来ますのでご覧いただいては如何ですか。
f-h6811さんは未だお若くしかも普段あまり歩かないとの事なので未だ初期の状態で変形性膝関節症という症状が顕著に出ていないのかもしれませんが早期発見早期治療の観点からお勧めします。
下記参考URLに変形性膝関節症のサイトの1つを添付しましたのでご参照下さい。
お大事に。

参考URL:http://www.azegami.com/hiza/index.htm

私は昨年の夏に臼蓋(股関節の屋根の部分)形成不全による変形性股関節症で人工股関節の置換手術を受け今は普通に歩いていますが毎日筋肉トレーニングは欠かせません。
私の場合は股関節ですが30才頃からf-h6811さんの様々な症状が出始め長く歩いたあとや重いものを持ったりしたあと腰が抜けたようになり腰全体にに違和感を感じました。
特にスポーツをした後はその状態が激しくゴリゴリゴキゴキ鳴る様になったり徐々に長く歩いたり重いものを持った後の痛みが強く出るようになりました。
そして整形外科で診...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報