「文化」と「文明」って、どう理解すればよいのでしょうか?
ずーっと、頭のどこかに引っ掛かっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「文化」は、


目に見えるものでは、衣食住、交通、流行、言語など
目に見えないものでは、価値観、信念、伝統、社会規範などによって構成されています。
「欧米文化」、「日本文化」、「中国文化」、「遊牧民文化」など、文化は国や民族によって違います。
そのため、「異文化交流」や「異文化体験」「異文化間教育」が行われ、異文化に触れることによって「カルチャーショック」や「文化摩擦」がおこります。
また、「都市文化」と「農村文化」、「大衆文化」など、一国内でも地域や階層によって、違う文化があることがあります。

「文明」は、
「都市文明」があって、農村文明がないように、都市と関係があります。いわゆる「四大文明」を含む「古代文明」も多く都市社会の形成と関連があります。
「文明社会」を離れて暮らす人は、都市を離れ、文明の恩恵に与らず、自然の中で暮らす人です。文明は自然と対比されることがあります。
    • good
    • 2

「文化」は、進歩しません。

変化はする。
古来からの文化は現代に、受け継がれますが、
進歩するわけでは、ありません。

「文明」は、時とともに進歩し、スペースシャトル、携帯電話、現代コンピュータにいたっています。「文明」は”力”をもっており、日々進歩しているのであります。
 PCを使い、こういうお答えができるのは、「文明」の”力”であります。
 親切に答える方がいらっしゃるのは、日本の「文化」であるとも、言えますデス。         以上。
    • good
    • 7

こんにちわ。


>「文化」と「文明」の違い
・そうですねぇ、抽象的な言葉だから頭の片隅で長いこともやもやとした感じでした。私も中国の語源辞典をもう一度読み返したらすっきりしました。以下の如く。

「文化」:人類が社会や歴史の発展途上で創造した物質財産や富と、精神財産や富のすべての"総称"。特に地域社会に連綿と伝わる"生活の様式"や"習慣"など無形の財富。(社会とは、小さくは何々家、大きくは日本国、もっと大きくはアジア州、地球人類全体という感じです。
用語の使用範囲は「文明」よりも広範にわたり、連接する語彙が多くあるようです。
文化生活、文化水準、文化領域、民族文化、反動文化、新文化などと使用。

また、"文字"を用いる能力が備わっていて一般知識が備わっている"状態"をも指すことがあります。文化人、文化交流など。
形容詞用法はなさそうです。文化化とはあまり言いませんね(文明化はよく言います)。
-----------
「文明」:人類が社会や歴史の発展途上で創造した物質財産や富と、精神財産や富のすべての"総称"。特に"精神"上の財富を指します。
例えば文学、芸術、教育、科学、哲学、宗教などなどです。

そして、人類社会が比較的高度に発展した状態になり、併せて高度な文化的水準を具備した"社会の状態"を指すことも有ります。すなわち、文化が拓けている状態です。
褒義詞(褒め言葉)になります。
文明国家、物質文明、精神文明、文明人、文明社会、文明時代などの用法があり。
反義語は、野蛮、落後、粗野、粗鄙、粗俗など。

先きのお答えの中でとっても楽しい具体例が出ていました。拝読してもうひとつ勉強になりました(^_-)。
    • good
    • 1

その命題は昔結構やってましたね。


たしか学問や生活様式、風習などのあるレベルの状態を表す言葉が「文化」で、その文化が長い時間をかけて一定の地域に定着すると「文明」になるという風に、TVで解説してる学者の方がいました。

ちなみに、infoseekの辞典では↓という解説でした。
参考になりませんか?

文明=《文字をもち、交通網が発達し、都市化がすすみ、国家的政治体制のもとで経済状態・技術水準などが高度化した文化をさす。》
    • good
    • 1

こんにちは。



余計分からなくなるかもしれませんが、
英語に置き変えて考えてみるのもいいかもしれないですよ。

「文化」だとカルチャーショックとか言いますけど、
「文明」にショックを感じることはないですよね(たぶん)。

「文化」や「文明」で検索をかけて、
実際にどういう文中で使われているかを調べると、
感覚的に理解できるようになると思います。
    • good
    • 2

こんにちは



以下のような分類があるようです。参考まで……

文化-心・内面的 ・ 移動できない ・生きがい・喜びを生むもの・精神的生活にかかわるもの・生産活動上は余分なもの

文明-機械・工業化度・システムなど外形的・移動できる・物質的生活を意味する・生きる上での技術的なもの
    • good
    • 1

おはようございます。



文化とは、
人間の生活様式の全体を意味します。人が築き上げてきた有形・無形の成果の総体で、それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があります。

文明は
精神的、物質的に生活が豊かになった状態を意味します。特に、宗教・道徳・学問・芸術などの精神的な文化に対して、技術・機械の発達や社会制度の整備などによる経済的・物質的文化をあらわします。

よって、文化によって、生活が豊かになり、このうち物質的なものを特に文明という。
で、いかがでしょうか。
    • good
    • 0

文化とは、言語・宗教・生活習慣など、ある集団に特有の生活方式です。

よって、未開人にも文化はあるわけです(最近では、サルにも群に固有の文化があるとされているようですね)。

これに対して文明は、科学技術の発展によってによってもたらされる物的資源です。石器や土器から始って、青銅器、鉄器と進歩し、最近では原子力やエレクトロニクスの利用によって便利な道具が造られています。
    • good
    • 0

聞いた話ですが・・・・


輸出できるのが文明、できないのが文化。

文明は国を超え、文化を超えて広がります。
しかし文化は異なると互いに理解するのも難しく
広がりません。

例)大豆から植物性たんぱく質を摂取する・・・が文明。
大豆を納豆にして食べる・・・が文化かな?

例がよくないかも・・・・ごめんなさい
分かりましたか?(ちょっと不安)
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文明発祥地のその前について

文明が発生する以前の、黄河流域、ナイル川流域、メソポタミア川流域、ガンジス川流域というのは、どういう状態がどれくらい続いてから文明が発祥したのでしょうか。

Aベストアンサー

何かのヒントになると思いますので、私の読書メモ(15年前)の一部を書いてみます。

5000年前と3000年前という年代は歴史学では注目。それは古代文明の始まりと終わりだ。
気候の変化と文明の発展には関係がある。
5000年前、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河の周辺が乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した。この古代文明はそれから約1500年続き、今から3500年前にはほぼ一斉に滅んだ。

以上ですが、この中の「乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した」とあります。
この部分に注目して、新しい情報を得るために検索しました。

気候の変化と文明の発展
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf116-1/p062-078.pdf#search='気候の変化と文明の発展'

71ページに興味深いグラフと解説があります。
紀元前11000年から10000年頃、それまで狩猟・採集をしていたパレスチナの人びとは、気候変動で森と草原の境界あたりに定住し、野生植物の栽培(オオムギやコムギ類、マメ類)を始めた。
他の地方、メソポタミアでは8500年前に農耕が始まった。
そして紀元前3500年頃の寒冷・乾燥化気候は、シュメールに「都市革命」をもたらした。
「乾燥化に伴い、人びとは大河のほとりで灌漑による大規模な農耕を発達させ…以下略」

想像で回答して申し訳ないですが、これらのことからメソポタミアの場合、文明発祥前の5000年間ほどは、人びとは小さな集団をくみ、大河の水を利用しなくても水のある森や草原に散在していたのでしょう。

このご質問を考えたことで、文明は人口が集中して興るということを私は理解できました。

何かのヒントになると思いますので、私の読書メモ(15年前)の一部を書いてみます。

5000年前と3000年前という年代は歴史学では注目。それは古代文明の始まりと終わりだ。
気候の変化と文明の発展には関係がある。
5000年前、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河の周辺が乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した。この古代文明はそれから約1500年続き、今から3500年前にはほぼ一斉に滅んだ。

以上ですが、この中の「乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し...続きを読む

Qお前だって変だよ どう理解していいか 「お前だ」って変だよ それとも、お前「だって」変だよ

お前だって変だよ
どう理解していいか
「お前だ」って変だよ それとも、お前「だって」変だよ

Aベストアンサー

お前も変だよ

Q文明はどうやって出来たの?

人類最初の文明と言われるシュメール(メソポタミア)文明
今から約5000年前にチグリス・ユーフラテス川のほとりに突如現れます

この文明に至るまでの途中の遺跡とか痕跡は見つかってるのでしょうか?
それとも本当に忽然と姿を現した感じなのでしょうか?
あれだけの規模の文化水準が一瞬で出きるはずはありませんし…
宇宙からのお恵みがあればまた別ですが…

Aベストアンサー

以下のサイトによれば

http://yamatyan369.seesaa.net/article/118690371.html

>>チャーチワードは、中部インドの古寺院に院長である高僧(リシ)と親しくなり、協力し苦心の末に古い粘土板碑文の解読に成功した。
古い粘土板碑文の解読によって、通常古代文明と呼ばれているエジプト文明、チグリス・ユーフラテス文明、インダス文明、黄河文明、マヤ文明などの共通のルーツがムー大陸文明であることが分かった。

とありますように、ムー大陸、もしくは、アトランティス大陸文明の末裔がその地に現れたということでしょう。
どちらの大陸においても、現代科学を超えた科学技術を持っていたといいます。重力制御技術を持っていたそうですので、巨大ピラミッドを巨石を使って作ることも簡単だったみたいです。
(アトランティスが西洋文明、ムーが東洋文明の源流だという説もあります。)

Q「~を理解できない」と「~が理解できない」の違う所は?

アニメで聴いたんですけど、どうもニュアンスが違うようですね。
例:
あの頃の俺は人が親しく接することを理解できないでいた
あの頃の私は人が一人でいることが理解できなかった

この場合の「~を理解できないでいた」と「~が理解できなかった」何処かニュアンスが違うでしょうか。教材では、可能動詞の場合、普通助詞「が」を使うんですけど。どうか異なるところを教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。10/25のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<この場合の「~を理解できないでいた」と「~が理解できなかった」何処かニュアンスが違うでしょうか。>

「理解できない」という述部ならば、後者の「~が」が正しい用法になります。


ご質問2:
<教材では、可能動詞の場合、普通助詞「が」を使うんですけど>

その通りです。この例文では「を」は使えません。理由は「理解できない」が動作を表す動詞ではなく、「状態」を表す述部として働いているからです。


ご質問3:
<どうか異なるところを教えてください。>

1.「が」の用法:

(1)「が」のついた語は、「述語のさす属性を持つもの」を表します。
例:
「空が青い」
ここでは「青い」という属性を持つもの=「空」という名詞に、格助詞「が」が接続しています。

(2)また「が」のついた語は、「述語のさす関係に立つもの」を表します。
例:
「その問題が理解できない」
ここでは、「理解できない」という述語に関係するもの=「問題」という名詞に、格助詞「が」が接続しています。

(3)また「が」のついた体言は、動作主・作用主だけでなく、対象を示す場合もあります。
例:
「君が好きだ」
ここでは「君が」は動作主だはなく、「好き」という述語の対象として用いられています。

(4)ご質問文にある「ひとりでいることが理解できない」は、上記の2の例に当たり、「理解できない」という「状態」を表す述語の、主語的な関係に立つ体言が「ひとりでいること」という名詞句になります。

2.「を」の用法:

(1)他動詞的意味の動詞がさす動作・作用が向けられる対象をさします。この時、動作・作用の対象となるものを「動的」に見て示すところが、「が」と異なる点です。
例:
「その問題を理解する」
ここでは「問題」という対象を、「理解する」という動的な働きかけが生じています。

3.「が」と「を」の違い:

(1)「その問題が理解できない」では、「理解できない」は「その問題」の属性・性質を表す「状態」を表す形容詞的な述部として働いています。

英語にすると
The question is incomprehensible.
「その問題が、理解できない」

このSVCの第2文型の構文では、S=Cの関係が成り立ちます。つまり「理解不能な」という形容詞が、「問題」という主語の性質を補う補語の働きをしているのです。

(2)「その問題を理解することができない」では、「その問題を」は「理解する」という「能動的な動作」を示唆する述部の対象として働いています。

英語にすると
I can't understand the question.
「その問題を、理解することができない」

このSVOの第3文型の構文では、S≠Oの関係が成り立ちます。つまり「問題」はあくまで「理解する」という動詞の対象となるのです。

(3)従って、ご質問文にある2つの例文では、上記の例文「あの頃の俺は人が親しく接することを理解できないでいた」は、正しくは「理解することができないでいた」と訂正する必要があるわけです。


以上ご参考までに。

こんにちは。10/25のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<この場合の「~を理解できないでいた」と「~が理解できなかった」何処かニュアンスが違うでしょうか。>

「理解できない」という述部ならば、後者の「~が」が正しい用法になります。


ご質問2:
<教材では、可能動詞の場合、普通助詞「が」を使うんですけど>

その通りです。この例文では「を」は使えません。理由は「理解できない」が動作を表す動詞ではなく、「状態」を表す述部として働いているからです。


...続きを読む

Q古代文明間の相互交渉について

文明のゆりかごと呼ばれるメソポタミアから始まる古代文明群。これらは伝播や相互交渉などで互いに影響を与え合ったのでしょうか。
時系列で見れば、およそ2000年ほどの間に次々とインダスから東西に広がったように発生しています。そしてメソポタミアとインダスとは、装飾品の分布から明らかに交易をしていたことが分かっています。しかも東のガンジス川ではなく、西側インダス川であることも示唆的です。では、その東の中国文明は? 西のエジプトは? さらに西のギリシャ・ローマは? 途中途中にある小文明などの時系列的位置づけや、出土品、文字などから、「伝播して」文明が発生したと言えるかどうか、お教え下さい。

Aベストアンサー

●「伝播して」文明が発生したと言えるかどうか
○それは考古学研究の究極のテーマであり現時点では結論は出ていないですし、出るかどうかも分かりません。
 また一か所からすべてが伝播したとは考えにくく、相互に影響があったことも容易に想像でき、複雑で単純なものではありません。

Q上司が先に帰る時、なんと言葉をかければよいのでしょう?(「お疲れ様」「ご苦労様」「お世話様」「お気を付けて」以外で)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいのです。

「お気を付けて(お帰りください)」ならOKかなと思うのですが、どこか偉そうな感じがしますし仮にこれでOKだとしてもこればっかり毎日使うのも何だかなぁ…と思います。
「お世話様でした」もなんだか偉そうですし、別に直接関わりがあってお世話されたわけでもないし…それに何か「お世話」という言葉があまり好きではありません。
どちらにしても“ねぎらって”いる言葉のように思います。

やはり上司をねぎらう言葉がタブーの場合は、かける言葉は日本語にはないのでしょうか・・・(><;
「ありがとうございました」でも帰る時に毎日かける言葉としては何かヘンな気がしますし…

他にも同じような内容の質問で何度も議論されているようなのですが、どうも納得のいく答えがなく気になるので、質問させていただきました(^_^;
答えは見つからないかもしれませんが…
何か他の適切な言葉がありましたら、よろしくお願いいたします。
(「お疲れ様」でも構わない、という回答はナシでお願いします)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいので...続きを読む

Aベストアンサー

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが、お客様向けのような感じがしてなかなか普段の会話の中では使い辛いですよね。

この場をお借りしてanytime-さんへ
anytime-さんの貼られた最初のURL中にも記述がありますが、「ご苦労様」も「お疲れ様」も、どちらも相手をねぎらう言葉です。
実は、目上の方をねぎらうことはNGなのです。「自分は能力がないから苦労したり疲れたりするけど、能力のある偉い方はその程度のことで苦労したり疲れたりするはずがない」と考えるものなのだそうです。ですから、今でも年配の方の中には「お疲れ様」「ご苦労様」のどちらも目下から言われることを嫌う方がいます。しかし目上の方にかける言葉がないままでは不便なので、最近のビジネスマナーでは「お疲れ様でした」なら目上にも可、となってきたのです。

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが...続きを読む

Qティグリスユーフラテス川

世界の四大文明の一つティグリスユーフラテス川の周りが砂漠化していると聞きました!

原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

詳しい状況は存じませんが

上流のトルコ国内で大規模なダム建設が計画?建設?されていると聞きました。
当然流域各地での灌漑利用による水量の減少。
サダム政権下での無秩序過剰な農地利用
先のイラク戦争での農地荒廃

という事柄の複合要因と推測。

Q嫁姑 の漢字の読みは 「よめしゅうと」or「よめしゅうとめ」?

質問としては
嫁姑 の漢字の読みは 「よめしゅうと」か「よめしゅうとめ」どちらか?

ということなのですがある文に「嫁姑の確執に悩まされる」とありました。
「嫁」はおそらく「よめ」でいいと思うのですが
「姑」は「しゅうと」とも 「しゅうとめ」とも読めますよね?

しかし「嫁姑」で調べても正しい読みが分かりません。

どちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

少し調べてみましたが、私の結論は
「どちらも間違いではないが、【よめしゅうとめ】の方が良い」
と、いうことになりました。

嫁姑を音で読むと「カコ」となりますが、こんな熟語はありません。
最初は「嫁と姑の関係」とか「嫁と姑の確執」のように「嫁と姑」の双方の漢字の間に「と」があったものが、そのうちに「と」が抜けて「嫁姑」の訓読みの熟語風のものができたのだろうと思います。

辞書をいくつか調べてみました。
●角川書店「字源」
【姑】「コ」  ○しうとめ、夫または妻の母
【姑舅】「コキウ」 しうとめと、しうとと。夫の母と父と

●旺文社「古語辞典」
【しうと】「舅」夫または妻の父 (姑はありません)
【しうとめ】「姑」夫または妻の母

●三省堂「例解国語辞典」
【しゅうと】「舅・姑」(1)「舅」夫の父、または妻の父 (2)「姑」以下略
【しゅうとめ】「姑」夫の母、または妻の母。「しゅうと」ともいう。

以上から、「姑」の読み方は、「しゅうとめ」だけの辞書が二つ、「しゅうと」「しゅうとめ」の両方を載せているのが一つということになりました。

他の辞書についてはANo.3さんの↓を参照させていただきました。
http://torokko.sblo.jp/article/8968366.html
この中には、「「しゅうと」は、【姑】「しゅうとめ」の略。」と書いている辞書もあります。

現在、【姑】は、「しゅうと」、「しゅうとめ」の両方の読みが存在しています。
いずれが正しい読み方か私にはわかりません。

そこで、両方正しいとした場合、どちらの読み方を使ったら、問題が少ないかということになります。

(1)【姑】の読み方で「しゅうとめ」だけしか挙げていない辞書がありました。

(2)「しゅうと」というと「舅」も「姑」もあります。

以上から「よめしゅうと」というと、「嫁舅」と思う人が出たり、(1)の辞書しか知らない人から「『姑』は『しゅうとめ』と読むものだ。」などと変な指摘が出る可能性があります。

それと、私の知っている限りでは(ラジオ、テレビ、知人)「よめしゅうとめ」という人が多いように思います。

以上から、「どちらも間違いではないが、【よめしゅうとめ】と呼んだ方が無難」と思いました。

少し調べてみましたが、私の結論は
「どちらも間違いではないが、【よめしゅうとめ】の方が良い」
と、いうことになりました。

嫁姑を音で読むと「カコ」となりますが、こんな熟語はありません。
最初は「嫁と姑の関係」とか「嫁と姑の確執」のように「嫁と姑」の双方の漢字の間に「と」があったものが、そのうちに「と」が抜けて「嫁姑」の訓読みの熟語風のものができたのだろうと思います。

辞書をいくつか調べてみました。
●角川書店「字源」
【姑】「コ」  ○しうとめ、夫または妻の母
【姑舅】...続きを読む

Qエジプト文明の灌漑農業について教えてください。

今本を読んでいて、4大文明は河から発展し、どうやって砂漠化が進んだかと言う点で、疑問がでてきました。たしか中学生の頃にナイル川の氾濫を利用して農業をやっていたという話をしていたような・・・?思い出せなくてきになってます。何でもいいので教えてください!

Aベストアンサー

たしか、塩害だったと思います。

充分に灌漑をやっていれば大丈夫だったんですが、中途半端な灌漑では地中より塩が地表に出てきて作物が駄目になったらしいです。

いまも、作物が塩害によって出来ない地域は沢山あるそうです。

Q夜の読み方 「よ」「よる」

夜は、「よ」と読むのか「よる」と読むのかがわかりません。

「夜が明けました。」の場合は「よ」であっていますか。
「夜になりました。」の場合は「よる」であっていますか。

考えれば考えるほど、わからなくなってしまいました。

「よ」か「よる」か、明確に区別する方法はありますか。

Aベストアンサー

「よ」「よる」は、いずれも訓読みの和語です。
語源については下記の大言海説のほか、諸説あるようです。
・「よ」はヨ(節)の義。今日と明日の中間の意。
・「よる」はヨに助辞ルの付いたもの。   ……等々。

使い分けについては、下記の『日本国語大辞典』の語誌が参考になるかもしれません。
この特徴が実際の現代語にどの程度当てはまるかは不明です。
----------
語誌
 (1) 「よ」が複合語をつくるのに対して、「よる」は複合語を作らない。
   (並立的な「よるひる」は例外)
 (2) <略>
 (3) 元来、「よる」は「ひる」に対して暗い時間帯を指すのに対して、
   「よ」はその特定の一部分だけを取り出していう。
   従って古くは連体修飾語が付くのは「よ」であって「よる」には
   付かなかったとする考え方が提唱されている。
----------

余談ですが、ちかごろ「夕御飯」「晩御飯」のことを「夜御飯(よるごはん)」と言う人が増えています。
初めて聞いたときは違和感がありました。


人気Q&Aランキング