12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

私の父は79歳で、肺気腫を患って十年近くになります。長崎の諫早にある呼吸器専門のリハビリ施設に年に1回数ヶ月入院していましたが、自宅が関西なので、何かあった時に家族がすぐ行ける距離ではありません。そこで、関西圏でそういった施設はないでしょうか?
そこは酸素吸入器を使用するのではなく、腹式呼吸や体操などで血液中に酸素をより多く送り込み、残された肺の機能だけで日常生活を送れるように指導してくれるという施設です。酸素吸入で治療するという病院はあるのですが、諫早タイプの施設は未だ見つけられません。ご存知の方はよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

具体的にこのような施設があるかどうかはわからないのですが・・・。



肺気腫の治療において、酸素吸入を含めた内科的な治療と呼吸のリハビリは、お互い補完しあう車の両輪だと思っています。

酸素療法の効果については、1980年代の初めに米英で大規模な比較試験が行われ、慢性呼吸不全を伴った肺気腫の患者さんの予後を改善することが明らかにされました。
呼吸リハビリについては、適切なリハビリを行うことにより、日常生活の中での活動性や呼吸困難感は明らかに軽減させることができます。
ただ、残念ながら呼吸リハビリが肺気腫の方の予後を改善するという確証は今のところ得られていません。
ですから、血液ガス分析にて明らかに酸素吸入の適応があると考えられる場合や、リハビリを施行するときに、低酸素血症が強くおきるようなケースでは、リハビリの効果をあげるためにも酸素吸入を施行したほうが良いのです。

現在の肺気腫の病状がどの程度のものかわからないので、はっきりと申し上げることはできませんが、肺気腫そのものの病変は不可逆的なものですから、今は必要なくても、将来的に酸素吸入が必要になる可能性は十分あると思います。

在宅酸素療法自体は、広く施行されていますが、リハビリ科のある病院で呼吸リハビリ専門の技術を持った理学療法士がいる病院というのはそれほど多くありません。
もしお望みのような施設が見つからない場合の病院の選び方の目安としては、呼吸器科とリハビリ科が併設されていて、上記のような呼吸理学療法士がいるところをお選びになるのがよろしいと思います。
呼吸療法認定士という資格もできましたので、そのような資格をもっている理学療法士であれば、専門的な知識や技術を持っていると考えてよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り、リハビリ科・専門の理学療法士と、条件を満たした病院というのが少ないようで、なかなか見つけられません。
父は、少し動くと苦しいと言ってはいますが、毎日諫早のリハビリセンターで習った呼吸法と運動を欠かさずやっているお蔭か、何とか一般的な生活はできています。これ以上良くなるということはないでしょうが、できるだけ酸素吸入器に頼らないようにしたいと言っています。一度頼るとそれがないと生活できないようになると恐れているのです。
頂いた情報、アドバイスを頼りにまた捜してみたいと思います。今回はありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 呼吸不全のまとめページ

    高齢者での特殊事情  呼吸不全とは、動脈の酸素濃度がとても低くなっている状態です。大きく急性呼吸不全と慢性呼吸不全に分けられます。高齢者の場合に注意すべき点を記載します。  呼吸不全かどうか調べるには、動脈血液ガス検査やパルスオキシメーターで酸素濃度が下がっているか見ます。息苦しいかどうかも重要ですが、高齢者の場合は症状が少ないことも多く、診察してもどこが悪いのかはっきりしないこともよくあります...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺気腫に罹った時の酸素ボンベはどの段階で使用していいのでしょう?

89歳の母ですが、肺気腫と診断されました。呼吸が常時60~70あります。スピリーバ吸入用カプセル18HGを一日に1カプセル
処方されましたが、あまり効果はあらわれません。血液中の酸素濃度は81でそれほどひどい値ではありませんが、非常に苦しい様子です。これくらいの酸素濃度でも生活するのに苦しい場合は酸素ボンベを使うことに踏み切ってもいいのではないかと思うのですが、どんなものでしょうか。酸素ボンベの使用による功罪についても教えて頂きたい。

Aベストアンサー

こんばんは。
医者ではありませんが、在宅酸素のメーカに勤めておりましたので、参考までの情報としてご覧下さい。
#すこし長文となります

まず、血液中の酸素濃度が81という事ですが、これはかなり苦しい状態です。
測定器のテストのため、自分自身で息を止めて酸素濃度を下げて測定した事があります。
限界までこらえても81まで下がった事はありませんでした。
それぐらいの状態が常時続いていると認識しておいて下さい。
#ちなみに正常であれば、95より下がる事はありません

酸素ボンベの使用ですが、是非使った方が良いと思います。
血液中に酸素が足りないと、血液を循環させて補おうとするため心臓に負担がかかってしまいます。
「酸素を吸入すると癖になる」と思われる方もいらっしゃいますが、それはありません。
 #そうだとすると、全ての動物は”酸素中毒”って事になります

酸素ボンベを使う功罪といいますか、デメリットを挙げるとしますと・・・
1.酸素は助燃性でボンベは高圧ガス容器になるので火気厳禁になります
2.重たい荷物が増えるので、屋外での活動に支障をきたす事がある
  →最近のボンベはかなり軽い様です
3.飛行機などの乗り物で制約を受ける
ぐらいでしょうか。

血中酸素濃度が81であれば保険適用となるはずです。
そうなれば、医者の診断により薬と同じように処方してもらう事が可能になると思います。
自宅で過ごされるケースが多ければ、電動で空気中から酸素を濃縮する機械を使うことも出来ます。(これだと詰め替え要らずです)

まずは肺気腫と診断された先生に相談されてはいかがでしょうか。
もしその先生が専門でなければ、呼吸器科の病院などを紹介してもらうと良いと思います。

在宅酸素療法で調べましたら、下記URLが見つかりました。
参考までにどうぞ。

お大事にして下さい。
長々と、すいませんでした。

参考URL:http://www.copd-info.net/treat/oxygen.html

こんばんは。
医者ではありませんが、在宅酸素のメーカに勤めておりましたので、参考までの情報としてご覧下さい。
#すこし長文となります

まず、血液中の酸素濃度が81という事ですが、これはかなり苦しい状態です。
測定器のテストのため、自分自身で息を止めて酸素濃度を下げて測定した事があります。
限界までこらえても81まで下がった事はありませんでした。
それぐらいの状態が常時続いていると認識しておいて下さい。
#ちなみに正常であれば、95より下がる事はありません

酸素ボンベの...続きを読む

Q80歳、肺気腫と付き合うには?

80歳の父が具合が悪くなり、病院で検査したらCTによって肺気腫が発見されました。
そして関係あるかわかりませんが、大きな胃潰瘍もできており、そのせいで食欲が落ち、
痩せてしまって(155cm37kgほど)救急で運ばれた次第です。
(※舌ガン後から普段は体重40~41kgだったみたいです。)


肺はすでに普通の人の三分の一以下の働きしかしていませんよ、と医師に言われました。
父は今まで結構なヘビースモーカーでしたので。
そして十年以上前には舌ガンを患い、舌を切除しましたので、現在は食事は完全流動食を
寝転がって口から流し込むという摂取状況です。

今までは年齢のわりには自分のことは何でも自分でやりこなし、ほかの家族に迷惑をかけることなどはほとんどなかったのですが、入院まえから息切れがひどく、体がダルかったそうで、それも今となっては肺気腫の症状だったように思います。

そこでお聞きしたいのが、こんな父のような肺の状態でいうと、、

★医療用酸素ボンベを使うレベルであるか
★退院後も今までどおり自分でなんでも出来る体力はあるのか(25日間の入院となりました)
★車の運転は可能か(本人は大丈夫だと言っています)
★寝転がっての食事摂取によって誤嚥肺炎の心配はないのか
★父の年齢や状況、肺気腫の進行度からあと何年くらい生きられるか
★やはりこの先入退院を繰り返す覚悟は必要か

など、わかる範囲で教えていただけるとありがたいです。
当の本人がなめてかかり、病気の自覚がないので、アドバイスをいただいたら本人にも自覚させたく思っております。
よろしくお願いします。

80歳の父が具合が悪くなり、病院で検査したらCTによって肺気腫が発見されました。
そして関係あるかわかりませんが、大きな胃潰瘍もできており、そのせいで食欲が落ち、
痩せてしまって(155cm37kgほど)救急で運ばれた次第です。
(※舌ガン後から普段は体重40~41kgだったみたいです。)


肺はすでに普通の人の三分の一以下の働きしかしていませんよ、と医師に言われました。
父は今まで結構なヘビースモーカーでしたので。
そして十年以上前には舌ガンを患い、舌を切除しましたので、現在は食事は完全流動食...続きを読む

Aベストアンサー

酸素ボンベは危険ですので止めたほうがいいとおもわれます
参考URL張っておきます。((http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114498231)

退院後はいかに本人の体力が落ちていないかによると思います。
病院でベッド生活を強いられ歩けない状態にされていたら、すぐに体力は落ちて歩けない態に・・・なんていうのもよく聞きます。
車の運転もそうですが、いくら本人が大丈夫と言ってもいつ症状が出るか判りません。
年相応の物忘れ、認知症などがあり認識力・体力が落ちている可能性があるので車の運転は止めたほうがいいでしょう。


寝転がっての食事ですが、危険です。誤嚥から誤嚥性肺炎になる可能性があります。
もしリクライニング式ベッドを使っているのであれば45度の姿勢を保ち __/頭側 ←このような感じ
流動食を行ったほうがいいかと思われます。


生きるのは本人の気力です。入退院などもありますが
(認知症などになると痛みがわかりにくくなるので歩き回ろうとして、転ぶ可能性などが考えられるので注意してください)




専門知識がないのでお役に立てれいただければ。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114498231

酸素ボンベは危険ですので止めたほうがいいとおもわれます
参考URL張っておきます。((http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114498231)

退院後はいかに本人の体力が落ちていないかによると思います。
病院でベッド生活を強いられ歩けない状態にされていたら、すぐに体力は落ちて歩けない態に・・・なんていうのもよく聞きます。
車の運転もそうですが、いくら本人が大丈夫と言ってもいつ症状が出るか判りません。
年相応の物忘れ、認知症などがあり認識力・体力が落ちている可能性があるの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報