ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

何歳まで飾る?室内でもいい?知っておきたい鯉のぼりあれこれ

何歳まで飾る?室内でもいい?知っておきたい鯉のぼりあれこれ5月5日はこどもの日。この日は端午の節句でもあり、鯉のぼりを飾って、男の子の健やかな成長を願う。この鯉のぼりであるが、男の子が何歳になるまで飾るのだろう? またベランダや庭がない場合、室内に飾る置物タイプでも問題ないのだろうか。今回はそんな気になる鯉のぼりに関するあれこれをマナー講師の桜美月さんにぶつけてみた。

■鯉のぼりを飾るのは何歳まで?


まず鯉のぼりを飾るのは子どもが何歳の時までなのか教えてもらった。

「何歳までという決まりは特にありません。端午の節句飾りは、外に飾る『外飾り』と家の中に飾る『内飾り』があります。外飾りとは、鯉のぼり・武者幟のことで、内飾りとは、兜飾り・鎧飾り・子供大将飾りと大きく分けられます」(桜さん)

どうやら鯉のぼりを飾る年齢に決まりはないようだ。また、鯉のぼりは外飾りとのこと。

最近ではベランダで鯉のぼりを飾る家も増えているが、なかには室内に飾るタイプのものも見かける。あれでは意味がない、ということか。

「鯉のぼりが外飾りであることを踏まえると、室内に飾るものではありません。最近ではさまざまな住宅事情により、鯉のぼりを立てられない場合もあるでしょう。ただ、大切なのは、鯉のぼりの由来を知り、子供たちが元気に育つことを願う心ではないでしょうか。無理をして鯉のぼりを立てる必要はありませんし、もし室内でなにかお飾りをしたい場合は内飾りをされるといいですね」(桜さん)

なるほど。まずは鯉のぼりの由来をきちんと押さえること。そのうえで、子どものためにできることを考えてあげられると、しっかりとマナーに配慮した端午の節句を楽しめそうだ。

■知っている?鯉のぼりの由来


ちなみに鯉のぼりの由来について、みなさんはどこまでご存知だろうか? 知識があやふやな人に向け、念のため紹介しておこう。

「鯉のぼりは、男の子の立身出世を願って、江戸時代に町人の間で始まりました。中国の登竜門の故事が由来で、黄河の上流の龍門をさかのぼる鯉が龍になる出世魚(しゅっせうお)であるといわれて立てるようになりました。鯉のぼりの立て方は、一番上に吹き流し、次に黒鯉(真鯉)、赤鯉(緋鯉)、青鯉の順となっています」(桜さん)

「お子さんに鯉のぼりの意味を説明する場合は、『鯉のぼりは、男の子が鯉のように元気よく立派に育っていきますように!と願って立てるんだよ』と説明してあげるといいですね」と桜さん。

男の子がいるお母さんやお父さんにはぜひ参考にしていただきたい。

なお、「教えて!goo」では「何歳まで鯉のぼりを上げますか?」ということで、皆さんの回答も紹介中だ。

■専門家プロフィール:桜美月

マナー講師、イメージアッププロデュサー。愛媛県松山市出身の元ミス松山。個人向け(東京と愛媛にて)・企業向けに立ち居振る舞い・ビジネスマナー研修講師として活躍。研修を受けた人数は、5000人。Webにてマナー記事連載執筆中。著書に『媚びてないのにかわいいシンデレラマナー』(主婦の友インフォス情報社)がある。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

15

BAD

NICE

みんなの反応

50

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック