話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

心理学者が指摘!飴をボリボリ噛むことの思わぬ効果

心理学者が指摘!飴をボリボリ噛むことの思わぬ効果口に入っている飴を、噛んでしまうことはないだろうか。頭では「飴は舐めるもの」だとわかっているのになぜだかいつも噛んでしまう、そんな人もいるだろう。「おしトピ by 教えて!goo」「飴は最後まで舐めきる? それとも途中で噛む?」と聞いたところ、多くの回答が寄せられた。

■圧倒的多数を占めたのは……!?


圧倒的多数を占めたのは、「絶対に噛んでしまいます」(tomcateagleさん)、「ついつい噛んでしまうよ」(タタミちゃんさん)、「口に入れた瞬間、噛み砕いています」(narubiyuiさん)
など、「噛んでしまう」派! 

どんなことを思って噛んでいるのだろうか。
「いつも『今度こそ最後まで噛まないぞ~』と思いますが、うっかり忘れて噛んでいて、あ~って思う(笑)」(Daisy67さん)というように、実は噛みたくないという人もいる様子。なかには、「舐めきる寸前で噛んじゃう……」(ししとらさん)という、なんとも惜しい回答もあった。

また、「子供の頃、飴はかむ物でないなめているものだと、よく母に叱られた記憶がよみがえる」(kayokayoさん)、「女房が『飴は噛み砕くものじゃない』と怒ります」(ブルーインパルスさん)など、周囲の人に指摘された人もいるようだ。

■心理学的にはこんな人


飴を噛む人に共通する心理などはあるのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いてみた。

「心理学的には噛むという行為は『不満や怒り、攻撃性の表れ』だと考えられています。ですから、人と話しているときに相手が飴を噛みはじめたら、心理学者は『今この人には不満なことがあるのだろうな』と推察します」(内藤先生)

内藤先生によると、ストローやたばこのフィルターを噛む人も、同じように不満や怒りを抱えている可能性があるのだということ。では、飴を噛む行為にも性格的な傾向があるのだろうか。

「噛むという行為は力を出すためのものでもあります。飴を噛む人は、仕事などでエネルギッシュに猪突猛進するタイプが多いですね」(内藤先生)

飴を噛むことで力が湧いて、エネルギッシュに仕事ができるとは! いまいちやる気が出ないときは、あえて飴を噛んでみると効果がでるかもしれない。

●専門家プロフィール:内藤 誼人(ないとう よしひと)
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「アドラー心理の言葉」(ぱる出版)、「電車のハシに座る人は成功できない」(大和書房)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

1678

BAD

NICE

みんなの反応

4428

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック