12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

専門家が指南!小さな子供がいる時にこそ正社員にこだわってほしい理由

専門家が指南!小さな子供がいる時にこそ正社員にこだわってほしい理由保育園が足りないというニュースが世間を賑わせている。共働き夫婦が多くなっている昨今、保育園に子供を預けて働きに出ようとする女性は少なくない。だが、いざ子供を預けることができても、ある程度融通がきく仕事でなければ続けられない場合もあるだろう。そこで今回、子供がいる既婚女性、シングルマザーの女性の相談もよく受けるという、キャリアコンサルタントの安達瑠依子さんに、子供がいても働きやすい仕事について話を聞いてみることにした。

■小さい子供を抱えているからこそ正社員にこだわってほしい


「子育てしながら仕事を持つと考えた時、ご家庭の環境、子育ての考え方、子供への関わり方が人それぞれなので、どんな仕事をどの程度やるかは千差万別です」(安達さん)

安達さんはそう言い置いてから、以下のように指摘する。

「子育てをしながら働きやすい仕事は何であるかと考えると、勤務時間を第一優先に考えてしまい、どうしても時間が短いパートやアルバイト、もしくは時短の派遣社員という選び方に偏ってしまいます」(安達さん)

確かに在宅ワークであれば自宅にいるため、小さな子供の面倒を見ながら働くことができる。パートであれば保育園の送迎にも行きやすいだろう。だが、安達さんは女性の仕事におけるキャリアで考えると、落とし穴があると言うのだ。

「子供がある程度成長し、フルタイムで働ける状況になった時、派遣社員、パートやアルバイトの経歴ばかりが長いと、キャリアやスキル不足と見られてしまい、正社員への就職が難しくなってしまうのです。その結果、非正規就労しか出来ないというのが現実です」(安達さん)

ゆえに安達さんは小さなお子さんがいる時こそ、「正社員の就業にこだわって欲しい」と指摘するのだ。

■職種ではなく、会社選びが重要


では、正社員で就業するためには、具体的にどうすればいいのだろうか?

「子育てと両立していく就業には共通項があると言えます。この共通項は“会社選び”と“自分の準備”の二つに尽きます。職種ではなく、会社選びが重要です。具体的にはまず、求人広告に子育て中の先輩社員がいるなどの実績が書かれていること。次に、ある程度の規模の会社で、チームで動く仕事(=お互いに補完できる環境)であること。最後に、経営者や上司が子育てをしながら働く女性を応援する気持ちが明確にあることです」(安達さん)

例えば小さな会社で経理をひとりで担当する仕事は、いざという時に休むことができず、業務に大きな支障が出たりするので避けた方が良いとのこと。また、履歴書には子供がいることを明確に書くのがコツだという。子育て中の人を望まない会社は書類が通過しない。

求人サイトで仕事を探す場合も注意が必要と安達さんは言う。

「『女の転職@TYPE』や『とらばーゆ』などは、育児両立や育児休暇活用実績などの検索項目があります。また、求人を検索する時に残業ナシを条件に入れると、残業が少ないことをうたった求人だと分かります。しかし、保育園の場所や通勤ルートで絞り、自分が出来る仕事、やりたい仕事を選ぶと、応募できる企業は一握りになるかもしれません。諦めるのは簡単です。今まで子育て中でも仕事に復帰した人は、人の倍の時間が掛かっても活動した人です。最初から難関だと思って取り組めば気持ちが折れにくくなりますね」(安達さん)

■自分を磨く準備期間も必要


会社選びも大事だが、同時に大切なのは自分の武器を磨く準備だと、安達さんは指摘する。

「PCスキル、知識など不安要素が多い場合は、いきなり正社員ではなく派遣やパートで自分をブラッシュアップしてからというのは、とても有効なステップです。実は採用側からすると、すでに派遣等で子育てと両立した実績が、安心材料になるのです。中途採用は即戦力を求めますから当然ですね」(安達さん)

さらに安達さんは見た目の大切さにも言及している。

「忘れがちですが、見た目の準備も大切です。面接は第一印象がとても大切なのはご存知かと思いますが、ひと目で母親という感じの方は損をします。ビジネス環境では、生活感が薄いほうが良いです。ヘアスタイル、メイク、服装が主婦っぽい方は、なかなか面接を突破出来ません。自分をまったく構う余裕がない人は、育児と仕事の両立を期待するのが難しいからです。公私の顔をはっきりと分けるのは仕事に赴くときの戦略です」(安達さん)

子供が幼稚園や小学校に行くまでは一緒にいたいと願う女性も多いことだろう。一旦第一線から退くとしても、将来仕事に復帰するための計画を今のうちからしておくことが大切だ。それは自宅で出来る短時間の仕事を請負する、育児の合間に資格の勉強をする、語学を磨くなどである。できる範囲内でも自分を磨く準備をしていた人は、職場への復帰も早いと安達さんは言う。将来子供を持つ予定の人も、ぜひプロの助言を参考にしてみて欲しい。

「教えて!goo」では「小さな子供がいてもできる仕事にはどんなものがあると思いますか?」と意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:安達瑠依子
リクルート出身。ITベンチャーやブライダルなどの上場企業で人事責任者として採用や人事制度設計に携わりコンサルタントに転身。地方自治体の面接官も経験。現在は転職希望者や公務員受験者の面接対策の指導に活動を広げている。一般社団法人えるふ転職支援ラボ代表理事。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

18

BAD

NICE

みんなの反応

58

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック