プロが教えるわが家の防犯対策術!

イギリスの大学で学部を卒業し、その後帰国して日本の大学院に進学することは難しいでしょうか?
大学院入試など、どの程度をどのように勉強すべきでしょうか?また英語で書いたエッセイなどがどの程度評価されるのか、もしくは日本語で書き直すべきなのか、経験者の方、また何かご存知の方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

海外の大学を卒業して,日本の大学院に進学することは,可能です.



ただ,手続き上の問題がいろいろと出てくるかもしれません.受験する大学院によっては,海外の大学を卒業した場合は,その受験する大学院独自の個別の入学資格審査を必要とするところもあります.これは,出願期間よりもだいぶ早めに設定されていることがあるので,要注意です.

また,大学によっては,日本語以外の資料を提出した場合は,そのすべてを日本語に訳したものを要求されることがあります.たとえば,東京大学大学院の工学系研究科の場合は,「日本語以外で書かれた証明書,文書,資料等には,すべて日本語訳を添付すること。」とあります.よって,卒業証明書,成績証明書はもちろんのこと,かなり面倒かもしれません.できる限り早い段階で出願関係の書類を取り寄せて,確認することが必要でしょう.

また,一般に修士課程の入試では卒業論文は必要とされていないと思います.というのは,日本の場合,大学四年生の八月あるいは九月頃に院試を行うことがほとんどで,この段階で卒業論文を提出することはほとんど無理でしょうし,それは期待されていません.

それと,健康診断書が問題でしょうか.これまたほとんどの大学院は,所定の用紙・様式で提出することになっています.この用紙に海外で記入してもらえるかどうか,また,海外の健康診断科目と国内の科目の違いなど良くわかりませんので,一般的には日本国内の病院で健康診断を受検して,その内容を健康診断書に書いてもらうことになるかと思います.となると,出願時点で日本にいる必要がありますね.

同様に,受験費用の振込みもオンラインでできないところがほとんどです(専用の用紙を使って銀行の窓口で振り込むとか,郵便為替など).海外のようにクレジットカードで支払うとかチェックで支払いなどというようなことはできません.もし,出願時点で海外にいたとなると,国内で支援してくれる方を探しておいたほうがよいでしょう.

英語の試験については,日本の大学も遅まきながら TOEFL などの外部試験を採用することが増えてきました.これは,たとえ,海外の大学を出ている人であっても,受験する必要のあるところも多いようです.よって,スコアを大学に送付することなどから考えると,出願する数ヶ月前には TOEFL の受験を終えておく必要があることを意味します.しかし,これは院試で TOEFL を採用している場合のみ該当することなので,すべての人に当てはまるわけではないことを注意してください.

エッセイというのが,何を指しているのかわかりませんが,仮に研究計画書であったとするならば,それは特に問題ないと思います.ただ,日本語訳したものも要求されるかもしれません.卒業論文のようなものについては,先ほども述べたように多くの場合,修士課程の受験段階では要求されないと思います.ちなみに,英語で書いたから日本語のものより評価されるかというとそうではなく,言語を問わず,きちんと書かれているかという点が重要だと思います.

個別の院試については,どういった専攻や大学を考えていらっしゃるのかなど書いていただけると,より具体的な回答を得られることと思います.一般的には,過去の入試問題と専門の試験の出題範囲をどんな教科書でやってきたのかを調査して,それに基づいて勉強していくとったところでしょうか.
研究室に所属して,研究を進めていくような専攻や大学院の場合は,出願する前に,希望する研究室の教官と十分面談しておくことも必要だと思うので,まずは希望する研究室の先生にアポをとり,いろいろと相談してみてはいかがでしょうか(どんな研究をやってきて,これからはどんな研究に取り組みたいのか,あと手続きの話や受験勉強について).いきなり出願してしまって,入学してから実はひそかに希望していた先生がサバティカルでいなかったとか悲惨なことにならないようにしたほうが良いかと.ちなみに,法科大学院(いわゆるロースクール)などでは,研究室に所属するという概念があまりないようで,ほとんどの場合,先生との事前面談なしに直接出願が多いようです.

なお,creamieさんが「日本国籍で大学学部課程をイギリスに留学した」と思って回答しましたが,日本国籍でない場合は,これまた大学によってかなり対応が異なりますので,個別の希望する大学院をあげていただいたほうが,より詳しい回答が得られるかもしれません.また,多くの大学院は個別の手続きに関する相談(受験勉強そのものの相談はなかなか難しいでしょう)にのってくれるはずですので,積極的に問い合わせてみてはいかがでしょうか.

この回答への補足

丁寧な回答ありがとうございます!
私は日本人で、高校まで日本で過ごし、イギリスへ学部進学しました。今の専攻は美術史及び建築史です。
将来求められるだろう知識やスキルを考えると、日本の大学で勉強することも必要だと思っています。
都市関係、特に古民家再生などに興味があります。今の勉強は西洋史で、それだけでは不十分だとも思っているので・・・
手続きや大学探しなど、はじめられることから調べていきたいと思います。

補足日時:2004/09/20 18:29
    • good
    • 1

ご研究の分野はどちらになるのでしょうか。


専攻によって様子が違うと思いますので、
何を研究したいのか、あるいはどこの大学院に入りたいのか、
具体的にお書きになった方が、回答がつきやすいと思います。


参考までに、
心理学の研究科の一般的な様子についてお話しますと、
海外の大学を卒業していることは、
大学院進学においてなんら問題ありません。
むしろ、受験では英語力が重視される場合が多いので、
有利になる可能性すらあります。

「英語で書いたエッセイ」がどのようなものなのかによりますが、
ほとんどの学校では受験時に卒論の提出が義務づけられていますので、
それと同じ扱いになるのでしょう。
日本語に直す必要はないと思います。
評価する教員は英語が出来て当たり前ですので。
もちろん、日本語でかかれたものと同じように評価されるでしょう。
そのため、内容が低レベルであれば、評価は当然低くなります。

入試に関しては、
英語で受験できるところはあまりないでしょう。
英語の試験もありますが、
専門科目については日本語での試験があります。
どの程度の勉強が必要か、とのことですが、
大学院に進むということは研究者になることなのですから、
勉強は可能な限りしておいた方がいい、というのが正しい認識でしょう。
まぁそれは理想論なので、現実的なことを言うと、
受験希望校の過去問題を入手し、
それにあわせて勉強なさると良いでしょう。
学校によって出題範囲や形式が全く違ったりしますので、
それぞれの学校に合った勉強が必要になります。

こんなところでしょうか。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
大学での専攻は美術史及び建築史ですが、主に西洋史です。将来は日本に帰って、建築や都市関係の仕事をしたいと思っているので、西洋だけでなく、日本でもっと日本の現状について勉強する必要があると思っています。
私はまったくの文系で、工学の数学や物理は勉強したことがないので、どういった大学院の学部がベストかも判然としません。今探しているのは横浜国立大学院や早稲田の工学建築学部などですが・・・
理系・文系が問われるとなると厳しいと思っています。

補足日時:2004/09/20 18:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外の大学から日本の大学院、もしくは就職

はじめまして。

現在北アメリカの大学に通う理学部4年生の者です。
海外生活10年になります。

現在大学院のことで大変悩んでいます。
将来日本で働きたいと考えており、そのためにも日本語の勉強、日本の考え方、社会的なマナーなども含め日本の大学院を考えています。(もちろん興味のある研究ができるというのも大きな理由です)
しかし、研究室訪問をして、実際に過去問を貰ってみると入試問題が本当に難しいです。(学部で勉強している分野からまったく違った分野に変えようと思っています。)
死ぬ気で勉強する気はありますが、それでも全く自信が持てません。
周りからも、「大学院で日本に戻るなんて、変だね」「アメリカでそのまま大学院行った方が将来性あるのに」といったマイナスな声しか聞こえてきません。
1)日本の大学院を目指すのは無茶でしょうか。実際に海外の大学から日本の大学院へ入られた方や、同じような状況の方が居られましたらアドバイスお願いします。

実際に試験に落ちてしまった場合は就職しようと思います。
しかし入試が8月下旬にあり、結果発表が9月半ばにあるので就職活動を開始するのもそれ以降となってしまいます。
2)これでは就職活動にも支障が出てしまうのでしょうか。(この時点で大学を卒業してしまっている為、入社時には「新卒」ではなくなりますか。また、大学院に落ちたことによって不利になりますか?)

長文で質問があまり明確ではありませんが、どんなことでもいいのでアドバイス頂けたら嬉しいです。
お願いします。

はじめまして。

現在北アメリカの大学に通う理学部4年生の者です。
海外生活10年になります。

現在大学院のことで大変悩んでいます。
将来日本で働きたいと考えており、そのためにも日本語の勉強、日本の考え方、社会的なマナーなども含め日本の大学院を考えています。(もちろん興味のある研究ができるというのも大きな理由です)
しかし、研究室訪問をして、実際に過去問を貰ってみると入試問題が本当に難しいです。(学部で勉強している分野からまったく違った分野に変えようと思っています。)
死ぬ気で勉...続きを読む

Aベストアンサー

たまに面接で学生さんとお話する機会があります。
社会マナーのために日本の大学院(異なる分野)、というのは少し疑問に思います。
このまま米国で大学院卒業し、日本で就職された方が有利と思います。
専攻の面でもそうでしょうし。

マナーに関しては、就職先にもよりますが、グローバルスタンダードでいいと思いますよ!!

Q海外の大学を卒業した日本人が東大大学院に入学

こんにちは。
日本国籍を持つ、マギル大学マテリアル工学部の1年生です。

東京大学大学院のマテリアル工学部を目指したいのですが、
東大は海外の大学を卒業した日本人を受け入れるのでしょうか?

自分でも東大のHPで調べたみたのですが、外国人留学生の情報しか見つけられませんでした。

ちなみに東大の協定校であるトロント大学(応用理工学部)にも受かりましたが、
奨学金の関係でマギルに通ってます。

クリスマスにお時間を裂いて頂き有り難う御座います。

Aベストアンサー

募集要項がこちらにあります。
http://www.u-tokyo.ac.jp/index/e02_07_j.html

工学研究科はこちら
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/for_prep/index.html
一般入試~募集要項全般
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/for_prep/general_guideline.html

昨年度の修士募集要項
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/pdf/22_9_MJ.pdf

海外の大学の場合、日本の大学卒業と同等と判断されれば日本の大学卒業と同じ扱いです。
(上記PDF出願資格参照)

修士入試での専門は各大学の授業内容に沿って出題されるので、教授、研究室の研究内容の確認や、
過去問や使われている教科書をやっておく必要があります。


日本語大丈夫ですか?私はここまでの検索に5分とかかりませんでした。
海外で学んでも学術面でのスキルは変わりませんが、問題が英語で解けても日本語で解けないことがあります。
日本の大学を目指すなら、これから学ぶことのすべてを日本語(の単語)で表現することが出来ることが必要です。(想像ですが、多分、英文での回答は不可)
ある意味、2倍のことが必要ですがそのリターンが期待できるので頑張ってください。

募集要項がこちらにあります。
http://www.u-tokyo.ac.jp/index/e02_07_j.html

工学研究科はこちら
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/for_prep/index.html
一般入試~募集要項全般
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/for_prep/general_guideline.html

昨年度の修士募集要項
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/pdf/22_9_MJ.pdf

海外の大学の場合、日本の大学卒業と同等と判断されれば日本の大学卒業と同じ扱いです。
(上記PDF出願資格参照)

修士入試での専門は各大学の授業内容に沿って出題されるので、教授...続きを読む

Q海外大学卒業と国内大卒業の扱いの違い

募集要項で大卒者という条件がある場合、これに海外の大学卒業者は認められるのでしょうか?
詳しい方教えて下さいませ。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

就職に関してあまり詳しくは無いのですが、
参考程度に、コメントさせていただきます。
私の友人は、専門知識を求めて海外の大学へ
留学したのですが、日本に帰り就職口を探して、
色々な企業に面接に行ったところ、
募集要項には大卒と書かれているのですが、
海外の大学を卒業(最終学歴で)という履歴書
にいささか不満な様子で、多くの企業がそんな様子
だったようです。
私自身そのような企業もまだあるもんなのか、
と思っていましたが、別の友人からの話でも
同じ様なことを言っていたので、
「認められるが、厳しい」のではないかと思います。

Q海外の大学卒業後に通信教育で教員免許を取得できますか?

現在電気メーカに勤めています。30代です。
小学校教員に興味があり、教員免許取得を取得したいと考えております。海外の高校・大学(理学部)を卒業しており、調べたところ教員免許を取得できるかどうか教育委員会をたずねる必要があるとのことでした。(単位一覧を持参して)
(私の場合は中学は日本なので、中卒扱いになる?)

1)海外の学校(高校も含め)を卒業したあと、通信教育で教員免許を取得することは可能でしょうか?

2)また、どのぐらいの期間を要するでしょうか?

3)通信教育で単位・免許を取得するのはかなり難しいのでしょうか?

お手数ですが、ご回答いただけると大変助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です。
個々の大学ごとに、海外在住の学生を受け入れているか違うと思いますので、お問い合わせください。その上で、大卒の方は学則上最短1年、実質的には最短2年で取れます。

流れとしては、

1)入りたい大学で海外から入学できるか
2)imiki112さんが日本での実習が可能かどうか(計5週間)

といったところではないでしょうか。

Q日本の大学を出てから海外の大学院へ進学することは可能でしょうか?

急いでいます。

生物学を学びたいと思っていますが、生物学では食べていくのが大変だと聞きました。
ですが、海外は日本より生物学が進んでいると聞き、海外で生物学研究者になりたいと思っています。

今のところ合格を頂いているのは、東邦大学の理学部生物学科です。
有名大学でもないし、海外への進学は難しいでしょうか?
研究者になることは非常に難しいことは承知の上です。

Aベストアンサー

大学院というのは、日本の大学ブランドとは関係ないでしょう。
本人のその時の実力次第ですから。それに、語学は、まったく別ものです。

ただ、北米の大学院を狙うなら、それなりに、綿密な計画を建てないといけません。また、一応、GREなどの勉強をしておく必要があります。
別にGREが絶対的ではないにしても、ある程度の英語の傾向はつかめます。

GREとは
「海外の大学院へ進学を希望する際、出願時に要求されるテストです。基本的にはネイティブの学生用のテストです。」

また、大事なことは、大学の担当教授の協力を得ないと、ほとんど見込みがありません。そのためには、教授の細かい情報を把握して、その先生に近づいて、弟子になるのが一番です。海外に出ることに否定的な先生では、逆に足を引っ張られるのは、目に見えています。

ある医学生は、日本で、大学教授に嫌われ、絶対に医者にはさせないと言われて、やむなく、海外の大学に行った人もいます。上を目指す人は特に、大学の内部の人間関係が難しいですから、間違った人の選択は人生の選択と同じぐらい、気をつけないといけないと思います。

専門のコンサルタントがいますから、事前に相談をしておいたほうがよいです。ダメ出しも、覚悟したほうがよさそうですが。
http://www.gradschool.jp/

また、通信教育でよいので、英文のコンポジションや論文を書く練習も必要です。1年は掛かってしまうようです。

私の知り合いのように、日本の大学を卒業してから、また、アメリカの大学に通ったという人もいますが、資金面でどうしたのか、詳しくはききませんでした。大変な出費になっていたような気がします。大学の先生で海外に出た人は、30代までは、親のすねかじりだといっていた人もいます。

>生物学では食べていくのが大変だと聞きました。
だから、海外に出るというのは、ちょっと筋が違うかもしれません。

日本の科学者は、日本では、研究費や待遇面で悪いので、結果的には海外に流れていってしまうという話が多いと思います。しかし、海外を視野に入れるのは間違いだとは思いません。それに、この前の理研の小保方さんの事件は、どう考えても、話がおかしいとしか言いようがないです。それに、一部のマスコミが煽りましたね。ああいう事件があったら、科学者としては、こんな日本などから逃げた方が得策かもしれないと思うのも不思議ではありませんね。

ただ、四大卒で、いきなり海外の大学院に行けるかどうかは、難しいところかもしれません。

大学院というのは、日本の大学ブランドとは関係ないでしょう。
本人のその時の実力次第ですから。それに、語学は、まったく別ものです。

ただ、北米の大学院を狙うなら、それなりに、綿密な計画を建てないといけません。また、一応、GREなどの勉強をしておく必要があります。
別にGREが絶対的ではないにしても、ある程度の英語の傾向はつかめます。

GREとは
「海外の大学院へ進学を希望する際、出願時に要求されるテストです。基本的にはネイティブの学生用のテストです。」

また、大事なことは、大学の担当教...続きを読む


人気Q&Aランキング