最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

夏目漱石が書いた
夢十夜の一夜の話で、

①死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうねとまた聞き返した。

とあるのですがなぜまた聞き返したのですか?

②黒い瞳の中に鮮やかに見えた自分の姿がぼうっと崩れてきた。

とあるのですかそれはなぜですか?

回答お願いします。

A 回答 (1件)

①自分は透すき徹とおるほど深く見えるこの黒眼の色沢つやを眺めて、これでも死ぬのかと思った。

それで
…とまた聞き返した。

②自分はただ待っていると答えた。すると、
…女の眼がぱちりと閉じた。長い睫まつげの間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでいた。
(待っていると答えてもらったから。女が死んでいくところの描写)
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング