妻が現在妊娠三ヶ月目に入りました。医療保険に加入しておいた方が良いと言うアドバイスがあり、現在会社の団体医療保険には加入しているのですが、出産前に退職しようと考えています。その団体保険は退職すると脱会扱いになります。
そこで、今どの医療保険に加入しようか検討しています。出来ましたら、どの保険に加入したら良いか、保険の銘柄もしくは保険の詳細等のサイトを教えて頂けると幸いです。
良いアドバイスを宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


ご質問から約1ヶ月が経っているので、既に解決されているかとは思いますが一応ご参考までに。。。

医療保険としての単独商品については概ね各生命保険会社とも妊娠中および産後1ヶ月以内の加入は出来ませんが、終身保険、定期保険などの死亡保障(主契約)に医療保障(入院保障)などの特約を付帯する形での加入の場合は、各保険会社とも妊娠28週まで加入することが出来るようです。ただし、ここで注意していただきたいのが、私の知る限り外資系生保会社一社を除き、ほとんどの保険会社では当該妊娠中の異常分娩や妊娠中毒症などの妊娠、出産に伴う手術(帝王切開etc)、入院は保険金給付対象外としているので、もしご検討されるさいは必ず保険会社に確認をしてください。(妊娠とは無関係のケガや病気は給付の対象となりますので、ご安心を。)

赤ちゃん保険、妊産婦保険については先のご回答にあるとおりです。
妊産婦保険の保険会社の商品説明は以下のURLでご覧になれますよ。
http://www.himawari-life.com/ag/direct/list3_08. …

元気な赤ちゃんのご誕生、楽しみですね。お体を大切にしてください。(^^)
    • good
    • 0

共済については、十分な知識がありませんので断言できませんが、通常 医療保険や生命保険は、出産時の保障はありますが、妊娠中の新規加入はできないはずです。



妊娠中に加入できる保険は、新生児対象なら、母子手帳に記載されていたと思いますが、損害保険会社一社が発売している通称「赤ちゃん保険」・妊婦さんなら一部生命保険会社で発売されている「妊産婦保険」(予定日3ヶ月前まで加入可能で、出産後18ヶ月までが、保険期間だったと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすいませんでした。妊産婦保険について調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/16 13:31

コープ(生協)のたすけあい共済の女性コースが


お勧めです。私も現在妊娠中ですが、掛け金は安くて
出産や女性疾患関係の保証がついてるので加入しました。
でも加入するには生協の組合員にならないといけませんが。

参考URL:http://www.co-op.or.jp/jccu/kyosai/coop1/kyosai4 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすいませんでした。コープのホームページ見てみました。妻とも相談して検討してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/16 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民健康保険と医療保険

国民健康保険があるのに、なぜさらに医療保険等に多くの方が加入しているのか教えてください。
たとえば、今私が骨折して2週間の入院が必要になるとします。国民健康保険だけの場合と医療保険に加入している場合の違いはどうなるのでしょうか。
さらに、私が80歳でがんで病院に入院した場合、医療保険に加入しているのとそうでない違いはどうなるのでしょうか。

私はすこぶる健康な32歳の女性です。保険について全く知識がないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です
>医療保険というものは生活費まで保証があったりするのですね
いえいえ… そういう保証が付いていると謳っているものもあるかもしれませんが、400万とか下りた保険の使い道が100%医療費になるのか?→しばらく仕事ができないときの生活費に化けるだろうな です。
医療費自体は高額療養費や医療費控除で「普通に収入があればどうにか払える金額」に押さえることが可能です。

普通に収入がない、医療費まで捻出できない程度なら保険金が必要です。
医療費に使うか 生活費の一部になるのか、それは使う人次第ですよ!

なんでも保証してくれるわけじゃないので、そこまで考えて加入しないといけない。
自分で何千万もキープしておけるのなら必要ないのですよ


>多分50歳から70歳程度をカバーするために加入するようなものかも
私は40代ですが ガン患者です。乳がん。
50歳まで病気にならないつもりでも、なるときはなるのです。
32才前でもなる人はなっていますよ。
『今まで病気にならかったのは偶然』くらいなもんだと思いますが…

それと 年齢が行ってから保険に加入すると毎月お支払い金額が大きくなるので、なるべく若いうちにある程度の保険に加入したほうが、ちょっと得かもしれません。
しかしずっと病気にならなかったら損だと思うかもしれません。
→保険に加入せず病気になったときに自分で支払うアテがあるのなら保険は必要ない 

どのくらい心配する性格なのか、実際にお金があるのか、最先端治療を受けてでも治したい!と思うか(性格によるので想像は付くでしょ?)
そこら辺をよーーく考えたほうがいいですよね。

#1です
>医療保険というものは生活費まで保証があったりするのですね
いえいえ… そういう保証が付いていると謳っているものもあるかもしれませんが、400万とか下りた保険の使い道が100%医療費になるのか?→しばらく仕事ができないときの生活費に化けるだろうな です。
医療費自体は高額療養費や医療費控除で「普通に収入があればどうにか払える金額」に押さえることが可能です。

普通に収入がない、医療費まで捻出できない程度なら保険金が必要です。
医療費に使うか 生活費の一部になるのか...続きを読む

Q医療保険を継続できますか?

現在、うつ病で、通院しています。
約7年目で、この10月に障害者年金と障害者手帳(2級)の申請を手続きした所、5年さかのぼって、年金を貰うことが出来、障害者手帳受けることが出来るようになりました。
そこで。
ガン保険と、医療保険は、5年さかのぼった間に、入りましたが、もし、今後入院・手術とかになった場合、保険金は受け取れないのでしょうか?
うつ病以外は、特に何も病気はありません。
今、入っている保険を解約して、貯金にまわした方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

加入時に、告知義務違反がなければ、問題がありません。

加入時に、告知義務違反をしていた場合、違反内容と、請求自由に関連がなければ、支払われます。
うつ病の通院歴が7年目ということですが、保険の加入は、5年前でしょうか? 告知は、正直に記載しましたでしょうか?
ガン保険はおそらく問題ないかと思われますが、医療保険は支払われない可能性もありまし、契約解除となる可能性もあります。

ガン保険のみ継続し、医療保険は、解約して貯蓄にまわされたほうが、よいようにおもえますけど・・・。

Q「医療器具としても認められています」医療器具って?

磁気ネックレスや、通販で売ってる健康器具などの紹介で「これは医療器具としても認められています」などと言っていますが、医療器具というのはどういう物なのでしょうか?

「医学的な効果がある」という事なのでしょうか?

Aベストアンサー

 「薬事法」(↓)の「第一章 総 則」の「第二条4」に次の様にあります。

 この法律で「医療用具」とは、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている器具器械であつて、政令で定めるものをいう。

 簡単に言うと,「医療器具」は人や動物の病気の診断,治療,予防に使う事を目的とする器具。あるいは,人や動物の身体に影響を及ぼす事を目的とする器具。このいずれかで,政令で定められている物です。

 例えば,お書きの磁気ネックレスですが,磁気による血行促進や肩凝り解消を目的としたものであれば,医療器具に該当します。が,見掛けは同じでも,単にネックレスが磁気を持っているだけの場合は,医療器具にはなりません。

 いかがでしょうか。

参考URL:http://ss5.inet-osaka.or.jp/~keiji001/YAKUJI_HO.html

Q僧帽弁閉鎖不全症?僧帽弁逸脱症と生命保険加入

約6年前から健康診断で心雑音で要検査となり

ここ2~3年の心エコーの検査結果で僧帽弁閉鎖不全症、逸脱症と診断されました。

ただ、症状としてはごくごく軽いものですので

日常生活には何も問題ないですよとのこと。

結果のコピーをもらったのですが

『trivial mr』とありました。

丁度その頃、ある生命保険に入ろうかと思ったら

その内容では生命保険には入れないとのことでした。

そのあとに他の生命保険会社にも聞いたらだめでした。

この症状ですと、生命保険に入ることは無理なのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

保険に契約できるかどうか、というご質問ならば、
現状では、無理ですね。

生命保険は、今だけではなく、
10年後、20年後という将来の保障でもあります。
臨床医学は、今、病気になっている患者をどうやって救うか
という医学です。
または、予備軍が実際に病気にならないためにはどうしたら良いか
という医学です。

保険は、まったく別の発想をします。
今、健康な人のうち、病気になる人はどれぐらいいるのか?
という発想なのですよ。
臨床医学が、健康な人を「無視」するのとは大違いです。

保険では、健康な人がどれぐらいの確率で病気やケガをして
入院するか、死亡するか、ということを問題にします。
そして、現在、病気やケガをしている人は、将来、
どうなるのか? ということを問題にします。

現在、心臓に問題を抱えている人は、何も問題のない人に比べて、
10年後、20年後、どうなるのか?
ということを問題にするのです。
なので、それが、現在、治療が必要のない程度であっても、
10年後、20年後には悪化して、重大な状態になる可能性があるならば、
保険会社としては、支払いのリスクを抱えることになります。
なので、契約不可となるのです。
こういう発想なので、次のようなことも起きます。
例えば、20年前から、軽い心臓疾患があって、ずっと経過観察を
続けているが、良くもならないが、悪化もしていない。
この場合は、過去20年間、まったく悪化していないならば、
今後20年間も悪化しないだろう……という発想があるのです。
なので、今年異常が見つかった人は契約不可だけど、
20年前に見つかって、今まで「不変」の人は、
同じ状態でも、契約可能と判定されることがあります。
それは、病気ではなく「個性」のレベルだと判定されるのです。
軽症の場合は、こんなことも起きます。
(あくまでも、例え話であって、心臓疾患の場合には、非常にシビアです。
私は、心臓で、そのような判定をされた例を知りません。
他の臓器ではあります)

質問者様の場合、一度、異常があると判定されたので、
治療が不要であっても、経過観察が付くのが普通です。
経過観察が付けば、契約不可だと思ってください。
経過観察もつかなければ、告知が不要となった段階で、
契約可能となります。

保険に契約できるかどうか、というご質問ならば、
現状では、無理ですね。

生命保険は、今だけではなく、
10年後、20年後という将来の保障でもあります。
臨床医学は、今、病気になっている患者をどうやって救うか
という医学です。
または、予備軍が実際に病気にならないためにはどうしたら良いか
という医学です。

保険は、まったく別の発想をします。
今、健康な人のうち、病気になる人はどれぐらいいるのか?
という発想なのですよ。
臨床医学が、健康な人を「無視」するのとは大違いです。

保険では、...続きを読む

Q不正な医療請求

深いお付き合いではありませんが、知人の歯科医へ行くと無料で治してくれますが後の請求を見て金額にいつも驚いています。一度に1?万の医療費、していない所も治療した事にしているのは明らか。回りの知人8人位みな無料にしてもらっている人全てが高額の請求金額だそうです。6ヶ月に1度入れ歯が作れるというので毎回作らされている人も数人。こういう事を指摘するにはどこへ?国民保険なら国保の請求の組合?それとも厚生省?一度監査に入った方がいいと思うのですが。。。歯科医師会に言ってももみ消しにされ、本人に忠告だけなのでばれてしまいます。

Aベストアンサー

「後の請求」というのは、たまに送られてくる医療費のお知らせのようなものでしょうか。
momomailさんを含め融通の利きそうな患者からは「サービス」という名目で窓口負担金を徴収せず、レセプトには実際に行なっていない医療行為までも記載して医療費を過剰請求しているのでしょう。
「あそこはタダで治療してくれて良い歯科医院だ」「どうも不正をしているようだけど私はタダなんだしまあいいか」と、患者が都合よく思ってくれるだろうと考えているのかも?

もし告発するなら各都道府県の社会保険事務局(あるいは社会保険診療報酬支払基金・国保連合か……)かなと思います。
歯科医師会では身内同士の庇いあいがないとも言えません。
レセプトを審査するところへ連絡するのが一番だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報