マイケミからオアシスまで復活してほしいバンド6選

日光東照宮が徳川家康の神格化で、豊国神社が豊臣秀吉の神格化なら、織田信長の死後の神格化は何神社で織田信長は何神になったんですか?

徳川家康は死後に何の神様になりましたか?豊臣秀吉も何の神様ですか?

A 回答 (2件)

日光東照宮は徳川家が家康を祀るために日光に作りました。


東照宮は江戸時代から今に至ります。

豊国神社は秀吉の意向とは別に朝廷から神号が与えられて、死後に豊臣政権下で作られました。武の神として祀られました。
それでも家康にとっては邪魔な存在だったようで、江戸時代は神号を剥奪され神社としての祀られることはなかったです。
3代将軍の家光が再建を考えましたが部下に止められています。
一部は再建されたり他の仏閣に移設されたりしましたが、復活したのは明治になってから明治天皇の意向からです。

織田信長については道半ばの本能寺の変で横死してしまったので神号が送られて神社に祀られたのは、ずっと後の明治になってからです。
明治2年に明治天皇の命により京都の建勲神社に祀られました。

戦国時代を統一へと導いた3人ですが、織田信長は道半ばで倒れ、豊臣秀吉も後継者に恵まれず という具合で神社で公式に祀られて現代に続いているのは明治になってからですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座いました

お礼日時:2018/01/14 00:05

信長は、生きてるうちから、自分を神格化しようとしたようです。

安土城内、近くに建てた自分の寺を礼拝させたとか。
とくに神格化はされていないようです。

秀吉が大明神、家康が大権現。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました

お礼日時:2018/01/14 00:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報