出産前後の痔にはご注意!

フェノールと水酸化ナトリウムが反応するとき
フェノールは還元剤ですか?それとも酸化剤ですか?

A 回答 (2件)

これは酸化還元反応ではありません。



中和反応です。
    • good
    • 0

これは酸化還元反応では無く、酸塩基反応なので、そんなものはありません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェノールは水溶?

フェノールを水に溶かす実験をしました。
60℃フェノール2mlに対し水5mlを入れました。
すると、実験結果では白っぽくなり溶けたように見えました。その後実験の指示に従い、60℃の湯で温めたところ、上下に分離しました。
温めた後に溶けるなら分かるのですが、なぜ温めて分離したのでしょうか。
もしよろしければ、さっぱり分からないので教えてください。

Aベストアンサー

フェノールはわずかながら水に溶けますが、溶解度は低いです。
手元に資料がないので、正確な溶解度はわかりませんが、少なくとも水5mlにフェノール2mlが溶けることはありません。ほとんどが溶けずに分離するはずです。
ただ、OH基のために、多少なりとも水と親和力があったり、密度が水と近いということもあるかもしれません。
そのために、かき混ぜると均一に混ざったように見えたのかもしれません。
ただし、気を付けて欲しいことは、「白っぽく」なったということは、「溶けていない」ことを意味します。
完全に透明になったのなら溶けた可能性もあるのですが、白っぽく濁っているということは、逆に、溶けていないということの裏付けになります。

Qナトリウムフェノキシドに塩酸を過剰に加えると?

 一般的な実験書には、ナトリウムフェノキシド水溶液に二酸化炭素を誘導してフェノールを遊離させる実験が載っています。理屈から言えば、フェノキシドにフェノールよりも強い酸を加えればフェノールが遊離しますので、二酸化炭素でなく希塩酸を加えても同様の反応が起こるはずです。
 しかし最近行った実験によると、フェノキシド水溶液に希塩酸を加えたところ、一時溶液が白く濁ってフェノールが生成したようだったのですが、さらに希塩酸を過剰に加えると再び透明な均一な溶液になってしまったのです。これはなぜですか?
 また、同様にアニリン塩酸塩の水溶液に過剰の水酸化ナトリウム水溶液を加えても均一の溶液になるようなのですが、この理由も教えてください。

Aベストアンサー

水溶液の濃度の問題と考えます。
フェノールもアニリンも水にかなり溶けます。
MERCK INDEXによれば、フェノール1gは約15mlの水に、アニリン1gは28.6mlの水に溶けるとの記載がありました。勿論、pHや温度の影響はあるでしょうが…・・・。
二酸化炭素を使うのは液量をふやさないためと考えます。
濃厚な状況で実験されるか、うすい溶液の場合はジエチルエーテルなどの溶媒で抽出し溶媒を飛ばせばそれぞれ取り出せるはずです。

Qアニリンの反応について

アニリンの水溶液にさらし粉水溶液を加えるとアニリンの方は酸化されて溶液が変色するけど、この科学式がわかりません。手持ちの参考書にも載っていません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

私も厳密な化学式はあまり見たことがありません.
おそらく以下のような機構でアニリンのラジカル反応が進行していると考えられているようです.
ただし,多少の専門用語が登場するので,もしもその専門用語がわからないようでしたら,折り返し補足をお願いします.


・アニリンC6H5-NH2がさらし粉CaCl(ClO)のClO-によって酸化されると,アニリンがラジカル化して,C6H5-NH・となります.
・このラジカルが,他方のアニリンラジカルのオルト位を攻撃して,C6H5-NH-C6H4-NH・となります.
・このような重合が延々と繰り返されて,最後に窒素についているHが引き抜かれて,C6H5-N=C6H4-N=C6H4-N=・・・となります.

<反応機構>
C6H5-NH2 --> C6H5-NH・ --> C6H5-NH-C6H4-NH-C6H4-NH-・・・ --> C6H5-N=C6H4-N=C6H4-N=・・・

とまあ,こんな感じだと思います.

これがなぜ黒くなるかというと,共役二重結合(C=C-C=C-C=C-というような,二重結合-単結合が繰り返されているもの)がずらっと並ぶことで,光によるシフト(二重結合の位置がとなりにずれること)が容易に起き,光を吸収しやすいためと考えられます.

なお,さらし粉の酸化力はそれほど強くないため,以上のような重合反応の重合度は小さく,共役二重結合は短いと思われ,その結果,色は黒というよりかは褐色,赤紫色となることが多いようです.
これがもしも酸化力の強い過マンガン酸カリウムやニクロム酸カリウムなどのもとで行うと,重合度の高いものができるので,真っ黒になります.これがアニリンブラックです.

私も厳密な化学式はあまり見たことがありません.
おそらく以下のような機構でアニリンのラジカル反応が進行していると考えられているようです.
ただし,多少の専門用語が登場するので,もしもその専門用語がわからないようでしたら,折り返し補足をお願いします.


・アニリンC6H5-NH2がさらし粉CaCl(ClO)のClO-によって酸化されると,アニリンがラジカル化して,C6H5-NH・となります.
・このラジカルが,他方のアニリンラジカルのオルト位を攻撃して,C6H5-NH-C6H4-NH・となります.
・このような重合...続きを読む

Q高校化学 アニリンブラックの生成

高校の授業の中で、アニリンブラックを作りました。
試験管に、ニクロム酸カリウムを硫酸酸性にしてアニリンを加え、よく振るとアニリンブラックが生成します。

その際に、硫酸ではなく、亜硝酸ナトリウムを間違えて加えてしまったのですが、そうすると黄色のような橙色のような色のものができてしまいました。

これは何が起こったのでしょうか?
そもそも硫酸はなぜ入れるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

亜硝酸ナトリウムを加えてできた黄色~橙色のものは恐らく重合したアニリンです。

弱い酸化剤ではアニリンの重合度があまり上がらず黄色~褐色のものができます。ニクロム酸カリウムのような強い酸化剤を使うと重合度が高いものができ黒色になります。これがアニリンブラック。

ニクロム酸カリウムが酸化剤として働くには酸性条件下である必要があるので硫酸を加えます。ニクロム酸カリウムの酸化還元の反応式を書いてみるとH^+の必要性が分かると思います。

Qアンモニア(NH3)って、還元剤?

アンモニアって、還元剤としての機能はありますか?
化学素人ですので、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常は還元剤としては使われませんが、生体内でのカルボニル基をアミンに変換するとき。
および排ガスガス浄化装置でSOx,NOxの還元剤として大規模に使われることがあります・

Qフェノールの酸化

フェノールは酸化されやすいと聞いたのですが、酸化されるとどのような構造になるのですか。そのときの構造が図示されているサイトなどを教えてください。またなぜフェノールは酸化されやすいかについても教えてください。

Aベストアンサー

単純には酸化されません。結構強う遺産化剤が必要です。
塩基性だと反応性が上がります。
ラジカル反応でフェノールの水素が抜かれフェノキシラジカルになるまでは良いのですが、その先がごちゃごちゃで単一生成物になりません。
フェノキシラジカルが安定なのはラジカルがo-とp-に分配されるためです。
単純に考えるとビス(2,5-シクロヘキサジエノン-4-イル)になっても良さそうですが、こいつはまた酸化されて、ジケトンになるはず。

Qカップリング反応で、ナトリウムフェノキシドと塩化ベンゼンジアゾニウムを

カップリング反応で、ナトリウムフェノキシドと塩化ベンゼンジアゾニウムを塩基性条件(水酸化ナトリウム)で反応させるとp-ヒドロキシアゾベンゼンのナトリウム塩ができるように思われる(参考書ではp-ヒドロキシアゾベンゼンができる)、つまり、塩基性条件化で、p-ヒドロキシアゾベンゼンの水酸基はアルカリで、中和されるのかどうか知りたいのですが教えていただけますか?

Aベストアンサー

後半の部分が意味不明というか、意味をなしていないと思いますけど。

そもそもの話として、塩化ベンゼンジアゾニウムの水溶液は酸性です。それとナトリウムフェノキシドを混ぜた時にアルカリ性になるか酸性になるかということは、それぞれの量や濃度によります。したがって、アルカリ性になっているとは限りません。

まあ、いずれにせよ、アルカリ性ではアゾ染料はフェノキシド型になっているでしょうし、それを酸性にすればフェノール型になっているでしょう。
また、それとは別の問題として、有機化学の分野では、反応後に適当な後処理を行った後の生成物を書くことがあります。なので、反応後、アルカリ性であったとしても、目的物を精製する過程で酸性にすることがあるでしょうから、反応直後の状態であるかもしれないフェノキシドではなく、精製後の構造であるフェノールを書くことはあります。


人気Q&Aランキング