以前から頭痛を訴えていた3歳になる子供に「頭蓋咽頭腫」が見付かりました。
開頭手術をして腫瘍の8割方は取り出し腫瘍自体も良性だったんですが、腫瘍
増大により右目の視神経が圧迫され伸びてしまい、光の判断ができる位で視力は
ほとんど無い状態です。お医者様は特に治療法がないので定期的に通院して様子
を見ようということになりました。また脳下垂体の機能が障害されることによる
下垂体ホルモンの欠乏症状で、副腎皮質刺激ホルモン/甲状腺刺激ホルモン/
抗利尿ホルモンを服用しておりますが、成長ホルモンについてはまだ治療して
いません。残っている腫瘍は8歳位になってから放射線治療等をする予定です。
視力の回復と、今後のホルモン治療について不安でたまりません。
経験されている方や、良い情報をお持ちの方は是非情報をいただきたく思います。
どんな些細な情報でも構いませんのでよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご心配な事と存じます。


頭蓋咽頭腫(cranio-pharyngiomaクラニオフアリンジオーマといいます)は、良性脳腫瘍なのですが発生する場所が
生命のかなめにできるので
手術には大変デリケートな技術と判断が必要なものです。

脳下垂体の「上部」に発生する良性脳腫瘍で、
小児脳腫瘍の9%を占めます。5~9歳に好発します。

1)脳下垂体を圧排することにより、成長ホルモンの分泌障害から身体の発育不全をおこし、皮膚は色白できめ細かく、体毛は少なくなります。

2)また腫瘍が視神経の交叉部を圧迫すれば、両眼ともに外側の視野が狭窄しますが、下垂体腺腫の時ほど明確な半盲にはならず、やや不規則な視野障害になるのが大きな特徴です。

3)さらに腫瘍が大きくなると脳脊髄液の通過障害がおこり水頭症となることがありますが最近ではまれですね(水頭症発作)。

頭蓋骨単純X線撮影では、

トルコ鞍は「皿状に扁平化」し、その上部に不規則な「石灰化陰影」を認めます。

CTでは結節状の石灰化がより明らかに認められ、
腫瘍部分が造影剤により強く増強されます。
一部嚢胞を形成することも珍しくありません。
M
RIにより、いっそう腫瘍の進展程度が明確に描出されます。


良性腫瘍であるため、手術で全摘できれば治癒可能です

が、ほとんど多くの場合で
「視床下部(ホルモンの中枢)という重要な場所」との
癒着が強く、全摘手術が困難な場合が多くあります。

無理に全摘手術を試みれば、
術後に尿崩症と呼ばれる多尿、多飲がおこるのみならず(ほとんどのかたにおこります)
意識が障害されることもあるので大変な注意が必要なものです。

全摘手術ができなかった場合には、術後に放射線療法を行います。

「下垂体ホルモンの欠乏症状で、副腎皮質刺激ホルモン/甲状腺刺激ホルモン/
抗利尿ホルモンを服用しておりますが、成長ホルモンについてはまだ治療して
いません。残っている腫瘍は8歳位になってから放射線治療等をする予定です。 」と

ありますが、今のお話しからは、
生長ホルモンの補充は不必要ですね。
また、少し
生長されてから(8歳くらいになったらば)放射線療法を行うのであれば行うというのは正しい判断ですね。

1)右目の視力・視野障害は次第にゆっくりと改善されてくると思います。

2)また、ホルモンの投与量はまず「抗利尿ホルモン」から順番に不要になっていくと思われます。

自覚症状も判断し得ないお子様に、「頭蓋咽頭腫」の全摘出をしようと考えるのも無謀な話しです。

よい治療ができていると思われます。
ご不案でしょうがご安心くださいませ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yamamotohiroakiさん、早速のご回答ありがとうございました。
回答文を読んで安心する事ができました。今の治療方法に専念していきたいと
思います。視力については、左目は良く見えており今のところ生活レベルでは
支障がないので、ゆっくり見守っていきます。

お礼日時:2001/07/13 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳下垂体腫瘍とホルモンの関係について

今年の6月に、ハーディ法で脳下垂体腫瘍を摘出しました。
腫瘍はホルモン非産生でしたが、2センチ大で視床下部を圧迫しており、それによりプロラクチン値が高く(70NG/ML)生理不順でした。

術後約5ヶ月を過ぎ、プロラクチン値は20NG/ML前後に下がって来て一安心なのですが、コルチゾール(3MCG/DL前後)が戻らず、いまだにコートリル(20mg/day)を服用しています。主治医(脳外科医)の話ですと、大体術後2ヶ月以内くらいで、正常値に戻るとのことで、私は「戻りが遅い」と言われました。ちなみに、術前は、15MCG/DL前後あり、正常範囲内でした。

そこで、お伺いしたいのですが、
1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?(「個人差」という以外の理由で、考えられること)

2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?(「医療ミス」という意味合いではなく)

3、コートリル服用により、腫瘍が繊維化するのでしょうか?(するとしたら、どれくらいの期間で?!)

4、コルチゾール値を、自力で上げるには、どんな方法があるでしょうか?

以上の点について、教えて頂きたいのです。

主治医に尋ねても、「どうなんでしょうねえ」という答えしか返って来ないので、
困っています。自分としては、早く薬を無くしたい(コートリル以外は処方されていません)のと、「何故、術前正常だったものが、未だ低いままなのか」知りたいのです。どうか、よきアドヴァイスをお願いいたします。

今年の6月に、ハーディ法で脳下垂体腫瘍を摘出しました。
腫瘍はホルモン非産生でしたが、2センチ大で視床下部を圧迫しており、それによりプロラクチン値が高く(70NG/ML)生理不順でした。

術後約5ヶ月を過ぎ、プロラクチン値は20NG/ML前後に下がって来て一安心なのですが、コルチゾール(3MCG/DL前後)が戻らず、いまだにコートリル(20mg/day)を服用しています。主治医(脳外科医)の話ですと、大体術後2ヶ月以内くらいで、正常値に戻るとのことで、私は「戻りが遅い」と言われました。ちなみに、術前...続きを読む

Aベストアンサー

脳神経外科の専門の方がアドヴァイスをされるのがよろしいかと思いますが、回答がないようですので考えられる範囲でお答えをいたします。

1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?
2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?
1,2の質問は関連しているのでまとめて回答をします。
視床下部又は下垂体が障害されている為に血清コルチゾール値が低下していると考えられます。その原因としては
(1)腫瘍そのものによる視床下部又は下垂体への障害があり、手術時点では元に戻らないような状態になっていた可能性です。それがコルチゾールが正常であった時点から手術までの時点のどこかで出現した場合です。
(2)手術そのものによる正常下垂体への影響。これは下垂体腫瘍の性質によると思います。くりっと取れるような腫瘍ならばあまり影響はないと考えられますが、正常下垂体と腫瘍の境界がせはっきりしないような腫瘍ですと、少しずつつまんで腫瘍を摘出しますので、取り残せば再発、取りすぎれば下垂体機能低下になる可能性があります。

3、コートリル服用により、腫瘍が繊維化するのでしょうか?
ないと思います。プロラクチン産生腫瘍においてはパーロデルの術前投与で腫瘍の線維化が言われています。

4、コルチゾール値を、自力で上げるには、どんな方法があるでしょうか?
申し訳ありませんが、残念ながら私は知りません。

要点だけを書きましたので、わかりにくくてまだまだ疑問点も多いと思います。内分泌内科を受診されるとの事ですのでたぶん詳しい説明をしてくれると思います。その場合でも現在の主治医の先生とよくコンタクトをとって、内分泌の先生を受診される事が大切だと思います。
お大事になさってください。

脳神経外科の専門の方がアドヴァイスをされるのがよろしいかと思いますが、回答がないようですので考えられる範囲でお答えをいたします。

1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?
2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?
1,2の質問は関連しているのでまとめて回答をします。
視床下部又は下垂体が障害されている為に血清コルチゾール値が低下していると考えられます。その原因としては
(1)腫瘍そのものによる視床下...続きを読む

Qアトピーや皮膚炎の人は、副腎皮質ホルモンの出がよくない体質の人?

アトピーや皮膚炎の人は、ようは副腎(皮質ホルモン)の出がよくない体質の人と考えていいでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。
つまり皮膚さえしっかりしていれば、体内の副腎皮質ホルモンが低くても何ら問題ないということが予想され、「皮膚」にこそ問題があると考えるのが「皮膚のバリアー機能異常説」であり、現在の主流です。

皮膚のバリアー(角質)に問題があるため、容易に異物が皮膚の中に進入し、炎症を惹起するという考え方です。

Q下垂体腫瘍の手術の後・・・

頭髪の抜けがひどくなり、体毛が多く(濃く?!)なりました。
このことを主治医に相談したところ「関係ない」と言われました。
が、「手術後からの変化」は紛れもない事実ですし、同じ病の方からも、このような症状をよく聞きます。

(主治医には申し訳ないのですが)手術、病と、関係ないとは思えないのです。この手術(病)に起因して(勿論、医療ミスというような責める意味あいではありません)考えられる「理由」は本当にないのでしょうか?

また、自分で出来る改善策はないものでしょうか?(例えば、女性ホルモンのサプリメントを飲むとか)

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再度書き込みさせていただく無礼をお許しください。
プロラクチンが20は正常だとおもいます。
またコートリル20mg/dayの投与は一日に必要なコルチゾールの量がだいたい20mgとされているので補充療法を始めるときに一般的に投与される量であると思います。
治療としては正しいわけですから主治医の先生はご自分の治療にかなり自信を持っておられるのかもしれませんがもう少しturubaraさんの自覚症状にも重きを置いてくださってもいいかな?と感じます。
必要なコルチゾールの量を決定するには血中のコルチゾールの日内変動をきちんと調べてやった方が確実だと思いますがそのたびに入院となると患者さんも大変ですしある程度おおざっぱになっている場合もあるようです。その場合少なければ急性の副腎クリーゼのようにすぐ命に関わってしまうため多少は多めでも・・・といった管理になっているかもしれません。
補充療法のやり方で規則的に生理を起こすこともできるはずですしきめ細かな治療を望むのであれば一度内分泌の専門家に相談してみるのも良いと思います。ただ術後のフォローが脳外科で必要でしょうから主治医の先生に院内の内分泌に強い先生をご紹介していただくかたちにした方がお互いに情報も共有できて結果的にturubaraさんにも良いと思います。
ご自愛ください。

再度書き込みさせていただく無礼をお許しください。
プロラクチンが20は正常だとおもいます。
またコートリル20mg/dayの投与は一日に必要なコルチゾールの量がだいたい20mgとされているので補充療法を始めるときに一般的に投与される量であると思います。
治療としては正しいわけですから主治医の先生はご自分の治療にかなり自信を持っておられるのかもしれませんがもう少しturubaraさんの自覚症状にも重きを置いてくださってもいいかな?と感じます。
必要なコルチゾールの量を決定するには血中のコル...続きを読む

Q下垂体腫瘍の取り残し

脳下垂体腫瘍の摘出手術を、受ける事になりました。
腫瘍が、頚動脈に掛かっているらしく、取り残しは、止む終えないそうです。
「腫瘍がスパットと取れれば、症状もスパット無くなる」と、期待していただけにショックで・・
取り残し分は、後日、放射線治療(ガンマナイフ)になるそうです。

最初の摘出手術で、現在の症状、(体重の増加、浮腫み、体毛が濃くなった、顔が異常に赤い、筋力が低下している、怒りっぽい、これは関係ないか・・など等)
は、どの程度軽減するのでしょうか。
それとも、軽減するどころか、術後受けるであろう投薬で、今以上に浮腫んだりして・・
ガンマナイフで、すべて焼き切れる物なのでしょうか・・
点で、狙うのだろうから、やっぱり全部はムリって感じが・・・

そしてやっぱり、そうなると次の妊娠は有り得ないのでしょうか。
最初、内分泌科の先生は「それなら、なるべくホルモン剤は使わない方向で」
と、おっしゃってくださったのですが、実際に入院手術をする脳外科の先生には、「妊娠希望」の旨、言えませんでした。

ちゃんと、主治医に質問すればいいんですよね・。
ただ、次に病院に行くのが入院の時(日にちは未定)なので、それまで不安で。

脳下垂体腫瘍の摘出手術を、受ける事になりました。
腫瘍が、頚動脈に掛かっているらしく、取り残しは、止む終えないそうです。
「腫瘍がスパットと取れれば、症状もスパット無くなる」と、期待していただけにショックで・・
取り残し分は、後日、放射線治療(ガンマナイフ)になるそうです。

最初の摘出手術で、現在の症状、(体重の増加、浮腫み、体毛が濃くなった、顔が異常に赤い、筋力が低下している、怒りっぽい、これは関係ないか・・など等)
は、どの程度軽減するのでしょうか。
それとも、軽減...続きを読む

Aベストアンサー

どんな治療法はそれぞれメリットとデメリットがあるので、うまく組み合わせて行うのがよいでしょう。
そのため下垂体腫瘍の手術を繰り返す場合などでは取りずらい箇所はあえて残しておいて、残りを放射線治療で制御する試みがなされることもありよい成績をあげているようです。

>点で、狙うのだろうから、やっぱり全部はムリって感じが・・・

腫瘍細胞に与える放射線のエネルギー分布は、その治療の性質上、空間的な分布を持つことになります。この分布の精度を高くできるのが、いわゆるガンマナイフ治療の特長でしょう。また、下垂体腫瘍の治療では、当然、内分泌の調整をどうするかが課題になるはずですので、次回の受診日に希望されることをお伝えされて主治医とよく相談されるのがよいのではないでしょうか。

参考URL:http://plaza.umin.ac.jp/amor/skullbase.htm

Q脳動脈瘤の無開頭治療について

私の親戚で、脳内に2mm程度の動脈瘤がある50歳、女性がいます。
彼女は担当医に開頭手術を勧められていますが、開頭しても見付からないこともあり、その場合は再手術と言われて、本人がかなりびびっており、親戚一同も非常に心配しています。

マイクロカテーテルを使った開頭しない治療法があると聞き、その方法が使えないものかどうか、専門の病院に聞きに行きたいと考えています。

開頭しない脳動脈瘤の治療を行っている病院をご存知の方、是非教えて下さい。
怪しい情報でもかまいません。こちらで再確認いたしますので、是非教えて下さい。

よろしく御願いします。

Aベストアンサー

PAMdさん、こんにちは。動脈瘤が見つかったとのことですが、ご心配のことでしょう。
さて、わたしはくも膜下出血の経験者ではありませんが、この担当医の説明はやや不安があります。徹底的に質問をして疑問のない状況にして欲しいです。例えば私は以下の点について、もっと知りたいです。
◇わたしの知識では、2ミリでは手術することは少ないと思います。開頭手術ということはクリッピング法ですよね。2ミリの場合はクリップで挟むことが出来るのでしょうか?質問をしてみましょう。
◇それと今回動脈瘤があることは何の検査で判ったのでしょうか?おそらく脳ドックでのMRI検査で判ったのではないかと思いますが、脳血管撮影はもうしましたか?脳血管撮影をすれば、動脈瘤の場所も正確にわかるはずです。まず、場所を特定してもらいましょう。開頭手術を行い、見つからなかったら再手術というのは、少し心細いではありませんか。
◇また再手術を行う場合はいつ行うのですか?動脈瘤がもっと大きくなるまで待つのですか?
開頭手術は患者にとって、リスクが大きいわけですので何回も開頭したくないですよね。
◇このまま様子をみて、半年から1年後とに経過検査をするのではだめですか?このままの状態の場合、発症する危険性はどのくらいありますか?
等々・・・・

それと本題のマイクロカテーテルですが、これはご存知と思いますが、カテーテルを足の付け根から入れて、脳動脈瘤のところまで入れて、カテーテルの先からコイルをその動脈瘤に詰めて、コイルに血液を付着させて固めてしまう方法です。開頭しないで済みますので患者への負担は少ないですが、一方、手前の血管が詰まってしまう可能性もない訳ではないです。この危険性について良く質問した方が良いです。

私は 千葉県印旛郡の日本医大北総病院で行っていると聞いたことがありますが、実際にかかったわけではないので、確信がありません。住所が離れているのならば意味ないか。

どちらにせよ重要な話ですから、良く調査してから判断して下さい。では。。。

PAMdさん、こんにちは。動脈瘤が見つかったとのことですが、ご心配のことでしょう。
さて、わたしはくも膜下出血の経験者ではありませんが、この担当医の説明はやや不安があります。徹底的に質問をして疑問のない状況にして欲しいです。例えば私は以下の点について、もっと知りたいです。
◇わたしの知識では、2ミリでは手術することは少ないと思います。開頭手術ということはクリッピング法ですよね。2ミリの場合はクリップで挟むことが出来るのでしょうか?質問をしてみましょう。
◇それと今回動脈瘤があるこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報