こんにちは!
主人の事です、主人は七年前に脳梗塞で倒れ右半身麻痺身体障害者になりました
(一級一種)リハビリに励んでいました、所が今年二月に風邪をひいてから
身体がだるそうにしていたので主治医に相談したら風邪とのこと三月になっても
だるそうなので再度主治医に相談すると血液検査の結果血色素量が6、6で半分しかないので輸血をする事になり入院胃の検査したら胃潰瘍かなり広範囲なのでとの説明それから再度胃カメラで細胞を取ったら胃癌との事4月に手術6月に退院
食欲がなく痛みが出て我慢できなくて再度入院いまは退院しましたが、痛みは
なくなりましたが、食欲もあまりありませんがこれからどうなるのか不安です。
胃癌の手術は胃の全滴出とリンパもとりました、芸能人の逸見さんと同じ
進行性癌です、本人に告知はしました、脳梗塞で飲んでいた薬は今は出ていません
薬はストミラーゼカプセル、セレキノン、フルツロンカプセル200、ツムラ
大建中湯エキス顆粒、流動パラフィンを飲んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たしか以前にも同じ質問をされていましたね。

ご主人様は大変なことで奥様も大変だと察しておりますが、質問の内容で、何をおたずねになりたいのかがいまいちわかりづらいと思われます。これからどうなるのか不安です。のところが質問なのでしょうか。それとも、これらの薬はこの病気に最適なのかの質問でしょうか?質問をご明確になさった方が良いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二次性脳梗塞について

 「社会」の「健康」の分野で質問していましたが、答えが全く
なかった為、「美容&健康」の分野で質問させてもらいます。
 題名通り、二次性脳梗塞について、調べている事があります。
 (1)二次性脳梗塞とは、そもそも何ですか?脳梗塞が
再発する事を示しているのですか?
 (2)二次性脳梗塞の原因は何ですか?もし、二次性脳梗塞の意味が
上に書いた事で合っていたら、(一時性)脳梗塞の後に何か気を
付けた方が良い事はありますか?
 (3)二次性脳梗塞は脳のどこの部分に起こり易いですか?
 質問数が多くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 理解しました。脳動脈瘤破裂などによるくも膜下出血後の脳血管攣縮(スパスム)による脳梗塞のことですね。インターネットで調べるのならば、「脳血管攣縮」「スパスム」「くも膜下出血」などのキーワードで調べられると良いと思います。

 脳動脈瘤破裂後4日目~2週間目の間は、くも膜下腔に流れ出た血液の中に含まれる血管収縮物質の影響により血管が細くなってしまう脳血管攣縮が起こります。血管が細くなってしまえば当然その先への血流が不足しますので最悪の場合「二次的に」脳梗塞を起こしてしまうことがあります。

 脳血管攣縮を防ぐためには、くも膜下出血発症後のこの時期に、脱水にならないように十分に補液をしたり血圧を少し高めに維持したり、あるいは心拍出量を増やすためにカテコラミンの注射を使用したりします。また、くも膜下腔に流れ出た血液が攣縮の原因になるので、動脈瘤の再破裂を防ぐためのクリッピング術後に、脳底部のくも膜下腔(脳槽)にドレナージチューブを留置して術後に血液が洗い流されるようにしたりもします。

 一般的にはくも膜下出血の出血量が多い部位に脳血管攣縮は起こりやすいので、中大脳動脈や前大脳動脈、場合によっては後大脳動脈の比較的近位部に生じて問題になることが多いです。もしも血管攣縮が起こって患者さんの状態が悪くなってしまったときには緊急で脳血管撮影(カテーテル検査)を行い、カテーテルから脳血管拡張薬を流したり、あるいはバルーンで細くなった血管を広げたりします。

 脳動脈瘤破裂による原因以外としては、ご指摘のように脳動静脈奇形破裂(によるくも膜下出血)や外傷性くも膜下出血、または手術のときに血管をこするなどの操作を加えたときに脳血管攣縮が起こる可能性があります。

 理解しました。脳動脈瘤破裂などによるくも膜下出血後の脳血管攣縮(スパスム)による脳梗塞のことですね。インターネットで調べるのならば、「脳血管攣縮」「スパスム」「くも膜下出血」などのキーワードで調べられると良いと思います。

 脳動脈瘤破裂後4日目~2週間目の間は、くも膜下腔に流れ出た血液の中に含まれる血管収縮物質の影響により血管が細くなってしまう脳血管攣縮が起こります。血管が細くなってしまえば当然その先への血流が不足しますので最悪の場合「二次的に」脳梗塞を起こしてしまうこ...続きを読む

Q脳梗塞 退院後の介護

義父が4月に小脳の脳梗塞をおこしました。
開頭手術をして一時はどうなるかと思いましたが、今では落ち着いています。
口から食べ物を食べることが出来ず、胃に穴を開ける手術をうけ、そこから栄養を採っています。
こちらの言うことを理解できますが、上手く話すことが出来ません。
聞きなれると義父が言っていることが少しわかります。
手足の麻痺はないようですが、平衡感覚がないのか立つとふらつきます。
車椅子からベットに移ることは自力でできるようです。

今リハビリの病棟にいるそうで、11月頃までは入院していられるそうです。
退院したら、義母しか看るひとがいません。
このような状態で、義母が家で介護するのは可能なのでしょうか?
義妹が義両親の家の近所にすんでいます。
私達はいま遠方の県外に住んでいます。
私達が引っ越して義両親と同居しなければならないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。はじめまして。
小脳性の運動失調が、身体や舌などに起こっているように推察致します。(喋り出しや話すスピードが鈍かったり、飲込反射遅延により唾液でムセたりしますかね?)

それはさておき、ご自身で移乗動作可能なようですので、(想像ですが)今現在の状況ですと、御義母様だけでも介護負担はさほど大きくないと思います。
転倒リスクに対する環境整備&義父様らしい生活の構築ができるよう、また、社会資源を上手に使って御義母様の休息時間を作って差し上げる。そんなプランニングが出来るならば、あわてて一緒に暮らさなくても多分大丈夫です。

ただ、脅かすようで恐縮なのですが、予後的には、
少しづつ小さな梗塞巣が増えて、バランスが取れなくなって転倒が増えたり、喋ったり飲込んだりが上手く出来なくなったり、思ったように動けなくなったりする方が割合多くおられます。ですから計画だけは、いざと言う時慌てないよう、数年先のものを立てておかれたほうが良いと思います。

馬鹿の一つ覚えで「ベッド&車椅子の生活」を勧めるアドバイザーが時々いますが、場合によっては、「四つ這い移動+敷布団の生活」のほうが安全で自立した生活が送れる事もあります。機能評価・居宅生活イメージ構築・予後予想をきちんとおこなえる有能なセラピストの意見を参考になさってみてください。

皆様が健やかに、誰かが負担を抱え込む事無く、御義父様がよい居宅生活を過ごされますようお祈り致します。

こんばんわ。はじめまして。
小脳性の運動失調が、身体や舌などに起こっているように推察致します。(喋り出しや話すスピードが鈍かったり、飲込反射遅延により唾液でムセたりしますかね?)

それはさておき、ご自身で移乗動作可能なようですので、(想像ですが)今現在の状況ですと、御義母様だけでも介護負担はさほど大きくないと思います。
転倒リスクに対する環境整備&義父様らしい生活の構築ができるよう、また、社会資源を上手に使って御義母様の休息時間を作って差し上げる。そんなプランニングが出...続きを読む

Q脳梗塞

親戚のものが 以前脳梗塞になり、体調はよいのですが 一度脳梗塞になったら気をつけたほうがいいとの事でした。

脳梗塞にまたなって死に至ってしまう事はありますか?
それとも 脳梗塞だとほかの病気になってしまうのでしょうか?
お一人の方なので心配です。
どうかお詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

父が脳梗塞でした。

脳梗塞は固まった血液が脳の血管に詰まって起こる病気です。
これが心臓の血管でおなじことがおきれば狭心症、心筋梗塞がおきます。

血液がいわゆるドロドロというやつで固まりがあると思われます。
脳梗塞にまたなってしまう可能性もありますし、心筋梗塞などの心配もあるかと思います。

お一人ならマメに連絡をとるようにしたほうが良いかもしれません。
お薬は欠かさず、食生活に気を付けてくださいね。
あと、寒い時期は循環器系の病気がおきやすいので、お風呂やトイレなど温度差の激しいところは発作がおきやすいので気をつけたほうが良いです。可能なら浴室暖房やトイレにも暖房をつけるなどを考えられたほうが良いかもしれません。

Q胃カメラと胃レントゲンの検査精度について

親戚の人が、胃癌で手術を受けたそうです。
その話の中で、手術前の検査は胃カメラ検査を先に行い、レントゲン検査で詳しく調べたと言っていました。

カメラ検査より、レントゲン検査の方が詳しく分るのでしょうか?

因みに、私は以前集団検診(レントゲン検査)の結果、カメラ検査をしました。
それ以来、カメラ検査の方が正確と思い、(ほぼ毎年)胃カメラ検査を受けて来ました。そして、ほぼ毎回怪しげなところの組織監査もしてくれています。

Aベストアンサー

どちらが詳しいというのではなく、長所、短所があります。胃透視では全体における病変の位置、範囲が明瞭に判断できますし(そのため、術前に胃透視をします)、スキルスのような隆起や陥凹せずに広がり胃壁が硬くなるのは胃透視が一目でわかります。
ただ、スクリーニングには胃カメラのほうが感度はいいかと思います。

Q脳梗塞について

脳梗塞について教えてください。
(1)脳梗塞で死ぬ事はあるのか?
(2)脳梗塞と脳卒中の違いは?
(3)脳梗塞になって、酷い場合どれぐらいで死んでしまうのか?
(4)死んでしまうとすれば、どんな治療がほどこされるか?
(5)その場合家族や、周りの人は最後にどんなことをすればいいのか?

Aベストアンサー

私の父は病院入院中に脳梗塞になりました、そのまま寝たきりになり数ヶ月は生存していました。
その時したことは、
1.毎日病院に洗濯物を取りに行き、洗った物を持って行く。
2.看護婦さんによろしくお願いしますと云って帰ってくる。
3.必要な物(おむつ等)を定期的に持って行く。
4.週に1回担当医に会って病状を聞く。
5.兄弟姉妹に病状を報告する。
等でした、それ以外は特にありません。

Q胃癌再発後の入院治療について

知り合いの父親が5年ほど前に胃癌の手術をし、最近その手術接合部・脊髄に腫瘍が見つかったようで、現在入院中の病院は前回手術した病院のようで1週間後あたりから点滴治療を開始するようです。

先生からは余命1年と言われたようなのですが、看護師いわく1年もつか分からないと言われたそうです。家族の意向としては、延命を望んでいてできるだけ元気でいてほしいと癌ケア専門の病院を望んでいるようです。
どなたか関西で、がん治療専門・疼痛コントロール専門の有名な病院・施設を教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

脊椎等に転移したり再発している場合、まず手術は考えません。と、いうより全身にあると考えていたほうがよいでしょう。県立明石癌センターや神戸市立中央市民病院、神戸大学付属病院はありますが、そういう病院はむしろ治療効果の期待があまり出来ない時は入院すら出来ない事もありますから、まずは現在入院中の病院にセカンドオピニオンとしてそれらの病院に受診したいと申し出る事です。患者さんは今の病院にいたまま家族の方だけ行けますから、現在の治療でよいかとか、気になっている事を聞いて来られたらいかがですか?で、転医や他の治療があれば行かれたらよいと思います。

ただ、お気の毒とは思いますがご家族はある程度覚悟は必要だと思います。そして最悪の時は残された命をどう生きたいか考えておいたほうが後悔は少ないですよ。

御健闘をおいのりします

Q脳梗塞は手術しないで治療するものなのでしょうか

母はかなりの高血圧・父は糖尿病です。 2人とも将来脳梗塞になるだろう と予測しています。
マヒになることも怖れているのですが、脳梗塞による手術はどんなものか、頭をあけるのか!?と手術自体を父が怖がってるため投稿いたします。
 こちらの脳梗塞のコーナーで手術はしない という回答をみつけました。本当でしょうか?
それとも脳梗塞の程度によって手術はやはりされるのでしょうか?

Aベストアンサー

父が昨年「脳梗塞」で入院しました。
手術はしていません。
長嶋茂雄さんも「脳梗塞」でただいまリハビリ中ですよね。父も長嶋さんと同じで「脳の血管そのものが詰まった(梗塞)」のではなく、心臓での「血栓」が血流とともに脳にいき詰まったのもでした。
父は高血圧でもありませんでした。

手術のことを心配されるより、いま罹っている病気を改善することが先決なのでは・・。
血液をサラサラにするのがよいようですよ。
どうしても心配が消えないならここで聞くよりは専門医に相談されるとか、脳ドックを受けるとかされるほうがよいと思います。

Q胃癌終末期デュロテップパッチ10mg使用。人格がなくなっていく姑

薬の副作用によって、まだらボケのようになっていく姑と、どう接してよいかわからない。

Aベストアンサー

わたしもすい臓癌の末期の母の付き添いをしました。
うつろな意識の中で意味不明な事を言ったり、常に夢を見ているのか?判らない状態でした。
モルヒネを使っていたので、会話もままならず・・・。
でも、普通に返事をするようにしてました。
話しかけてもみたり・・。
時々は意識が戻ってる時もあったので、少しの意思の疎通を図るようにしていました。
きっと、看ておられたら不安な気持ちでいっぱいだと思います。
でも、話しかけてあげてください。
大変だと思いますが、息抜きをしながらでも頑張ってください。

Q脳梗塞が100箇所以上というのはありえますか

母が脳神経外科で検査をしたところ
3mmの脳動脈瘤2つと脳梗塞がいくつか発見され半年ずつ定期検査をする事になりました
そして先日2回目の検査の結果を聞きに行ったら脳動脈瘤には変化が無いが
脳梗塞が小さいのも含めると100箇所以上あると言われたそうです
そんな沢山の脳梗塞ができるというのはありえるんでしょうか?

Aベストアンサー

それは多発生脳梗塞と言って危ない個所に梗塞が出来ているものではないと思います、私の知り合いもその様に言われて20年以上経過しましたが今でも脳梗塞は起こした事が無いそうです、年をとると血管の詰まりが出るのは普通だと言われたみたいです、普通脳梗塞とは脳動脈の血管が完全に詰まり血液がそのあとに流れず栄養が行かずに壊死を起こし脳の神経に異常が起きて手遅れになると死亡したり、障害が残るのが脳梗塞だと思います、医師の説明が正しいとは思えません、ですが私は医師ではありませんから、他の病院の脳外科専門医に聞かれるとよいのかと思います。

動脈瘤があればそれが破れない様薬を飲んで行くしか又は手術しかないのかもしれません。 

Q脳梗塞で倒れた母のこれからについて

今年の夏86才で脳梗塞で母が倒れました
左半身完全麻痺、寝返りもできません
口から食事も摂る事が出来ず病院から胃瘻(いろう)を勧められ手術をしました
救急の病院ということで60日で転院を迫られ
転院先が介護療養型病棟ということで介護認定5を受けました
それから労健、特養の可能な限りの施設申し込みをしました
身障者認定は脳梗塞の場合発症後六ヶ月が経たないと申請は出来ないと言われました
父は病気で余命宣告を受けており自宅介護は出来ない状態です
180日間の病院にいられるまで後一月。
何かこれ以上出来ることは無いでしょうか
また、180日を過ぎても受け入れ先が見つからない場合
対処方法等考えられるものを教えていただけたら助かります
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

ケアマネージャーに相談、病院の相談員に相談です!あとは市町村で介護相談窓口を設けていればそこにも相談、自分たち家族が考えている事や現状を伝え情報をし入れましょう。あとは電話帳を開いて、自分たちで療養型の病院に電話してそこの相談員に入院相談です。空いている場合もあります。
あと今の病院に再入院できるのであれば(自宅に1ヶ月くらい預かって)再入院の手続きをとっておくのはいかがでしょうか?

介護が必要なだんな様と二人暮しでないのであれば、最終的に自宅でも1~3ヶ月くらい面倒を見ることも覚悟が必要かもしおれません。徘徊がある痴呆老人でなく寝たきりであれば、2~3時間ごとにヘルパーを入れて食事を朝と夕だけにすればなんとか自宅にいさせることが出来ます^^;老人介護に関わるといろんな意味で度胸がつきます^^;いつかは人は死ぬものです・・・。
介護支援もなるようにしかなりません、最後は自分です。


人気Q&Aランキング