短絡的で申し訳ないのですが、遠くにいる母が病院で、肺が癒着しているらしいと
連絡を受けました。これだけでお分かりになるかた、いらっしゃいましたら教えて下さい。
父親の話だと、何年生きられるか・・・とのことなんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「肺の癒着」とは、正確には肺の外側にある臓側胸膜と、胸壁(肺が入っている部分)の内側にある壁側胸膜が癒着していることをいいます。


この癒着は、主として胸膜炎の結果によるものですが、胸膜炎の原因には多種あります。(sonorinさんが述べられている通り)
高齢の方ですと、若いころに罹患した結核性胸膜炎の結果、癒着することが最も多いと思います。程度も様々で、癒着の結果としてかなり肺活量の低下をきたし、呼吸困難を訴える人もいれば、癒着していること自体に気が付いていない人もいます。検診の胸部写真をみていると、若い方にはほとんどありませんが、年齢がすすむにつれて、頻度が増大します。平均的に通常の住民検診などでは、数%程度に癒着が見られると思います。

これは一般的には、治癒所見ですから、癌性胸膜炎のような悪性疾患の自然経過として癒着をきたすことはあまりありません。(稀におきることもありますが。)
癌性胸膜炎では、放っておけば胸水がどんどん増量し、肺や心臓を圧迫し命にかかわることになります。したがって、胸水が貯まらないように薬剤で胸膜を人為的に癒着させたりします。

それに、肺癌に伴う癌性胸膜炎の場合、予後が何年ということはないでしょう。(一般的には、もっと厳しいです。)
癒着に伴う肺活量の低下(拘束性障害といいます)が強く、慢性呼吸不全をきたしているような病態で、なおかつ心臓に対する影響が強く出ている場合(右心不全を何度も起こすとか、肺性心をきたしているとか)というような状態なら、「あと何年」という表現が妥当かもしれません。
    • good
    • 1

「肺が癒着している」だけの表現では、少し分かりづらいと思います。

その癒着の原因(本当の病名)についての連絡はなかったのですか?「癒着」はあくまで病変の進行過程の段階的な表現ですので。

癒着を起こす要因としては、肺炎等の炎症性疾患や、腫瘍性病変、その他外傷、手術等さまざま考えられます。また、その位置や程度によっても、その状態が重篤であるのかどうか左右されますので、もう少し情報があった方がいいと思います。
ですがお父様の話で「あと何年」という表現から、それが医者の口から出た言葉だとすると、悪性腫瘍の疑いもあるでしょうし(あまり考えたくないですけど)、eitaro40さんからもう一度お母様の容態について詳しく伺った方がいいと思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手術の癒着について

小腸の部分切除の手術をした場合は癒着率は他の大腸や胃などの手術より癒着する可能性が高いのでしょうか?

小腸の手術をした場合は90%の方で癒着すると聞いた事があります。

小腸だから癒着し易いのですかね?

Aベストアンサー

手術をすれば、癒着は起きると考えた方が良い。
癒着しない方が例外。
だから、小腸でも、大腸でも、他の臓器でも、
手術をすれば癒着は起きます。

でも、癒着が臨床上、どのような問題を生じるか、
ということになると、どの臓器も同じというわけではありません。
癒着で、一番、問題になるのが小腸なのです。
小腸では、癒着によって、腸の動きが悪くなったり、
場合によっては、詰まったりすることがあるので、
問題が大きくなる可能性が高いのです。

Q肺の変形(癒着)

3年前、肺の気胸で4回入退院を繰り返し、最後に内視鏡手術で、肺を胸壁に癒着させました。今回、初めて横隔膜の変形を指摘され、気になっています。現在肩こりに似たような、深呼吸をするとズキズキするような感じです。やはり、呼吸器内科の診察が必要でしょうか?

Aベストアンサー

心配なら診てもらったほうがいいですよ。
肩こりとか、深く息を吸ったときにずきずきするとか、気胸の症状によく似ていますし。
横隔膜の変形は、胸膜癒着後に当たり前のように見られるものですが、ほかの病気が潜んでいないとも限りません。

Q手術 癒着について

小腸や大腸の手術をした場合に癒着が起こることがあると聞きますが術後1日や2日では癒着は起きなく長い月日をえてから癒着すると聞いた事があります。

癒着=手術直後には起こらずに月日をえて癒着する時はすると言う認識で良いでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ。
癒着とは、手術などによる傷が治る過程で起きます。
たとえば、指を切った時、傷口がくっついて治ります。
そのくっつくことが「癒着」なのですよ。
都合の良いくっつきを「治癒」と言い、
都合の悪いくっつきを「癒着」と言っているようなものです。
つまり、癒着は、手術直後から始まります。

腸は動くので、軽い癒着が起きて、腸が動いて、それがはがれて
新たな傷となり、新しい癒着ができて……
というように、どんどん癒着がひどくなっていく人がいます。
「長い月日」というのは、そのような人を指すのだと思います。

癒着がひどくなると、腸の動きも悪くなるので、
癒着防止は、重要なポイントです。
なので、変な癒着が起きないように、早期の離床をさせたり、
手術の時に癒着防止のシート(最終的には、吸収されてなくなる)を
つかったり、色々と工夫がされていますが、
いまだに、決定打はないようです。

Q肺から空気が漏れる感じと肺の寒気

両方の肺から空気が漏れるような感じがします。
両肺に寒気も感じられます
同じような経験された方
又は病名わかりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
本当に肺から空気が漏れると「気胸」という状態になり、いわゆる肺のパンクで、激痛に襲われてこんな流暢に書き込みなんてしてられません。

おそらくその感じは、肺の中で痰などの分泌物が多く、空気が移動するときにそれらを泡立てたり押しのけたりする為の感覚でしょう。

肺の寒気・・・というのがイマイチどういう感じかわかりかねますが、肺や気管支で分泌物が増えるのは、気管支炎やアレルギー、喘息といった呼吸器系の病気です。
風邪で一時的にそういう状態になる事もあります。
いずれにせよ内科で見てもらってください。

緊急を要するとは思えないので月曜日でもいいと思いますが苦しくなるようなら休日診療を探してください。

Q癒着について・・

こんにちは。
手術後に起こる癒着についてなのですが・・
癒着とはどういったものなのでしょうか??
また、術後(子宮筋腫による子宮の摘出)の癒着によって再手術をしなければならない時、手術を行っていただいた医者の方には責任はあるのでしょうか・・??
「癒着」ついて何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

感染、ケガ、手術など何でも同じですが、ヒトの体の組織に炎症や損傷がおこると、そこには必ず、自分で治ろう、とする力が働きます。その結果起こるのが癒着です。
例えば、包丁で指を切ってしまったとします。小さな傷であれば縫合しなくとも自然にふさがって治ります。“ふさがる”のは離れてしまった皮膚と皮膚とが、まさに“癒着”するからです。
つまり、人間にとって“癒着”という現象は、生きて行くために絶対に必要な“創傷自然治癒力”と言えます。
ところが、この治癒力はすべての場所に起こります。起こって欲しくない場所、例えば開腹手術後の創や、腸と腸の間などにも起こるのです。
このため開腹手術後の癒着により腸閉塞などが起こったり、再手術が困難になったり、人体にとってはよくない事も起こりうるわけです。
もうお分かりだと思いますが、術後の癒着は執刀医の責任ではありません。どんな名医が執刀しても、必ず起こるのです。
最近では、癒着防止用シートなども販売され、臨床で使用されています。

Q肺野肺病変肺紋理増強 健康診断

知り合いが健康診断で『右中肺野肺病変肺紋理増強』『左中肺野肺病変肺紋理増強』という症状らしいんですがどのような病気なんでしょうか?
調べてもよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これだけでは病名はつきません。
レントゲン写真での所見であって、「右も左も、肺の上下で言うと中ほど(中肺野)の肺のもやもや(肺紋理)が普通より強く出ている(増強)」という所見です。
再検査、精密検査に値する程度かどうかは別記載があると思いますので、それに従えばよいと思います。

Q癒着について

こんにちわ、早速ですが、よく開腹手術で癒着がひどくて
手術できないことを耳にしますが、そもそもなぜ癒着という現象がおこるのでしょうか?対象は卵巣癌なのですが、大腸や子宮とよく癒着するらしいのです。これは癌が接着剤みたいな役割をしているせいなのでしょうか?誰かご存知の方がいらっしゃればお願いします!

Aベストアンサー

腹腔内の「癒着」という場合は,通常開腹手術後の後遺症としての「癒着」を指します.
これは,開腹手術時に受けた刺激により,腸管と腸管,あるいは腸管と腹膜などが繊維性の組織(組織を修復しようとしてできたもの)でくっついてしまう状態です.
単なる「癒着」であれば,丁寧に剥がしていけば剥がれるものです.

ご質問の,卵巣がんの大腸や子宮への癒着は,恐らく「浸潤」を指しているのだと思います.これは,癌が進行して卵巣の被膜を越え,周囲の組織にまで癌細胞が拡がっていっている状態です.
これは「癒着」ではないためはがすことはできませんし,無理にはがしたとしても,癌を残した手術をすることになるので,全く意味がありません.
手術により癌を切除するためには,その浸潤している部分も広範囲に摘出する必要があり,この場合手術の対象にならないことがあります(手術しても延命効果がないため).

Q肺と肺の間がもやもやします・・

三日ほど前から肺と肺の間がもやもやします・・・
 食べ物がいつも胸のところにあるような??
飲み物を飲むとちょっとだけ違和感を感じつまるようなかんじです。
私は怖がりなので癌ではないかと思ってしまい怖くて怖くてたまりません。
 もし病院にいくとしたら内科でよいのでしょうか?
考えられる病気はなんでしょう;;
癌だったら・・・と考えるとこわくてたまりません・・・。

Aベストアンサー

内科で良いです。

ガンだったら…と怖くなるのは無理も無いですが、不安が強いなら尚のこと、
病気でないことを確認しに行くおつもりで早期受診に臨んで頂きたいです。

症状が無くならない限り、質問者さまの不安はますます募る一方でしょう。
何らかの疾患だった場合でも、早期に治療を開始することにはメリットがいっぱいです。
治療の期間も費用も、治療や検査に関するあらゆる苦痛も少なくて済みます。
どうぞ勇気をもって受診して下さい。
今抱いている恐怖は何だったのかと思うほど、一気に不安から解放されるかも知れません。

その症状だけなら私も数年前に経験あります。
その時は、上手く唾が飲み込めない閉塞感と違和感がありました。
症状はいつの間にか無くなり、現在も私は極めて健康体です。
ご参考まで。

Q包茎の癒着部分

自分は包茎です。
おそらく仮性包茎で、カリ部分のところまで来ると一部分癒着してました(仮性包茎で癒着はありえないという意見が)。
大きく癒着していたわけではなく、トライアングル状にちかい癒着でした(裏筋では無い)。
そして昨日オナホールで挿入しようとしたら、癒着がどんどんとれてくれました。(結局奥まではいけませんでしたが)
ひとまず抜いて、癒着が残っていたのでこの際残りの癒着もとって完全な状態を作ってしまおうと思って、力ずくに近い状態でオナホールや手で癒着を取りました。
そしてその部分からは血がでているわけではないのですが、つかえたら多少の痛み、赤みがあります。
これは放置すれば自然に治るのでしょうか?
それとも早く直すための薬などはありますか?(他の質問ではオロナインとありました)。
家にあるのがマネキオールという殺菌、消毒のヤツしかないです。
完治させたいのでよろしくお願いします。
あと「病院に行く」という回答以外でお願いします。

Aベストアンサー

自分も同じような癒着の経験があります
すり傷とおなじことだと考えてオロナインを塗って数日したら何でもなくなりました
清潔にしていれば特に問題ないと思います

余計なことですが
露出まもないところでオナホール使用はちょっと圧力が強いかもしれないと思います

Q息子44才。健診で肺精密検査に引っ掛かり肺気腫と診断。肺年齢は78才。自覚症状出てない。禁煙外来薦め

息子44才。健診で肺精密検査に引っ掛かり肺気腫と診断。肺年齢は78才。自覚症状出てない。禁煙外来薦めたがだめ。気持ち本数が減ってると嫁が言ってる。 本人は止める方向に向かってるとも言わないし、頑固で聞く耳を持とうとしない。まだ危機感がない様子。今は家族に気を遣って電子たばこに何ヵ月前から切り替えてるが。仕事に頑張っているが体壊してからでは遅いし、何とかたばこを止めさせるにはどうしたらいいか 本人の自覚次第だと思うんですが 何か良い知恵があったら是非お聞かせ下さい

Aベストアンサー

とりあえず生存率もそんなに低くないですし運動療法をすすめてはどうでしょう?

http://emphysema-symptom.org/post-12.html

タバコは本人の意思がないと難しいと思います。
友達が禁煙して3年ですけど、それでも禁煙は一生ものだって言ってますし、今の状態に落ち着くまで相当苦労したみたいです。

臭いが染み付いたもので取れないものは捨てたり、お酒を飲むと吸いたくなるからお酒もやめたみたいです。
手持ち無沙汰を解消するのにも相当苦労したみたいでお金がとにかくかかったって話してました。

本人がやめたいって思わなきゃ意味がないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報