【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

キュービクル式高圧受電設備において
「出迎え方式」という言葉をよく聞きます。
「出迎え方式」とは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

地絡継電器付高圧気中開閉器を設置しない受電設備のことで、「出迎えケーブル方式」と言われたりもします。


それなりに(特にイニシャルコスト圧縮の点で)利点のある方式ではありますが、万が一にも事故が起きたときの波及範囲のことを考えると、ちゃんと設備空間を確保した上で責任分界点に開閉器を設置すべきだと思いますけどね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

御返答ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/03 18:00

お答えします。

「出迎え方式」というご質問ですね!
質問者さんの電気に関する知識の度合いがわかりませんが電気知識がおありだろうということで投稿します。
まず、電力会社から6600Vの受電をする時大きく分けて以下の方式があります。
1…電力会社の電柱のPAS等から3本の電線(OC線等)で架空で受電する方式があります。この方式ではキュービクルの中までは当然そのままでは入れません。したがってキュービクルの手前にPAS(GR付)を設置し(このPASは構内電柱等の高い場所になる)、電力会社からの電気を受電します。この場合はPASの一次側の接続点が財産・責任分界点となります。PASからキュービクルへはケーブルで配線します。

2…構内にPASを設けずにキュービクルから電力会社のPASまでケーブルで直接、受電するするのが質問の「出迎え方式」です。いかにもお出迎えという感じでしょう!
この方式は責任分界点と財産分界点が異なります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
とても参考になります。
構内にPAS(GR付)を設けていないということは
GR(地絡継電器)はキュービクル内に取付という
ことになりますよね。

お礼日時:2004/11/03 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧需要家の受電方式「出迎えケーブル」は東京には無いのでしょうか?

大阪近郊で高圧受電の工場、学校、ビル等の電気主任技術者をしています。
さて高圧受電方式には構内第1柱方式と出迎えケーブル方式の2種類あります(地上多回路は除く)が街中では出迎えケーブル方式の方が多く使われています。
東京では出迎えケーブル方式は無いという話を聞きます。本当でしょうか?本当ならこのような重大な事柄が地方(電力会社?)によって異なるのは何故でしょうか?
ー追伸ー
出迎え方式は受電ケーブルの保護が無いので必ず波及事故になりますが、設備費が安い。
構内第1柱方式は全て保護出来るが設備費が高く且つPAS回りの事故が結構多い。
以上から個人的には出迎え方式でも良いのではと思っています。

Aベストアンサー

人口に膾炙されていない方式なら回答は無理かも・・・。

Q高圧受電の出向えケーブル方式について

先日、経済産業省主催の電気保安講習会に出席しました。
講師から「出向えケーブル方式は関西電力管内だけで行っている方法であり、波及事故の危険性がある良くない方式である。」との説明がありました。
そこで以下質問です。
出向えケーブル方式は何故、関西電力管内だけで行われているのですか?
(本来はその場で質問すべきですが、よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

関電管内だけとは知りませんでしたが、基本的には高圧引き込み線はオープンワイヤーであるべきで、そうであればこれは電力会社の負担設備となります。
それを強いてケーブルを希望される場合は需要家が負担して施設し、管理することならば認めることとしています。

ケーブルは経年劣化が問題であり、定期的な測定管理と取替が必要なのです。したがって、特定の需要家だけを優遇する(経費負担を増やす)ことは電気料金の平等原則に反することとなります。

QPAS設置の法的根拠はありますか。

今は当たり前で責任分界点にPASがついてますが、指針等で推奨(受給契約!電力会社含む)されているだけで電気設備技術基準にも載っているのでしょうか。ただついて無いと受電を認めないとか、波及事故を起こした時など考えれば必ず必要な事は分かっているのですが。

Aベストアンサー

高圧受電設備指針の第2節「高圧受電設備の施設基準」>2-1「保安上の責任分界点」に次の一文があります。

原則、保安上の責任分界点は構内に設けることとした上で、
「特別の理由により自家用の構内に設定することが難しい場合は、保安上の責任分界点を自家用の構外に設定することが出来る」

敷地内にPASを設けるスペースがない等の場合に、この方法をとっている事業所は多くあります。
これは、出迎え電線路とか、出迎え方式などと呼ばれており、電力会社さんに相談すれば対処してもらえるようです。

なお、電気設備技術基準の高圧の引き込み関連も、ざっと目を通しましたが、区分開閉器の位置についての記載は見あたりませんでした。

その関連の既出の質問がありましたので、ご参考までに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1066131

QPASの定格電流はどのように決めるのでしょうか?

PASの定格電流はどのように決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

PASの定格電流は一般的に200A、300A、400Aがありますが、次の条件を検討します。

1.負荷電流
負荷増設等を考慮して一般的に負荷電流の2倍程度を選定します。

2.定格短時間耐電流
PASの2次側において短絡事故が起きても耐えられる設備とします。
200A(8kA)、300A・400A(12.5kA) 凡例 ( )内は定格短時間耐電流
遮断器の選定と同じように受電点の三相短絡電流を電力会社に問い合わせします。

3.ロック電流値(一般的には検討されないと思いますが)
SO動作を検出する過電流要素がありますが、変圧器の励磁突入電流で検出しない電流値が望ましいです。 同一フィーダー(配電線)の同一区間(DMで区切られる区間)に於いて永久短絡事故が発生すると、まず変電所に於いてCBがトリップする。
1分(30Sの電力会社もあり)すると変電所のCBが再閉路(投入)し、各区間のDM(スイッチ)が順次投入して、PASが変圧器励磁突入電流を検出して永久短絡事故により変電所CBがトリップすると構内短絡事故と同一の電気的検出をするので誤動作となります。
戸上電機製作所の例
200A(350A±50A)、300A・400A(600A±100A) 凡例 ( )内はロック電流値
変圧器容量が大きな場合は300A、400Aが望ましいです。

以上の3点について検討して決定します。

PASの定格電流は一般的に200A、300A、400Aがありますが、次の条件を検討します。

1.負荷電流
負荷増設等を考慮して一般的に負荷電流の2倍程度を選定します。

2.定格短時間耐電流
PASの2次側において短絡事故が起きても耐えられる設備とします。
200A(8kA)、300A・400A(12.5kA) 凡例 ( )内は定格短時間耐電流
遮断器の選定と同じように受電点の三相短絡電流を電力会社に問い合わせします。

3.ロック電流値(一般的には検討されないと思いますが)
SO動作を検出する...続きを読む

Q開閉器 PAS について

電力会社との分解点に柱上PASが設置されています。
PASの二次側から施設の一時側にASが設置され、DS、VCBとつながります。

このPASは、自社の所有物でしょうか??

先日、OCRが設置後年数経過により故障し、VCBが遮断され部分停電が起こりました。
OCR内部は電子部品が多く、基板内部の不良であろうと見受けられました

PASにも地絡を検知するためのGRだったかが搭載されていると思いますが、これもOCRと同じように故障した場合に不意の停電(全館停電)になるわけですし、自社の物であれば年次点検の停電作業時に交換も検討していかなくてはなりません。

関西電力管内ですと、どうなのかご存知の方おられましたらご教授願えませんでしょうか。

Aベストアンサー

あなたがPASと呼んでおられるものは、関電のASのように思います。分界点はキュービクル側の可能性があります。構内に電柱がないことからもその可能が高いです。
書籍の典型的な図はあてにしないでください、

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

QASとPASの違い

ASとPASの違いがいまいち分かりません。
気中開閉器と柱上気中開閉器・・・両方柱上にあるような。
まったくの別物なんですか?

Aベストアンサー

PASもASも柱上気中開閉器という名称(たぶん)は同じですが、一般的には需要家側の引き込みの分解点に設置するものをあえてPASと呼んでいるようです
PASは地絡短絡を検出するための電圧・電流センサを内蔵しSOG検出ユニットと組み合わせることで構内の電気事故を波及させ無いようにする役割があります
需要家引き込み用の開閉器は次の種別に分かれます
PAS 架空線で引き込む場合の気中開閉器
PGS 架空線で引き込む場合のガス開閉器
UAS 地中線で引き込む場合の気中開閉器
UGS 地中線で引き込む場合のガス開閉器
ガス開閉器は小型でよいのですが、環境問題の観点から今後は気中が主流になると考えられます

Qタイトランスとは

タイトランスとは、どういったものですか?
単相変圧器、三相変圧器はわかりますが・・
よろしくお願いします

Aベストアンサー

 タイは「結ぶ」という意味の英語「TIE」です。「ネクタイ」を想起すると覚えやすいです。
 大昔、電力会社の配電電圧が3kVだった時代の3kV負荷設備がそのまま残っているような需要家構内に、現在の6kVで受電して当該負荷設備に「連結」するための変圧器が所謂「タイトラ」です。
 以 上

Q接地コンデンサ

接地コンデンサって何の目的で付いているのでしょうか。
簡単に教えてください。

Aベストアンサー

接地コンデンサの使用目的は、いろいろあると思いますが、経験のあるのは2例です。
1つは、非接地系の配電系への利用です。
例としては工場で利用される400V配電系は基本的に直接接地が行われません。(電気設備技術基準を参照していただくとよいのですが)この場合に接地電流を確実に検出するために接地コンデンサを使用します。接地コンデンサのほかに接地トランス(GPT)を使用する場合もあります。
 これは、余談ですが爆発性ガス雰囲気への配電系の場合は基本的に非接地系とするのが望ましいされていますが、この場合は抵抗接地を利用しています。
 もうひとつは、地絡方向継電器の動作保障を行う際です。これは、負荷減少等により保護範囲の対地静電容量が極端に少ない場合(ケーブルこう長が少ない)に継電器が不動作となる可能性があります。この場合に対地静電容量を補うものとして静電コンデンサを用います。これは特殊なケースかも・・・
 以上、私の経験談です。お役にたてるといいのですが・・・

Q高圧引込ケーブルサイズ算出について

基本的な質問で申し訳ないのですが。
高圧6.6KV CVTケーブルのサイズ算出についてご教授の程おねがいします。
以下のような例を想定してご教授ください。

受変電設備容量1800KVA(1Φ100KVAトランスx3台、3Φ500KVAトランスx3台)で高圧6.6KVで、ピラーより地中埋設にてキュービクルに引込む場合(ケーブルこう長70mとします)

電圧降下は気にせず、1800KVA÷6.6KV÷1.732=157.46Aを満たした許容電流を持つサイズで選定すればよいのでしょうか?
で大雑把で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

高圧ケーブル許容電流よりCV60sqの定格電流は約200Aなので、これを採用する。ケーブル自体、大変高価なので1ランク上はムダと思われる。短絡事故からの遮断時間等(真空遮断器3サイクル動作)を考慮した場合、60sqの高圧ケーブルで保護出来る短絡時許容電流は20,759Aを0.15秒まで流せるので問題無し。この場合、保護出来る高圧ケーブル最小サイズは34.9sqだが仮に38sqを採用した場合、定格電流150A程度なので定格オーバーにて採用不可。よって定格電流だけみて60sqに決定。負荷のトランス容量小さくともSS近く短絡容量が仮に12.5kAあれば短絡事故時に大きな電流が流れ高圧ケーブル破裂する可能性あるので遮断時間とケーブル口径小さいと事故時、保護出来なく問題となるので太いケーブルを採用する様になる...これはコスト度外視の理想論ですが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング