AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

明日振込みますって敬語に直すと、どんな言い方になりますか?教えてください

A 回答 (6件)

振込させて頂きます。



振り込み致します。

振り込ませて頂きます。
    • good
    • 0

明日御講座に振り込ませて頂きます。

    • good
    • 0

あす、ご指定の口座に振り込みますので、ご確認ください。

    • good
    • 0

みょうにち、


お振込させて頂きますので
宜しくお願い致します
    • good
    • 3

明日お振込み致します。

相手によっては明日お振込みさせて頂きますでもいいかと。
最近の「させて頂く」の過剰な使用傾向は個人的には違和感がありますが…。
    • good
    • 6

明日振り込ませて頂きます

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこちらが振り込む際の文句・・これは正しいですか?

教えてください。
よくこちら(自分)が振り込む際に言う文句に
「お振込みさせていただきますのでご確認下さい」と。
「お振込み」は名詞だから使い方は合っているの?
それとも・・「お振込み」の「お」は丁寧語なので・・
「振り込ませていただきますのでご確認下さい」が正しいの?

よく「お振込み」と使うのですが・・・ふと急にこれはおかしいのではと思ってしまったのですが・・教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<「お振込み」は名詞だから使い方は合っているの?>

少し変ですね。

(1)常体は「振込みする」ということですが、通常は「振込みをする」と格助詞「を」
を用います。ただ、口語ではこの「を」を省いた表現もまかり通っていますので、あまり違和感なく使われているのでしょう。

ただ、敬語として使う場合には、この口語表現は避けて
「(お)振込みをさせていただきます。」
とした方がいいと思います。



ご質問2:
<それとも・・「お振込み」の「お」は丁寧語なので・・>

(1)「お」は相手の動作につく場合は「尊敬語」の用法になり、自分の動作につく場合は「丁寧語」「美化語」の用法になります。

(2)ご質問文では、「振込む」のは自分の動作ですから、丁寧の用法になります。従って、「お振込」は自己尊敬ではないので間違った用法とはいえません。

(3)また、「振込む」という動作は「~(人)に」という目的語をとる他動詞で、「相手」を必要とする動作です。

ここでは、相手(客など)に対する敬意も必要になります。その場合「お」は動作を受ける相手に対する敬意を表すための、丁寧語となります。つまり、自分の動作につける美化語とは異なります。

例:
「お電話致します。」
「ご訪問させていただきます。」
の「お」「ご」も相手に敬意を払った丁寧語になります。


ご質問3:
<「振り込ませていただきますのでご確認下さい」が正しいの?>

正しいです。

この例文には
「いただきます」(丁寧語)
「ご確認」(尊敬語の「ご」)
「下さい」(丁寧語)
と3種類の敬語表現が用いられています。

敬語表現としては十分です。


ご質問4:
<よく「お振込み」と使うのですが・・・ふと急にこれはおかしいのではと思ってしまったのですが>

おっしゃる通り、(ちょっと)おかしい領域に入ります。ただ、慣れですから、人によっては違和感を感じない人もいると思います。

ポイントは、敬語の連発度、全体的な語感によると思います。

ご質問2の例文だけでも
「いただきます」(丁寧語)
「ご確認」(尊敬語の「ご」)
「下さい」(丁寧語)

と3種類の敬語表現が用いられていました。これに「お振込」が加わると4種類になります。

短い文章の中にあまり敬語を連発すると、却って言葉遣いを疑われることにもなりかねません。相手にもよりますが、ご質問のような事務的な対応でしたら、敬語を最小限におさえて簡潔な文でいいと思います。


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<「お振込み」は名詞だから使い方は合っているの?>

少し変ですね。

(1)常体は「振込みする」ということですが、通常は「振込みをする」と格助詞「を」
を用います。ただ、口語ではこの「を」を省いた表現もまかり通っていますので、あまり違和感なく使われているのでしょう。

ただ、敬語として使う場合には、この口語表現は避けて
「(お)振込みをさせていただきます。」
とした方がいいと思います。



ご質問2:
<それとも・・「お振込み」の「お」は...続きを読む

Q入金?ご入金?敬語の質問

私が入金する側で、入金完了後にメールで報告する場合、
「先程、入金手続きを完了致しました。明日には入金をご確認いただけると思います。」
このように、入金に”ご”を付けなくて宜しいでしょうか?
私が行動する側なので、入金に尊敬語をつけないのはわかるのですが、”ご”を抜くと、なんだか丁寧さにかけた文に思えます。

Aベストアンサー

>私が行動する側なので、入金に尊敬語をつけないのはわかるのですが
この発想がすでに間違ってるように思います。

尊敬語とは相手の動作に付ける、謙譲語とは自分の動作に付ける…というのはお分かりだと思いますが、「動作」に付けるということは、その単語は基本的に動詞なんですね。

例:「入金してもらう」を尊敬語に直すなら、「ご入金いただく」となります。この場合、動詞です。自分が入金する場合は特に謙譲表現はありません(うんとへりくだる必要があるなら「入金させていただく」というのは言えますが、若干過剰敬語な感じです)。

でも、上記の文を見る限り「入金手続き」だったり、「入金を確認する」など、「入金」は動詞ではなく名詞として使っています。名詞の場合は、「お」や「ご」を付ける美化語というものがあります。これは尊敬表現とか謙譲表現とかではなく丁寧表現で、誰の動作なのかというのは考えずに使えばいいんです。

例:「こちらからお電話いたします」、あるいは「わたくしからお手紙を差し上げます」など、自分の動作であっても、動作そのものに関わらないものは美化語を使うことでより丁寧な表現になります。

>私が行動する側なので、入金に尊敬語をつけないのはわかるのですが
この発想がすでに間違ってるように思います。

尊敬語とは相手の動作に付ける、謙譲語とは自分の動作に付ける…というのはお分かりだと思いますが、「動作」に付けるということは、その単語は基本的に動詞なんですね。

例:「入金してもらう」を尊敬語に直すなら、「ご入金いただく」となります。この場合、動詞です。自分が入金する場合は特に謙譲表現はありません(うんとへりくだる必要があるなら「入金させていただく」というのは言えます...続きを読む

Qお金を振込をしたら常識として連絡するの?

僕はジャムセッションの教室に通い始めたのですが、今月中に来月分の月謝を振り込まなければなりません。

世間の常識として、振込を済ませた際にその旨を相手にメールするべきなのでしょうか。
また連絡のメールにはカタカナの自分名前(例:ヤマダ タロウ)も書いておいたほうがいいのでしょうか。

連絡は普通のするのかなぁとは思うんですが、さの際メールをするときに書いておいたほうがよい記載事項をを教えてほしいです。

Aベストアンサー

振込をする時にあなたの名前を記載したはずです。
そしてどこから振込があったのかを調べるのが教室側の仕事です。
連宅の必要はありませんが次回の教室の時に来月の月謝を払っておきましたくらいの一言を言っても構わないと思いますよ。

あなたが言うメールとはインターネットバンキングで使用するメールのことですか?
必要ないけど心配なら月謝です記載すればいいのでは?

相手も金額と名前でそのお金が何なのかくらい解るのでくどいといったらくどいですけどね。

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q敬語についての質問です。 「無理だったら、大丈夫です。」を敬語にするとどうなりますか?

敬語についての質問です。
「無理だったら、大丈夫です。」を敬語にするとどうなりますか?

Aベストアンサー

敬語どうこうじゃなくその日本語はおかしいよ。
言うなら、「無理でしたら結構です」じゃないでしょうか?

Q入金と振込みの違いを教えてください

入金する。と 振込む。 は意味が違うのでしょうか?「相手の口座に入金する。」 というのは使い方間違ってますか?

Aベストアンサー

「相手の口座に入金する。」は間違っていますね、
「相手の口座に送金する。」でしょううね。
「相手の口座に振込む。」もいいかな。

「自分の口座に入金する。」、
他店からなら「自分の口座に振込む。」もいいかな。

Q「~していただきまして、ありがとうございました」

日頃お礼状などを書く際に「~して頂きまして、ありがとうございました」と書いていたのですが、
正しい日本語でしょうか?「~して頂き、ありがとうございました」の方が適切でしょうか?
またその際、「いただき」「頂き」と、ひらがな漢字のどちらにするかいつも悩みます。


少し気になったので教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
================引用開始
・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
・・・ていく(負担が増えていく。)
・・・ていただく(報告していただく。)
・・・ておく(通知しておく。)
・・・てください(問題点を話してください。)
・・・てくる(寒くなってくる。)
・・・てしまう(書いてしまう。)
・・・てみる(見てみる。)
・・・てよい(連絡してよい。)
・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
・・・について(これについて考慮する。)
================引用終了

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング