【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

過去の歴史において女性が王や皇帝になったことは世界的に少なく、中国は長い歴史の中で1度だけですし、ヨーロッパでも女王が多かったのはイギリスくらいです。

その中で、日本は過去に10人の女性が天皇になっており、これはイギリスの女王と並んで最多になります。
日本の場合、女性天皇は古代から存在しており、それより前に女性君主を立てたのは古代エジプトくらいです。
このように、過去の日本が君主に女性を立てたことが他国と比べ多かったのはなぜでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • 神功天皇、飯豊天皇、推古天皇、皇極(斉明)天皇、持統天皇、元明天皇、元正天皇、孝謙(称徳)天皇、明正天皇、後桜町天皇
    の10人です。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/11/10 08:42

A 回答 (8件)

神武天皇から推古天皇までは33人の天皇を選んだのでしょうね。

皇統譜を組むときにね。だから神功天皇、飯豊天皇は日本書紀が外したのでしょうね。3が二つ並んで縁起がいいということですね。当時の日本人は語呂合わせが好きだったのでしょうな。
天皇は通常男子が成るのが普通でしたが、ほかになり手がない時は一時的に女子を建てようという政治的意図で女帝が出ただけ。いわば、候補者が決まらぬ時のつなぎ。
あのー、神功天皇とか飯豊天皇を認めるのはいいですが、歴代天皇を数えるときは入ってないですよ。今は125代とか言いますが、あの場合の125代の中に、神功天皇、飯豊天皇の2人は入っていません。日本書紀が外して続日本紀以降、神功皇后だけ歴代に追加したみたいですが、明治になってまた外しましたね。となれば、論じるなら8人の女帝といった方が現実的な気がする。まあ追加してくれるのはありがたいですが、質問者さんは進歩的ですな。
天照大神・卑弥呼は天皇ではありません。天皇は神武天皇に始まるものです。天照大神は神代の神様、まあ実在の人を当てる説もありますがね。卑弥呼は祭主でしょうね。女王にしたのは中国人の史観ですね。
    • good
    • 0

平塚雷鳥が、「原始、女性は太陽であった」と言っています、だからでしょう。

    • good
    • 0

それよりも、早く神功天皇を天皇だと認めなおすべきだよね。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

特に規定がなかったからです。


日本書紀自体が推古天皇の存在を認めており、先例十分です。

明治期になって男子限定になったのは、
「天皇は陸海軍の『大元帥』となる」
ことが第一の原因と思われます。

軍隊のトップが女性というのはやはり士気にかかわることでした。
    • good
    • 0

日本は過去に10人の女性が天皇になっており


 ↑
代としては10人ですが、人数としては
8人です。



過去の日本が君主に女性を立てたことが他国と比べ
多かったのはなぜでしょうか。
 ↑
極東の島国で、比較的平穏な歴史だった
からだと思います。

日本はあの戦争でひどい目に遭いましたが、
中国などは、あれ以上の災禍に600回も
襲われています。
人口が1/3に減ったことも一度ではありません。

平和な世では、女性の地位が高くなるのです。

江戸時代もしかりです。
マルクス史観などが流行った時は、江戸時代の
女性は悲惨だった、という説が流行りましたが、
実証研究が進むにつれ、江戸時代の女性の地位は
非常に高かったことが判明しています。
三行半などは、女性の独身証明書に過ぎず、
女性の為の制度であったと言われています。

だから天照大神も卑弥呼も女性だったのです。
    • good
    • 0

ヨーロッパの (イングランドを除く) 大陸で女王が現れなかったのはサリカ法典の影響もあります. これにより女性に対し土地と爵位の継承がなされなくなっており, 近代においてドイツ諸侯が他国との同君連合を解消する理由ともなっています.



一方日本では女性にも継承権があったため, ヨーロッパと比較して相対的に女性の地位が高かったとも考えられます. 例えば最初の女性天皇である推古天皇の場合は
・有力な男性の皇位継承者が 2名いた
・直前 3代の天皇に影響を持っていた
・経済的に裕福であった
などの理由によるとされています.
    • good
    • 0

早くから政治、軍事の実権のない存在だったから。


神話時代を除けば天皇が戦場に出て戦うことはありませんでしたね。
この辺がヨーロッパや中国の皇帝、王との一番の違いでしょう。
    • good
    • 0

シンプルに女性がマルチタスクで強くてその時代の男性より優秀な人が多かったからだと思います。

時代背景を見ると男性が有利になる国家でしたが、いつの時代だって女は精神的に強いからだと思います。特に日本人は大和撫子と呼ばれる人達が美しいと考える民族です。

精神的にしなやかで芯が強くて1歩引いて男を手玉に取りつつ自分が前に出る人達が天下を取れたのだと思います。要領がよく賢かったんだと思います。話逸れますが、日本最古の小説家、紫式部とかも自分の武器を分かってて今も読み継がれる人になったんだと思います。清少納言と良きライバルだったんだろうなとふと思いを馳せます。今で言う「あいつマジムカつく。」と思いを隠しながら私すごいのよとマウント取るのが小説だったのかも知れません。
今で言うインスタグラマーやインフルエンサーだったのかも。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本で1番大きい古墳が大阪府堺市にある仁徳天皇陵古墳で日本で2番目に大きい古墳は仁徳天皇陵古墳から東

日本で1番大きい古墳が大阪府堺市にある仁徳天皇陵古墳で日本で2番目に大きい古墳は仁徳天皇陵古墳から東に行った大阪府藤井寺市の応神天皇陵古墳だそうです。

なぜ大阪の南側に日本一とナンバー2の古墳があるのですか?

仁徳天皇と応神天皇はいつの時代の人ですか?

応神天皇が作った巨大古墳を見て仁徳天皇が更に大きいナンバー1の古墳を作った?

二人は近い時代の人なのですか?

仁徳天皇は聞いたことがあるけど応神天皇は聞いたことがない。なにをした人ですか?

Aベストアンサー

応神天皇は仁徳天皇のお父さんです。
また、現在日本各地にある「八幡宮」の八幡神ですね。

仁徳天皇は難波高津宮に遷都し・・・ようするに大阪も何度か遷宮されたわけで、大阪市歌にも仁徳天皇のことが歌われています。

「高津の宮の昔より、よよの栄を重ねきて、民のかまどに立つ煙
にぎわいまさる 大阪市、にぎわいまさる 大阪市」

これは仁徳天皇が高津宮から庶民の家を見下ろしたときにかまどの煙が見えなかったことで税を数年廃止し、庶民のかまどにも煙が立つようになった(要するに豊かになってきた)という日本書紀の故事をうたったものです。

大阪に大きな古墳がたくさんあるのは、現在で言う奈良であったり大阪であったりしますが、天皇が(その当時はオオキミ)住まわれた(もしくは政治を行った)場所に近いということでしょうね。高槻にも今城塚古墳という大きな古墳がありますね。

Qもしも キリスト教がなかったら、世界はどうなっていたと思いますか?

こういう質問を出すと、必ず 歴史にifはない という方が現れますが、そういう方は この質問をお見送り下さるよう 最初にお断りしておきます。

世界史を勉強していると信者ではない私からすればつくづくアホらしいと思う理由で(信者の方すみません)戦争とか虐殺とかが起きてますよね。まあキリスト教以外でも戦争とか虐殺ありますが。文明もなんだか古代ローマとかのほうが中世ヨーロッパよりも進んでいたのでは?と思います。中世ヨーロッパは考え方や政治で宗教に縛られ過ぎている気がします。
もちろん逆も然りでキリスト教があったからこそ栄えた文化などはあると思いますが。
皆さんはどう思いますか。

「イエスがいなければ世界は生まれてない」などの宗教的考えは無しの方向でお願いします。あくまで歴史に基づいた考えで。

Aベストアンサー

まあそうなのだが、
キリスト勢力のおかげで古代の書物も相当程度保存されたということは言える。
・キリスト教の締め付けがなければ、その反動としてのルネサンスはもっと違った様相になっていたか、なかっただろう。
・古代ローマは進んでいたとはいえ貧富の格差は激しく身分の格差も大きかった。「神のもとの平等」は魅力的だっただろう。(現代人は法の下の平等に魅力を感じるようである)
・イスラムの誕生期の爆発的な発展を思うと、キリストという共通基盤がヨーロッパに無かった場合、イスラムのヨーロッパへの浸透はピレネー山脈でも止められなかったかもしれない。
・少なくともヨーロッパ音楽を特徴づける「ハーモニー」は中世で廃れ、後世に伝わらなかった。中世では音楽の調和の原理を探るのは神の世界を知る学問として尊重された。その蓄積がバッハ以降大爆発する。
・「ヨーロッパ」意識は功罪半ばというところがあるが、要するにキリスト精神を基盤とする。それがなければイスラムとの相克もなく、科学技術や社会制度の発展はなかった。(イスラムの科学技術は16世紀で謎の停滞期に陥っている)

質問の意図ににかかわらずローマ帝国の宗教との比較はちょっとしづらい。
それぞれが成立していた社会的条件が全く違うので。

まあそうなのだが、
キリスト勢力のおかげで古代の書物も相当程度保存されたということは言える。
・キリスト教の締め付けがなければ、その反動としてのルネサンスはもっと違った様相になっていたか、なかっただろう。
・古代ローマは進んでいたとはいえ貧富の格差は激しく身分の格差も大きかった。「神のもとの平等」は魅力的だっただろう。(現代人は法の下の平等に魅力を感じるようである)
・イスラムの誕生期の爆発的な発展を思うと、キリストという共通基盤がヨーロッパに無かった場合、イスラムのヨーロッ...続きを読む

Q4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があったのは確実ですか?

4~6世紀というと古墳時代の真っ只中ですが、大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中しています。

古墳は日本全国に散在していますが、大阪府南部の古墳は特に大きく、巨大な権力を持つ者によって建造されたのは確実だと思われます。おそらく全国レベルで影響力を持った者でしょう。

当時は陸上の移動方法が徒歩か馬しかなく、宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われるので、大阪府南部(おそらく大阪市南部か堺市のどこかの場所)に全国規模、狭くても中国地方から東海地方までを勢力範囲とする政権(大和か倭)の首都が存在したと考えてよいでしょうか。

巨大古墳という、これ以上ないほどのその存在を示す証拠があるわけですから。

Aベストアンサー

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが、彼らが大阪南部勢力に従属していた根拠はありません。(敵対していたという記載もあるようです。)
これらの複数地区が全て単一権力の支配下にあったという証拠は無く、ゆるいつながりをもった地方権力の並列性であった可能性もあります。
であれば、単一権力による中央集権制では無く、首都という言葉とはややずれます。

また、「大阪府南部に日本(倭)の首都があった」根拠として、あなたが示されているのは「大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中」という事実と、「宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われる」という推測ですが、後者を裏付ける根拠が必要です。(あえて宮殿から離れた場所に古墳を作った可能性も排除できません。)
上述のような古墳の大阪南部・奈良・岡山と広がる広範な分布は、単一権力大阪南部存在説では説明困難です。

もちろん、「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」可能性はあります。
4~6世紀大型建造物であれば、土台構造物(穴や柱石など)などの遺構が残ります。
それによって、古代都市そのものを確定し、さらには政治形態を確定、首都と定義なども必要で、お示しされた根拠だけを理由に「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」と確定するのはやや無理があるでしょう。

参考までに巨大古墳を20位までお示しします。
5位までに大阪南部が多いことは事実ですが、同時期に岡山にもあり、20位までで考えれば奈良にけっこう後半に分布しています。
この分布をみると初期大和朝廷は天皇ごとに宮殿を変えていた説、有力豪族並列説(吉備勢力など)などに説得力があり、現在我々が想定するような首都というもの存在に疑問が生じます。

1 大仙陵古墳 大阪府堺市大仙町 中期 486m 仁徳天皇陵
2 誉田御廟山古墳 大阪府羽曳野市誉田 中期 425m 応神天皇陵
3 石津ヶ丘古墳 大阪府堺市石津ケ丘 中期 360m 履中天皇陵
4 造山古墳 岡山県岡山市新庄下 中期 360m
5 河内大塚古墳 大阪府松原市西大塚・羽曳野市南恵我之荘 330m
6 見瀬丸山古墳 奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町 後期 310m
7 渋谷向山古墳 奈良県天理市渋谷町 前期 300m 景行天皇陵
8 土師ニサンザイ古墳 大阪府堺市百舌鳥西之町 中期 290m
9 作山古墳 岡山県総社市三須 中期 286m
10 仲ツ山古墳 大阪府藤井寺市沢田 中期 286m 仲津媛皇后陵
11 箸墓古墳 奈良県桜井市箸中 前期 278m 倭迩連日百襲姫大市墓
12 五社神古墳 奈良県奈良市山陵町 前期 275m 神功皇后陵
13 ウワナベ古墳 奈良県奈良市法華寺町 中期 255m
14 市庭古墳 奈良県奈良市佐紀町 中期 250m 平城天皇陵
15 メスリ山古墳 奈良県桜井市高田・上之宮 前期 250m
16 行燈山古墳 奈良県天理市柳本町 前期 242m 崇神天皇陵
17 岡ミサンザイ古墳 大阪府藤井寺市藤井寺 後期 242m 仲哀天皇陵
18 室宮山古墳 奈良県御所市室 中期 238m
19 市野山古墳 大阪府藤井寺市国府 中期 230m 允恭天皇陵
20 宝来山古墳 奈良県奈良市尼ケ辻町 前期 227m 垂仁天皇陵

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが...続きを読む

Q織田信長の城ってどこですか? もう焼け落ちて現存していないんですか? 徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉

織田信長の城ってどこですか?

もう焼け落ちて現存していないんですか?

徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉が大阪城ですよね?

織田信長の城はどこ?

Aベストアンサー

そもそも「信長は安土城」みたいに武将と城が1:1で対応しているわけではありません。
もちろん1つの城にずっととどまっている武将も多数存在しますが、信長・秀吉・家康は複数の城を転々としています。

ちなみに徳川家康は名古屋城を居城としたことはありません。

Qもし日本に原爆が落とされていなかったら・・

どうなっていたでしょう・・

本土決戦で

アメリカ人が日本本土に侵攻、占領し

ベトナムのような略奪、日本女たちをレイプ、、

ハーフの子供ばかりで

我々純粋な日本人が少なくなっていたように思いますし

『親アメリカ』!!な風潮ではなく!!

【反アメリカ】!!!な憎しみだけが渦巻く風土になっていたように思いますが

みなさんどう思いますか。

Aベストアンサー

あなたは、沖縄に米軍が上陸を行います
地上戦が行われた事を知っているのかな?

基地問題は別にして、沖縄の人達と米軍・米国との関係を見れば自ずと分かるのではないか?

沖縄県とそれ以外の日本とが、別だという認識なのかな?

Qヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

ヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

Aベストアンサー

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂が広まってそれを信じた住民が暴走してユダヤ人を虐殺する事件なども起きました。もともと、ヨーロッパ世界ではユダヤ人を迫害する土壌があり、その理由はイエスを殺したからです。


彼らからすると、ユダヤ人は親の仇なのでしょう。
秀吉は、カトリックを「日本人を奴隷として売ったり、他の宗教を攻撃したから」と言う理由で、カトリックを迫害しましたが、ヨーロッパ世界のユダヤ人の迫害は、「イエスを殺したから」というものです。
日本人には理解できないとは思います。

前者の場合は、カトリック自身が奴隷売買や他の宗教への攻撃を止めれば、カトリックの弾圧も停止すると言う政策も可能ですが、後者の場合はその様な解決は成り立ちません。




その様に、当時のヨーロッパ社会は非常に深刻なユダヤ人への迫害の土壌が存在しました。

ドイツも当然その様な土壌が存在し、ヒトラーはそれを利用して求心力を高めたのかもしれませんが、実際のところは、ヒトラーのみぞ知る事です。

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂...続きを読む

Q徳川家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのですか?

魏忠賢などの悪臣の専横によって乱れきった明朝の末期は徳川家康・秀忠が将軍だった頃であり、鎖国も行っていませんでした。
結果的に明は女真族という辺境の弱小民族によって征服されてしまうわけですが、徳川幕府がその気になれば明を征服するのは容易だったはずなのに、家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのでしょうか?

秀吉の朝鮮出兵の頃は、明もまだ弱体化が進んでいない頃でしたが、その頃とは比較にならないほど弱体化が進んでいたので。

Aベストアンサー

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います。
そういえば、そんなバカが過去にもいました。それは、日出る国の聖徳太子です。この時に現地で中国側と交渉した人物は秀吉の時と全く同じことをしています。現地で先進的な大国の実状を知って、日本側のトップの顔をつぶさないようにして、二枚舌で収拾するという方法です。

徳川家康は、豊臣秀吉の朝鮮侵略の失敗を教訓として300年続く日本の平和な時代の仕組みを作ります。限られた領土で平和を維持するために、大名の取り潰しや、参勤交代などの仕組みをつくりますが、政治的なシステム以外に庶民が作り上げたシステムもあります。それは、徳川300年の間に人口が全く増加していない事実から導かれます。

家康と秀忠は秀吉と同時代に生きていたので、二度とアホなことはしませんでしたが、その教訓を忘れてしまった平和ボケの人々は、明治に入って中国侵略を開始しますが、秀吉の朝鮮侵略から得られた軍事的な反省をなにひとつしていなかったため、最後は悲惨な結果になっています。
日清日露戦争は短期間の戦争であり、当時の日本は、欧米の先進的な兵器に関する各種技術を導入していたため、時代遅れの兵器相手に勝てるのは当然ですが、先進的な欧米諸国ではすでに確立していた兵站システムが全く構築されていなかったことが、日本の決定的な弱点と言うか特性なのだろうと思います。

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います...続きを読む

Q織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。 今で言うと 代議士の有能な秘書。 身の回りの 職務をこなす

織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。

今で言うと 代議士の有能な秘書。
身の回りの 職務をこなす 頭のキレる 信頼できる人間。

この時代だと 性の相手になる事も 普通らしく
寧ろ 現代とは 全く 認識も違い。
強く有名な武将の関係を 自慢すらする。

そこで質問

豊臣秀吉の右腕
石田三成も そのような 感じだったのでしょうか??

Aベストアンサー

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、或時、人なき所にて近く召す。日頃男色を好み給はぬに故に、人々皆奇特の思ひをなす。太閤問ひ給ふは、『汝が姉か妹ありや』と。長吉顔色好き故也。
(羽柴長吉は太閤秀吉の小姓で、比類ない美少年であった。太閤は、ある時、長吉を人のいない場所で近くにさし招かれた。常日頃、太閤は男色をお好みではないので、人々はこれを知ってみな珍しいことだと思ったのである。さて太閤が長吉に御問いになった内容はといえば、『お前に姉か妹はいないか?』という事であった。長吉の顔が美しいため姉妹がいればさぞ美人だろうと思ったためである。)

羽柴長吉は池田信輝の三男で、秀吉の近臣として「羽柴」姓を名乗るのを許可された人物です。 秀吉が、美少年を目の前にしながら、本人には興味を持たずその姉妹が美人だろうと考えるあたり、筋金入りの女好きであると共に男色には縁がなかったことを如実に表しています。

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、...続きを読む

Q西郷隆盛は天才だったのでは?

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の人間だったにも関わらず、弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、日本の進むべき方向性を理解し、今やるべきことをわかっていた人のように感じます。

 そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。

以上から、西郷隆盛が稀代まれな天賦の才能を有していたのではないかと思うようになりました。
この考えは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの
日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の
人間だったにも関わらず、
弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、
日本の進むべき方向性を理解し、
今やるべきことをわかっていた人のように感じます。
  ↑
ハイ、ワタシもそう感じました。




そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で
人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。
  ↑
ここがポイントです。
西鄕さんが解りにくいのは、私欲に乏しい
からだと思います。
私欲に乏しいから、どういう人間像なのか
把握しにくいのです。
彼ほど解りにくい人物はおりません。



以上から、西郷隆盛が稀代まれな天賦の才能
を有していたのではないかと思うようになりました。
この考えは正しいのでしょうか?
 ↑
特別な才能を持っていたのではなく、私欲に乏しかった
ということだと思います。

彼は一度死んでいますね。
あれで私欲を無くしたのでしょう。
私欲が無くなれば、適格な判断が出来るように
なるのです。

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの
日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の
人間だったにも関わらず、
弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、
日本の進むべき方向性を理解し、
今やるべきことをわかっていた人のように感じます。
  ↑
ハイ、ワタシもそう感じました。




そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で
人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。
  ↑
ここがポイントです。
西鄕...続きを読む

Q赤穂城断絶

今、「赤穂城断絶」(監督 : 深作欣二)を観てます。
まだ途中までしか観てないないですが、幕府(?か当時の裁判所)は、喧嘩両成敗にしなかっのでしょうか?
吉良上野介は、御咎めなし。
浅野内匠頭は、お家断絶、切腹。
は、不公平ではないでしょうか?
背景とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

喧嘩ではなく浅野内匠頭の発狂と見たのでは?
そうなれば吉良上野介は被害者。
幕府は欲しかった赤穂を直轄にできて万々歳。
浪士の討ち入りは吉良への恨みではなく幕府への意趣返し。
実は本当の悪者は幕府という落ち。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング