これからの季節に親子でハイキング! >>

今会社を辞めて雇用保険の申請をしましたが支払われるまで金なくて一時金の申請をしようと思っているんですが、今実家に住んでいてみんな収入は高くないのですが収入はあります。 返済見込みはあるんですが世帯の収入で、引っかかるとやっぱり厳しいでしょうか?

A 回答 (1件)

こんにちは。



>今会社を辞めて雇用保険の申請をしましたが支払われるまで金なくて一時金の申請をしようと思っているんですが、今実家に住んでいてみんな収入は高くないのですが収入はあります。 返済見込みはあるんですが世帯の収入で、引っかかるとやっぱり厳しいでしょうか?

 社会福祉協議会の「生活福祉資金」の貸付けのことでしょうか?

 貸付けの対象となる世帯は下記のとおりです。
・低所得世帯…資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)。
・障害者世帯…身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含みます。)の属する世帯。
・高齢者世帯…65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)。

 収入に関しては、市町村民税が非課税の世帯が対象となります。

https://www.shakyo.or.jp/guide/shikin/seikatsu/i …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総支給賃金と実際に受け取る手取りの差が26%ある。 自分の給料だと税金は20%のはず。 6%はなぜ多

総支給賃金と実際に受け取る手取りの差が26%ある。

自分の給料だと税金は20%のはず。

6%はなぜ多く引かれているのでしょう?

Aベストアンサー

税金は支給総額の何%と単純に決まるわけではないので、単純に20%ということはありません。

給与から差し引かれるものとしては、所得税のほか住民税、社会保険料があります。
それらを天引きされるときは給与明細の交付が義務つけられていますので、それを確認してください。

一般的には26%程度天引きされるのは普通です。

Q県•市民税申告書について 派遣社員です 昨年、年末調整を派遣会社でしてもらいましたが、 市民税申告書

県•市民税申告書について

派遣社員です
昨年、年末調整を派遣会社でしてもらいましたが、
市民税申告書が先日届きました。
同僚には届いておらず、年末調整をしてたら送る必要はないと聞きました。
このままスルーしていても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

はい。派遣会社以外に収入がなければ、年末調整がされていれば所得税の清算と、県・市民税の計算のもととなる「給与支払報告書」が提出されていますから、スルーで結構です。

Q住民税からの外国税額控除

配当金を確定申告では総合課税にし、住民税は「申告不要」制度を利用する予定です。確定申告では外国税額控除も申告します。
その場合、所得税からは控除限度額を超えるために引き切れなかった外国税額は、普通なら住民税からも一部控除されると思います。
ところが、配当金を住民税では「申告不要」としているため、住民税からの控除は認められないのでしょうか。それとも、本来所得税で控除すべき税額が住民税側に押し出されただけなので、「申告不要」とは関係なく住民税からも控除されるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

>配当金を住民税では「申告不要」としているため、住民税からの控除は認められないのでしょうか。それとも、本来所得税で控除すべき税額が住民税側に押し出されただけなので、「申告不要」とは関係なく住民税からも控除されるものなのでしょうか。

 外国税額控除の住民税からの控除については、確定申告書に添付する「外国税額控除に関する計算明細書」に記載することにより控除されますので、住民税の申告不要制度の利用とは関係がありません。(確定申告書に基づき市町村が計算します。)

 また、平成29年度の税制改正により、上場株式等の配当等に係る申告・課税について所得税と住民税で異なる課税方式(源泉分離課税(申告不要制度)、総合課税、申告分離課税)を選択できることが明確化されましたが、この制度を利用するためには、確定申告書とは別に住民税の申告書の提出が必要です。提出されない場合は、確定申告と同じ課税方式が適用されます。(住民税の申告書に、所得税と異なる課税方式を選択するかどうかの選択欄があります。)
 なお、この住民税の申告書は、住民税の納税通知書が送達されるまでに提出する必要があります。

こんにちは。

>配当金を住民税では「申告不要」としているため、住民税からの控除は認められないのでしょうか。それとも、本来所得税で控除すべき税額が住民税側に押し出されただけなので、「申告不要」とは関係なく住民税からも控除されるものなのでしょうか。

 外国税額控除の住民税からの控除については、確定申告書に添付する「外国税額控除に関する計算明細書」に記載することにより控除されますので、住民税の申告不要制度の利用とは関係がありません。(確定申告書に基づき市町村が計算します。)

 また...続きを読む

Qそもそも国の税金の世話になる事ってありますか? 年収400万ぐらいだと25%ぐらい税金とられますよね

一番そんなのが
フルタイム労働して年収も400万以上もらってて
扶養家族みたいのが世帯にいない労働者。

年収400万として控除額40万程度をひいて
そこから15%の所得税と10%の住民税、あとは無駄でしかない社会保険が年間20万ほどの年金が30万ほどでしょうか。
そうするとだいたい130万も払わされているんですよね。

国の税金のお世話になっている奴って
生活保護をはじめ、扶養家族、低所得者、そんなので

せいぜい住民サービス分の住民税10%分ぐらいのお世話しかなってない気がする。

道路整備とか、違反してくれている人のお金ですよね。飲酒運転とか批判してても、むしろ無違反の奴の方が貢献してないともいえますよね、一切、国庫に交通関係でお願いいれてませんから、自分名義の車もっているなら自動車税等ではらってますけど。

そう思うと年収400万でも、なんにも控除がない層だと130万ぐらい天引きされるんですよね。
ライナー料金10年分ですよ。バカバカしいですね。

Aベストアンサー

そのばかばかしい国から出て自分の理想の税制の国に移れば解決ですよね。

生産性のない人間ために税金を、という質問もされていますが、
生産性のない人間の比率というのは、数々のお礼のコメントを読めば、他の先進国よりも日本の方が低いということもご存知であるとわかりますから、貴方はただただ文句を言いたいだけですよね。

他国の欠点も知っているのですから、国税にどれだけ守られているかも本当は知っていますよね?

暇つぶしに質問してみたと。問題提起は実名SNSのほうが効果高いですよ。

Q正社員で働いてます。 住宅ローンとかいろいろあり、生活が苦しいので アルバイトしようかと思っています

正社員で働いてます。
住宅ローンとかいろいろあり、生活が苦しいので
アルバイトしようかと思っています。
住民税で会社にバレるとよく聞くのですが、
確定申告の際に住民税を自分で払うようにしたら
会社にバレないでしょうか?

全く無知なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

 簡単に結論と理由を書きますと…

【結論】
 副業がアルバイト(給与所得の仕事)でしたら、バレるリスクがあります。
 副業がアルバイト以外(給与所得ではない仕事。例えば株の投資など)でしたら、バレるリスクがかなり減ります。
 なお、副業が所得で20万円以内ですと確定申告の義務はありませんので、そもそもバレるリスクはかなり少ないです。

【理由】
 副業の所得が20万円を超えられて確定申告をされる場合、給与所得ですと本業の給与所得と合算されて住民税が計算され、源泉徴収義務者(つまりお勤めの会社)に個人単位で住民税の額などが通知されますので、通知書の給与の支払額が会社が支払った給与の支払額と違う(多い)ことに気づかれる可能性(あくまでも可能性です)があります。
 一方、給与所得以外ですと、確定申告の際に、本業の給与所得と分離して、副業分だけの住民税を特別徴収(給与からの天引き)ではなく普通徴収(納付書で自分で納付)にすることが選択できますので、それを選択すれば会社にはとりあえずバレません。(とりあえず、というのは住民税ではバレなくても、何らかの要因(風の噂など)でバレることもありえるということです。)

-------------------------------

>住民税で会社にバレるとよく聞くのですが、確定申告の際に住民税を自分で払うようにしたら会社にバレないでしょうか?

 正確には「確定申告の際に住民税を自分で払うように」したらではなく、「確定申告の際に副業分の住民税を自分で払うように」したらになりますが(お勤めの方については特別徴収が原則ですから、住民税の全額を自分で支払うことはできません)、会社にバレるリスクはかなり減ります。
 ただ、「確定申告の際に副業分の住民税を自分で払うように」するためには、給与所得以外の副業をする必要があります。

こんにちは。

 簡単に結論と理由を書きますと…

【結論】
 副業がアルバイト(給与所得の仕事)でしたら、バレるリスクがあります。
 副業がアルバイト以外(給与所得ではない仕事。例えば株の投資など)でしたら、バレるリスクがかなり減ります。
 なお、副業が所得で20万円以内ですと確定申告の義務はありませんので、そもそもバレるリスクはかなり少ないです。

【理由】
 副業の所得が20万円を超えられて確定申告をされる場合、給与所得ですと本業の給与所得と合算されて住民税が計算され、源泉徴収義務者(...続きを読む


人気Q&Aランキング