【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

決議する、議決する
と両方、言い回しができると思いますが、
決議が成立した、とは言っても、議決が成立したとは言えないように感じるのです。
やはり、この感覚は間違っていないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちわ(/は)。

またお邪魔します。

>決議が成立した、とは言っても、議決が成立したとは言えないように感じるのです。
「決」とは、決する、決める の意。
「議」とは、主張、意見、相談(案件)、会議、協議 の意。

*決議:(我々は)+決めた+相談(案件)を。← ←「(主語)+動詞+目的語」で中国語の典型的な文法表現です。
「決めた相談(案件)を」。
(我々は)"決めた相談(案件)"を成立した。「動詞+目的語+動詞」

*議決:(我々は)+相談(案件)を+決めた。← ←「(主語)+目的語+動詞」で日本語の典型的文法表現です。
「相談(案件)を決めた」。
(我々は)"相談(案件)を決めた"が成立した。「目的語+動詞+動詞」
----
以上のように、文型から見ると、
「決議が成立した」は違和感が無いようですが、
「議決が成立した」はいささか奇妙に感じますね。
これは「決議」は日本語(大和言葉)ではなく、日本語に取り込まれた外来語なので名詞扱いにしているからではないでしょうか。

ちなみに、中国語では「決議」単独使用の場合は名詞として扱い、「議決」は動詞扱いで、類語に「議定」「表決」があります。
あとは日本の独特の言語習慣という厄介者がありますから。
これでは確たる参考になりませんね(汗)(文法解釈の部分は自信ありです)。言葉の専門家のお考えを聞いてみたいですね(^^♪。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは
また、回答をありがとうございます。

>これは「決議」は日本語(大和言葉)ではなく、日本語に取り込まれた外来語なので名詞扱いにしているからではないでしょうか。

そうですか、「日本語に取り込まれた外来語なので名詞扱いにしている」ということでしたら、なんとなく分ります。

>中国語では「決議」単独使用の場合は名詞として扱い、「議決」は動詞扱いで

中国語にも、両方の表記があるのですね。

言葉の専門家と言われる人たちにも、このような問題が問題として捉えられているのでしょうか。♪♪♪

お礼日時:2004/11/24 22:47

憲法では次のように使い分けられています。



【第56条】両議院は、おのおのその総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。

【第69条】内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

「議決」は「議して決する」であり、「はかる(相談する)」ことです。この「義」は動詞の役割をしています。

「決議」は「議を決する」であって、「かんがえ(意見)」のことです。この「義」は名詞の役割をしています。

>決議が成立した、とは言っても、議決が成立したとは言えない…

前述の観点から、言われるとおりかと思います。
なお、文化庁発行の『言葉に関する問答集』(平成7年) を参考にしましたので、お近くの図書館などで探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「議して決する」

この「議する」というのが分らないのですが、審議するという動詞ではないのでしょうか。
「決する」は動詞に間違いがないようですが、「決議」となると、その「議」は、やはり名詞の役割をしていることになりそうですね。
後ろの語の方に重心があるということですね。
漢語だと反対になるようにも思われるのですが、難しいですね。

回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/11/24 22:28

こんにちは。


最近は混用されてるようで、おっしゃる言い回しも聞かれる事があります。

ただ、元々は「決議」というのは、「議決」によって決まった文書そのものを意味し、「議決」はその決める作業を言うのですから、おっしゃる疑問はもっともだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは
回答をありがとうございます。

私の疑問も、他の方と共通したものと考えてよいのですね。
議決は作業、プロセスであり、決議は結果、結論ということでしょうね。

お礼日時:2004/11/24 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q議決と決議の違いを教えて下さい。

中学の公民の勉強で、議決と決議がよく分からないです。

教科書本文や、巻末資料の日本国憲法をみたところ、

内閣不信任については「内閣不信任(の)議決」「決議」「決議案」(憲法で言うと69条)
なのですが、法律案や予算案、首相の指名の関してなど、
内閣不信任以外はすべて「議決」「議決する」となっています。

また、地方議会がもつ首長に対する権限は「不信任議決権」で
内閣不信任と違い「議決」という言葉が教科書では使われています。

「決議案」とは言っても「議決案」と言うのはパッとしなくて、
「議決権」とは言っても「議決案」と言うのもパッとしません。
ですが、「決議する」「議決する」もなんとなく響は違うのですが、
意味の違いは無いような気がします。

教科書を見たところ内閣不信任は「決議」、他は議決、というのかな、
という感じもしますが、それではおかしい感じもします。

どういうところでどっち使う、
この言葉はこっち!と決まっている、などと言うことを教えてもらえないでしょうか。

ちなみに、カテゴリーをどこにしたらいいのか分からなかったのですが、言葉の関係などで法律がいいのかな、と思い法律にしました。

中学の公民の勉強で、議決と決議がよく分からないです。

教科書本文や、巻末資料の日本国憲法をみたところ、

内閣不信任については「内閣不信任(の)議決」「決議」「決議案」(憲法で言うと69条)
なのですが、法律案や予算案、首相の指名の関してなど、
内閣不信任以外はすべて「議決」「議決する」となっています。

また、地方議会がもつ首長に対する権限は「不信任議決権」で
内閣不信任と違い「議決」という言葉が教科書では使われています。

「決議案」とは言っても「議決案」と言うのは...続きを読む

Aベストアンサー

日本語としては両者にほぼ差はありません。
けつ‐ぎ【決議】
[名](スル)会議である事柄を決定すること。また、その決定した内容。「企業の誘致を―する」
ぎ‐けつ【議決】
[名](スル)合議して決定すること。また、その決定された事柄。「満場一致で―する」

基本的には法律や憲法でどちらの文言が定められているかで決まります。ご質問にある内閣不信任決議はその例です。
一般には、決議は決定の内容を、議決はその内容を合議によって決定することを指す事が多いです。しかし特に定まっているわけではありませんので「決議権」や「議決案」等と言う言葉もあります。

例えば、抽象的に組織としての地方議会は知事らに対する不信任決議ができますから不信任「決議権」を持っています。それを行使する場合、不信任決議案を審査したうえ議員の合議によって決定することになりますから、議会(議員)には不信任「議決権」があるということになります。
また、衆議院では内閣総理大臣の不信任「決議案」や法律案の衆議院「議決案」が、衆議院で「議決」されます。

ようは法令の定めがある場合にはそれで、そうでない場合は慣用で決まっていると言うことですね。

日本語としては両者にほぼ差はありません。
けつ‐ぎ【決議】
[名](スル)会議である事柄を決定すること。また、その決定した内容。「企業の誘致を―する」
ぎ‐けつ【議決】
[名](スル)合議して決定すること。また、その決定された事柄。「満場一致で―する」

基本的には法律や憲法でどちらの文言が定められているかで決まります。ご質問にある内閣不信任決議はその例です。
一般には、決議は決定の内容を、議決はその内容を合議によって決定することを指す事が多いです。しかし特に定まっているわけではあ...続きを読む

Q決議と議決の違い(会社法)

 旧商法第260条ノ2第2項では、取締役会の決議について特別の利害関係を有する取締役は、当該取締役会の「決議」に参加することはできないとされていましたが、会社法第369条第2項においては、「議決」に参加することができないものとされています。
 「決議」と「議決」の違いってなんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、議決=会議体が行う意思決定行為、議決=会議体の意思決定の内容です。

例えば「社長解任の決議を議決する」などと使えます。また「内閣不信任の決議」も、「国会の議決の一つ」です。

ただ、「決議を議決する」ことを、「決議する」といっても間違いではありませんし、むしろ、一般的には、「決議する」とだけいいますね。

Q「決議」と「議決」の違いは?

「決議」と「議決」の意味はどのように違いますか?

また、実際の文脈上で、どのように使い分けますか?具体例があれば、助かります。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%B7%E8%B5%C4%A1%A1%B5%C4%B7%E8&ct_select=1&ct0=210&ct1=626&ct2=

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%B7%E8%B5%C4%A1%A1%B5%C4%B7%E8&ct_select=1&ct0=210&ct1=626&c

Q審議と協議

団体で事務をやっていて、そこでの理事会の議事録を作成しています。

議題は殆どが協議事項から成り立っています。しかし、先日に協議と審議を使い分けるようにと理事から言われました。

審議とは新たな事業の承認、予算を伴うものの承認と言われたのですが、いまいち掴めません。

例えば、年間行事で12月に行われる行事が11月に繰上げする事が理事会で決まったらそれは審議と協議のどちらになるのでしょうか。

ご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、その理事さんなりの線引きがあると思うので、僕からの
提案が絶対正しいとは思わないでくださいね。ある程度質問者
さんなりの線引きをしていって、指示を受けたら修正していく
くらいの感じで良いと思います。その上で、一般論としてのアド
バイスは以下のようになります。

「協議」とは、人が集まって相談することですよね。ですから、
やるやらないが決まっていないことを検討(アイディア~企画レベル)
したり、新たな方向性を探る話し合いや、提案事項を募るような
場合に使うのがよいかと思います。

一方「審議」とは、白黒ハッキリさせる(可否を決める)場合
に使う言葉かと思います。予算や稟議書を承認したり、修正・否決
を決定する場合等にぴったりきます。場合によっては、何かやった
事業(行為)を後から評価決定する場合にも使われる言葉ですが、
基本的には多数決をとるとか、参加者の総意をまとめたときに
使われるのがよいかと思います。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q法人役員の重任、再任、就任の違い

ご教示お願いします。
役員任期登記で、重任、再任、就任の違いに
ついてお教え下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

重任:今現在役員の人が再選され任期が更新された時
就任:今現在役員ではない人が選任された時
再任:これを登記で使うことはないでしょう。見たこと有りません。

参考URL:http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

Q『又は」、「若しくは』の使い分け方

「もしくは」「または」は、どう使い分けるのでしょう。
それから、
「および」「かつ」なども使い分け方が分かりません。
法律の条文を読むときにこれが分からないと
論理構造がわからず、意味がわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。
長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。

●まず,単純に2つを並べる時は「又は」「及び」を使います。
・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。(第17条)
・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。(第19条)
●3つ以上の場合。
○並列の場合は,最後のつなぎにのみ「又は」「及び」を用い,あとは読点「、」を打ちます。
・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。
○大小がある場合は,「若しくは」<「又は」,「及び」<「並びに」です。
・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。
(これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。)
(この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。)
・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。(第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。

●「かつ」は,条件が常に両方成立することを示します。
・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。(第34条)

最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。
1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。(以下略)
2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。(以下略)

第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。
さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。

「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき
若しくは
(副知事若しくは助役)も欠けたとき」
又は
「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において
  (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき
  若しくは
   当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」
は、…

また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。
条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。
ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。「小並び」「大並び」といいます。
以上,ご参考まで。

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。
長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出...続きを読む

Q策定と制定の意味の違い

「策定」と「制定」の違いについて教えていただけないでしょうか? 

Aベストアンサー

「策定」-政策、計画を定める - Plan 、Project に関する取り決め
「制定」-法律、規則を定める - Law 、Rule に関する取り決め

Q同意書・契約書・確約書・確認書・誓約書の違いを教えてください!

タイトル通りです。
同意書・契約書・確約書・確認書・誓約書の違いが知りたいのと、その効力・効果などを知りたいです。
会社、個人の慣習により多少違うと思いますが、色々しえてください。よろしくお願い致します。

ちなみに、「同意書、約款、規約、契約書の違いを教えてください。」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=90145
というページはすでに参考にさせてもらいました。

Aベストアンサー

「誓約書」
有ることを相手に約束するために差し入れる書類です。
入社時に「就業規則に従うとか、会社に損害を与えた場合は責任をとる等」の事項を約束する場合にも書きます。させるものです。

「確約書」
或る事柄を必ず実行すると約束する時に書きます。

「確認書」
或る事柄を双方で確認したことを、後日のために書類にして残す場合に作成します。

「同意書」
相手の意見・考え方などに、賛成したり、その行為をみとめることを意思表示する書類。
手術などの時に病院に提出します。

「契約書」
商取引きなどで約束した条項を記し、その取引の成立を証明する文書。
売買契約書 賃貸借契約書などがあります。

いずれも、公序良俗に反しない内容で、差し入れた者や双方が了承して、署名捺印が有れば効力が有ります。


人気Q&Aランキング