電子レンジの「あたため」で、氷が解けないと聞いたので試してみると、本当に解けませんでした。(1分間位)
 これを説明できる方、ご回答願います。

 あと、「生もの解凍」で肉や魚を解凍したときに、
部分部分で煮えた状態のところができますが、大学で研究をしている方の話によると、絶対口にしてはいけないそうです。かなり害があるそうなのですが、考えられる理由は何なのでしょう? たんぱく質の変性か何かで毒性物質が生成されるとか???(こっちは化学のほうで質問したほうがいいのかもしれませんが、)

 ひまな時でいいですが、気になるのでどなたかすぐ回答いただける方、よろしくお願いしします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

 前半について仮説を。



 「氷は氷であって水ではないから」という考えはどうでしょうか。
 電子レンジは、水の分子を振動させて物を暖めますよね。でも氷は分子同士が結合してしまっていてほとんど振動がないのです。ゆえに解けない、ということは……駄目ですかね(^_^;
 どうせ間違ってるんだろうな。
    • good
    • 0

前半は解りません。

後半の質問に関して。

「生もの解凍」で肉や魚を解凍したときの煮えた状態のところには,肉や魚のたんぱく質中のトリプトファンが分解して強力な発癌物質が出来ているはずです。したがって,口にしないほうが無難です。

最も,かなりの量をとらないと実際に発癌するのは難しいかもしれませんが。後,キャベツなどの野菜にはこの発癌物質を分解(?)する物質が含まれているそうです。ですから,肉や魚と同時に野菜もとった方が良いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【熱伝導】冷凍パウチは水と空気、どちらのほうが解凍が早い?

料理で冷凍パウチを解凍することがあります。

空気のほうが水よりも熱伝導が高いので
常温に置いていたほうが水の中に入れるより
早く解凍すると思っていました。

しかし実際は、おなべに水を入れてその中に冷凍パウチを
置いていたほうが早く解凍します。

おそらく、室内の空気温度と水の温度を同じにした
状態でも水に入れた冷凍パウチのほうが早く解凍
すると思います。

自分は理系だったので、そのあたりの勉強をしたはず
ですが、この理由がわかりません。

やさしく(高校生くらいに)教えてくれる方、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何を言っているんだ?

水の方が圧倒的に熱伝導率が高いぞ。

空気は断熱材変わりになるくらい、熱伝導率は低い。

参考URL:http://www.ssc.slp.or.jp/faq/6.htm

Q雪って土とかには解けずによく残ってますが、アスファルトの上だとすぐ解け

雪って土とかには解けずによく残ってますが、アスファルトの上だとすぐ解けるようです。なぜですか。

土のほうが雪と接している面積が少ないからでしょうか。土とアスファルトの構成物質の違いからでしょうか。
詳しく説明してください。

Aベストアンサー

水は空気と比較して熱を伝えやすく、熱の移動も手助けします。
積雪の表面は、空気に接してなかなか溶けませんが、雨などは降るとかなり速い速度で溶けてくれます。

一方、積雪下の地面に触れた部分からも溶解しています。
アスファルトなど、水分が染み込みにくい材質は、積雪表面から溶けた水分も下の方にたまり、地中からの地熱を伝えやすくなります。
それによって溶けた雪も、さらに水となって雪の中にたまり、熱の伝導を助けます。
さらに溶けて溜まりきれなくなった水分は、積雪下部を伝って低いところに流れ、熱の移動を手助けしています。

地上の積雪は、溶けた水分が直ちに地中に染み込んで行きます。
その結果、積雪の粒の中に空気の隙間が多く出来、地表からの水分は早く素通りさせ、地表との間にも隙間が出来て、地熱の伝わり方もわるくなります。

人通りの多い所が早く溶けてしまうのも、常に雪の中の空間を押し固め、地表の隙間も無くなって地熱も伝わりやすくなります。
また、水分をかき回すことによって熱の移動も良くしています。
勿論日差しが有れば、黒いアスファルトが熱を吸収して暖まりやすく、まばらに積もった場合は溶けやすいことも有りますね。

庭の芝生の上の雪が溶けにくいのを見たことがありませんか。
これも、芝生により地熱が伝わりにくく、溶けた水分もすぐに芝生の下に染み込んでしまうからです。

水は空気と比較して熱を伝えやすく、熱の移動も手助けします。
積雪の表面は、空気に接してなかなか溶けませんが、雨などは降るとかなり速い速度で溶けてくれます。

一方、積雪下の地面に触れた部分からも溶解しています。
アスファルトなど、水分が染み込みにくい材質は、積雪表面から溶けた水分も下の方にたまり、地中からの地熱を伝えやすくなります。
それによって溶けた雪も、さらに水となって雪の中にたまり、熱の伝導を助けます。
さらに溶けて溜まりきれなくなった水分は、積雪下部を伝って低いと...続きを読む

Q体をあたためるには。体を冷やさないようにするには。

先日子供とプールにいったときに、ふと疑問に思いました。

プールの長時間いて体が冷えたきました。子供がスティームルームに行こうというので一緒にいきました。温度はみませんでしたが、息をするのがくるしいほど熱いですね。でも、体はなかなかあたたまらない。

ジャグジーもあるのですが、せいぜい40度。でも、そこにつかるとあっという間に体が温まる気がします。

スティームルームの温度はさだかではないですが、まちがいなく40度よりもかなり熱いはずです。それなのに、なぜ、液体の体をつけたほうがすぐに体があたたまる(ように感じる)のでしょうか?

プールにつかっていたままではどんどん体温がさがりますね。(プールの水が体温より低いとします。)かといって、体を冷やさないためにプールにでると、ぬれた体ではプールの外がもっとさむく感じます。(水気をふくタオルがないとします。)これは気化熱(でしたか?もう物理はずいぶん昔のことなので、用語もあやふやです。)で体の熱がもっていかれるから寒いのですよね?でも、ここをがまんすれば、ずっとプールの中につかっているよりは体温が下がっていくのをくいとめることができるということなのでしょうか?(たとえば、海で船がしずんでしまったとき、水の中にいたままのほうがいいのか、ちょっとさむいのをがまんしてでも外にでていたほうがいいのか、という状況を考えてみました。)

先日子供とプールにいったときに、ふと疑問に思いました。

プールの長時間いて体が冷えたきました。子供がスティームルームに行こうというので一緒にいきました。温度はみませんでしたが、息をするのがくるしいほど熱いですね。でも、体はなかなかあたたまらない。

ジャグジーもあるのですが、せいぜい40度。でも、そこにつかるとあっという間に体が温まる気がします。

スティームルームの温度はさだかではないですが、まちがいなく40度よりもかなり熱いはずです。それなのに、なぜ、液体の体をつけ...続きを読む

Aベストアンサー

例えば、
1cmX1cmX1cmの水と、
1cmX1cmX1cmの水蒸気
どちらが水の分子が多いでしょうか?

水が水蒸気になると体積が約1700倍に膨張します。
ということは、1立方センチの水が水蒸気になると約1700立方センチになります。

逆に1立方センチの水蒸気が水になると約1700分の1立方センチになります。

つまり、水が水蒸気になると約1700倍に膨張して分子の密度が薄まるわけです。

密度が濃いほど熱は伝わりやすく、密度が薄いと熱は伝わりにくくなります。

例えば台所で指を火に当てたとします。(まねしないように)
火の温度は約800~1000度くらいですが、一瞬なら平気です。火傷もしません。
では800~1000度の真赤な鉄に指を当てたらどうなるでしょう?
例えほんの一瞬でも火傷してしまいますよね。

ガス(火)は密度が低く、鉄は密度が高いため、
同じ温度でも火傷したり、しなかったりするのです。
これと同じです。

要するに同じ温度、同じ体積なら水蒸気は水の約1700分の1しか熱を伝えない。
ということになります。

水蒸気(気体)は水(液体)と比べて分子の密度が薄いため、
熱を伝えるのに時間がかかるわけですね。

だからジャグジー(お風呂)は温まりやすく、
スティームルームは熱くても温まりにくいのです。

例えば、
1cmX1cmX1cmの水と、
1cmX1cmX1cmの水蒸気
どちらが水の分子が多いでしょうか?

水が水蒸気になると体積が約1700倍に膨張します。
ということは、1立方センチの水が水蒸気になると約1700立方センチになります。

逆に1立方センチの水蒸気が水になると約1700分の1立方センチになります。

つまり、水が水蒸気になると約1700倍に膨張して分子の密度が薄まるわけです。

密度が濃いほど熱は伝わりやすく、密度が薄いと熱は伝わりにくくなります。

例えば...続きを読む

Qプルトニウムの拡散と毒性

プルトニウムについて2点質問があります。

1.「プルトニウムは質量数が重いので、周辺には拡散しにくい」という説を見かけたのですが
これは本当ですか? 蒸気でプルトニウムが漂っていたら、普通の気体と同じように拡散し
黄砂や煤煙などの拡散しにくい物質とは、オーダーが違うように思うのですが、どうでしょうか?

2。「プルトニウム239は半減期が約2万4000年と長いので、放射線を出す能力は逆比例で弱いから安全」というのは本当ですか?にわかには信じがたいのですが・・・

Aベストアンサー

1.ほとんどあてになりません。質量数が大きい(重い)ことが拡散しにくいことにはなりません。金属中を拡散する話ではないでしょう。
これを言うなら密度でしょうが、それならいくらか言い分はあるとは思いますが。
確かに金属プルトニウムは、密度が19.8[g/cm^3]ほどで物質の中では大きな密度を持っています。しかし、これは金属としてであって、プルトニウムが必ず金属として存在するわけではありません。化合物になれば、それほど大きい密度を持つものはないでしょう。
また、密度が効果的に作用するような大きな粒で飛散するわけではありません。
仮に密度がいくらか大きくても、微粒子になればその効果はなくなってきます。その微粒子が単独で存在するとも限りません。ミストやダストの微粒子にのっかれば、本来の密度の差などなくなってしまいます。
というわけで、誰が言ったか知らないが、あまり信用しない方がよさそうです。

2.「放射線を出す能力は逆比例で弱い」というのはその通りだが、だからといって安全とは言えない。外部被ばくはともかくとして、内部被ばくでは、生物学的半減期も数十年から100年程度(,ネットで検索しても出所が不明のものが多くばらつきがあるが、他の物質と比べてと長いという点は一致しているようだ)と長いので、危険性はそれだけ増す。
また、放射線とは別に毒性があるとされているので、「安全」というのは「にわかには信じがたい」ですね。

1.ほとんどあてになりません。質量数が大きい(重い)ことが拡散しにくいことにはなりません。金属中を拡散する話ではないでしょう。
これを言うなら密度でしょうが、それならいくらか言い分はあるとは思いますが。
確かに金属プルトニウムは、密度が19.8[g/cm^3]ほどで物質の中では大きな密度を持っています。しかし、これは金属としてであって、プルトニウムが必ず金属として存在するわけではありません。化合物になれば、それほど大きい密度を持つものはないでしょう。
また、密度が効果的に作用するような大きな...続きを読む

Q自然光 偏光 部分偏光について

偏光の意味は、例えば直線偏光の場合ですと、電場の振動方向が常に一定である光として理解しています。
しかし、自然光と部分偏光の意味がいまいち理解できません。
調べた限りでは、
自然光・・・『振動方向が一様でランダムに分布している光』
部分偏光・・・『振動方向が特定の方向に強く分布している光』
となっていましたが、これは、次のように理解すればいいのでしょうか?

【自然光】
ある位置において、ある瞬間を見れば振動方向は1つに決まっているが、次の瞬間を見れば振動方向は別の方向を向いている。
その振動方向がどこを向くかは全くのランダムであり、かつ、振動ベクトルの大きさはどの方向においても等しい。
【部分偏光】
自然光と同様だが、振動ベクトルの大きさが特定の方向でのみ強くなる。

この考え方で合っているのでしょうか?
分かる方いましたら、よろしくお願い致します。


ちなみに、何故こんな疑問を持ったのかの理由は、以下のようになります。

良くみかける自然光の図、例えば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%8F%E5%85%89
を見ると、自然光の図として3方向の成分を持つ光が同時に伝搬しているように描かれている。
しかし、このような図では、その3方向成分をベクトル的に足し合わせてしまえば結局1方向の成分のみを持つことになるので、自然光じゃなくて単なる偏光なのではないか。
したがって、様々な偏光方向を持つ光が『同時』に伝搬していくという書き方は、正しくないのではないのか?

偏光の意味は、例えば直線偏光の場合ですと、電場の振動方向が常に一定である光として理解しています。
しかし、自然光と部分偏光の意味がいまいち理解できません。
調べた限りでは、
自然光・・・『振動方向が一様でランダムに分布している光』
部分偏光・・・『振動方向が特定の方向に強く分布している光』
となっていましたが、これは、次のように理解すればいいのでしょうか?

【自然光】
ある位置において、ある瞬間を見れば振動方向は1つに決まっているが、次の瞬間を見れば振動方向は別の方向を向...続きを読む

Aベストアンサー

前回の回答は、色んな事に答えようとしていて、肝心の最初の疑問に答えていませんでしたね。

 直線偏光同士を足し合わせた時の偏光面がどうなるのかは、リサージュ図形で理解する事ができます。垂直偏光している光の電場ベクトルはY方向の単振動として表現でき、水平偏光しているものはX方向の単振動として表現することができます。これらの足し合わせをした電場ベクトルの終点の軌跡は、もし周波数が一致していれば、直線か円、もしくは楕円になります。偏光面が互いに直交していない場合でも、直交している組に分解できますので結果は同じです。つまり、周波数の同じ直線偏光同士を足し合わせても別の偏光状態ができるだけです。ということで、最初の疑問における「このような図では、その3方向成分をベクトル的に足し合わせてしまえば結局1方向の成分のみを持つことになるので、自然光じゃなくて単なる偏光なのではないか。」というのは正解です。その図が不正確ですね。

 しかし、リサージュ図形を見ればわかるように、異なる周波数の単振動を足し合わせた場合には、軌跡は直線や円、楕円とはことなる図形を描きます。たった二つの振動を足し合わせただけでも複雑な図形になるのですから、様々な周波数の振動を足し合わせれば非常に複雑で予測が困難な軌跡になるのは容易に理解できると思います。
 自然光というのは、発光原理から様々な周波数の波が含まれています。これが自然光が無偏光であるのが自然な理由です。

参考URL:http://www.uec.ac.jp/uec/uec-logo/lissajous-charts.html

前回の回答は、色んな事に答えようとしていて、肝心の最初の疑問に答えていませんでしたね。

 直線偏光同士を足し合わせた時の偏光面がどうなるのかは、リサージュ図形で理解する事ができます。垂直偏光している光の電場ベクトルはY方向の単振動として表現でき、水平偏光しているものはX方向の単振動として表現することができます。これらの足し合わせをした電場ベクトルの終点の軌跡は、もし周波数が一致していれば、直線か円、もしくは楕円になります。偏光面が互いに直交していない場合でも、直交している...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報