広告業界に詳しい方や興味のある方に質問です…。
CMプランナーやプランナーを目指している人のページ・サイトを探しているのですがなかなか見つかりません。
コピーライター等のサイトは幾つか見つけたのですが…。
出来ればCMプランナーになるための方法とか情報を得る事の出来るページや本を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

再びmasutechです。



賞関係や講座等は経験になるので積極的に参加されて良いと思います。しかし、具体的に就職に結びつくかというと、これはちょっと難しいかもしれません。
また昔の話になりますが、講師や参加者のコネで仕事にありつくなんていう事もあったようですけれど、やはり最近ではあまり聞きません。この職業、職人気質なところがあるので、かつては「弟子入り」「バイトから潜り込む」等の入り口がありましが。が、今では一般の就職事情と変わりません。制作プロダクションも企業としての性格が色濃くなって来ているので、昔のような良い意味での「いい加減さ」も減りつつあります。ですから私のお勧めする方法は、ごくごく普通の就職活動だったりするのです。

>masutechさんはどのような経緯でコピーライターになられたのですか?

私もごく普通の就職活動を経て制作プロダクションへ就職しました。広告業界は人材の流動が激しく、転職が当たり前の世界ですので、とりあえずどこかに就職しようという気持ちで手当たり次第に試験を受けました。最初の会社は修行と割り切って独り立ちすることを目標に働き、4年後に独立して現在に至ります。

>今年大学を卒業して只今就職活動中です。

ということは、今はフリーな状態ですよね。だったら、自分のやってみたいこと、好きなこと、興味があることにとことん挑戦してみてはどうでしょう。コピーライティングというのは、センスやアイデアの前に技術が重要だと私は思っていますが、これは実際にコピーライター見習いとして実地で身につけるものです。仕事に就くまでにプロとして通用するレベルの技術を身につけるのはちょっと無理だと思います。だからむしろ、それ以外の経験や視野が、今の時期にしか手に入れられない大切なもののように思います。これだけは人に負けないというくらいの得意分野があると、コピーライターになった際に強力な武器になるはずです。そしてまた就職活動の際にもポイントになるでしょう。
例えば、私が今コピーライターとして学生時代を振り返った時に、やっておけば良かったと思うことの代表が旅です。日本各地を自分の目で見て、いろいろな人々の生活や考え方に触れ、名産や郷土料理を食べる。たったこれだけのことが、後々どれほど役に立つことか。今さらながらにちょっと後悔しています。
コピーは読む人の顔を想像して書くものです。その顔をどれだけたくさん、そして具体的にイメージすることができるか。そこらへんで良いコピーと悪いコピーの差がつくのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

masutechさん、深く回答して頂きありがとうございます。

『それ以外の経験や視野が、今の時期にしか手に入れられない大切なもののように思います…』
私の自慢出来る事、自分に誇れる得意分野があるという事はそれだけで何事もプラスになる様な気がします。
(改めて、今そう思いました・・・)
自分の為に強力な武器をつくりたいと思います。

ためになる回答をして頂き、本当に嬉しいです。
就職活動も含め、頑張ります。

お礼日時:2001/08/14 01:37

更にご質問を頂いたようなので



>営業からプランナーへ異動するという事なのでしょうか?

異動するというのもありますが、ふつう、プランナーは営業の一部分を
なしています。
良く混同されますが、コピーライターは制作の仕事なので、営業とは
別のセクションです。

たとえば、電通の場合、プランナーは営業のバックアップメンバーとして
位置づけて、同じ部署に居ます。
たしか、ラテ局全体で50人ぐらいだったと思います。

たとえば、営業が1000万円のPRを受注しようとしたら、
それをどの媒体にどれだけ割り振り、それをどのように活用するのか、
ということをプランナーは練ります。
で、すぐに営業はこれを持ち帰りますから、別部署ではまずいわけです。
また、現場を知らない人間が作ったプランは、
確実に持ち込み先ではねられます。

>下にあった講座等からコピーライターやプランナーになる人もいるのではないで
>すか?

コピーライターは居ますが、プランナーは
わたしの廻りには居ないですね。
現場に居る方がずっと知ることが多いですから。

>営業から始まるという事は初めて知りました。

CMの世界は、クライアントから出稿されてナンボ。の世界です。
営業が勝てばあとはなんとかなるのですが、
営業が負けたらおしまいで、一銭も回収できません。
各社の営業は、コンペで勝かどうか、これにすべてが左右されます。
もちろん、プランナーの仕事も、このコンペで営業を勝たせることが第一、
ここに、効率的なCMプランが必要になります。

次に、それを制作局に渡して、
確実に提案通りの物を作ってもらい、提案以上の効果を上げる事が
プランナーには要求されます。
ここで失敗すると、次の営業に響きますが、
最後に、失敗した言い訳をきっちりこなせれば何とかなります。

ここらへんは、ビックコミックスピリッツ連載
気まぐれコンセプト が、ものすごく正確に描いています。
もちろん、この漫画でも、制作は営業と一体化し、プランナーは
営業の一部としてプレゼンに臨んでいます。
コピーライターの松井君が、いつの間にか
プランナーに変身していましたが。ナオミさんはまだコピーライターですから
異動したみたいです。


>広告関係のお仕事をされている方ですか?

ハイ。細かく言うと違いますが、その内容は勘弁して下さい。
関係している賞の名前が挙がっていたので(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答して頂き、ありがとうございます。
まだ広告業界について勉強不足の様で、いろいろ勉強になります、とても嬉しいです。

『現場を知らない人間が作ったプランは、
確実に持ち込み先ではねられます。』、これって…
『事件は会議室でおきてんじゃない、現場でおきてんだ』っという事ですよね。

追伸
ビックコミックスピリッツの”気まぐれコンセプト”
先ほど、コンビニで見てきました。
これからも読み続けようと思います。

お礼日時:2001/08/14 04:10

はじめまして。


大阪でコピーライターをしています。
現在3年目ってなとこです(まだまだガキです)。

下でいろいろな方がおっしゃられてるように、まずはいろんな賞への応募や講座に参加してみるのはありだと思います。ただそこへ行った、卒業したからといって「はい、就職」ってなほど甘くはないと思います。
ぼくも新卒で東京のプロダクションへ行き、実家の事情などで今は大阪へ帰ってきています。
大阪で再就職の活動はつらかったです。東京よりも仕事の規模や会社数が少ないうえに、作品なんてないようなもんでしたから。それでもなんとかプロダクションに潜りこみました。未だにこの業界は丁稚奉公に近いと思います。コピーライターといえども、新人のうちはデザイナーのアシスタントや営業の資料作りなどなんでもしなくてはいけません。
あと、会社によってどの媒体(雑誌の編集っぽいのやパンフレット、SP、カタログから4大媒体まで)をメインとしているのかを知らないと入ってから・・・なことになります。最初の会社で極めるのもいいけど、いろんな会社でいろんな媒体、人間関係を築くのも大事ですよ。

なんてなことをガキなりに考えてみました(笑)。
就職活動頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

会社がどの媒体・方向を向いているのか知らないと…、
基本的なことですが、なるほどと気付きました。
縦横の人間関係を築くのも重要な事なんですよね…。

P.S.
innocenceさんが大阪の方ということで・・・
最近「好きなコピーは?」という質問をしたのですけど、『ふっりーだいやる。ハヨミロっ、ワレ!!』 っていうのがありました。(関西の人なら知っているのでしょうか…?)
関西等のコピー・CMはすごく面白いですよね。

お礼日時:2001/08/14 02:17

再度。



>就職方法の一案として、[主要広告賞の受賞]を考えているのですが…

朝日広告賞など、新聞社主催の広告コンペはすごいレベルが高いです。プロのクリエイターがそれこそ何年もチャレンジしてやっとこさ獲るって感じです。もちろん何度応募しても獲れない人もいますし…。ちなみに対象作品はグラフィックのみで、募集は年に一度きり(毎年1月初め頃)だったと記憶しています。
もちろん未経験の方でもコンペにはどんどん応募すべきだし、そこで制作した作品を面接の時に持ち込み、自分のクリエイティブセンスをアピールするのは、就職活動の手段としてアリでしょう。ただ、広告賞を就職のステップとして考えるのは、難易度の点からあまり現実的ではないような気がします。あくまでも、広告制作の勉強の一環として広告賞にトライするのであればいいですが…
やはり、クリエイターは作品作ってなんぼの商売ですから、講座を受講して広告制作の基礎を学び、どんどん作品を作って会社にアタックするのが最も妥当な方法だと思います。

あと、コピーライターかCMプランナーか、どちらか希望をはっきりきめたほうがいいですね。これらの職種は、似ているようで違います…よく混同する人がいますが、厳密には仕事内容が違いますので注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、回答して頂きありがとうございます。
楽観的な考えでした、ヤッパリ…。
『作品作ってなんぼの商売』、良い響きに聞こえます。
勉強の一環として、売り込むためのネタとして…。
宣伝会議賞、読売広告大賞、ラジオCMコピー大会と
いろいろ参戦してみたいです。
sanzanさんもトライしているのですか…?

お礼日時:2001/08/11 03:43

hujimasaruさんは学生ですか?


それとも他業種からの転職をご希望ですか?

私はコピーライターですので、同じ様な質問をされる機会があります。その際の解答はずばり「そういう会社に就職しましょう」です。
プランナーやコピーライターに求められるスキルを磨くこととと、職に就くこと。これは似ているようで実はちょっと違います。他の職業でも言えると思いますが。

ということで、広告制作会社や広告代理店への就職or転職を活発に行うのことが一番の近道です。CMだけはちょっと特別なので、CMプランナーを目指すのであればCM制作会社か大手の広告代理店に入社しなければなりませんね。コピーライターであればスタートはそれほど関係ないと思います。昔は著名なプランナーやコピーライターに「弟子入り」みたいなこともあったのですが、最近はあまり聞きませんし、需要もないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、といえる回答ありがとうございます。
最後の『需要もないようです』という言葉は、
「そうかもな…」と少し冷静に考えさせられました。
私は、今年大学を卒業して只今就職活動中です。

就職方法の一案として、[主要広告賞の受賞]を考えているのですが、プラスになりますよね…。
あと、masutechさんはどのような経緯でコピーライターになられたのですか?

お礼日時:2001/08/10 02:17

ちょっと厳しい回答ですが、


サイトなどを見て希望の職業に。という発想をされる事自体、
すでにCMプランナーには向いていないですね。

CMプランナーと呼ばれる人たちは、たしかに大手の広告代理店には
居ますが、イベンターと同様、実際には営業職の仕事の一部です。
ですから、地道に広告代理店で営業をするところから
始めるしか、実際にプランナーになる方法はありません。
営業力、特に、企画営業力をみとめられ、
中から営業企画をバックアップするようになったときに
その人にプランナーという名前が与えられます。

下の回答の方の2つの入口は、比較的著名な入口ではありますが、
実際にプランナーとして活躍する場が与えられるわけではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

営業からプランナーへ異動するという事なのでしょうか?
下にあった講座等からコピーライターやプランナーになる人もいるのではないですか?
いきなりプランナーになる事は出来ないかもしれないのですが…
営業から始まるという事は初めて知りました。
広告関係のお仕事をされている方ですか?

お礼日時:2001/08/08 23:35

月刊誌「宣伝会議」が主催するCMプランナー講座に参加されては?


CMプランナーの入り口としては割と有名どころです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宣伝会議の主催するこの養成講座に
参加したいと思ってはいます。
少人数制で行う講義みたいですね・・・。
専門家とありましたが、経験者ですか?

お礼日時:2001/08/08 21:52

『広告批評』っていう雑誌(月刊)はご存知ですか?


そこが主催している広告学校というのがあります。

参考URL:http://www.kokokuhihyo.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

広告批評と宣伝会議という本は読んだ事があります。
他にためになる本ってありますかね?

お礼日時:2001/08/08 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコピーライターを探しているのですが

自分の体験談などを書いてくれるコピーライターを探しているのですが、
どこで探すのが、多くのコピーライターと出会えるのでしょうか。

できるだけたくさんのコピーライターを見つけたいと考えています。

Aベストアンサー

「体験談」と「コピーライター」ってあまり合わない気がするのですが。
コピーライターは「キャッチコピー」を書く人なんですけどね。

普通のライターじゃだめなのでしょうか?

まあ、どちらにしてもフリーランスは口コミで仕事をすることが多いので、
なかなか見つけるのは大変なのですが、こういうサイトもあります。
http://www.lancers.jp/
正直、玉石混交ではありますが、コンペ形式なら結構良い人が出てきます。

Q広告デザインからCMプランナー

いつもこちらでアドバイス頂いております。

私は広告制作会社に入って1年ちょっと働いております。
美大卒業後、チラシなどを作る3人の弱小企業に2年ほどつとめ、
今のプロダクションに入ることができました。

グラフィックデザインは好きですが、
どちらかというと昔からアニメーションが大好きでした。
それでもなぜか大学では映像の道には進まなかったのですが、
そちらの道を歩んでみたいという気持ちも出て来ました。。。

というのも、たまに今の会社でCMの企画やコンペの依頼が
極マレにあるのですが、絵コンテを描いて、ストーリーのように
話をまとめるのが楽しいですし、一枚絵で考える広告デザインよりも
幅が広いので可能性も大きく考えていて楽しいのです。

また、その案に対して褒めてもらえることもあり、
「映像との相性が良いのかもしれないね。」と言われたりもしました。

かといって私ももう28歳と若くないので
このまま広告デザインの道で頑張るか、それとも大きく方向転換して
映像の道に行くか悩んでいます。
今の世界も決して嫌いではありません。ただ、映像の方がより好きではあります。

例えばですが、広告デザイナーから、CMプランナーに
なるためには、映像の専門学校など行かないとなれないのでしょうか?

ソフトはIllustrator、Photoshopしかできませんが、
新たなソフトの習得は必須ですし、独学ではなかなか限界もあるのではと
思っています。

質問の要点をまとめますと、


●広告デザイナーからCMプランナーへの方向転換の方法。
専門学校の他どういう道があるのか。

●この年齢で、専門学校に行ったとしても就職ができるのか。
先を考えたら、今のまま頑張るべきなのか。

●映像制作(CMやアニメーションなど)に関わっている方、
仕事はやはり広告デザイナーとは大きく異なるものなのでしょうか。


その他、実体験など興味がすごくあるので
アドバイス頂けると嬉しいです。

よろしくお願い致します。

いつもこちらでアドバイス頂いております。

私は広告制作会社に入って1年ちょっと働いております。
美大卒業後、チラシなどを作る3人の弱小企業に2年ほどつとめ、
今のプロダクションに入ることができました。

グラフィックデザインは好きですが、
どちらかというと昔からアニメーションが大好きでした。
それでもなぜか大学では映像の道には進まなかったのですが、
そちらの道を歩んでみたいという気持ちも出て来ました。。。

というのも、たまに今の会社でCMの企画やコンペの依頼が
極マレにあるのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
フリーでCMのプランニングの仕事をしています。

プランニングの仕事は若いうちにできるだけ実績を積むのがベストです。
今から学校へ行っている暇はありません、CM制作会社や広告代理店を
受けまくって、プランナーを募集している会社に入るのが一番です。

28歳は広告業界では決して若い方ではありません。
とはいえ、遅すぎるというほどでもありません。
今から真剣にがんばれば、そして実力があるならば、可能性はあると思います。

今までやってきたCMの企画の仕事で、形(実際のCM)になったものはありますか?
あればそれを持って面接に行きましょう。
形になっていなくても自分で気に入っている企画があればそれも
プレゼンしてもいいと思います。

とにかく、この世界は実績がすべてと言っても過言ではありません。
「どれだけ面白いものを/クライアントの要望を叶えつつ/15秒30秒に
まとめられるか」です。

よく、「面白いけどオリエンに叶ってない」とか「面白いけど尺におさまってない」
とか言ったものを書いてくる人がいますが、それはプロではありません。

また、CMはあらゆるジャンルの商品を扱う仕事ですので、好きだけで
なかなかやっていけない部分もあります。
もしアニメが向いていると思うならCG制作会社を狙うのもありだと思います。
ただやはりこちらも実績が必要だとは思いますが……。

こんにちは。
フリーでCMのプランニングの仕事をしています。

プランニングの仕事は若いうちにできるだけ実績を積むのがベストです。
今から学校へ行っている暇はありません、CM制作会社や広告代理店を
受けまくって、プランナーを募集している会社に入るのが一番です。

28歳は広告業界では決して若い方ではありません。
とはいえ、遅すぎるというほどでもありません。
今から真剣にがんばれば、そして実力があるならば、可能性はあると思います。

今までやってきたCMの企画の仕事で、形(実際のCM)になったも...続きを読む

Qコピーライターになりたい。

コピーライターをすでにやられている方、または広告関係で働いていらっしゃる方に特に質問させていただきたいです。
私は今年の三月に大学を卒業しました。
今もコピーライターになるために就職活動を続けています。大学在学中、そして卒業後にもコピーの講座に通いました。
今の私の現状だとコピーライターになる事はかなり難しいと思いますが、どうしても諦められません。(新卒でもなければ、転職でもないので)
今、アルバイトで働いている会社(広告とは全く関係ありません)が、社員にならないか、と誘ってくれています。いつまでもフリーターではいられないので、今年度いっぱい就職活動をして、ダメならその会社に入社しようと思っています。
今年度も、もうあと四ヶ月くらいしかありません。かなり焦っています。
どうすれば、せめて面接までしてもらう事ができるでしょうか。コピーライターの募集だと私は対象外の事が多くて、難しいのです。
もしも、これを読んでくださっている方の中にコピーライターをされている方がいたら、長い目で見てコピーライターとしてやるべき事を教えて頂けたら幸いです。
今年、コピーライターとして就職できなくても、他で就職しつつコピーライターへの夢は諦めないので。

コピーライターをすでにやられている方、または広告関係で働いていらっしゃる方に特に質問させていただきたいです。
私は今年の三月に大学を卒業しました。
今もコピーライターになるために就職活動を続けています。大学在学中、そして卒業後にもコピーの講座に通いました。
今の私の現状だとコピーライターになる事はかなり難しいと思いますが、どうしても諦められません。(新卒でもなければ、転職でもないので)
今、アルバイトで働いている会社(広告とは全く関係ありません)が、社員にならないか、と誘...続きを読む

Aベストアンサー

アートディレクターですので、あまり参考にはならないかもしれませんが、コピーライターとは長年の付き合いということで書かせていただきます…。

宣伝会議賞、朝広、毎広などには応募されていますか。
冷やかしではなく、本気で臨んでください。死んでも賞を獲るんだという気合いで。
それ以外にも自分で課題を見つけ、書きまくるしかないと思います。

>コピーライターの募集だと私は対象外の事が多くて、難しいのです。

本当になりたくてなりたくてしょうがない人が、何故「対象外」などと言って躊躇しているのでしょうか。
例え「経験者のみ」という条件でも、駄目もとでぶつかるのが当然だと思いますが。

あなたの年齢で上記を実践しているにもかかわらず、どこも拾ってくれなかったら、能力がないか運がないかのいずれかです。
コピーライターは、努力すればなれるというものではありません。
なれる人は、かならずなれます。なれない人は、何をやってもなれません。
冷たいようですが、これが現実です。
それだけはおぼえておいていただきたいです。

ちなみに。
私の周囲でコピーライターをやっている人物は、少しづつ訓練してだんだん書けるように…ではなく、いきなり最初から書けましたというタイプが割と多いように思います。

アートディレクターですので、あまり参考にはならないかもしれませんが、コピーライターとは長年の付き合いということで書かせていただきます…。

宣伝会議賞、朝広、毎広などには応募されていますか。
冷やかしではなく、本気で臨んでください。死んでも賞を獲るんだという気合いで。
それ以外にも自分で課題を見つけ、書きまくるしかないと思います。

>コピーライターの募集だと私は対象外の事が多くて、難しいのです。

本当になりたくてなりたくてしょうがない人が、何故「対象外」などと言って躊躇...続きを読む

Q主婦でライター目指してるんですが。

ライターを目指している主婦です。
現在1歳の子供がいて、3歳になったら保育園にあずけて働きたい、と考えています。
小さいころから文章を書く仕事につくのが夢なのですが、ライターになるにはどうすればいいのかわかりません。
学校などに行けばいいのかもしれませんが、お金も時間もありません。
文章を書いて売り込む、という方法をとればいいのかと思ったのですが、具体的にどうやって売り込めばいいのでしょうか。
全く経験のない人間が、書いた文章を持って、「ライターです」といって売り込んでいいものなのでしょうか。
特に応募などないところに、急に持っていって大丈夫なのでしょうか。

Aベストアンサー

chihhytrinさん。
こんにちは。北島かよこ(主婦しています)です。
それでは、回答させて頂きますね。

>現在1歳の子供がいて、3歳になったら
>保育園にあずけて働きたい

私も、こどもが小さいときに家でできる仕事はないかな~?
と探していました。この時期は在宅が魅力的な条件ですね!

>文章を書いて売り込む、という方法をとればいいのかと思ったのです>が、具体的にどうやって売り込めばいいのでしょうか。

WEBライター募集とかで検索すれば、出てくると思いますよ。
ただし、「怪しい」のもありますので、お気をつけてくださいね!

実際、私はWEBライターとして、
仕事(副業)をしています。

またタイピングなどでも稼げるらしいので、
悪くはないのではないでしょうか?

ライターに関して言えば、
最初は文章を書く作業に手間取りましたが・・・
いまでは、記事作成に1、2時間程度しかかかりません。
(記事作成は慣れと最初の勉強方法が大切です!!)

在宅でコツコツ稼ぎましょうね。
これからもがんばってください!

chihhytrinさん。
こんにちは。北島かよこ(主婦しています)です。
それでは、回答させて頂きますね。

>現在1歳の子供がいて、3歳になったら
>保育園にあずけて働きたい

私も、こどもが小さいときに家でできる仕事はないかな~?
と探していました。この時期は在宅が魅力的な条件ですね!

>文章を書いて売り込む、という方法をとればいいのかと思ったのです>が、具体的にどうやって売り込めばいいのでしょうか。

WEBライター募集とかで検索すれば、出てくると思いますよ。
ただし、「...続きを読む

Q在宅でコピーライター

在宅でコピーライターの仕事をやりたいのですが
非常識でしょうか。
コピーライターについて色々教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今までにコピーライターとして経験があれば、
その実績をファイルに入れてデザイン会社や出版社に
持っていく事ができるのですが、これから始めるという事ですと、
いきなり仕事に結びつくのは難しいかもしれません。

ただ違う方面からコピーライターになれる可能性はあります。
例えば、毎日コラムをホームページで公開したり、メールマガジンで発行していき、人気が出れば出版社などからコピーやコラムの依頼が来るという可能性も…。

実際、知り合いがインターネットでアクセサリーショップを開店していますが、その人が書く日記やコラムがとても面白いため、ある雑誌が発行するメールマガジンにコラム掲載を依頼された…という人がいます。

本業と違っても文章を書く才能に恵まれていれば、逆に言うと誰でもコピーライターになれるチャンスがあると言えるかもしれません。

また面白ければメールマガジンの読者も増えますので、それを売り込みの際の実績にできるかもしれません。

全員にそのような幸運が訪れる訳ではありませんし、
厳しい道のりであることは確かですが、
そういう方法もなきにしもあらず…です。
頑張ってください。

今までにコピーライターとして経験があれば、
その実績をファイルに入れてデザイン会社や出版社に
持っていく事ができるのですが、これから始めるという事ですと、
いきなり仕事に結びつくのは難しいかもしれません。

ただ違う方面からコピーライターになれる可能性はあります。
例えば、毎日コラムをホームページで公開したり、メールマガジンで発行していき、人気が出れば出版社などからコピーやコラムの依頼が来るという可能性も…。

実際、知り合いがインターネットでアクセサリーショップを開店して...続きを読む

QWEB業界の専業コピーライターというものは今後、確立する?

30歳の男です。
現在、WEBディレクターをしております。
前職は出版系広告代理店で
コピーライターをしておりました。

出版業界の衰退や自らの給与の少なさつらく感じ、
3年ほど前よりWEb業界へ転職したのですが、
やはりコピーライティングをやりたいとの想いがあります。

そこで表題件を思いついた次第です。

現在、求人サイトを見ると、
WEBやモバイル関連のコピーライターを募集している
広告代理店が存在し始めていることは確かなのですが、
やはりまだTVや雑誌やラジオ業界ほど"専業"として
確立しているようには思えません。

もちろん、大企業などは専業のライターが存在する
と思いますが、中小のWEB関連会社などは
編集運営のものにコピーライティングも
兼任させているところがほとんどのように思えます。

ただし、WEB業界の広告費は年々成長しているという
良い面もあります。
それに比例するように、今後は需要が拡大していくでしょうか?


お詳しい方がおられましたら、何卒ご教授お願い申し上げます。

30歳の男です。
現在、WEBディレクターをしております。
前職は出版系広告代理店で
コピーライターをしておりました。

出版業界の衰退や自らの給与の少なさつらく感じ、
3年ほど前よりWEb業界へ転職したのですが、
やはりコピーライティングをやりたいとの想いがあります。

そこで表題件を思いついた次第です。

現在、求人サイトを見ると、
WEBやモバイル関連のコピーライターを募集している
広告代理店が存在し始めていることは確かなのですが、
やはりまだTVや雑誌やラジオ業界ほど"専業"...続きを読む

Aベストアンサー

希望的観測ですが、需要は拡大傾向にあると思います。

先年、とうとうWeb広告費がラジオを抜きました。どんな分野でも成熟が進むと職業の細分化も進みます。ということでWebにも専業のコピーライターができるのでは…と思いますが、現状、Web制作専門の会社でコピーライターを抱えている所はかなり少ないです。

広告代理店が関わる場合は、その代理店にコピーライターがいるのでその人がやりますけれど、正直、Web業界でのデザインやプログラムに比べて、コピーライティングは実作業的にはかなり「ラク」そうに見えるので(笑)、Web製作会社は専任のコピーライターを置きにくいのでしょう。アイディア出しの部分での苦労はどの職種でも同じでしょうが、「かたち」にする苦労はコピーのそれに比べて、デザインやプログラムの方がはるかに上です。その実作業量の差を補う意味で、編集や営業、ディレクションを兼任させているのでしょう。

という訳で、今はまだ、コピーライター専門、というのは難しいと思います。どうしてもやりたければ、今は編集や営業も兼任して時期を待って下さい。

Qコピーライターにどうしてもなりたいです!

今年23になるフリーター男です。コピーライターに憧れています。

今年23になる現在フリーターのものです。
内定は2つ貰っていたのですが、コピーライターへの憧れを捨て切れず、内定を辞退し、アルバイトをしながらコピーライターの養成講座に通っています。しかし親や友人からはコピーライターの事務所でアシスタントをした方がいいのではないかと言われています。
ここで質問なのですが、養成講座に通っているレベルで、アシスタントとしてやっていけるものなのでしょうか?
たしかに、経験を積める絶好のチャンスだとは思うのですが、不安です。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

このご時世に内定を辞退するとは勇気がありますね。逆にいえば、このご時世に内定を2社からもらえるくらいですから、質問者さんはそれなりに人あたりもよく、聡明な方なんでしょう。
私は養成講座にすら通わず、広告代理店のアルバイトからプロになりました。質問者さんはその時の私よりさらにお若いので、可能性はあると思います。未経験者をゼロから育てる余裕のある会社は減っているとは思いますが、拾ってくれるところをとにかく探すしかないでしょうね。
会社も経験がないことを承知で雇うわけですから、最初はリライトとか資料探し、先輩の下請け業務からはじめることになると思うので、実務経験がないことは気にしなくてもよいと思います。
ただ、ここだけの話、おすすめはしませんね。むしろ、引き返すなら今のうちですと正直、申し上げたい部分もあります。私の場合、これしかできないので細々と続けていますが、外から見れば活躍しているように見えても内情は火の車。
運良く正社員として就職できたとしても、会社が定年まで面倒みてくれるって業界でもないですし、独立しても自分でコンテンツをつくり出せるほどの実力、運、人柄、人脈その他がないと稼げないです。20~30代はともかく40、50代と食っていけるのか?と考えるとやめていく人も後をたちません。
現役の人間がこんなことを言うのはあれなんですが、コピーライターという肩書きにこだわるよりも、企業の文章力を生かせる部署に就職するとかのほうが現実的かもしれませんよ。

このご時世に内定を辞退するとは勇気がありますね。逆にいえば、このご時世に内定を2社からもらえるくらいですから、質問者さんはそれなりに人あたりもよく、聡明な方なんでしょう。
私は養成講座にすら通わず、広告代理店のアルバイトからプロになりました。質問者さんはその時の私よりさらにお若いので、可能性はあると思います。未経験者をゼロから育てる余裕のある会社は減っているとは思いますが、拾ってくれるところをとにかく探すしかないでしょうね。
会社も経験がないことを承知で雇うわけですから、最初...続きを読む

Q編集者、クリエーター、DTP業界の方やエディトリアルの業界の方にご質問

編集者、クリエーター、DTP業界の方やエディトリアルの業界の方にご質問失礼します。
出版社やデザイン事務所、編集系のデザイン会社は
普通印刷の仕事まではやっていないと思われますが、
特に冊子やパッケージなど印刷物は
実際どのような形で印刷屋と取引しているのでしょうか?

ずっと前からの取引先でしょうか?それとも値段のお安いインターネットからの印刷屋ですか?

エディトリアルの業界のデザイン会社と印刷会社とのウイーンウイーン作戦でしょうか?^0^

現場の状況について詳しい方、ぜひお教えください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

元請けから
印刷会社、デザイン会社が並行で下請けになる。
業務によっては、印刷会社が元請けになる時もある。
デザイン会社が元請けになる場合は少ない。とりあえず聞いたことはない。

Qコピーライターに必要な勉強

現在大学3年生です。将来コピーライターになりたいと思っています。
将来コピーライターとして活躍するために必要な勉強(心理学、経済学など?)というのは具体的にありますか?

Aベストアンサー

広告代理店で働いていたので、分かる範囲の私見ですが、特にコピーライターは、毎日の生活全ての事が勉強になると思います。勿論学問としての心理学やマーケティング学、美術、政治経済などは、自分の可能性を広げる学問になるとは思いますが、それがすぐに直接仕事に結びつくかは分かりません。ちなみにコピーライターとして採用された私の同期は、ひとつのモノ、事などにお題を与えて、100個のコピーを考えるという研修を半年間させられたらしいです。その中から、使えるコピーが1、2つあるかどうかと言ってました。つまりある1つの事に対してのモノの見方(角度)、表現の仕方を多く考えるという勉強は必要かもしれませんね。

Qコピーライターを目指すべきか悩んでいます。

こんばんわ
先日質問を立てさせて頂き、自分の中では解決したつもりでいましたが、また迷いが生じた為質問させて下さい。
私は今25歳の女で、一般事務(派遣)をしております。
昔から文章を書くのが好きで、一度は諦めた夢をまた追いかけるか趣味程度に留めておくかで自分の中で大きな決断を迫られています。
私は派遣という立場ですが、時給も高く社会保険もあり1日くらい欠席しても毎月生活する為に困らない程度の収入があります。業界も好きな業界なので、3年満期ではありますが精一杯勤めたいと思っています。
今まで事務仕事しか経験がないのですが、最近ある事がきっかけでコピーライターの道を歩もうかという想いが出てきました。
昔から何の取柄もない私でしたが、作文や詩を書いた時だけは注目されていて周囲からも家族からも「才能がある」と言われてきました。
最初は、そんな海の物とも山の物とも思えない夢を抱き続けているよりか、派遣でも毎月の給料が確保される仕事をして、本当に好きな事は趣味程度にするのが一番だと考えてきました。
特に物を書くという点においては、Wordで文字を打ったりブログでも公開する事が出来ます。
誰からも否定される事なく、自己満足で夢は夢のままで良いと考えてきました。
しかし先日母に言われたのです。
「あなたは事務をやっているのと、文章を書くのとどっちが好きなの?本当に好きな事を仕事にしなさい。そうしないとお母さんみたいに後悔するよ。後悔する人生だけは送って欲しくない」と。
現に母は今まで苦労しかしてこず、後悔だらけの人生でした。
私自身も後々後悔するような人生は送りたくありません。
しかしコピーライターとして一人前になるには、有名な野球選手や芸能人になる事と同じくらい大変な事だと先日教えて頂きました。
もし「君にはコピーライターとしての才能がない」と否定されたら、それは人間そのものを否定された事になり、私の性格上二度と詩や文章を書けなくなると思います。
一度挫折した事があるが故に、そういうネガティブな思考が渦巻き、どうしても考え方が慎重になってしまうのです。
なれなくてもいい。なれる為の努力もしないで夢を諦めたくない!と夢に突き進む勇気がないのです。
事務をやっていた方が無難だよなあ…とも思ってしまいます。

あと私は人付き合いが苦手で鬱病持ちなので、厳しい広告の世界でやっていけるのかという事も心配です。
でも好きな事を仕事にしないと、母みたいに後悔するかも知れない。
だからと言って挫折を繰り返しても尚、夢を追い続ける根性が自分にあるのかと聞かれれば「・・・」になってしまいます。

私はどちらを選択するべきでしょうか?
もう若くないし、今の派遣先が終わってコピーライターを目指す頃には28歳なので、年齢的にもどうなのかなという気がします。
こちらで聞く事ではない。自分で答えを出すという事は重々解っています。
しかし自分独りでは冷静な判断が出来ません。客観的に観た皆さんのご意見こそが最大の道しるべになると考えています。
長くなりましたが、どうか宜しくお願い致します。

こんばんわ
先日質問を立てさせて頂き、自分の中では解決したつもりでいましたが、また迷いが生じた為質問させて下さい。
私は今25歳の女で、一般事務(派遣)をしております。
昔から文章を書くのが好きで、一度は諦めた夢をまた追いかけるか趣味程度に留めておくかで自分の中で大きな決断を迫られています。
私は派遣という立場ですが、時給も高く社会保険もあり1日くらい欠席しても毎月生活する為に困らない程度の収入があります。業界も好きな業界なので、3年満期ではありますが精一杯勤めたいと思っています...続きを読む

Aベストアンサー

先日、回答させていただいたクリエイティブディレクターです。
質問文を拝見しました。

まず、コピーライターは、このような場であっても、美麗で分かりやすい文章を書くべきだと考えております。
メールなども、コピーライターからのものは、常に簡潔で美しい文で綴られ、「言葉のプロフェッショナル」としてのブライドも感じさせます。

質問者様のかかれる文章には、残念ながら、コピーライターのセンスが微塵も感じられません。
何故、私がここまで敢えて言いにくいことを申し上げるかというと、テクニックとセンスのないコピーライターとは、仕事を組みたくないからです。

その上、人付き合いが苦手で鬱病をお持ちとのことですので、ハードでストレスフル、かつ高度なビジネスセンスが求められる、これからの広告制作環境に、質問者様は心身ともにマッチすることはないでしょう。
たいへん遺憾ですが、他の道をご検討されるべきかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報