人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

資本主義における企業の課題とは何ですか?
教えてください。

A 回答 (4件)

資本主義は「利潤追求」が原則ですが「利潤」が見込めないが


「国民に対して行う必要があるサービス」を税金を投入して行うのか「公務員の仕事」です。
つまり「公務員」は「民業圧迫」ができません。
一方「全国各地には、その地域特有の事情があり、「雇用の確保」や「産業の育成」といったことを
「利潤が見込めなくとも」行う必要がある場合があります。
そこで生まれたのが「第3セクター」という企業体です。
「利潤」が見込めないことで、撤退する企業をつなぎ止める手段として考えられた経営方式です。
これに近いものが「Jリーグ」で、まったく企業のお抱えスポーツだったのが「ラグビー」です。
新日鉄などが撤退して「釜石」はラグビーの火が消えかかりました。
企業の業績で不振が「地域のスポーツ」や「地域の産業」に大きく影響します。
こうしたことが、たぶん「質問者の方が求めている」「資本主義における企業の課題」なのではないかと、
回答文やお礼の文を読んで感じました。つまり「企業に地域を支える役目があるのか」ということで
それと「利潤追求」のと関係を、どう考えるかといった問題だと思います
    • good
    • 0

第三セクターは最悪である公営化を防ぐ為です。

競争の原理が多少は残るので、公務員よりはまし。
    • good
    • 0

話が漠然としすぎてるからそれだけではなんとでも言えますが、、、

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
もしお時間がありましたら、資本主義における企業の課題と第三セクターの関連性 について教えて頂きたいです。

お礼日時:2020/07/26 17:57

北朝鮮のような共産的にならないように政治監視です。

終わりですから。公務員化も同様です。

いかに競争を維持するかが最重要です。ああなったら、おしましですから。

農業をした事もない人が指導するのが共産圏です。ああなったら終わりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/07/26 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング