教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

1.
格助詞「に」と「で」の意義の相違について。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11786373.html
この筆者は、

(ア)格助詞「に」は場所を表わす。

という定義を批判し、その理由として、

『格助詞「に」=場所』という意味になってしまうからだ。

と主張している。
しかし、(ア)の文は『格助詞「に」=場所』と言ってるわけではないのだから、彼は明らかな勘違いに基づく言いがかりを付けていることになる。
これが彼の根本的な、そして決定的な誤りである。
こうした勘違いの認識から始まっているため、彼の批判はすべてがまったくの出鱈目にならざるを得ないし、実際そうなっている。

そもそも「表わす」というのは「示す・表現する」という意味であり、
「〇〇は▲▲を表わす」という文が「〇〇=▲▲」という意味になるわけがない。
「長めの笛は試合終了を表わす」が「長めの笛=試合終了」じゃないのと同じだ。(長めの笛後の会見が始まります、なんて言うアナウンサーはいない)
あくまで「長めの笛は試合終了を示す」という意味である。
「信号の赤は止まれという合図を表わす」は「信号の赤=止まれという合図」ではない。
あくまで「信号の赤は止まれという合図を示す」という意味である。
このように、すべての矛盾・曲解・勘違い・言いがかりの原因は、

【この筆者は「表わす」の意味を勘違いして覚えている。】

ということにある。
(☜この簡単な事実さえ理解できれば彼の批判は止まざるを得ないだろう)

2.
彼の主張は次のとおりだ。
(イ-1)格助詞「に」は空間的・時間的な位置付けの認識を表わす。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12206310.html?pg=1& …(#66)
この定義自体は正しい。
ただ、この文で『格助詞「に」=空間的・時間的な位置付けの認識』だと言ってるつもりらしいが、先に述べたように、この文はそういう意味にはならないのである。
あくまで、

格助詞「に」は空間的・時間的な位置付けの認識を示す。

という意味なのだ。
「位置付ける」は、
物の占める場所をある地点に定める。配置する。
という意味の他動詞である。
「展示物を正面に位置付ける」のように使う。
しかし、(イ)では、なにをどこに位置付けるのかが曖昧である。
この構造が重要なのだが、
『会議は5時に始まる』
という文においては、

(イー2)格助詞「に」は「始まる」という動作を「5時」という時間的な地点に位置付ける認識を表わす。

という意味になる。
意義としては、

(イー3)格助詞「に」は(「に」の後ろに続く)動作を(「に」の直前の)空間的・時間的な地点に位置付ける認識を表わす。

という表現になるだろう。
常にこのように表現する必要性はないが、(イ-1)の定義は、こういった意味であることを理解しておくことが重要だ、ということだ。

(イー2)がわかりやすいと思うので再度とりあげるが、これをさらに分析すると次のような意味であることがお分かりいただけるのではないだろうか。

(イー2’)格助詞「に」は「始まる」という動作を【未だ何処とも定まっていない地点から】「5時」という時間的な地点に位置付ける認識を表わす。

【未だ何処とも定まっていない地点から】「5時」という時間的な地点に位置付けるのですから、位置付けられた「5時」という時間的な地点を「着点」と認識するのは、極めて自然であり論理的でしょう。
以上を要約して格助詞「に」の本質的意義(ただひとつの意味)を定義するなら、

(ア-2)格助詞「に」は着点を表わす。

と表現するのが妥当と思うのですが、いかがでしょうか?
冒頭文が、

(ア)格助詞「に」は(着点としての)場所を表わす。

という意味であることはご理解いただけるでしょう。
学研国語大辞典の注釈も以下に改めてお示ししておきますので、参照しつつご検討いただければ幸いです。
●動作・作用が存在し、成立し、由来し、おもむくところ(=時間・空間・心理上ノ静止点)をそこと指定し、連用修飾句を作るのに用いる。(学国)
⇒この文における格助詞「に」は、「始まる」という動作が成立しおもむく時間上の静止点を「5時」と指定し、「5時に」という連用修飾句を作っている。

3.
因みに、彼自身、勘違いであることを自覚しているかのような片鱗が見えなくもない。
それは、たとえば、
a.《格助詞「に」自体が「受け取り手」を表わしているのではないのも明らかであろう。》
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2748&id=9186 …
という発言にヒントがある。
無意識的であろうが、ここで彼は、
b.《格助詞「に」が「受け取り手」を表わしているのではないのも明らかであろう。》
とは言っていないのだ。おそらく、

・格助詞「に」は〇〇を表わす。

のように、

「自体」という語が無い場合、『格助詞「に」=〇〇』という意味にはならない、

という感覚を(無意識的に)彼は持っているのだろうと思われる。
この点が僅かながらの希望と言えば言えるだろう。
つまり、彼は実は「表わす」の意味を【無意識的には正確に把握している】はずなのだ。
しかし、
「〇〇は▲▲を表わす」という文は「〇〇=▲▲」という意味である。
という誤った持論を正当化するために、

(ア)格助詞「に」は場所を表わす。

の代わりに

(アー×)格助詞「に」自体は場所を表わす。

をいかにも同じ内容であるかのように入れ替えて提示しているのだと思われる。
たしかに、「自体」と付け加えることで、『格助詞「に」=場所』というニュアンスを出したい気持ちは伝わると思う。
そして、まあ、それは許容範囲とも言えるかもしれない。
しかし、そもそも「自体」という語を付記していない(ア)の文は『格助詞「に」=場所』と言っているわけではないのだから、完全にお門違いの批判を繰り広げていることに気づかなくてはならない。

『名詞や動詞などと違って、【助詞はそれ自体がある事物や動作・状態を指さない。】助詞の意味というときには、ここに問題点の一つがある。』
という国広氏の論文を引用して、批判の根拠としたりもしているが、国広氏が使っている「自体」の意味も理解していないことは明らかだろう。
この論文が、
(ア)格助詞「に」は場所を表わす。
を否定しているものでないことも明らかなのだが、この筆者は、そのことにも気づいていない。国広氏は、
『庭に鶏がいる』の場合、
助詞「に」自体が「庭」という場所を指しているのではない、と言っているにすぎず、
助詞「に」が、「(鶏が)いる」という動作の着点(あるいは位置付け先)としての「庭」という場所を指す話者の認識を表わして(示して)いることを否定しているわけではないのだ。

4.
なお「着点」の概念について、さらに詳しくは、
「イメージで教える日本語の格助詞」(杉村 泰)
https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/proj/sosho/1/sug …
「格助詞にの統一的分析に向けた認知言語学的アプローチ」(菅井 三味)
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8221 …
などで、より専門的な見解が展開されております。
また、私見については、下記の拙質問で色々な切り口を述べていますのでご参照いただければ光栄です。
・《格助詞「に」の意義とは何か-機能主義言語論の混迷》 批判
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12206310.html?pg=2& …
・会議は5時に始まります。(その2)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12197101.html
・会議は5時に始まります。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12189564.html?pg=1& …

長文を最後までお読みいただき感謝申し上げます。
書きなぐりで整っていない文になっているかもしれませんが、忌憚のないご見解をお聞かせいただければ幸いです。

質問者からの補足コメント

  • アスナロウさんご返信ありがとうございます。
    明日ゆっくり応答します。

    第3項がノー ということですね。
    下記のようにはっきりと明記していると思いますが、見落とされましたか?
    じっくりとお考えのうえ、答えを出しておいてください。
    第2項をお認めになったわけですから、答えが出せないと論理破綻となります。

    ※この項(第3項)で異議がある場合は、

    では、何【を】何【に】位置付けるのか?

    に対する答えを明記してください。

    No.22の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/04 01:08
  • >>何【に】位置付けるのか?

    いうも愚かだろう。
    そんなことも判らんのか?

    へえ~~~???(笑)
    じゃあ、なぜ、

    動作を位置づけるのではなく、この文の格助詞「に」は「庭」という場所を空間的に位置付ける認識を表しています。(#22)

    としか言えてないわけ?????

    何【に】位置付けるのか?

    わからないから、何【を】しか書かなかったんだろ?ーしかも、間違ってるし(笑)ー
    現に、何度聞いていも、一度も答えてないよね?

    何【に】位置付けるのか?

    に関しては。
    分からないんだろ?
    見え見え、ばればれだっちゅうの。(笑)

    No.33の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/05 00:07
  • >結局、本質問は諸賢から無視の憂き目に遭った愚論に過ぎないということをしかと自覚しましょう。

    君のようなイカレポンチが曲解・勘違いを基にして頓馬な回答を執拗にがなり立てるんだから、そりゃあまともな人が寄ってくるはずはなかろうて。
    君子危うきに近寄らず、ということだ。
    その意味で『諸賢』であるのは確かだな。(笑)
    責任とれよ?(笑)

    No.34の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/05 16:00
  • >いったい、<「いる」という動作を「庭」という空間的な地点に位置付ける>とは何を言わんとしているのか、日本語か?というレベルでしかありません。

    なるほど。
    まあ、気持ちはわかるので若干解説しておこう。

    「いる」という動作が発生しているのは「庭」という空間的な地点であることを示すために位置付ける。

    ということ。

    「いる」だけの場合、この「いる」は当初、風来坊みたいなもので定住先が無い状態だ。
    その憐れな「いる」に、「庭」という定住先(空間的地点)を提供するのが「に」の役割、ということ。

    「庭」という定住先(空間的地点)を得て「いる」は生き生きと、その意味を聞き手に伝えることができるようになった。
    めでたし、めでたし、というお話。

    なお、なぜこんな面倒な解釈が必要かと言うと、他の格助詞との差異を明確にするためだ、ということも付記しておく。

    No.41の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/06 17:48
  • #41お礼欄に現在の論点を記してある。
    これには反論できないのか?
    肝心の点については、またまたお得意のスルーが始まったかな?(笑)
    どうでも良いことはよくしゃべるくせに、論点については何も返せない、というのが君の限界だということだよ。

    >もう論点ずらしのネタも尽きたようじゃな!

    君の場合、泉のように湧きまくって尽きることを知らないようだね?(笑)(笑)(笑)

    No.43の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/06 22:09
  • 「会議は5時に始まる」
    「5時」は「始まる」という動作の着点として位置付けられたからこそ、会議の起点として機能し得ているわけだよ。
    「始まる」という動作が「5時」という【空間的地点を舞台】に実行される。
    「会議は5時に終わる」の場合も同様で、「終わる」という動作が「5時」という【空間的地点を舞台】に実行される。
    実行されるのが(たまたま)「終わる」なので終点として機能し得るわけだ。
    「終わる=終点」なのだが、それは「に」の意義ではない、という点に気づかなくてはいかんちゅうこと。
    そもそも、動詞によって意義が替わるわけじゃない。
    君の場合、持論から生じる矛盾を回避するために、「位置付ける」という表現にして逃げているだけなのだよ。
    一向に答えんが、どこに位置付けるのだね?
    それに答えられなければ論理破綻していると自ら思わんのか?
    逃げているのは君のほうだということははっきりしているのだよ。

    No.50の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/22 17:15
gooドクター

A 回答 (59件中1~10件)

>>「会議は5時に終わる」の場合も同様で、「終わる」という動作が「5時」という【空間的地点を舞台】に実行される。



<「5時」という【空間的地点を舞台】>とは、時間と空間の相違も理解できていないようじゃが!

日本語大丈夫か?

というレベル。分かるかな~。■
    • good
    • 0

今年の桜は開花が早いようじゃが、質問者は己の誤りを理解できたのかな?



当然ながら格助詞「に」は着点など表さないということじゃ!
    • good
    • 0

>口を開けば襤褸がでるが己の論理破綻は理解できたかの!



漸く、誤りを悟ったようじゃな?
しかし、問題はそこからじゃ!
判るかな?
    • good
    • 0

運ぶさんおはようございます。

 格助詞にで表された動作から取った空間上や時間上の認識とは何でしょうか?
    • good
    • 0

>>常にこのように表現する必要性はないが、(イ-1)の定義は、こういった意味であることを理解しておくことが重要だ、ということだ。



常にこのように表現できないという点が重要じゃが、理解できたのかな?

>>「終わる=終点」なのだが、それは「に」の意義ではない、という点に気づかなくてはいかんちゅうこと。

ほほう!
今度は「着点」ではなく「終わる=終点」か?

口を開けば襤褸がでるが己の論理破綻は理解できたかの!
    • good
    • 1

相変わらず、寝言を繰り返していますね。



>>「会議は5時に始まる」
「5時」は「始まる」という動作の着点として位置付けられたからこそ、会議の起点として機能し得ているわけだよ。

起点の認識を表すのは、格助詞「から」です。「位置付けられた」のは対象としての時間であり、会議ではありません。根本的に構文が理解できていませんね。

>>「始まる」という動作が「5時」という【空間的地点を舞台】に実行される。

「5時」は【空間的地点を舞台】にではなく、時間的な位置付けです。時空認識を誤っています。

>>「会議は5時に終わる」の場合も同様で、「終わる」という動作が「5時」という【空間的地点を舞台】に実行される。

これも同じ誤りです。助詞とは何かが理解できずに、何か対象自体に結び付けて理解するしかない発想が根本的に誤っています。

暖かくなってきたので、頭を柔らかくしてしっかり学習して下さい。

 喝!
「格助詞「に」は着点を表わす。」の回答画像54
    • good
    • 0

>>>>しかし、(イー1)では、なにをどこに位置付けるのかが曖昧である。

[ (
イ)では⇒(イー1)では ] に修正)
この構造が重要なのだが、

こういう疑問が出ること自体が主体的表現とは何かが理解できていないということです。

対象認識に伴う主観を直接に表すのが主体的表現なので、客体の認識とは異なるということが理解できていないということです。■
    • good
    • 0

>>しかし、(イー1)では、なにをどこに位置付けるのかが曖昧である。

[ (
イ)では⇒(イー1)では ] に修正)
この構造が重要なのだが、

本当に、語の意義と文での意味の相違と関連が理解できていませんね!

胸に手を当てて反省しましょう!
    • good
    • 0

>>【未だ何処とも定まっていない地点から】「5時」という時間的な地点に位置付けるのですから、位置付けられた「5時」という時間的な地点を「着点」と認識するのは、極めて自然であり論理的でしょう。



桜もちらほらというのに、いっこうに眼が醒めんようじゃのう!

一体全体、どうしたら語が【未だ何処とも定まっていない地点から】「5時」という時間的な地点に位置付けなどできるのじゃ!

夢かイリュージョンの世界をさ迷っておるのう!

しっかりせい!
  喝!
「格助詞「に」は着点を表わす。」の回答画像51
    • good
    • 0

>しかも、逃げたことは一度もないが、そんなことも理解できんのか?



分からん小僧じゃのう!

★ 10時に開場します。

★ 泣き声に目をさます。

★ 彼にチョコレートを貰った。

これらの「に」のどこが着点なのじゃ!
これを明らかにすることなく専ら逃げまくり、「逃げたことは一度もない」などとどの口が言っておるのじゃ!

ええかげんにせい!

醜態をさらすのもその辺にしといた方が身のためだぞ?

 喝!
「格助詞「に」は着点を表わす。」の回答画像50
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問文の2をじっくりと読み返してみることだ。
そもそもだが、「表わす」どころか「示す」の意味も理解できないようじゃ話にならんかもしれんがね。
ま、論理が苦手なようだから難しいかもしらんが、以下に再掲した箇所の論理展開を素直に追ってみることだ。
単に言葉遊びと揶揄するのが精一杯で、これに対する論理的反論を為し得ない、という点が君の限界だということだよ。
暖かくなってちったあ頭もほぐれてきているかもしれんから、再挑戦してみたまえ。

※※※※※
(イ-1)格助詞「に」は空間的・時間的な位置付けの認識を表わす。
とは、

格助詞「に」は空間的・時間的な位置付けの認識を示す。

という意味なのだ。
「位置付ける」は、
物の占める場所をある地点に定める。配置する。
という意味の他動詞である。
「展示物を正面に位置付ける」のように使う。
しかし、(イー1)では、なにをどこに位置付けるのかが曖昧である。[ (
イ)では⇒(イー1)では ] に修正)
この構造が重要なのだが、
『会議は5時に始まる』
という文においては、

(イー2)格助詞「に」は「始まる」という動作を「5時」という時間的な地点に位置付ける認識を表わす。

という意味になる。
意義としては、

(イー3)格助詞「に」は(「に」の後ろに続く)動作を(「に」の直前の)空間的・時間的な地点に位置付ける認識を表わす。

という表現になるだろう。
常にこのように表現する必要性はないが、(イ-1)の定義は、こういった意味であることを理解しておくことが重要だ、ということだ。

(イー2)がわかりやすいと思うので再度とりあげるが、これをさらに分析すると次のような意味であることがお分かりいただけるのではないだろうか。

(イー2’)格助詞「に」は「始まる」という動作を【未だ何処とも定まっていない地点から】「5時」という時間的な地点に位置付ける認識を表わす。

【未だ何処とも定まっていない地点から】「5時」という時間的な地点に位置付けるのですから、位置付けられた「5時」という時間的な地点を「着点」と認識するのは、極めて自然であり論理的でしょう。

お礼日時:2021/03/22 16:55
1  2  3  4  5  6 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング