子供が風邪をひくと自分もうつるので、一緒に耳鼻科(院外処方)にかかります。
子供に熱がある時は小児科(ベット数200人以下の中位の病院で院内処方)に行くのでその時私は、その病院の内科にかかります。
子供はまだ医療費払わないので判らないのですが、自分の分で言うと耳鼻科の時は、耳鼻科で680円、院外処方で1000円前後、
内科では890円払ってきました。
薬の内容もほぼ同じで7日分でます。同じ症状でかかるなら院内処方の方がいいの?
耳鼻科では機械を使って鼻の奥の鼻水を取ってくれたり、咽喉に薬を入れてくれたり、吸入をするので費用がかかるのはわかるのですが、院外処方でもらう薬は高いの?

前に子供が水疱瘡で青いふたの塗り薬をもらって、容器代で50円取られた所(院外処方)と乾燥肌の塗り薬(院内処方)で100円取る所とありました。容器は同じです。

旦那がよく歯医者にかかるのですが、引っ越す前の歯医者ではいつも1000円~2000円位でした。
今の所は2000円~3000円位です。
内容がほとんど同じでなんでこんなに違うのですか?

無知なので病院の事は全然わかりません。少しでもわかれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#6です。


なかなか鋭いですね。仰るように医薬分業は2度手間なので「マクロ的薬剤費」は増大してしまいました。(健保連調査による)

さて、追加質問の件です。

毎回同じ薬を購入していて指導内容を既に熟知しているなど 薬剤師さんから説明をあえて受けなくても良いと思う場合には「指導は不要です。」と言えば、その分支払額を安く出来ますよ。(いきなり薬剤師さんに切り出し難い場合は、とりあえず次回薬局に行く時、合計額だけのレシートではなくて、何が幾らなのか判る「支払額の明細書」の発行を頼んでみましょう。そうすればその次に行った時に「これは要りません。」と言い易いと思います。)
因みに、毎回貰う「お薬の説明が書かれた紙」もお金をとられています。

契約自体は、単なる民事契約です。メニュー選択権は購入者にある筈なのですけれど、実際にはセット料金でしか対応してくれない薬局が多いと思います。そのような場合は他の薬局に行きましょう。

他に手数料関係を抑えるには、

あちこちの薬局に行かないで、なるべく1回にまとめて薬を購入しましょう。幾つかの病院にかかっている場合などはまとめてひとつの薬局に複数処方箋を持っていき購入します。

そして、前述と同じような事ですが、お医者さんにお願いして、出来るだけ長期間分の処方箋を書いて貰いましょう。薬局に行く回数を減らせれば、受付料・調剤手数料等を何回も払う必要がなくなります。

あと手数料ではありませんが、Dr.に頼んで安い薬を処方して貰うと、場合によっては薬代が半額以下になったりします。(後発品の薬価基準は新薬の80~20%に設定されています。)ジェネリック薬の検索は下記URLで行なえます。または、5000円程で『医療用医薬品品質情報集』薬事日報社(通称:オレンジブック)という本が出版されていますのでそちらを入手されても良いでしょう。

医師に薬のことで物申すはちょっと…と思われるかもしれませんが、実はジェネリックを処方する事はお医者さん(というか病院経営)にも有意義です。一回の処方箋の中にひとつでも後発品が含まれている場合には、病院は保険点数を2点(20円)多く取る事が出来るからです。「ささやかながら病院経営に貢献してあげるんだ!」という心持で行きましょう♪

ただし、後発品が販売されていなかったり、既にそういった処方がされている場合とか、お薬の特許権存続中の場合には この方法ではお安くなりませんのであしからず。

個人的に薬をまけてくれるといいんですけどね。でも、薬局の方は、法律というか契約関係が理解出来ていない方が多いので…薬価をその理由にされて、なかなか難しいかもしれません。っていうか、まずダメでしょうね(笑)。

「不正請求防止」という観点でも、薬剤費軽減を語れるかも知れません。お薬を購入する際に、明細書をきちんと受け取って不正・水増し請求を防止するとインチキを防げますよね。
当然のように「ずるい事」が行なわれている実態も一部に見られるのです。(もちろん大多数の薬局はそんな事は無いはずですよ。)例えば、処方箋記載の薬の在庫が無い場合、同一成分ではあるものの異なる薬(ジェネリックや似たもの)を出しておいて、代替品の薬価ではなく 処方箋記載の新薬として計算をしている場合があったり などです。

長々と余計な事まで失礼しました。
上記お伝え申し上げた手法を利用して、薬にかかる費用を安く抑えてください。貴方の努力は、医療財源危機やインチキを日常化している業者の麻痺した罪悪感を救うことになります。頑張ってくださいね!!!

参考URL:http://www.generic.co.jp/kensaku/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回回答下さった方々、あわせてお礼申し上げます。

結構なんでも平気で言えちゃう性格なので、色々挑戦してみます。

その耳鼻科はいつも込んでて、薬局も人がいっぱいいるのでちょっと恥ずかしいけど、それを見ていた人も同じようにできれば、ちょっとうれしいかも♪

がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/04 11:25

じつは、お薬には定価はありません。

処方箋による調剤薬であってもそれは同じです。(定価と薬価は異なります)

また、薬局での支払額は、
 薬代
 処方箋受付料
 調剤手数料
 薬事指導料
 薬暦管理料など
の合計金額です。

薬局に支払われる手数料はどの薬局でも一律定額という訳ではありません。例えば基本調剤料の点数についてみた場合、21・39・44・49点(金額に直すには×10)というように薬局によって取れる点数には差があります。一般的には、
 院内
 大病院近くの薬局
 小さな病院や医院の近くの薬局
 町の中の薬局
 暇そうな薬局(←半分冗談です)
順位が下段になるほど手数料が高くなります。

以上、簡単ですがご参考まで

この回答への補足

大変よくわかりました。
健保の負担を減らしましょう。なんて言われるけど、院外処方の所が増えている今ではちょっと無理な話ですよね。
いつも院外処方もらいに行く時「どうされましたか?」って聞かれるけど、(病院にかかってここには薬をもらいに来ているだけなのに、同じ事説明しなきゃいけないのはうっとうしい)と思っていたので、納得しました。「説明はいらないから安くして」なんて事も言えないんですよね?

補足日時:2005/03/02 15:18
    • good
    • 0

値段だけを比較するなら大抵の場合で、院内処方の方が安くなります。


値段の違いとしては、薬の値段は薬価が決まっているため一緒です。
院外にしたら、最低でも処方せん料がかかり、さらに、調剤料・情報提供料が高く、他にも一包化料・錠剤粉砕料など院内で調剤した場合には取れない料金が発生します。
容器代に関しては院外、院内関係なく、勝手に決めれる値段です。同じものであるならば、仕入れ値や、利益をどれだけ取るかなど一般的な商売と同じです。
    • good
    • 1

同じ症状でかかるなら院内処方の方が良いかどうかは、一概には言えません。


待ち時間など院外処方の方の利点もあります。
それに最近は院内処方はしない病院もありますので。

薬の内容が「ほぼ」おなじ。
ほぼ なので この時点での薬価による差が発生しています。働きが同じでも種類・名称が異なれば代金は違うと考えてください。

まったく同じ処方の場合は 院外の方が多少高くなる可能性はあります。
薬そのものの値段ではなく、他に加算できるものがあるためです。薬局による差もあります。
参考URLをご参照ください。ただし全額負担で表記されていますので実際に支払うのは 負担割合の分だけです。http://www.fukuyaku.com/iryou.htm

参考URL:http://www.fukuyaku.com/iryou.htm
    • good
    • 1

やはり、院外処方は処方箋料がかかるため、院内よりは少しは高りますよね。

薬は同じような症状でかかってもその病院で使っている薬によって多少薬価が違うためその分も違ってきますよね。ずっと慢性疾患でかかってると月に2回は指導料を取られるため同じ薬をもらっても月に2回だけは高くなります。容器代は自費で大体は50円くらいだと思いますけど、ちょっと自身ないけどそこの薬局なり病院で決められるんじゃなかったかなっと思います。ので同じ容器でも値段が違ったんじゃないでしょうか?  歯科の事はすみませんがよく分かりません。
    • good
    • 0

以前、大きな病院に通っていた時は薬代込みで一回の診察が1300円位でしたが、小さなクリニックに変わってから、診察代が1300円位に院外処方の薬が1300円位で約2倍になりました。

ただ、大きな病院では先生が多くの患者を抱えており、すごく診察時間が短かったのですが、現在個人でクリニックをされている所でゆっくり丁寧に話を聞いてもらっているので、多く払うだけの価値はあると思っています。

以前、いつもの薬を飲み忘れなどであまっていて減らしてもらった時も薬代はほとんど変わりませんでした(数十円)、1回薬局にいくごとに支払っている代金がかなり大きいんじゃないかな?という印象です。
    • good
    • 0

薬の値段は決まっているので、どこでも一緒です。


ただし、院外処方の場合は処方箋代が別にかかるのでその分は高くなります。
また、薬局でその都度指導料をとるところがほとんどなので、その分もあると思います。
歯科医に関しては同じ様な治療に見えても、治療内容が少し違うのだとは思いますが、あまりわかりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬のみ(診察なし)の方が高い!? ~医療費の節約~

3ヶ月間、隔週で町医者へ通院しています。
今日、時間が無かったので、診察はお願いせず、薬だけ処方してもらいました。
内容、量共に前回同様です。

ところが、薬のみの今日より、診察+薬の前回の方が安かったんです!(・・・と言っても200~300円程度ですが)
何故なのでしょうか?

また、薬はまとめて出してもらう方が得だと聞きました。
(診察代分が浮くから)
一概にも、そうとは言い切れないのでしょうか?

更に、同じ症状で通院する場合、賢い節約方法があれば教えて下さい。
例えば、月をまたぐと初診代がかかるから、同月内に通いつめる方が得だとか。

Aベストアンサー

お医者さんの方はわかりませんが、
薬局でのお支払いについてはまとめて出してもらったほうが得というのは、多くの方においては本当です。

薬局では処方箋1枚ごとに基本料として210円から490円かかります
(実際の支払い額は保険が適用されるのでこの1~3割ですが)
また、調剤料とよばれる技術料も日数が多いほうが通常は割安です。

薬の内容によって変わってしまうのと、もともとの計算が煩雑なため一概にこうすれば確実に安くなる。とはいえませんが、
#1さんの手段を駆使すればだいぶ安くなる可能性があります。
(薬、保険によってはあんまり変わらない可能性もあります。)

料金は内容にかなり左右されるので、
どれくらいのお金がどういったことにかかるかは薬局に聞いてみてもいいかもしれません・・・ヒマなときに。
忙しいときにだと詳しくは教えてくれないと思います。
かなり説明に時間がかかるので。
もしそれで怒るような薬局は、行かないほうがいいと思います。
ちなみに、薬代をまけることや、特典(10日分よけいにだすとか)をつけることは残念ながらできません。
保険薬局は保険者との契約で、料金が事細かに定められています。
ですから、保険を使っての診察である以上は値引きは不可能です。
ちなみに、値上げもできないですが。

お医者さんの方はわかりませんが、
薬局でのお支払いについてはまとめて出してもらったほうが得というのは、多くの方においては本当です。

薬局では処方箋1枚ごとに基本料として210円から490円かかります
(実際の支払い額は保険が適用されるのでこの1~3割ですが)
また、調剤料とよばれる技術料も日数が多いほうが通常は割安です。

薬の内容によって変わってしまうのと、もともとの計算が煩雑なため一概にこうすれば確実に安くなる。とはいえませんが、
#1さんの手段を駆使すればだいぶ安...続きを読む

Q診察無しで薬だけをもらえるのは何ヶ月までOK?

忙しい時って診察を受けないで薬だけくださいって感じで処方箋だけさっさともらっていくのですが、ずっと診察を受けないで薬をもらうのは無理ですよね。

何ヶ月くらいまでなら診察を受けないで薬だけもらえるのですか? 私の経験だと2,3ヶ月に一度は診察を受けさせられる気がするのですが、法律か何かで決まっているのですか?

それにしても薬だけもらう時も診察料かかるんですよね。わけがわからないです。

Aベストアンサー

正確には、

「投薬は本来直接本人を診察した上で適切な薬剤を投与すべき
であるが、やむを得ない事情で看護に当たっている者から
症状を聞いて薬剤を投与した場合~」
という文章で規則の本に載っています(原文のまま)。

この部分は、この「やむを得ない事情」を認めるための記載ではなく、
「~」のあとに続く部分が本文なのであって、再診に伴う加算料金が
3月までは「加算できる」だったのが4月以降「加算できない」に変わりました。
だから、全く同じ条件で窓口で投薬だけ受けた場合は4月以降は
料金が安くなっているはずです。

「やむを得ない事情」がどこまで拡大解釈されているかは、個々の病院で
違っていると思います。
本来は診察を受けて処方してもらうのが原則です。

Q風邪で医院に行くと支払う金額は大体いくら?

風邪で医院にかかった場合の「実際に支払う金額」をおしえてください。
保険料3割負担です。

もちろん医院によっても、症状によっても数値に大小がでてくるとは思いますが、大体で結構です。薬店で薬を買と1000円くらいですみますよね。。
でも、医院での費用が安いなら、医院にいきたいんです。

Aベストアンサー

初診であれば、初診料として600円~1000円ぐらい取るトコもあります。
初診で大体2000~3000円、薬代で1000円くらいかな?多分、もう少し安くなる場所も有ります。
実績で診察1600円、薬800円くらいだったかな?

薬は、医療用と市販医薬品では医療用の方が効果が高い(よく効く)し、安いです。薬代も1週間程度出るけど薬店の医薬品は、種類によるけど2・3日で1000円超えますよね!何の薬飲んでるかでも違うけど・・・
効果・単価から見て医院での費用が安いと思います。

Q院外処方箋、どこの調剤薬局でも値段は同じなの?

医者にかかって薬を貰うとき、
院外処方箋がほとんどになりましたよね。

たいていの場合、かかりつけ医院(病院)のすぐそばに
調剤薬局が有り、そこで処方を受けていますが
いつも気になっていることが有ります。

処方されている薬の種類や量が同じ処方箋なら、
どこの調剤薬局で貰っても
お薬の値段は変わらないのでしょうか?

また、乳児医療適用の小児の薬を貰うとき、
シロップの容器代(大体1つ50円)を必要とする薬局と
容器代がかからない薬局が有るのはなぜでしょうか?
これは、代金がかからない薬局なら、
どの病院の処方箋でも、容器代はかからないみたいです。


詳しいことをご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

調剤薬局で医療事務をしています。
お薬代というのは純粋にお薬の薬価×日数(数量)というわけではありません。
薬価のほかに、国に決められた基本点数を取ることが出来ます。そしてこれは薬局の規模等によってちょっとづつ変わってきます。
ですから全ての薬局が同じ処方箋で同じ値段にはなりません。
そしてこの他に特別指導加算(患者さんが安全にお薬を服用できるよう指導していることで取ることが出来る→月1回目が30点なので3割負担の人で300×0.3=90円になります。)や薬剤情報提供料(お薬手帳とお薬の内容を書いた説明書などを渡したときに取ることが出来ます→15点なので上記の場合で45円)が加算されます。
しかしこれらの加算は、行っているところと行っていないところがあるので、その点でも金額が変わってきます。特別指導加算は患者側から拒否は難しいと思いますが、薬剤情報加算は、前もってかかりつけ薬局に手帳・薬情を要らないことを伝えておけば、その分安くなります。ただたくさんのお薬を飲んでいる方は持っているほうが望ましいと思います。
また容器代もサービスしているところもあれば、容器代を頂いているところもあります。ちなみにウチの薬局は容器代として1つ30円頂いています。
だからといって容器代を取らないところが安い薬局と言うわけではありません。容器は取らなくても、可能な限り加算を取っているところもあります。
もちろんできる限り医療費を安くしたいというのもわかりますが、多くて数百円の違いより自分にとって信頼できる薬局をかかりつけ薬局にすることをオススメします。
長ったらしくなりましたが、細かいことは参考URLを見ていただければ、細かい点数までわかると思いますのでよろしければ見に行ってみてください。

でわでわ~♪

参考URL:http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/hoken/yakyok.htm

調剤薬局で医療事務をしています。
お薬代というのは純粋にお薬の薬価×日数(数量)というわけではありません。
薬価のほかに、国に決められた基本点数を取ることが出来ます。そしてこれは薬局の規模等によってちょっとづつ変わってきます。
ですから全ての薬局が同じ処方箋で同じ値段にはなりません。
そしてこの他に特別指導加算(患者さんが安全にお薬を服用できるよう指導していることで取ることが出来る→月1回目が30点なので3割負担の人で300×0.3=90円になります。)や薬剤情報提供料(お薬手帳...続きを読む

Q診察せずに薬だけもらう場合

通院中のところは必ず診察をしないと薬を出してもらえません。
病院の中には薬の内容が同じだと診察をせずに薬だけの受付をしてくれるところとかもありますよね。
その場合、料金に差が出るものなのでしょうか。
いずれにせよ医師が処方箋を書きますよね、診察するとそれにプラス診察料とか入るのでしょうか。
分かる方がいれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

現在、どの程度の間隔での診察、処方なのでしょうか?
数年前までは一度に処方できるのは原則14日分で、一部指定された薬に限ってのみ30日~90日できるものでした。
実際には状態が安定した病気では14日で投薬変更することは少なく、たとえば診察は月1回で、間は薬だけの日としていた例もあったことと思います。この場合でも保険請求上は診察に伴うものとして計算がなされます。
現在は原則14日間の制限はなくなり、病状に応じて長期間分の処方が可能になっています。そのため診察を受けない処方は実際には必要がなくなっています。(2~3ヶ月以上診察をしないのはその方が不自然で、その間隔分は診察時に処方できます。)
一部、精神薬や新薬は長期処方に向かないため日数制限があります。
こうした制限薬でないのに薬のみの通院を行うことに患者さんの利益はありません。(医療機関側は診察料、処方料の收入とはなります。)
薬のみを希望されるよりも、30日分以上の長期処方を希望されることがよろしいと思います。

参考URL:http://www.yakuzai.med.saga-u.ac.jp/cyoki-toyo-kaisi/cyoki-toyo-teppai-20020318.html#yaku-list

現在、どの程度の間隔での診察、処方なのでしょうか?
数年前までは一度に処方できるのは原則14日分で、一部指定された薬に限ってのみ30日~90日できるものでした。
実際には状態が安定した病気では14日で投薬変更することは少なく、たとえば診察は月1回で、間は薬だけの日としていた例もあったことと思います。この場合でも保険請求上は診察に伴うものとして計算がなされます。
現在は原則14日間の制限はなくなり、病状に応じて長期間分の処方が可能になっています。そのため診察を受けない処方は...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q病院の医師は院内処方の薬が増えても儲からないとおっしゃっていますが、そ

病院の医師は院内処方の薬が増えても儲からないとおっしゃっていますが、それは本当ですか?内科や精神科を受信した場合です。薬を院内で増やせば増やすほど儲かると思うのですが、それは間違いでしょうか?それとも制度は変わったのでしょうか?「院内の薬を増やしても仕入れで9割で、儲かっても10円かそこらだ」と言うのですか、本当ですか?

Aベストアンサー

薬価(保険で定められた薬の値段)の決め方について、参考URLをご覧下さい。
既存薬の薬価改定は3ページにのっています。これによれば、
薬価は、平均的な実勢価格(病院が仕入れる値段)+消費税+調整幅2% となっています。
つまり、利幅(病院が受け取る差益)は、薬価の2%ほどしかありません。
(病院が薬を仕入れるときには消費税を払わなければなりませんが、患者さんの医療費には
消費税はかかりません)

自営で商売をしている人ならわかると思いますが、仕入れ値が売値の98%と言う状態では、
まったく商売としては成り立ちません。
一般的な小売店では、業態によっても異なりますが問屋から仕入れる値段は50%以下です。
(それでなければ、バーゲンで3割引、4割引などができるはずがありません。
 衣料品は20%程度といわれています。)

それと比べて病院は98% !
これでは保管する費用もでません。
病院には、普段は使わないが緊急の際に使うかもしれないので常備しておかなければ
ならない薬もあります。このようなデッドストックの費用もでません。

薬で病院が儲かるわけがありません。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kyousou/sentan/dai6/siryou3.pdf

薬価(保険で定められた薬の値段)の決め方について、参考URLをご覧下さい。
既存薬の薬価改定は3ページにのっています。これによれば、
薬価は、平均的な実勢価格(病院が仕入れる値段)+消費税+調整幅2% となっています。
つまり、利幅(病院が受け取る差益)は、薬価の2%ほどしかありません。
(病院が薬を仕入れるときには消費税を払わなければなりませんが、患者さんの医療費には
消費税はかかりません)

自営で商売をしている人ならわかると思いますが、仕入れ値が売値の98%と言う状態では、
ま...続きを読む

Q食後の動悸の原因と楽にする方法

いつもより少し多く食べ過ぎた食後によく動悸がします。1時間前後は続いて苦しいです。考えられることはなんでしょうか。また動悸を少しでも楽にする方法、早く終わらせる方法を教えて下さい。(原因だけの回答だけでも構いません)

Aベストアンサー

考えられるのは、心筋梗塞、動脈硬化など、血液の流れが良くないことです。

食中、食後は多くの糖分、油分が補給され、このとき一番血糖値が高くなります。
それを抑えようと、膵臓から「インシュリン」という物質が分泌されます。

「インシュリン」は血糖値を低く抑える働きととも、血中の中性脂肪と合体して、血液内で膨れ上がる作用もあります。
これが、多くなりすぎると、血管中の中性脂肪を、なんとか血管外に吸い出す力も、段々追いつかなくなり、薄い血管膜が破壊されてしまい、そこに血液凝固が起こって血の塊が出来てしまいます。
これが「動脈硬化」です。
これは健康な人でも、小さいものが出来たり、また消えたりと、起こりやすいものということです。

それがさらに大きくなれば、その辺一帯の血液の流れを遮断してしまい、心臓に血液が送られない「心筋梗塞」に陥る原因になります。

ですから、もしかしたらm038さんにも、血管中に小さな血の塊があり、食中、食後には心臓へ血液が送れらにくい症状もあるのかもしれません。
そうなれば、体内の酸素供給量も少なくなりますから、とてもダルく苦しい状態になると思います。
激しい運動をした後の状態と似てますね。

m038さんは普段の食事内容はどうでしょうか。
油分や糖分の多いもの、甘いもの、アルコールを獲り過ぎてはいないでしょうか。
または、適度な運動はしていますか?
健康診断の血圧は正常でしょうか。

ご自分で日々の生活状態を確認し、少しでも上記に当てはまるのであれば、現在自覚症状がある以上、検査をしみたらどうかと思います。
今は若い人でも、生活習慣や食事内容が変わり、年齢はあまり問われない病気のようですからね。

考えられるのは、心筋梗塞、動脈硬化など、血液の流れが良くないことです。

食中、食後は多くの糖分、油分が補給され、このとき一番血糖値が高くなります。
それを抑えようと、膵臓から「インシュリン」という物質が分泌されます。

「インシュリン」は血糖値を低く抑える働きととも、血中の中性脂肪と合体して、血液内で膨れ上がる作用もあります。
これが、多くなりすぎると、血管中の中性脂肪を、なんとか血管外に吸い出す力も、段々追いつかなくなり、薄い血管膜が破壊されてしまい、そこに血液凝固が...続きを読む

Q病院の紹介状は有料?

病院で、他の病院への紹介状を書いてもらうと
診察代の他に料金がかかるのでしょうか?
かかるとしたらいくらくらいなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤解されている方が多いようなので、もう一度書きますが、紹介状(診療情報提供書)は保険診療の対象なので、患者さんの負担は保険の負担割合分だけです。従って、3割負担の方なら、診療所から診療所への紹介の場合で660円、診療所から病院への紹介の場合で870円です。最大でも病院から診療所へ紹介した場合などの1560円です。

Q薬紛失時の再処方してもらう時の保険について

こんにちは。
さて、表題の件ですが、私の父が喘息で私立の病院に薬を処方してもらってるですが、父が薬を紛失してしまいました。

それで、薬を再処方してもらうように病院に行ったのですが、病院は「紛失での再処方は保険がききません」の説明だけで、結局薬代として10割払いました。
急いでいたので、払ってきてしまったのですが(6000円程度)、「紛失での再処方は保険がきかない」は事実でしょうか。もし、事実ならその法律を教えて下さい。

ちなみに父の加入してる保険は組合管掌の健康保険です。

私も社会保険を多少勉強していたのですが、保険が適用されないケースとして、「不正または偽りの手段」と「第3者の行為」だけだったような気がします。

Aベストアンサー

患者が薬品を紛失,破損した場合の再交付

薬品の紛失による再交付の費用

被保険者が保険医より薬品の授与を受け,持ち帰りの途中又は自宅において薬品を紛失したために(天災地変の他やむを得ない場合を除く)保険医が再交付した場合は,その薬剤の費用は,被保険者の負担とする。(平16保医発0227001)

となっております。

うちの病院でも実費で頂いております。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報