教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

一般NISAと積み立てNISAがありますが、この二つはどう違うのですか?
元本保証はどちらですか?

gooドクター

A 回答 (2件)

一般NISAは年間120万円枠で5年スライドで株の個別銘柄や投信が対象で、積み立てNISAは年間40万円枠で20年スライドで対象商品は投信となります。


どちらも譲渡益と分配金(配当金も含む)が非課税です。

ただ、損失が発生した場合の通常の取引では確定申告により損益通算が可能ですが、NISA口座での投資は損益通算ができず、制度終了時に元本割れして、特定口座に配置され、そこから上昇して売った場合は、元の取得価格よりも下でも課税されるという、NISA特有の落とし穴があります。

これを理解されていない方が多いようですが、財務省と政府が箪笥預金を掘り起こすためのもので、非課税メリットをぶら下げて株高政策を実行するためのものです。

どちらも元本超過損の可能性があるリスク型金融商品です。

金融投資に元本保証はありません。

投資の理解をされていない方が損をされている傾向が高いです。
    • good
    • 0

こんにちは。



下記が、金融庁のHPになります。 色々と書かれていますので、先ずは目を
通されるのが良いかと思います。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング