私の父(57歳)は12月初旬頃歯肉癌と診断され2週間抗ガン剤(TS-1)を内服し今年の1月8日に右下部歯肉癌の手術を行いました。手術前の医師からの説明では『抗ガン剤が効いていて驚く程癌が小さくなっています』と言われ手術方法は部分的に歯肉を切除し無事に退院しました。しかし2月末に右下リンパに再発し再度手術を行い右側リンパ節を切除しましたが皮膚に悪性黒色腫もあり放射線治療を行う事になっておりますが、副作用のこともあり心配しております。幸い他の所(臓器)への転移は無いようですが年齢も若いので心配しております。口腔癌は症例も少ないので困っています。誰か同じような体験談があれば教えて下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は初めのガン(舌ガン)の手術の後、1年後さらにその半年後と2回再発(リンパ節への転移を含む)し、計3回の手術を受けたのですが、3回目の手術の直前から再発予防のためにハスミワクチンとサプリメントを始めました。

それから5年の経過ではありますが、現在のところ、PET(=全身の検査方法の一種)などの検査の範囲で再発は認められておりません。抗癌剤、放射線治療を受けた経緯はありません。下記を参考になるかも知れないと思い記載させて頂きます。


下記URLに私が記載させて頂いた ANo.3 を参照下さい。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1113897

歯肉ガンに関するデータでは知らないのですが、1990年から1997年までの間の舌ガンに関する「一般治療(=手術、放射線、抗癌剤の治療など)のみのグループ」と「それにハスミワクチンを加えたグループ」での5年生存率のデータの比較は下記のようです。カッコ内が一般治療(=手術、放射線、抗癌剤の治療など)のみの場合です。

ハスミワクチンを使用した舌ガンの22例の場合:
 ステージ1の場合・・・100%(89%)
 ステージ2の場合・・・100%(76%)
 ステージ3の場合・・・66.7%(55%)
 ステージ4の場合・・・50%(34%)

上記URL中に記載させて頂きましたが、昨年より実施されはじめました「1.ハスミワクチンのハ.」を使用した場合、さらに上の数字が改善されることが期待されるようです。質問者さんの場合ですと上記URL中に記載の「1.ハスミワクチンのロ.」「1.ハスミワクチンのハ.」や「DCTI療法」が対象になるのだと推測します。「DCAT療法」「DCTI療法」はメラノーマにも効果的かも知れません。これの使用の検討される場合には蓮見先生が診察される日に行って、相談されたらよいと思います。とりあえずは、早めに別の先生に診てもらって、別の日に蓮見先生に診察してもらうことは可能です。また、「ハスミワクチン」は主治医の許可が無くても使用可能です。免疫力を高める治療ですので、一般治療に対する悪影響はありません。

ハスミワクチンなどをやっている「珠光会診療所」のURLは下記です。
http://www.clinic.shukokai.org/Default.asp?ID=1


また、私が回答させて頂きました下記URLも合わせて参照下さい。


他の「サプリメント」との組み合わせに関して:下記のANo.3
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1194923


「リンパ球療法」「DCAT療法」「DCTI療法」に関して:下記のANo.1およびANo.3
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1125708


また、コルダというウガイ薬の併用も口腔ガンの場合には良いのかもしれません。
http://www.clinic.shukokai.org/Default.asp?ID=18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 当方、奈良県在住なのですが・・・ 近場にてハスミワクチンを手に入れる方法はあるでしょうか? 父も手術が終わったばかりで、これから放射線治療で、5月頃まで入院予定のため、とても東京まで行く事が出来ません。実際に癌と闘っておられる貴方様の実例を聞きぜひ、うちの父にも・・・と思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/17 22:29

まず、多分、あなたが間違って理解している点の修正も含めて、まとめます


1.歯肉癌、おそらく早期ですが、具体的な臨床病期は1かな2かな、手術にて完全な切除ができた?かどうかは聞きましたか?
2.リンパ節転移(リンパ腫ではありません)は顎下リンパ節ですか?大きさや浸潤の強さ、手術の完璧さによって、術後放射線治療が有意義です。

口腔の早期癌等について、詳しい情報は、PDQの日本語訳をご覧ください
http://cancerinfo.tri-kobe.org/database/pdq/summ …

3.どの皮膚の悪性黒色腫でしょうか?悪性黒色腫のほうが、厄介なので、同じ領域なら治療方針の設定苦労します。手術が第一選択なのですが、放射線治療というのは、進行しているからでしょうか?
悪性黒色腫に対する通常の放射線治療は効果がなく、ホウ素中性子補足療法などなら、効果が認められています。日本の世界に誇る治療法・治療施設です。
ホウ素中性子補足療法については、都大学原子炉実験所 : 総務課総務掛 〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目 電話:0724-51-2300  FAX:0724-51-2600 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/index/iryo.html
黒色腫についてもPDQの日本語訳があります。
http://cancerinfo.tri-kobe.org/database/pdq/summ …
PDQは米国NCIの提供する医師向け、および一般向けの疾患解説です。
上にご紹介したのは、医師向けのページですが、一般向けのページも同じサイトにあります。
また、ホウ素中性子補足療法はPDQには書いていませんが、日本の国家的プロジェクトの中に含まれるひとつです。英語の文献は、”boron neutron capture”の期ワードを
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi
に入れてみてください。1000をこえるヒットgあります。
日本の専門家は、同施設の
Masunaga S, Sakurai Y, Suzuki M, Nagata K, Maruhashi A, Kinash Y, Ono K.
であることが公開された文献情報からわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。他の臓器に転移がみられないので早期癌ということで理解していいのですよね?臨床病期は医師に尋ねたところ(1回目の手術前の説明時)ステージ2ということでした。手術後の説明では、癌はとりきれたということでした。リンパ節転移のことですが、医師からはリンパ腫ときかされました。リンパに転移したということですか?場所は顎下リンパ節です。大きさは、4×3?とのことです。2回目の手術では、癌は皮膚にも浸潤してとりきれてません。放射線療法は、有効でしょうか・・?

お礼日時:2005/03/20 23:26

ANo.1および2のJimmy2です。

これから放射線治療を受けられるとのことで加筆させて頂きます。ご存知かと思いますが、口腔内の放射線治療に関しては小線源治療があります。外部からの照射に比較して効果的で体への負担も少ないのではないかと推測します。私は当初の手術のときに「手術を選ぶか、小線源治療を選ぶか」の説明を受け、前者に決めた経緯がありした。しかし、小線源治療のが治療に伴う障害が残りにくいかもしれません。下記のURLを参考下さい。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/life/li312901.htm

http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/tanto10.html

ANo2.の文章の中で「朝一のものを発砲スチロールに入れて冷やして・・・」との記載は「朝一のものをビンに入れ、それを発砲スチロールに入れて冷やして・・・」の意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
一度、病院に電話相談をしてみようと思います。
何度も丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 22:47

ANo.1のJimmy2です。



ハスミワクチンは本人が行かなくても入手できますが、ご家族の方が東京の阿佐ヶ谷まで行く必要があります。自家ワクチンを作るには本人の尿が必要ですので、朝一のものを発砲スチロールに入れて冷やしてもってゆけばよいと思います。ご本人の尿から作る自家ワクチンの作成には2~3ヶ月かかります。とりあえずは他の人の同じ部位のガン細胞から作成したワクチンを使用することになると思いますが、歯肉ガン由来のワクチンがあるか否かを確認下さい。無い場合には他に良い方法があるかを訊ねられてはどうでしょうか。電話でもかなりの事は答えてもらえると思います。蓮見先生に診てもらうには毎月第一と第二週の月曜日と木曜日だったと思いますが、電話で確認下さい。とりあえず、別の先生に相談にのってもらって、ワクチンを開始し、来月にもう一度蓮見先生に相談することも出来ます。そこで「リンパ球療法」「DCTI療法」などの治療の可能性に関しても訊ねられたらよいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親不知周辺-歯肉の痛みと異臭

一年ほど前に、急に右下の奥に親知らずが生えてきました。
歯科でレントゲンを見てもらったところ、生え方に異常はないので、虫歯に気をつけながら、このままにしておいて良いと判断されました。

ただ、完全に生えているわけでなく、歯のほんの一部だけが表面に現れています。それ以上は生えてこないようです。その生え方から、時々歯肉が腫れることがあると言われました。

今日、気がつけば、少し口を動かすなど、触れると、親不知周辺の歯肉が痛みます。そして、見た目には赤くもないのですが、指で触ると腫れているようで、少し盛り上がっています。さらに、触った指を嗅ぐと、内臓の悪い人の加齢臭のような、何とも言えない悪臭がします。晴れている箇所はいつも物が詰まりやすいところでした。たまに手でとったりしてたのが原因かもしれません。

時々腫れることがあると言われていましたが、諦めて治るまで放置するのか、歯科へいくべきか悩んでいます。

と言いますのも、現在、ドイツ在住で、あと8ヶ月日本に帰れません。

自宅でできる治療法や様子見をして歯医者に行くタイミングなど、どなたかアドバイスお願いします。

一年ほど前に、急に右下の奥に親知らずが生えてきました。
歯科でレントゲンを見てもらったところ、生え方に異常はないので、虫歯に気をつけながら、このままにしておいて良いと判断されました。

ただ、完全に生えているわけでなく、歯のほんの一部だけが表面に現れています。それ以上は生えてこないようです。その生え方から、時々歯肉が腫れることがあると言われました。

今日、気がつけば、少し口を動かすなど、触れると、親不知周辺の歯肉が痛みます。そして、見た目には赤くもないのですが、指で触ると腫れ...続きを読む

Aベストアンサー

常識的には雑菌が繁殖して歯肉炎でも起きてておかしくはないですが
抜歯なんかは帰国後にしても処置は最寄りでやられてもいいようには思いますが。
指で取るとか言うくらいですと隙間おおきいのでは??
歯間ブラシなどや口腔消毒薬でのうがいやデンタルフロスで毎食後ケアしないと磨けてない状態かとおもいますが。
手前の奥歯が歯槽膿漏になるとけっこうやっかいかと。

Qすい臓癌の抗癌治療について

私はすい臓癌患者(男性・45歳)です。下記の治療を行っていきますが副作用等について教えてください。
治療内容は
1、体外放射線照射5週間(45Gy)
  具体的には、局部に月曜から金曜まで毎日照射を5週間(5日×5週  =25回)
2、同時に3週目を除いて抗がん剤の点滴
  ジェムザール800mg/m2(1000mg)静注30分を4回
質問内容は
(1)、副作用で主治医からの説明ではこの治療ではあまり身体への負担が少  ないと効いたのですが、実際にはどうなのでしょうか?人によるとも  聞きました本当のところが知りたいです。
(2)、髪の毛もこの治療では、抜けないでしょうと主治医は、言っていただ  けましたが実際のところは、どうでしょうか?
(3)、週末の外泊も可能ですとも言っていただけましたが、どうなのでしょ  うか?
◎周りの患者さんに聞くと抗癌治療のことは、色んな情報を頂くのですがアドバイスを頂く方の話がばらばらでどれを信じていいのかわかりません
専門的なアドバイスをお願いします。尚、上記の治療後3~4週間体力を回復させて、前方到達法による膵切除(膵頭十二指腸切除、膵尾側切除)の手術を予定とのことです。よろしくお願いします。

私はすい臓癌患者(男性・45歳)です。下記の治療を行っていきますが副作用等について教えてください。
治療内容は
1、体外放射線照射5週間(45Gy)
  具体的には、局部に月曜から金曜まで毎日照射を5週間(5日×5週  =25回)
2、同時に3週目を除いて抗がん剤の点滴
  ジェムザール800mg/m2(1000mg)静注30分を4回
質問内容は
(1)、副作用で主治医からの説明ではこの治療ではあまり身体への負担が少  ないと効いたのですが、実際にはどうなのでしょうか?人による...続きを読む

Aベストアンサー

消化器内科医です。
ジェムザールは、外来治療でも使用できる抗癌剤ですので、主治医の話す通りと考えてよいと思います。ただ、骨髄抑制や脱毛などの副作用については個人差があります。骨髄抑制は感染のリスクを高めますので、その点は主治医も注意していると考えます。外出の際は人混みは避けた方がいいと思います。手洗い、うがいも忘れずにして下さい。癌の種類によって、抗癌剤の種類や投与方法が変わってきますので、主治医を信じて、治療を受けて下さい。
あなたに出来る事は、回復する事を信じて治療に励む事です。頑張って下さい。

Q歯肉の再生について

歯肉の再生について

こんにちわ。

今、高校二年生なのですが 歯肉がかなり なくなっているように思えます。

そこで質問です。

歯肉の再生は、日々の習慣でできることなのでしょうか?

また、歯肉の減少の対策や予防方法を教えてください。
お願いします

Aベストアンサー

こんにち歯。

>「歯肉がかなり なくなっているように」
どういうこと?思っているだけじゃないの。

適切な歯みがきと健康的な食生活です。

歯垢染色液を一度も使った事がなければ一度試されてみて下さい。たぶん売ってるでしょ。染めるのは部分的でいいですよ。主訴は歯肉ですから歯肉に接する歯面の染色です。

そこで、念のため言っておきますが、乱暴な歯磨きや、歯医者の歯石取りのような執拗な清掃は、歯肉と歯を痛めます。なんでもまとめて一発で片付けるのは非生理的です。足の裏じゃないんだからゴシゴシやればいいというものではありません。歯肉は肛門の次くらいにいたわって下さい。

毎日毎日血が出たりしないんでしょ。血が出ているとしてもですね。ちゃんと磨けたら血も出なくなります。歯面を清潔にする以外に仕様がないでしょ。出血点を縫うわけ。で、出血もせずに歯肉が悪くなるというのなら難しい話になります。気のせいでは。

あんまり気にしないで、高校の成績を上げた方がいい。歯など色気づいた成人が気にかけることです。

>「歯肉の再生は、日々の習慣でできることなのでしょうか?」
健康も勉強もスポーツもすべてそうです。

こんにち歯。

>「歯肉がかなり なくなっているように」
どういうこと?思っているだけじゃないの。

適切な歯みがきと健康的な食生活です。

歯垢染色液を一度も使った事がなければ一度試されてみて下さい。たぶん売ってるでしょ。染めるのは部分的でいいですよ。主訴は歯肉ですから歯肉に接する歯面の染色です。

そこで、念のため言っておきますが、乱暴な歯磨きや、歯医者の歯石取りのような執拗な清掃は、歯肉と歯を痛めます。なんでもまとめて一発で片付けるのは非生理的です。足の裏じゃないんだからゴシ...続きを読む

Q抗癌剤の服用を中止しなければならなくなった。大丈夫なのか?

78歳の義父が2年半前に肺ガンの手術を受けましたが、その後転移が見つかり放射線治療と抗癌剤を服用してきました。(放射線の方は1年以上前からしていない) 定期的に通院し検査を受けていたのですが、先日市の健康診断で肝臓が悪くなっているのが見つかりました。主治医に相談した所、抗癌剤を止めて肝臓の薬を処方されたそうです。

質問1)
義父は肺ガンの他に前立腺にもガンがあり、泌尿器科で月に1回ホルモン注射を受けています。抗癌剤の服用を中止することで成長が止まっていたガンが動き出さないのでしょうか?

質問2)
抗癌剤を長期服用していれば、肝機能に負担がかかる事は素人にも分かります。他の患者さんも同じような症例が見られるはずなのに、なぜ義父の体の異変に気付かなかったのでしょうか?また、肝機能をサポートしながらの治療を行わないのか?

質問3)
肺ガンの手術後、入院病棟で泌尿器科から出されていたホルモン剤を服用し続け退院後もずっと服用していたら、間質性肺炎で再入院しました。原因はホルモン剤と抗癌剤の副作用で呼吸器科の方で義父が泌尿器科からも薬を出されていたことに気付かなかったためでした。
大病院では患者個人の総合的な健康管理は不可能なのでしょうか?

質問4)
かなり表題とはずれますが、義母が餅はガンに栄養を与えるから食べさせない方が良いと言って食べさせたがりません。昔からの言い伝えのようですが、何か科学的にも根拠があって「なるべく食べない方がいい物」というのはありますか?

義父とは離れて暮らしているため余計に心配です。詳しく聞こうにも本人もよく分かっていない部分もあり、とにかく医師の指示に忠実に従っています。こんな真面目な義父になぜこうも災難が降りかかるのでしょうか。 宜しくお願いいたします。

78歳の義父が2年半前に肺ガンの手術を受けましたが、その後転移が見つかり放射線治療と抗癌剤を服用してきました。(放射線の方は1年以上前からしていない) 定期的に通院し検査を受けていたのですが、先日市の健康診断で肝臓が悪くなっているのが見つかりました。主治医に相談した所、抗癌剤を止めて肝臓の薬を処方されたそうです。

質問1)
義父は肺ガンの他に前立腺にもガンがあり、泌尿器科で月に1回ホルモン注射を受けています。抗癌剤の服用を中止することで成長が止まっていたガンが動き出さな...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
わかる範囲内で回答します。

質問1)
抗癌剤の服用を中止することで成長が止まっていたガンが動き出さないのでしょうか?

抗癌剤の服用を止めることで抑えられていた肺癌がまた大きくなったりするリスクはあります。しかし肝障害が進行しているのであればその薬剤は継続すべきではありません。(程度によりますが…)

質問2)
なぜ義父の体の異変に気付かなかったのでしょうか?また、肝機能をサポートしながらの治療を行わないのか?

もちろん血液検査でチェックしていたと思います。しかしすでに2年半も継続して同じ薬を飲んでいた場合では、毎月チェックすることはないと思います。2~3ヶ月に一度となると思います。その間の期間に検診の血液検査が入って、肝障害を発見できたのだと思います。個人的にはこの抗癌剤以外の薬剤による可能性も疑います。たとえば風邪薬など臨時で飲んだ薬剤などはないでしょうか?

質問3)
肺ガンの手術後、入院病棟で泌尿器科から出されていたホルモン剤を服用し続け退院後もずっと服用していたら、間質性肺炎で再入院しました。原因はホルモン剤と抗癌剤の副作用で呼吸器科の方で義父が泌尿器科からも薬を出されていたことに気付かなかったためでした。
大病院では患者個人の総合的な健康管理は不可能なのでしょうか?

>呼吸器科の方で義父が泌尿器科からも薬を出されていたことに気付かなかったため

この意味が理解しかねます。泌尿器科の薬と、呼吸器科の薬の相互作用によるものだったのでしょうか? 呼吸器科の医師が泌尿器科の薬剤を把握していても薬剤性の間質性肺炎はなってからしかわかりません。また間質性肺炎の副作用がある薬はたくさんある(ほとんどの薬剤の副作用に間質性肺炎があります)ため、有名なもの(イレッサ、アミオダロンなど)の場合しか毎月レントゲンを撮るなどの対応はしないと思います。

>大病院では患者個人の総合的な健康管理は不可能なのでしょうか?

総合病院でも、総合カルテになっている病院と、各科カルテになっている病院があります。各科カルテの場合は呼吸器科の医師はそのカルテを取り寄せない限り泌尿器科での診療内容はわかりません。私は各科カルテの病院の外来では患者さん自身に他の科の状況を確認するようにしていました。本来は総合カルテの方が望ましいです。今後すべての病院に電子カルテが導入されればこのような問題は解決するはずです。

質問4)
何か科学的にも根拠があって「なるべく食べない方がいい物」というのはありますか?

申し訳ありませんが知りません。


重複癌の場合は、たくさんの薬剤を服用することになるため、副作用も多く、またどの薬剤に起因するかの判断も難しくなります。また抗癌剤の中止に伴い、癌の状況も不安定になってくる可能性もあります。お義父さん御自身から話を伺うことも重要ですが、可能であれば質問者様の世代の方(患者さんの息子さん、娘さん、お嫁さん、お婿さんなど)も診察に付き添って一緒に話を聞いて、その時に担当医師に上記の質問をしてみてはいかがでしょうか。

良い内服薬や副作用の少ない抗癌剤の開発で、これから外来で癌の診療をするケースが多くなってくると思います。医師の立場からすると、比較的高齢の患者さんがお一人で受診されることに対する不安が常にあります。心配な患者さんについては御家族に電話を入れることもあります。お仕事などで時間をとるのが難しいのはもちろん承知していますが、やはりご一緒に御家族も外来へ受診していただけるとありがたいと思っています。
お大事にしてください。

呼吸器内科医です。
わかる範囲内で回答します。

質問1)
抗癌剤の服用を中止することで成長が止まっていたガンが動き出さないのでしょうか?

抗癌剤の服用を止めることで抑えられていた肺癌がまた大きくなったりするリスクはあります。しかし肝障害が進行しているのであればその薬剤は継続すべきではありません。(程度によりますが…)

質問2)
なぜ義父の体の異変に気付かなかったのでしょうか?また、肝機能をサポートしながらの治療を行わないのか?

もちろん血液検査でチェックしていたと思...続きを読む

Qインプラント後の歯肉減少について

インプラント後に、歯肉が下がっていたために、歯肉を切り開いて人工骨を足す手術をしました。
そうしたら、人工骨を足す前よりも歯肉が下がってしまい、さらにインプラントをした隣の歯の肉まで下がってしまいました。

次の処置としては歯肉を足すために電気メスで歯肉を焼きましたが、インプラントをした隣の歯肉がまた下がってしまいました。人前では歯を見せられない状態です。

再度、人工骨を足す手術をしましたが、痛い思いをしてどんどん悪くなっているような気がします。
これは歯医者が悪いのでしょうか?

何度も痛い思いをして、歯肉の状態も悪くなるのであれば何もしない方が良かったのでは?
と怒りを感じています。

何かアドバイスをいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この話は本当なんですよね。本当に困っている人を医者は救わないのでしょうかね。

どの歯ですか。前後に歯(隣接歯)がありますか。インプラントはいつしたのですか。

インプラントにする前のその部分は何があったのでしょうか。どういう状態でしたか。
歯周病はありましたか。

骨が減っているという話ですよね。インプラントとは、そういうものなのですか。歯科医の説明はどういうものですか。

電気メスで焼くと歯肉が増えるとはどういことでしょうか。肉の足りないところを焼くと肉が増えるのですか。下の骨が増えるのですか。
メスで焼いたその部分は痛くも無く、他の歯肉と見た目に変わらない、きれいな歯肉に戻っているのでしょうか。焼いてどのくらいですか。人には見せられない歯の状態とはどのようなものでしょうか。長さや色など。

>「どんどん悪くなっているような気が」
何故そう思いますか。私もそのように想像しますが、ご本人は情報を持っているでしょう。

ご自身では、今回の治療後の状態について、どのように思っていますか。別に深刻に落ち込んでいるわけではないのでしょうかね。
インプラントについてはどう思っていますか。

本当に困っている人に、だれも回答しないので、せめて私が読んでいるという事と、整理のお手伝いになれば、と思いました。

この話は本当なんですよね。本当に困っている人を医者は救わないのでしょうかね。

どの歯ですか。前後に歯(隣接歯)がありますか。インプラントはいつしたのですか。

インプラントにする前のその部分は何があったのでしょうか。どういう状態でしたか。
歯周病はありましたか。

骨が減っているという話ですよね。インプラントとは、そういうものなのですか。歯科医の説明はどういうものですか。

電気メスで焼くと歯肉が増えるとはどういことでしょうか。肉の足りないところを焼くと肉が増えるのですか。下の骨...続きを読む

Q中期の肺ガン、抗ガン剤・放射線治療以外の道は?

はじめまして。
73歳の父親の肺ガンが中期(3A~B)で発見されました。若い頃患った結核の陰影と見まがい、年4度も受けていた検診にまったくひっかからず、保険が満期になったときに見つかったのが実に皮肉です。
転移が肺のリンパ節にあり、年齢をかんがみても手術での除去は不可能、と診断され、例のごとく抗ガン剤と放射線による治療を勧められました。
この方法でも、完治の可能性が10%程度あると告げられましたが(この進行度の癌は平均的な余命が1.5~2年くらいということです)、以前に身近な方がやはり癌になり、抗ガン剤で弱り果てた上に余命を充実させることもできずただ死に至った経緯を思い出すにつけ、「他の方法はないか?」と考える昨今です。
西洋医学に限らず、しかも老人が在宅でも適用可能な治療、なんてのは夢物語とは知りつつも、その筋の方の有効なアドバイスを仰ぎたい次第です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は初めのガンの手術の後、1年後さらにその半年後と2回再発(リンパ節への転移を含む)し、計3回の手術を受けたのですが、3回目の手術の直前から再発予防のためにハスミワクチンとサプリメントを始めました。それから4年半の経過ではありますが、現在のところ、PET(=全身の検査方法の一種)などの検査の範囲で再発は認められておりません。抗癌剤、放射線治療を受けた経緯はありません。私の知っている範囲でを質問内容に合わせてお話しさせて頂きます。

質問者さんの場合ですと下記URLの ANo.3 中に記載の樹状細胞ワクチン「DCTI療法」が適用できるかもしれません。血液から採りだした樹状細胞(ガンを認識しTリンパ球などに伝達役割を持つ白血球)を活性化した上で体内の腫瘍に注入し、腫瘍自体を抗原としてガンワクチン化する新しい免疫療法です。これを用いる場合は、抗癌剤や放射線との同時治療は出来ないと思います。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1113897

上述の「DCTI療法」が適用出来ない場合には同URLの ANo.3 記載の中で「ハスミワクチン」の中の「自家ワクチン」に「新開発のアジュバント(スーパーマグリナーゼ)」を組み合わせることも検討に値すると思います。主治医の許可が無くても使用可能です。


上記の「DCTI療法」や「ハスミワクチン」は、「ガンを敵として認識する力(能動免疫と呼ばれます)」を育てるものです。また、下記のサプリメント(機能性食品)の多くは「ガンと直接戦うTリンパ球などの増殖と活性化する(受動免疫と呼ばれます)」ものです。この両者は機能が異なり互いに補足しあいますので組み合わせるのが良いと思います。具体的には上記のどちらかと下記の例えば、1.と4.と6.とかの組み合わせです。同様のことが書いてありますが、下記の回答を補足的に参照下さい。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1125708


下記のものは肯定的な方向で研究がなされているサプリメントです。

1.マイタケエキス  商品名 MD-フラクション (株)ベルダ 社製
  ・マイタケ成分の一部分すなわちD部分のエキス
  ・期待される効果→受動免疫賦活、アポトーシス(ガンの自殺)誘導
  ・神戸薬科大学教授 難波宏影 の研究、ニューヨーク医科大学泌尿器科での研究 など

2.アラビノキシラン  商品名 レンチン プラス1000 大和薬品株式会社
  ・米ヌカの成分
  ・期待される効果→受動免疫賦活
  ・UCLA DREW 医科大学免疫学教授マンドゥ・ゴーナムの研究など(日本語の著作あり)、代替療法で有名な帯津三敬病院で使用されている

3.担子菌培養抽出物  商品名 AHCC イムノメディックピュアタイプ (株)アミノアップ化学
  ・キノコの菌糸体の成分
  ・期待される効果→受動免疫賦活
  ・多数の論文があります。
http://www.aminoup.co.jp/j/

4.昆布フコイダン  商品名 新フコイダンプラス (株)グランヒル大阪
  ・昆布に含まれる成分
  ・期待される効果→アポトーシス誘導
  ・宝酒造バイオ研究所と糖鎖工学研究所の共同研究(55回 日本癌学会総会 千福功ら)

5.アガロオリゴ糖  商品名 寒天オリゴ糖 タカラバイオ(株)
  ・寒天から作成したオリゴ糖
  ・期待される効果→アポトーシス誘導
http://www.takara.co.jp/news/1999/07-09/99-i-012.htm

6.ビタミンC  商品名 日本薬局方 アスコルビン酸(ビタミンC) (株)武田薬品
  ・期待される効果→抗酸化作用
  ・広島県立大学生物資源学部の三羽信比古教授 の研究 など多数


ガン関連のサプリメントに関する本はかなりの数を読みましたが、その中で下記の本は一読の価値があると思います。上記サプリを含む効果割合に関して医者の実感として言及してます。特に原発が肺の場合も、効果が高いとの記述があります。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975982255


また、食事内容、整腸、睡眠などの生活習慣に心がけることも重要と思います。

私は初めのガンの手術の後、1年後さらにその半年後と2回再発(リンパ節への転移を含む)し、計3回の手術を受けたのですが、3回目の手術の直前から再発予防のためにハスミワクチンとサプリメントを始めました。それから4年半の経過ではありますが、現在のところ、PET(=全身の検査方法の一種)などの検査の範囲で再発は認められておりません。抗癌剤、放射線治療を受けた経緯はありません。私の知っている範囲でを質問内容に合わせてお話しさせて頂きます。

質問者さんの場合ですと下記URLの ANo.3 中に記載の樹...続きを読む

Q歯肉炎と初期の歯周炎の違いについて

歯肉炎と歯周炎の大きな違いを調べると、大抵歯肉炎の延長線上に歯周炎があるというニュアンスの説明が見受けられます。

そこで思ったのですが、歯肉炎と、初期段階の歯周炎を明確に区別できるような定義や違いってあるのでしょうか?

どなたか分かる方、教えてください!

Aベストアンサー

定義は簡単にいえば、
炎症が歯肉に限局したものを歯肉炎、歯周組織に波及したのが歯周炎となります。

>大抵歯肉炎の延長線上に歯周炎があるというニュアンスの説明が見受けられます。

これは歯肉炎も歯周炎も歯周病という病気の中の一つだからです。
歯肉炎がすすんだものが歯周炎と思ってもいいと思います。
また、同じ炎症でも仮性ポケットと真性ポケットとがあり、細かく説明するには、図があったほうがわかりやすいので、こちらを参考にしてください。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/fumi/dental/perio2/classified/gp.html

Q私はSLEで毎日ステロイドを4ミリ服用しています。 その場合ガンになったら、放射線治療や抗がん剤、外

私はSLEで毎日ステロイドを4ミリ服用しています。
その場合ガンになったら、放射線治療や抗がん剤、外科手術療法をして治すことは可能でしょうか?
免疫力が低下していると、その様な治療は効果が得られないのでしょうか?

Aベストアンサー

私もSLEで腎臓がんになり、片方の腎臓を摘出しています。
手術は普通に受け、回復は人より早めでした。傷口の治りは多少悪かったですが。
ただ、副腎が開店休業になっていて、ふつうの人は出る副腎皮質ホルモンが出なくて、術後かなり体がだるかったです。
聞いた話ですが、抗がん剤の種類によっては、免疫の活動を活発にさせるものがあるそうです。SLEの治療と相反するものなので、この手の薬は使えないそうです。
SLE以外でも免疫力が低下する病気はあると思います。
4ミリであればそんなにも免疫力の低下について気にしなくてもよいと思いますよ。

Q歯肉炎の治し方

右上奥から1~2番あたりの歯茎に歯肉炎を持っています。
3年前から歯肉炎です。

毎日フロスやら電動歯ブラシやらでケアしています。歯医者に行っても『汚れがほとんどない』と褒められるのに歯肉炎は治りません。

前までは生理前の体力や免疫力が落ちる時期にのみ歯茎が腫れたり、膿んだりしていましたが、最近は常に調子が悪いです。

これは歯周病になりかけているのでしょうか??

歯医者では『歯磨きを丁寧に』としか言われないのですが、もっとセルフケアで歯肉炎に効くものはないでしょうか?

Aベストアンサー

歯磨きを丁寧に・・・こういう歯医者は歯磨きを知りません。
せいぜい教科書どおりのことしか言わないでしょうね。

実際に見ていないのでなんともいえませんがたぶん電動歯ブラシによる歯肉損傷が原因だと思いますよ。
電装歯ブラシは本来障害を持った人が十分な口腔ケアをするために開発されたものです。
ですから歯ブラシが勝手に歯を磨くので、それだけで人手の数倍の能力を持っています。
能力が数倍でも正確に歯に当てられなければ能力が下がるから十分になるわけです。

つまり健常者が電動歯ブラシを使う場合は以下の注意が必要です。
1)絶対に押し付けない。歯に触るだけでよい。モーター音が変化したら強すぎと思え
2)乾いた状態で使わない、高速で動くので摩擦も大きくなります。よく歯の磨耗や知覚過敏を歯磨きの研磨剤の所為にしますけどコレは間違い。(詳細は省くが研磨剤は削らない)多くが乾いた状態で磨くことによる摩擦です。
摩擦を下げるためには歯磨き粉(研磨剤の有無は関係ないが鉱物系研磨剤は駄目)を使うか、こまめに水を含んで歯や歯肉を濡らしておく。
3)歯に当てるだけにして、歯磨き動作は行わず、置くから手前に向かってゆっくりと移動するだけにする。

電装歯ブラシに対し、音波ブラシや超音波ブラシは歯垢を浮き上がらせるだけなので、歯磨き運動をして歯から引き剥がしてあげなければなりません。ただしゴシゴシ磨きはどんな方法でも歯肉を傷つけて歯肉縁を起こします。派に毛先が当たれば十分なんです。
ためしに洗った歯ブラシを親指の甘皮のところに当ててゆっくり数回磨いてみてください。痛みを感じたら強すぎるという証拠です。

フロスを入れるときには動かしながらいれ、パチンと歯肉を叩くような入れ方は避ける。コレによる歯肉縁は結構多いです。

以上のようにして歯磨きをして、後は真水でうがいすればいいです。特に薬用は制限も無いけど使わねばいけないというものでもありません。
炎症がひどい時は薬用のうがい薬もいいでしょう(かぶれなどには注意してください)


あとよく磨けている人は炎症に対し過敏になります。つまりわずかな汚れでも炎症の痛みを感じますので、毎食後の歯ブラシを心がけましょう。

歯磨きを丁寧に・・・こういう歯医者は歯磨きを知りません。
せいぜい教科書どおりのことしか言わないでしょうね。

実際に見ていないのでなんともいえませんがたぶん電動歯ブラシによる歯肉損傷が原因だと思いますよ。
電装歯ブラシは本来障害を持った人が十分な口腔ケアをするために開発されたものです。
ですから歯ブラシが勝手に歯を磨くので、それだけで人手の数倍の能力を持っています。
能力が数倍でも正確に歯に当てられなければ能力が下がるから十分になるわけです。

つまり健常者が電動歯ブラシを使う...続きを読む

Q抗癌剤の周期について

母が肺腺がんで3、4週間毎に1回(1日6時間の点滴)の抗癌剤点滴治療を
計4回すると言われました。(タキソール・カルボプラチン)

1回目が終わり副作用もなくなったと思ったら、数日後に2回目をすると言われました。
1回目から17日後という計算になりますが、あまり間が空いていないように思います。

たった17日しか経っていないのですが、これは普通のケースなのでしょうか?

Aベストアンサー

私の母は大腸から肝臓で転移し、FOLFOX療法(48時間の点滴で2,3日点滴を持ち歩いています)という方法で抗がん剤をしています。2週間に1回の割合ですが、毎回血液検査をし、少しでも異常があると抗がん剤は翌週に延びます。2週間だと抗がん剤の副作用がなくなって元気になった。という所でまた抗がん剤なのできついですけど、まわりの皆さんもその割合のようですよ。病院はがん治療ではかなり有名な所です。でも疑問に思うのならお医者様に何でも聞いてみたほうがいいと思います。
抗がん剤は、母にはかなり効果があったようです。癌がなくなることは難しいでしょうがかなり小さくなり、血液検査の結果もいいようです。抗がん剤の副作用がない時はめちゃめちゃ元気ですよ。顔もつやつやしていてはつらつとしています。母は2年前に大腸がんの手術をしてその時余命半年と宣告されましたが今は一人暮らしできちんと生活できるまで回復しました。抗がん剤も元気なときは満員電車に乗って一人で通っています。家族もびっくりです。お母様の治療がいい方向にいくといいですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報