風のある場所とない場所とでは、どうして風のある場所のほうが、
はやくとけるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.3の回答で、「気圧が低くなって圧縮される」というのはおかしいですね。

「氷の持っている熱エネルギーを奪」ったら、温度は下がっちゃう。
風圧で解ける、ということでしょうか。

一つ付け加えるならば、氷の溶けるのに、温度だけでなく、蒸気圧も関係します。
たとえ、0℃の風でも、蒸気圧に余裕があれば、解けるだけでなく、蒸発して氷がなくなっていきます。

風圧で溶けた氷が、氷の後ろ側で気圧が低くなった所で蒸発する、というのもあるか?

ちなみに、No.4の、ちらし寿司が風でさめるのは、気化熱を奪ってさめているのが大きいです。

風がなくても、廻りの温度が融点より高ければ、氷は解けますよ。空気は対流するし、対流がなくても(クーラーボックスの中など)、「伝導」でも熱は伝わるし。
    • good
    • 0

回答ではないのですが、ririririさんが、同じようにお知りになりたいはず(私が勝手に思っている)の、疑問があります。


「風がなくても、氷は、なぜ溶けるのでしょうか。」
一緒に、解決していただけませんか。
    • good
    • 0

「風のある場所とない場所とでは、どうして風のある場所のほうが、


アツアツのちらし寿司が早く冷めるのでしょうか?」

これに違和感を覚えますか?「そんなん当たり前やん」って
思いませんか?別に大阪弁で考えなくてもいいですけど。

「熱(ねつ)」というのは、字面からすると、熱いものだ、という
感じがありますが、物理的にはプラスの熱もマイナスの熱もあります。

プラスの熱を持っている物体があるとして、その物体が熱を奪われると、
その物体の温度は下がります。

逆に、マイナスの熱を持っている物体があるとして、その物体が熱を
奪われると、その物体の温度は上がります。

次に、熱とは何かということになりますが、物理的厳密さを考えずに
ぶっちゃけて簡単に言ってしまうと、周囲の環境(普通なら空気、
海の中なら海水)よりもその物体の温度が高い(出来立てのちらし
寿司のように)と、プラスの熱を持っている、その物体の温度が
周囲の環境の温度より低い(解ける前の氷のように)と、マイナスの
熱を持っている、ということになります。

で、最後に言いたいことは、ちらし寿司の例のように、風が熱を奪う、
というのは当たり前ですよね(その原理は1と2の方が仰っている
通りです)、ということです。

さて、そうすると、団扇で扇いだちらし寿司が早く冷めるのと、
風が吹いた部分から氷が解けるのとは、全く同じ現象で
ある、という感覚が湧きませんか?湧かなかったら
私の意図が通じなかったってことで、この発言は忘れて
ください。1と2の方が正しいことを仰っているので、
それらの回答を参考にしてください。私はちょっと
直感的な理解を提供しようと思っただけです。
    • good
    • 0

zawayoshiさんの仰る理屈に追加して…



風が氷のすぐ近くを通過する場合、瞬間的には断熱圧縮が起きている可能性もあると思います。すなわち、風によって気圧が低くなり、圧縮される。このときに氷の持っている熱エネルギーを奪うのではないでしょうか。
    • good
    • 0

対流などが無いとしてお話します。



氷が溶けるのは、周りの空気を冷やすから解けると
考えてください。
風がないと、氷の周りの空気は、
限りなく0度に近づき、氷の溶ける速度は遅くなります。

だけど、せっかく空気が冷えたのに
風が吹くと、また氷は、周りの空気を
冷やすために、また溶け出します。

よく似た考えに、
毛布に包まると、暖かいのですが、
氷は、毛布に包むと、解けるのが早くなりますか?
と言うものがありますが、
氷は、長持ちするようになります。
    • good
    • 0

氷を溶かすとき、周りの空気から熱を奪いますよね


その熱を奪われた(冷やされた)空気が風で移動し、熱の奪われてない(冷やされてない)空気が新たに氷を溶かすからです。

こんな感じでいいのかな?^^;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインテグラル∫とdxについて

非常にわかりにくい質問だと思いますが、ご容赦ください。∫f(x)dxという式があったとします。これは、積分の成り立ちから考えて、dxという記号が必要なのかどうかずっと疑問なのです。
積分の成り立ちはhttp://izumi-math.jp/sanae/MathTopic/sekibun/sekibun.htmのサイトを見て理解しました。
dxだけなら意味を持たないというのなら理解できます。∫dxがひとつのセットで積分という行為をするという風に捉えられるからです。でもdx単体でも意味を持ちますよね。でもこの成り立ちから考えて勝手にdxに意味を持たせていいのでしょうか。f(x)dxが微小面積で∫を作用させることによって足し合わせるという図のイメージはできますが、数式の上でどうしてそういう風なイメージになるのか理解できません。数学の得意な方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」という操作を式の中に書くのは当然です.

ところが,微積分学の基本定理の発見によって,(1変数の場合は)わざわざ細切れを足さなくても「微分の逆」を使えばうまく積分を計算できるという「裏技」(←説明のために批判を恐れずあえてこう書きます)が編み出されたのです.
「積分は微分の逆」という標語は,「結果的に成り立つ事実」「計算のための便利な公式」という程度に認識すべきで,「積分とはそういうものである」と解釈すべきではありません.

高校数学カリキュラムで原始関数を使って積分を導入しているのは,「細切れを足すのを高校生にきちんと説明するのは困難だから」という消極的な理由による「方便」です.こういう高校数学の方便としての積分の見方は,大学で微積分学を学び始める段階でリセットすべきものです.

========
ところで,こうして積分の本来の意味とライプニッツの記法を見直してみると,∫ という記号はあくまで「足す」という意味で,「微分の逆をせよ」という意味は込められていないことに気づきます.その意味で,「∫ を微分の逆の作用素とみなして, dx を書かない」というのは,新たな記法の提案としても無理があるでしょう(∫ と dx のセットで「微分の逆」と説明するのなら,本来の意味とは異なるとはいえ,結果的につじつまが合うので,高校数学の方便として通用します).
1変数に限定して,たとえば I[f(x)] で f(x) の原始関数を表すとか,dx に相当する記号を使わない積分の記法を考案するのは自由ですし,そういう試みは過去にあったかもしれません.でも,そのような記法に,すでに定着したライプニッツの記法と比べて「dx を書く手間が省ける」以上のアドバンテージがあるとは思えず,提案してもたぶん流行らないでしょう.

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」...続きを読む

Qどうして、人によって好きな匂い・嫌いな匂いがあるのでしょうか?

どうして、人によって好きな匂い・嫌いな匂いがあるのでしょうか?
化学的に解明されているのですか?
ご存じの方、解答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
これは化学や生理学で解明されることではなく、脳科学、心理学で研究されていることです。
好き嫌いといいますのは我々の感情に従うものです。つまり、同じ匂いを嗅いでもひとによって感情が分かれるのです。そして、このような個人差といいますのはそれぞれの生後体験の違いによって作られます。

「悪臭」といいますのは毒物、腐敗など危険の伴うものです。ですから、このような基本的な判定は遺伝情報として予め定められています。また、甘い匂いといいますのはグルコース、即ち我々にとって必要な栄養源ですので、多くの動物がこの匂いに惹かれるように進化しました。
体質の違いというのもありますが、このように遺伝的に定められたものは生まれたときから全人類に共通です。ですが、逆に言いますならばそれ以外の好き嫌いは何も決まっていないということです。
我々動物は自分が生まれた環境の中からそれぞれの体験によって安全・危険、利益・不利益を確かめ、これを学習しなければなりません。ですから、そこに個人差があるのは、生まれ育った環境や体験が色々と異なるからです。つまり、我々の脳といいますのは最初から好き嫌いを自分で学習するように作られているわけです。
この学習結果は「大脳辺縁系」というところに記憶されます。大脳辺縁系には身体内外のあらゆる感覚情報が入力されており、ここでは過去の学習結果に基づいて利益・不利益の判定を下し、脳内に「情動反応」を発生させます。このため、我々の好き嫌いは感情として現れます。

このようなものを「感覚嗜好(嫌悪)学習」といい、専ら脳科学や心理学の研究対象となっています。
「味覚嫌悪学習:不味い」
「嗅覚嫌悪学習:臭い」、といったものです。
このように、「好き嫌いの個人差」といいますのは生後環境の違いによって作られるものです。そして、これには概ね二通りのパターンがあります。
「個人的体験:人それぞれの体験」
「文化的体験:生まれ育った社会や時代」
納豆の匂いなんてのは地域によってけっこう好き嫌いが分かれますよね。

「母親の匂い」なんてのは「嗅覚嗜好学習」の代表例です。
このような学習はかなり早くから始まり、例えば食べ物の好き嫌いや異性の好みなんてのは生後三歳ごろには決まり初めます。好き嫌いは分かっているのですが、どうしてそうなったのかまでいちいち憶えているひとは少ないと思います。
ですが、
「実は子供のころお前の顔に納豆ぶっかけちゃってね」
親に尋ねれば意外な事実があるかも知れません。

こんにちは。
これは化学や生理学で解明されることではなく、脳科学、心理学で研究されていることです。
好き嫌いといいますのは我々の感情に従うものです。つまり、同じ匂いを嗅いでもひとによって感情が分かれるのです。そして、このような個人差といいますのはそれぞれの生後体験の違いによって作られます。

「悪臭」といいますのは毒物、腐敗など危険の伴うものです。ですから、このような基本的な判定は遺伝情報として予め定められています。また、甘い匂いといいますのはグルコース、即ち我々にとって必要...続きを読む

Q風翔ける国のシイちゃん・・・

漫画家 中田友貴(なかた ゆうき)さんの漫画で
『風翔ける国のシイちゃん』1.2巻は持っているのですが
その他にDX版が有るようなのですが、DX版の内容が分かる方又は持ってる方いますか?
1.2巻の総集編なのでしょうか?

Aベストアンサー

懐かしい…。
DX版は1巻に収録されている第一話「シイちゃんユーリーと会う」が再録で、全30話+特別番外編2話+あとがき漫画で構成されていて、1、2巻の総集編ではありません。

コミックス未収録作品から作者が選んだ傑作選です。
ちなみにまだたくさん(39話分!)未収録作品があるのですが。

ユーリーのストレス袋がイカス漫画でしたね。

Qどうしてそこに前線があることがわかるのでしょう

テレビで天気予報を見ていると、予報官が、「ここに全線があるので」と言いながら簡単に線を引いていますが、どうして、そこにあるということが、わかるのでしょうか。高気圧や低気圧や等圧線の配置を見ると、わかるのでしょうか。前線は、空を目で見て、見えるものではないとも思います。また、観測によって直接前線を検出しているのでも、ないのではないかと思います。私は、温度が急激に変化していることが観測された地点を結ぶように、線を引いているのではないかなと、思っていますが、そのような観測をすること自体が、容易ではないような気がします。疑問に思って、過去の質問やインターネットで検索してみましたが、こういう初歩的なことは、見つけることができませんでした。

Aベストアンサー

各地の風向気温湿度天候などの観測データを元に補完して推測するのです
寒冷前線は目視でも分かります
現在は気象衛星の写真も使うのでかなり正確になっているようです
気象図の情報と実際の前線の通過に1時間もずれがありません

Q微分 (d^2)y/(dx^2)

微分で、(d^2)y/(dx^2)っていう表現よく出てきますよね? これについてそもそもなぜ2乗の位置が違うのかって言うのがわからなくなったのですが,,,


そもそもdというのはたとえばxで微分したら、微分したののあとにxで微分したことを示すためにdx、yで微分したのならそのあとにdyとかくのですよね?

そこから考えたのですが(数学的に正しいかどうかは一切わかりませんが個人的にはこれが一番筋が通りそうな気がしました)、たとえばy=x^3とかで

dy=3(x^2)dx
d(dy)=D[3(x^2)]dx
(d^2)y=6x(dx)dx=6x(dx^2)

とつまりdxのまえにxの文字式があればxで微分できるため新しいdxができるが、dyの前にyを含んだ文字がないのでyで微分できないため?といった風に考えました。。。(汗)

正確な解釈を教えてください。あとdxとかの扱い方がいまいちよくわかってないので、上ので間違ってるところの指摘お願いします。

Aベストアンサー

d dy
-- --
dx dx

を、カッコを使わずに書いて
d^2 y
-------
dx ^2
という書き方になったのではないかと、かってに推測しています。

Q自然の風とエアコンの風の違いは熱力学や流体力学などで解明されているのでしょうか

この季節職場で働いているといつも感じるのですがエアコンでの冷房はなぜか涼しい自然の場所にいるのと違う気がします。他の人もそう感じる人は多いようです。同じ温度なのになぜか咳がでたり手足がジーンとしたり感じるのは私だけではないようです。扇風機など併用して温度のどよみが無いようにしているのですが効果はいまいちです。とても自然の涼しさにはかないません。これは単に気持ちの問題なのかあるいは空気の性質が科学的にも異なっているのでしょうか。お調べになった方がおられたらぜひ教えて頂きたいと思っています。エアコンが無ければとても仕事になりませんがよく体調崩す傾向にあるので良い知恵ご教授願えれば幸せです。

Aベストアンサー

エアコンの風にはやさしさが無いですよね。
おそらく、ファンで作られた風と、自然の風とでは色々違うのでしょう?
(1)人口の風では自然の風のような揺らぎは再現しずらいのではないでしょうか? 
(2)ファンからの風そのものも、自然の風とは違うとおもいます。
ファンの風は空気を物理的に動かしているのにたいし、自然の風は
自然の気圧の変化に連動したもの
(3)温度もエアコンの風は自然ではありえない温度差の冷却フィンを通過してくる空気、自然の風は、こちらに到達するまでに大地とか、草とか木の中を通過する過程で冷やされたもの。

たぶんね。ただ風ってだけじゃダメなんですよ。人間も風を通して
自然と会話しているのです。クーラーの風が心地よくないのは
話相手がクーラーだからです。

Qdy/dxについて

dy/dxはなぜ置換積分をする時(1)のように分数の計算みたいに計算できるんですか?高校の時も先生はそのことについてこれはこうなるという風にしか説明しませんでした。他の専門書とかにもとりあえずこうなるみたいな書き方をしてありました。そんなに難しい理論なんですか

(1)t=2x^2とすると dt/dx=4x⇒dt=4xdx

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236331
でほぼ同様な疑問に対してかなり突っ込んだ回答がなされています.

QHSVの範囲はどうして0~360と0~100と0~255があるの?円錐モデルが360? 円柱モデル?

HSVのH範囲は0~360が基本なのでしょうか?
・0~100は、100に換算しなおしているだけ?

HSVのSV範囲は0~255が基本?
・この時の単位は何?
・0~100は%に直しているだけ?

「円錐モデル」と「円柱モデル」の違いは、HSVのSV範囲が「0~255」OR「0~100%」に関係しているのでしょうか?

「円錐モデル」と「円柱モデル」で計算結果は異なる?
・普通はどちらを使用するのでしょうか?

http://www.peko-step.com/tool/hsvrgb.html

Aベストアンサー

0~360はhueを角度で視覚化して表すからですね。
0~100は最大値に対する比率を%で表現するから。
0~255は単に1バイトで最も精度良く表現したいから。

いずれもたいした理由では有りません。

>「円錐モデル」と「円柱モデル」で計算結果は異なる?
Sが異なります。
円錐モデルでは暗い場合彩度の上限が小さくなると考えます。
円柱モデルでは明るさは彩度の上限を変えません。
>・普通はどちらを使用するのでしょうか?

円錐モデルですが、確認は必要でしょう。

Qdy/dx・dxは置換積分を使ってdy?

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”置換積分”とは具体的には
どのような作業を指すのでしょうか?
疑問2.
以下は全て同じことを表現したいと意図している
のですが、誤解を招くことはないでしょうか?
2y・dy/dx・dx   
2y (dy/dx)・dx  
2y dy/dx dx
2ydy/dx dx
2y*dy/dx*dx
2yとdyの間に半角スペースを入れた方がよいか
・と*と半角スペースどれが妥当か
dy/dxは()でくくるべきか
などなどです。

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及してる解説は
経験上そんなに多くはありません.
その解説を書いた人はまめというか,
きっちりした方なんでしょうね.
普通は,No.1さんのように
本当は初歩的な段階では「約分」ではないのにも関わらず
形式的に約分をしてしまう解説がほとんどです.
そもそも,dy/dx は定義してても,dyとかdxというものは
定義してないですよね?定義してないものに対して
計算を行うというのは変なんですよ

ただし,No.1さんのような「約分」というのは
実際は,上述のように「置換積分」によって正当化されるので
積分記号のもとではやってしまってかまわないのです.
そして,いちいち積分記号とか書いていると
まどろっこしいので,あとで積分で使うことを前提として
なんだかわかんないけども,dxやdyというものを使って,
さらに積分記号を省いてしまって,「普通に約分」とかして
計算してしまって,それを使うというのが現実的な解法です.

つまりは「表記の問題」にすぎません.
こういうふうに「省略して書く」というのが一般的で,
なおかつ,あまりにうまく機能するので逆にややこしい,
つまり,dxとかdyが普通の数に見えてしまうということです.

これには裏があって,じつは
もっと数学を勉強していくと,積分とかにまったく無関係に
関数 f に対して,df というものがでてきます.
微分形式というのですが,ここまでいくと
約分とか,そもそも``dx''ってなんだ?という問題は
すべて解決されます.
さらにこの微分形式ってものに対して「積分」という演算が
定義されるのですが,それは「普通の積分」とうまく
噛み合うように定義されます.

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及して...続きを読む

Q氷のとけ方について

100%オレンジジュースと3.5牛乳、低脂肪乳の氷を使って、どれが早くとけるか実験しました。
するとオレンジジュースが一番早くとけました。
3.5牛乳には塩分が0.1g入っているので溶けやすいとは思いましたが、なぜオレンジジュースが一番早くとけたのか分かりません。
また、低脂肪乳よりも牛乳が早くとけた理由もわかりません。
教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 うん、いい科学的実験、そして分野を絞るなら物理学実験ですね。

>100%オレンジジュースと3.5牛乳、低脂肪乳の氷を使って、どれが早くとけるか実験しました。

 これは、1.8リットルの紙パックを使ったのかな? そこを合わせてあると、さらにいい実験ですよ。そうしたのだろうね、グッジョブです!

 まず、凍ってから解けるまでを考えてみましょう。凍るときは、とにかく外から押してみてカチンカチンで硬いならいいと思ったのかな?

 ここまでの回答者様も言ってるよね、ホントに中まで凍ったの、と。

 パックで凍ったのを外に出してを解かしときには、どうしたかな? 日当たりのいいところかな、室内の影かな、影なら風通りはどうだったかな? 日当たりでも風当りで違うかもよ? ヘアードライアーは熱布で短時間で髪を乾かすよね。あんなちっちゃな機械でね。

 はっきり言うと、塩分とか細かい知識の前に、ちゃんと実験結果を受け入れること。「違うはずなのに、そうなったのはどうして?」とかは、実験のやり方をよく考えてからで、いいのですよ。

 実験にはいつも、足りないとかやり過ぎのことがあるものです。考えてみたい、さらに実験をやり直したとかだったら、いつでも相談に乗りますから、補足欄に何か書いてください。

 うん、いい科学的実験、そして分野を絞るなら物理学実験ですね。

>100%オレンジジュースと3.5牛乳、低脂肪乳の氷を使って、どれが早くとけるか実験しました。

 これは、1.8リットルの紙パックを使ったのかな? そこを合わせてあると、さらにいい実験ですよ。そうしたのだろうね、グッジョブです!

 まず、凍ってから解けるまでを考えてみましょう。凍るときは、とにかく外から押してみてカチンカチンで硬いならいいと思ったのかな?

 ここまでの回答者様も言ってるよね、ホントに中まで凍ったの、と。

...続きを読む


人気Q&Aランキング