親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ホテルの予約を代行することで手数料をもらう場合
旅行業務取扱主任者の資格はいりますか?

また予約せずに、紹介だけして、ホテルからマージンを
もらう場合も上記の資格は必要ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

予約代行及び、ホテルからの金銭授受を行うには旅行業の免許が必要です。

登録なしでこれらの業務を行うことは旅行業法に抵触します。(違法)です。

旅行業務取扱主任者というのは、旅行代理店を運営するにあたって必要な資格であり、旅行業登録がない個人が旅行業を営めるという資格ではありません。

社団法人日本旅行業協会のサイトに旅行業法が掲載されておりますので、ご確認下さい。

また、一般論として一個人にホテルが送客マージンを支払ことはありません。

紹介業というのは紹介したことにより、応分の責任を果たす事を条件に、金銭が動いています。何の保証もない個人的なベースの話とは大きく異なります。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答をありがとうございました。
法人として業務を考えたいと思います。

お礼日時:2005/03/20 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホテルの紹介業務

はじめまして。現在旅行業について調べております。

実店舗は持たず、インターネットのみで海外のホテルを紹介(仲介料はいただきます)する場合、何か必要な資格や届出はいるのでしょうか?一休.comさんの様なお仕事を考えています。この場合は旅行業務取扱主任者の有資格者がいなければならないのでしょうか?

ホテル予約の扱いのみで、航空券は販売いたしません。ホテルの紹介の他に通訳の手配、現地での結婚式場等の手配も考えております。この場合、ホテルの手配のみの場合とは違った資格や届出が必要になるのでしょうか?結婚式場等は、あくまで現地旅行会社の既成プランをホームページで紹介(仲介料はいただきます)するのみです。

問い合わせ機関等をお教え頂けるだけでも助かります。ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問について
(1)店舗の有り無しは関係有りません。
(2)仲介料所謂、取り扱い料金を旅行者又は宿泊機関いずれからも徴収する。
(3)海外宿泊機関の手配を行う。
(4)企画旅行契約は実施しない。
この条件では、
ご自身又は、従業員に「総合旅行業務取り扱い管理者」の資格が必要。
都道府県に第2種の登録が必要。
詳しくは「日本旅行業協会」のホームページをご覧ください。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

Q旅行業を営むのに必要な許可ってありますか?

旅行代理店を営むのに許可というか、なんか届出みたいなものが必要でしょうか? 
そのようなものを取得するにはどうしたらいいのでしょうか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 みなさんへの補足ですが、航空券だけを売るのであれば、旅行代理店業の
免許は必要ありません。ですから、金券ショップで航空券を販売することが
できるのです。旅行業協会に問い合わせたことがありますので確かです。

 同様に、ホテルの予約代行だけなら、やはり免許はいりません。ですが、
どんな方式であれ、航空券とホテルを組み合わせた場合は違法となります。
実際2年ほど前、格安のハワイツアーを売っていた会社が倒産し、代金を
振り込んでいた人たちが被害者の会を結成したという事件がありました。

 この会社はサイトに、「パックツアーではなく、お客様のリクエストに
応じて航空券とホテルを手配しますので、代理店登録は不要です」みたいな
ことを書いていたのですが、これは明らかに旅行業法違反です。そのほか、
「第3種旅行業者代理業の登録を行なう予定です」とも告知していましたが、
とっとと逃げ出してしまったようです。

Q旅行業の登録必要ですか

小さな会社を運営しています。今回、取引先(別事業の)が管理する海外の宿泊施設(コンドミニアム)の予約代行業務を企画しています。HPで募集する計画ですが、これは旅行業に該当しますか?(エアーの手配などは行わず、純粋に宿泊の予約を受けるだけです。)
また、当社が顧客より宿泊料を受け取る場合と、顧客が直接現地管理会社に支払って後に管理会社よりリベートを受け取る場合では、資格に差がありますでしょうか?

Aベストアンサー

総合旅行業務取扱管理者です。

ご質問のケースであれば、旅行業登録は必要ありません。
ただし、宿泊以外の代行手配等は一切行なうことはできません。
(例えば、ホテル~宿泊施設の送迎:<無料であっても>)

やってみればわかりますが、実際には宿泊以外の代行手配を一切行なうことはかなり難しいです。宿泊オペレーターとしてスタートしても、必要に迫られて後から旅行業登録を取るケースが多いようです。

Qホテルの予約サイト、代行予約はできませんか?

こんにちは。「旅の窓口」や「じゃらん」、「ベストリザーブ」等の
ホテル割引予約サイトに詳しい方がおられたら教えて下さい。

近々、外国人の友達が日本に旅行にやって来るのですが、
これらのサイトから、私が友達の部屋を「代行」で部屋する
ということは、やっぱり不可能でしょうか?

すごくアホみたいな質問で恐縮なのですが、友達に少しでも
安い価格で泊まってもらえたらと思いまして。ただでさへ
日本のホテルは高いですし。

Aベストアンサー

楽天トラベル(旧旅の窓口)は登録者と宿泊者が違っても問題ありません。私は社内の出張者の宿泊先を自分のIDで予約していました。代わりに予約をすることのリスクは何らかの形でキャンセルチャージが発生した場合、最終的な責任の所在がID登録者に回ってくる可能性があるということだけだと思われます。常識的な利用をしている限りは問題ないと思います。

ちなみに安いところといえばこんなところもありますよ。
クラブトクー 


参考URL:http://www.tocoo.jp/

Q個人で観光ガイド業を

 タイトルの通り観光ガイド業を始めようと思っております。規模はワゴン車を使い、2~3人のお客さんを乗せて自分の詳しい地区めぐりをしてお客さんに満足してもらおうという程度のものです。売りは普通の観光ツアー等では出来ない様なサービス(例えばお客さんの行きたい場所のリクエストやわがままを聞き入れられるサービスやバス等ではいけない狭い場所や路地裏の名店等)を売りにするつもりです。そこでお聞きしたいのが、この様な商売をするに当たって二種免許等、必要な資格はありますでしょうか?なにぶんど素人なので一からご教授をお願い致します。

Aベストアンサー

旅館の送迎のようにそれ自体営業行為ではない場合を除いて、移動目的で客を乗せて運行すると、旅客営業行為になります。これにはバス・タクシー会社などを開業するのと同様に「一般乗用自動車運送事業経営免許」が必要で、事業認可も受けなければならず、運転者も二種免許が必要です。タクシー会社は「営業地域」というなわばりで既存業者が支配地域を分け合い、それに沿った行政の指導がありますから、素人でそうした事業を始めるのは不可能に近いと思います。無認可ですると「白タク」営業で即お縄となります。
また、観光ガイド業は主要観光地では地元業者保護のため、届出制や認可制をとっているようですが、旅行客に随伴するツアーガイドなどは実質無免許で、離島などは地元で勝手に始めているのが定着してとくに行政の関与はない(認可制でも実態重視で黙認かも)ようなので、タクシーなどを使ってするなら可能でしょう。但し、それでは客が付いて利益がでるような形には無理かもしれません。
10人くらいまとめてバス会社の貸切マイクロバス(もちろん運転手付き)を借りて行えば営業可能かもしれませんが、これには他のレスの通り、旅行業の免許が必要です。
結局個人で同様の仕事を始めるには、旅行会社に勤めるか、旅行会社と個人でガイドの契約をして仕事をもらうかしかないでしょう。個人の契約ガイドは語学など特技がないと難しいと思います。
同じ趣旨で「観光タクシー」が観光地にはあります。似たような事業に既存の事業者がすでに存在する事業では、免許や許認可がなくても個人で始めることは厳しいものです。もっと誰も思いつかないような、びっくりするくらい斬新なアイデアを考えてみてください。

旅館の送迎のようにそれ自体営業行為ではない場合を除いて、移動目的で客を乗せて運行すると、旅客営業行為になります。これにはバス・タクシー会社などを開業するのと同様に「一般乗用自動車運送事業経営免許」が必要で、事業認可も受けなければならず、運転者も二種免許が必要です。タクシー会社は「営業地域」というなわばりで既存業者が支配地域を分け合い、それに沿った行政の指導がありますから、素人でそうした事業を始めるのは不可能に近いと思います。無認可ですると「白タク」営業で即お縄となります。
...続きを読む

Q旅行斡旋業における必要な資格

来年あたりから留学斡旋業(例えば、海外の学校への入学手続きの代行、留学情報の提供、ビザの取得、現地までの交通手続きやサポート、交通や宿泊施設の手配など)を始めたいと考えています。

特に何か必要な資格などはあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

旅行斡旋業ではなく、旅行業と表示します。
お尋ねの中に、海外の宿泊の手配がありますので、資格としては「総合旅行業務取扱管理者」が必要です。
海外旅行の企画旅行(従来の主催旅行)を行うなら、第一種行。おこなわないのなら第二種。手配のみなら、第三種のそれぞれの、登録行政庁に「登録」が必要です。代理業なら、旅行業者代理業が有ります。
尚、詳しい情報は「日本旅行業協会」のホーム頁が参考になります。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

Q旅行代理店をひとりで経営できますか。

こんにちは。
外国人の知人らを連れてよく日帰りなどで観光地に連れていくうちに、これを仕事にできないかなと思うようになりました。
知っている旅行関係の資格と言えば旅行業務取扱の資格だけですが、こういう資格を取得したとして、個人で、旅行代理店というものをひらいて経営していくことは現実的に言って可能なのか、アドバイスをいただけませんか。
たとえば、安いツアーを売ろうと思ったら数をさばかなければダメですよね。その場合、航空会社やホテルなどとあれこれ交渉するのだろうかと憶測していますが、そうなると数をさばけない小さな代理店が単価を下げることは難しいですよね。ということは、これといった資本金なしに個人で細々とツアーやチケットを売ってもあんまりいい商売ではない・または個人で(ひとりかふたりで)さばけるような業務ではないということでしょうか。
旅行関係の会社で働いたことがあるわけではありません。こんな私が好きで始めるとして、最低限何からやっていけばいいのか、何が不足しているのか等、アドバイスお願いします。(経理や事務、営業などはできます。)

Aベストアンサー

soyrainingさん
旅行業は簡単に出来そうですが、かなり経営は難しいです。
お一人で経営されておられる方もおられますが、ノウハウンの蓄積をされて独立されております。資格の取得、行政庁に登録、保証金の手配など有ります。
海外旅行も計画されている場合、「総合旅行業務取扱管理者」の資格も必要となります。少なくても、数年の旅行業務経験が必要と思います。
直接旅行者を案内するのをお仕事にするなら、「旅行管理業務を行う者」いわゆる、「添乗員」の業務もあります。
どちらにしろ甘い仕事ではありません。

日本旅行業協会の頁を参考にして下さい。



http://www.jata-net.or.jp/

添乗員についてはこちらが参考になります。
http://www.tcsa.or.jp/

Q旅行業違反でしょうか?

旅行業違反でしょうか?

旅行業ではない会社に勤めています。当社の取締役から指示がありその取締役が所属する別の団体の一部(6名程)で国内旅行(場所・ホテル・ゴルフ場は指定)をしたいので航空券とレンタカー、ゴルフ場の予約をしてほしいと依頼がありました。個人的な依頼でしたので私個人がネット等で予約の手配をいたしました。もちろん報酬は受けておりません。費用の清算は私個人で立て替えてクレジットカードで支払い後日総額を取締役から個人的にいただくことになりましたので費用の明細を書面で渡しました。その際会社で使用している請求書の書式(社名入)に金額を記載して提出しました。するとその旅行に行かれる方からこれは旅行業違反であるとの指摘を受けました。私としては報酬も受け取らず善意で手配をしたつもりでしたがメモのつもりで作成した請求書によって問題となり大変困惑しております。私の行った事は本当に旅行業違反なのでしょうか?

Aベストアンサー

旅行会社経営者です。手配、お疲れ様。苦労した挙句に、そんなことを言われたら不愉快ですよね。

結論を先に申し上げましょう。「旅行業法には全く違反していません。つまりあなたの行った行為は旅行業務ではありません」(苦笑)。

その理由
1. 報酬を得ていない
2. 業としていない

1.は明らかですね。あなたは必要な実費を立て替えていただけです。報酬とは利益と考えてください。仮に上司から報酬に相当するような金銭をもらったとしても、それは「ありがとう」と言う好意であり、手配への報酬とは言えませんね。
2.の「業」とは事業とも言えるものです。反復継続する業務のことです。必ずしも営業と同じ意味ではありません。今回の事例では、たまたま上司に頼まれて旅行手配をしただけであって、ごく一過性のものであり、法でいう「業」や「事業」には全く当たりません。

個人間の依頼でありながら会社の請求を使った事はあまり好ましいとは言えません。しかしそれも旅行業か否かの判断とは無関係です。

中途半端な知識を持った人、勘違いなどをする人はどこにでもいます。気にしないで下さい。

Qホテルミラコスタ宿泊代行について

人気のある、東京ディズニーシーの「ホテルミラコスタ」。
その、宿泊予約代行というのがあります。
代行を通じて、宿泊予約をお願いする際に、問題は発生しないのでしょうか?

例えば、依頼する人の、住所や電話番号などの個人情報が漏れるなど・・・。

何も問題がなければ、私も、代行をお願いしようと思うのですが・・・。いかがでしょう?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

予約代行をお考えと言うことは、宿泊日をすでに決められたのでしょうか?

『TDR総合予約センター』に電話をして、すでに満室だったり、希望のお部屋が予約できなくても、
2週間前からキャンセル料がかかることになっていますので、『予約センター』に
宿泊希望日の2週間と数日前からまめに電話をかけると、予約ができることもあるようです。

我が家は来週、ミラコスタ2泊の予定です。
『スペチアーレ・スーペリア・ハーバービュー』を希望していましたが、
6ヶ月前ちょうどに電話したときには、希望の部屋はすでに満室だったので、一番安い
『トスカーナサイド』を予約し、その代わりにシーの『プレミアムツアー』を申し込みました。

考えてみると、朝から夜までシーで遊ぶ予定で、ホテルは寝るだけですし、
部屋からショーを見ることができると言っても、雨や風でショーが中止になって
『高いお金を払ったのに・・・』と、がっかりするよりも
『プレミアムツアー』で人気のアトラクションに優先的に乗ったり、
ショーも、プレミアムツアー専用の鑑賞席で見ることができるということなので
浮いたお金で、自分のおみやげをいっぱい買う予定です。

予約代行をお考えと言うことは、宿泊日をすでに決められたのでしょうか?

『TDR総合予約センター』に電話をして、すでに満室だったり、希望のお部屋が予約できなくても、
2週間前からキャンセル料がかかることになっていますので、『予約センター』に
宿泊希望日の2週間と数日前からまめに電話をかけると、予約ができることもあるようです。

我が家は来週、ミラコスタ2泊の予定です。
『スペチアーレ・スーペリア・ハーバービュー』を希望していましたが、
6ヶ月前ちょうどに電話したときには、...続きを読む

Qツアー手配について

旅行業務に関して詳しくないのでご存知の方教えてください。

現在法人で貿易仲介、コンサルタントなどを行っています。ある機関から海外へのツアーを行いたいのだがアレンジしてくれないかと依頼がありました。弊社では旅行業の資格は持ってませんが、似たようなツアーをネットで見ると旅行業の資格のない会社が主催となって、旅行会社が手配となり、ツアーを募集しているのを見ます。例えばどこかの旅行会社で航空券やツアーなどをアレンジ手配してもらい、弊社は主催というようなことでやるのは問題ないのでしょうか?特に弊社で報酬を得る事は考えていませんが、その場合主催、企画する事は問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

旅行会社経営者です。結論から言うと厳しい条件付きで可能だと思います。

旅行業法、関連する法令では、

1.不特定多数の消費者に
2.価格、旅行条件を明示した宣伝告知をして
3.自らが募集し
4.報酬を得て
5.業として主体的に旅行実施をする

この場合は必ず国土交通大臣(第1種旅行業者)、あるいは都道府県知事(第2種、第3種旅行業者)の免許を取得していなければなりません。

従って、特定の団体(例えば業界団体)向けに非旅行業者、例えば質問者さんの経営するコンサルタント会社が視察企画を提案し、種々のアポ手配などを行い、それを旅行商品として宣伝販売することは可能です。

ただしこの場合に実質的な企画、主催を非旅行会社が行うと旅程管理、入金管理、果ては事故やトラブルが起きたときの責任を取ることは実際は不可能でしょう。旅行会社はあくまでも非旅行会社に「企画会社のご指示の通りに航空機、ホテル、バス、通訳などの手配をしました」と主張します。昔はこれを請負旅行、あるいは手配旅行と言っていました。この場合、手配を完了すれば旅行会社は旅行前に債務履行を終わったことになり、以降は免責となります。

これを説明すると殆どの会社さんは驚いて、「とてもそんな責任は取れないので、あなたの会社の主催旅行にしてくれ」と仰います。

かなり虫のいい話なのですが、当社ではいくつかの条件を付けてお受けしています。例えば、集客に一切の責任を負わない、もし集客不良で実施を取りやめる場合であっても旅行手配に関する実費と手数料は企画会社からしっかり頂く、参加者の取消料は既定どおりに収受する、価格や旅行条件の変更を認めない、参加人数が少なく利益が出ないと判断したら実施しない、などです。

告知するパンフレットや告知メディア(ネット掲載)では
あなたの会社は「企画:○○株式会社」とし、その下段にでも「旅行主催:ABCトラベル株式会社」とすることがいいと思います。

そしてネットのように一般消費者が見られるメディアに宣伝告知するときは、「この旅行は業界関係者だけが参加できますので、一般消費者の参加申し込みは出来ません」と掲載することです。

なおご質問にあった「旅行業の資格がない会社が主催となって」いるのは、あくまでも請負手配旅行としているからでしょう。繰り返しますが、この場合には手配旅行会社は一切の旅程管理の責任を負いません。あるいは法令を知らない可能性もあります。

なお貴社が旅行会社から、コーディネート料、コンサル料として一定の金額を貴社の規定に基づいて得ることはなんら問題がありません。しかし売上から定率(例えば5%)の報酬を受け取ることにすると、非旅行会社が旅行業について販売手数料を得たことになり、旅行業法違反になる可能性もあります。

旅行会社経営者です。結論から言うと厳しい条件付きで可能だと思います。

旅行業法、関連する法令では、

1.不特定多数の消費者に
2.価格、旅行条件を明示した宣伝告知をして
3.自らが募集し
4.報酬を得て
5.業として主体的に旅行実施をする

この場合は必ず国土交通大臣(第1種旅行業者)、あるいは都道府県知事(第2種、第3種旅行業者)の免許を取得していなければなりません。

従って、特定の団体(例えば業界団体)向けに非旅行業者、例えば質問者さんの経営するコンサルタント会社が...続きを読む


人気Q&Aランキング