dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

日露戦争の資金集めに困ってた高橋是清に金を貸したユダヤ人銀行家ジェイコブ・シフ。
日本に投資した金は、戻ってきましたか?
またロスチャイルドは、金を出して日本に勝たせても、ロシア相手じゃ金が返ってこないことが分かっていたからですか?

A 回答 (2件)

日本は1905年に日露戦争に勝利して戦争を終えましたが、多額の借入を背負いました。

 次の年の1906年からイギリス銀行団とユダヤ人銀行家ジェイコブシフに戦費の借金返済をし始めました。そしてなんと返済をし終えたのが、日露戦争が終わって80年以上経った1986年でした。
    • good
    • 0

当然返しましたね。


借金返済のために、日露戦争で満州軍総参謀長だった陸軍の児玉源太郎などが欧米との満州市場を開放するという約束を破った。その後も関東軍の石原莞爾は軍令違反まで引き起こして満州事変を起こし、満州国が建国されるに至る。

石原莞爾は本来ならば軍法会議にかけられて銃殺刑に処せられるところが、逆に英雄として帰国し、参謀本部作戦部長に大栄転した。

ある意味、借金返済のために欧米政府との約束を破ったことが、太平洋戦争を引き起こす遠因になって大日本帝国は滅亡したということだろうか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!