以前、椎間板ヘルニアを患いました。保存療法で2週間自宅で養生し、約2ヵ月後に普通の生活に戻りました。半年後、再び腰痛に悩まされるようになりました。整形外科医院に見てもらいましたところ、ヘルニアではなく単なる腰痛との診断で、腰の悪い人は背骨を反るようなことは厳禁だということと、腹筋を鍛えるようにいわれましので、腰の痛みがまだ残っているうちに、ストレッチと腹筋をしましたところ、急に悪化してしまいました。腰が少しでも痛いときは、腹筋等の腰痛強化体操は、厳禁なのでしょうか?
できれば、詳しい方あるいは専門医の先生のご意見をお伺いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

痛みのメカニズムがわかると、あなたの答えになります。



椎間板ヘルニアは、5つある腰椎の間にある椎間板という軟骨の中心部分にある髄核という組織が飛び出して、腰椎の隙間を縦に走っている脊髄あるいは、脊髄から分岐した神経を圧迫している状態をいいます。(饅頭がつぶれて、中のあんこが飛び出したのをイメージするとわかり易いかな)

それで、痛みが生じると同時に、圧迫しているまわりの組織の毛細血管が破れたり、リンパ液が漏れたりして、腫れたり、熱をもったりします。これを「炎症」と呼びます。炎症は、更に神経を圧迫して痛むという具合に、悪循環の状態になっています。
このとき、シップをしたりして、腫れや熱を緩和するわけです。

この状態は、1日から3日くらい続きます。このときに患部を動かすと、組織の毛細血管の出血が更にひどくなったりして、炎症がひどくなるのです。

これでおわかりですね、筋肉を鍛えるのは、炎症が治まってからなのです。痛みがあるときは、ひたすら患部を動かさないように、炎症が治まるのを待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどと思いました。やはりメカニズムを理解することは大切だと思いました。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 19:14

一般的といいますか基本的にといいますか、痛みのはっきりと感じている「急性期」から「亜急性期」の間は腹筋や背筋の体操はさけるべきです。

体操だけでなく痛みを伴う動作(特に速い動き)や痛みを感じる姿勢もさけなければなりません。お風呂上がりなどの体の温まっているときは‘体の警報装置’としての痛みを感じる能力が落ちていますので、入浴後に痛みが無いからといって体操をすることは特に良くないと考えます。
 「慢性期」に入ったり(どこで急性期~慢性期をわけるかは問題もありますが)、痛みがほとんどなくなった時点でもいわゆる「腰痛体操」といわれる多くのものもいちがいにはお勧めできません。通常、背筋の強化は行わず、腹筋を静かに行います:必ず両膝をきちっとたてて腹筋に力が入った際にも腰の背骨のカーブがおへそ側に曲がることのないように(腰全体が床から浮かないように)して、動きもゆっくりとします。スポーツのための筋力強化と同じにやらない方がよいと思います。軽く両肩が床(畳)から10cm程度浮く状態で息は止めずに5秒程度姿勢を保つようにします。まっすぐの方向と肩に左右のひねりをくわえた要領で左右の復斜筋と腹直筋などを鍛えます。確実ではありませんが腹筋が10程度つけば同時に背筋も6程度自然についてくるとの報告も過去にあったと記憶しています。これで痛みもなく自信がついたら体を反らさずに「セッティング」という状態で背筋訓練もはじめたら良いでしょう。
 細かい訓練内容については専門家でも様々意見や方法があり私ひとりの意見が正しいとは絶対にもうしあげらませんが、自信をもっておつたえできるのはは、繰り返しになるようですが「痛みを伴う体操や速い動きは腰痛のある場合にはさけるべきである」ということです。
 お役にたてれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。日にち薬で少し楽になりました。

お礼日時:2005/04/16 19:11

私はまったくの素人ですが、いわゆるぎっくり腰のひどいのを2度ほどやって、あの痛さは今思い出してもいやになるますが、私は自転車に乗っているうちに治りました。

特に無理してスピードをあげるようなことはしないで、ただ一回に少なくとも1-2時間ぐらいかけました。因果関係はないかなとも思っていたのですが、自転車に長く乗っていると自然に筋肉がついてくるのだという話しを聴いたことがあります。時間がかかるのが難点ですが、自転車に乗るのを楽しむというような感じでしばらく試されてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自転車は、腰の負担が比較的軽く、ドクターにも進められました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 19:12

>ストレッチと腹筋をしましたところ、急に悪化してしまいました



このような症状の対策をここで質問しても、NY0716さんの症状を見ているわけではないので、あまり具体的な回答はできないと思います。

現在の症状を医者に相談して、その指導を仰ぐべきです。
問題はその医者です。
ヘルニアと診断した病院の先生=A先生、今回通院した「整形外科医院」の先生=B先生、とするとA先生とB先生は同じではないのですか?
A先生の時はヘルニアと診断され保存療法を行って回復したのに、B先生は
>ヘルニアではなく単なる腰痛
と診断し、その指導に従ったら腰痛が悪化したのですよね。
あまりあてにならないB先生に頼らず、現在の状況をA先生に相談して今後の処置の指導を受けると良いのではと思います。

腰は一度悪くするとなかなか直りませんよね。なるべく悪化させないように注意深く付きあう、信用できる先生について指導を頂く、というのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、専門医に見てもらいました。筋肉を鍛える以外に、打開策はないといわれました。腰を大切にしすぎるあまり、甘やかすと、かえって、腰痛を再発させるので、紙一重ではあるが、筋肉を鍛えることが必要とのことでした。

お礼日時:2005/04/16 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 腰椎椎間板ヘルニア<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病気か  腰椎は5個の椎骨(ついこつ)からなり、上半身を支える脊柱(せきちゅう)のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核(ずいかく)が脱出して神経組織を圧迫した状態です。  通常、激しい腰痛と片側の下肢痛・しびれ感を引き起こします。疼痛やしびれ感の部位は、圧...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹筋したいが腰痛が

ウエスト周りをしぼりたくて3日前から腹筋を始めました(ひざを軽く曲げて腹筋してます)。
しかし、昨日腹筋し終えると腰が痛くてしばらく動けませんでした。元々腰痛持ちなんで、腹筋するときも腰に負担がかからないように気をつけていたのですが、腰痛が出てしまいました。
腰に負担がかからないような腹筋を鍛える方法ってあるのでしょうか?ウエスト周りのぜい肉を落としたいんです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

俗に腹筋運動(シットアップ)と呼ばれるものは、やり方を間違えると、腰椎、頸椎を痛める危険な種目です。
体育の授業でちゃんとしたやり方を教えないのか不思議なくらいです。

■シットアップの方法は、仰向けになり膝を90度に曲げて立て、手は軽く後頭部に組みます。
足首を固定するか、他の人に押さえてもらいます。
ダンベルのシャフトに足の甲を入れると固定され便利です。
砂袋でも結構です。

足首を固定しないで行うと反動を付けがちになり、その結果、頸椎に障害を起こしやすくなります。
反動を使わず腹筋の緊張を感じながらゆっくりと背中を丸めて起こします。
背中を丸めないと腰椎に負担がかかります。
シットアップの良いところは、腹筋にそれほど意識を集中しなくとも動作によって腹直筋が鍛えられる所、また、腸腰筋が鍛えられる所です。
最初のうちは回数を30回で数セットから始めてください。
慣れてきたらプレートを後頭部に持って行います。

■No.1の方も上げておられますが、腰痛持ちの人は、トランクカール、もしくはクランチが良いと思います。
腰に負担がかかりませんので故障は起きません。
但し、腹直筋への意識の集中が低いとトレーニング成果が上がりません。

●トランクカールの方法です。
仰向けになり膝を90度に曲げて立て、手は軽く後頭部に組みます。
おへそをのぞき込む様にゆっくり背中を丸め頭を起こします。
手で頭を押してはいけません。あくまで軽く組むだけです。

上げる動作を2秒、おへそをのぞき込んで保持2秒、下げる動作2秒。
腹筋の緊張を意識しながら行います。
回数は30回で数セットを目標にします。

●クランチの方法です。
仰向けになり、足をイスの座面に上に上げます。手は軽く後頭部に組みます。
以下は、トランクカールと一緒です。

■腹筋への刺激は、トランクカールよりクランチの方が強くなります。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

俗に腹筋運動(シットアップ)と呼ばれるものは、やり方を間違えると、腰椎、頸椎を痛める危険な種目です。
体育の授業でちゃんとしたやり方を教えないのか不思議なくらいです。

■シットアップの方法は、仰向けになり膝を90度に曲げて立て、手は軽く後頭部に組みます。
足首を固定するか、他の人に押さえてもらいます。
ダンベルのシャフトに足の甲を入れると固定され便利です。
砂袋でも結構です。

足首を固定しないで行うと反動を付けがちになり、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報