現在、ファミリーレストランで深夜のみのシフトでアルバイトとして約半年ほど働かせていただいています。
店舗の営業時間が24:00までで、閉め作業を含め24:30までという勤務のシフトで働かせていただいています。

この閉め作業ですが、忙しかった日や暇な日によって終了する時間が前後しまして、早い日は24:30頃に終わり、遅い日ですと25:30頃まで働くことになります。

最近、店長が本社に報告する1日の勤怠稼動表(?)のようなものをチラッと見たことがあって、そのときに気づいたのですが、24:30前後に仕事が終わった日には24:00まで、それ以外はどんなに遅くても24:30までしか勤務時間を付けてもらっていないようです。
今まで給与明細を見たときに、「ちょっと少ないな、、」と不審に思ったことはあったのですが、基本的に仕事が終わったら、自分で退勤手続きを機械でするため、その後、勤怠を調整されているとは思いませんでした。

もちろん、この仕事を始めるときに、サービス残業についての話は一切受けていません。そのほかの仕事内容で職場に不満はないので、なかなか店長に直接聞くことも出来ず、困っています。
サービス残業の実態が明らかであった場合、今までの勤務分を取り返すことは出来るでしょうか?また、これは法律的に違反しているのでしょうか?
お分かりの方、いましたらぜひ意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

♯3です



>お店が忙しかったときに、24:30までのシフトにかかわらず、25:00過ぎまで仕事が掛かってしまった場合の給料と言うのは、あきらめざるを得ないのでしょうか?

 これは日報やメモなどで第三者に証明できるものがあるか?によります。労働基準法上は既往(既に働いた)の労働に関して全額(シフト内であろうと残業であろうと)支払う義務があるとしていますが、現実では事情の知らない第三者にも明らかにわかるよう証明できなければ難しいです。(いわゆる裁判になった時の証拠にあたるものです)

 ですので、同僚などの証言を元にもう一度覚えている限りの時間について確認する必要があります。
(現実には証明できない部分に関しては諦めざるをえない可能性が高いです)

>今後のタダ働きの割合を参考に、その平均値で今までの半年間の分の給料も請求すると言うことは出来ますでしょうか?

 これは非常に難しいと思います。店側からの妥協案としてこのような案が出てきた時にi-love-cokeさんが了承というのであれば可能ですが、そもそも店側は過去に給与の未払い(時間の改ざん)があったとは認めたくないと思いますので、未払いがあったという事は労働者であるi-love-cokeさんが証明して初めて問題となるからです。

 アルバイト仲間と一度集まって他の人にもそういう事態が発生していないか、また、店長に話をしても改ざんされないようであれば、タイムカードとは別に同僚同士で時間の確認をして逐一サインをするようなメモなどを作り今後に備えるのが良いと思います。

この回答への補足

一応、本社側に連絡をし、今後、タダ働きが発生しないようにお願いはしてみました。
また、今後は実際に仕事が終わった時刻を手帳などに記録し、店側が改善対応してくれないようなら、その記録を元に未払い分の請求を行いたいと思います。

大変参考になる回答をありがとうございました。
とても助かりました。

補足日時:2005/04/05 02:29
    • good
    • 0

No2の回答者です。


残業の定義と賃金の消滅時効に間違いがありましたね。申し訳ございません。
さて、タイムカードがないとの事ですが、No3の回答者さんの回答にあるとおり、ご自身で取ったメモ(継続的に記録していく事が望ましいでしょう)でも十分な証拠能力があると思います。もし、より客観性を持たせたいなら、「バイト仲間に内容を確認してもらう」や、「日報形式で皆の目に触れる形で就業時間をメモするようにする」などもひとつの手かも知れませんね。ただ、手帳に今日の勤務時間をメモしておくだけでも十分だと思いますよ。
職場の雰囲気を壊したくないという気持ちも十分理解できますので、最初は個人的にやんわりと店長と相談してみるのがいいのではないでしょうかね。

この回答への補足

再度のアドバイスありがとうございます。
今後、自分で手帳などに実際の退勤時刻などを記録していこうと思います。実際にどれくらいタダ働きしているか分からないので、その状況によって、店長に話してみたいと思います。

ところで、今後のタダ働きの割合を参考に、その平均値で今までの半年間の分の給料も請求すると言うことは出来ますでしょうか?

補足日時:2005/04/04 16:41
    • good
    • 0

 人材業界の者です


大変申し訳ありませんが整理させて下さいね。

 まず、残業=労働契約(決められた時間)以上に働くことです。1日8時間もしくは週40時間以上は超過勤務手当て(いわゆる割り増し賃金)が発生するかしないかの区分なので、また別の話になります。

>労働時間に対する対価が未払いということになりますね

 これが問題の本質になります。残業分はもちろん、24:30までのシフトにも関わらず24:00で退勤扱いにされてしまってる可能性がある、という事ですね。
これが事実だとすると明らかに労働基準法違反です。

 働いた時間分が支払われているかを調べたほうが良いという回答の通り、時給の計算と共に毎月の給与が働いた時間分きちっと支払われているかを確かめましょう。

 その際、労働時間が具体的に何時からかわかりませんが、22:00以降は深夜手当てが付くので通常の時給の2割5分増しになるという事と、一日の労働時間(休憩時間を除く)が8時間を越える場合は、更に2割5分増し(夜間に該当すれば2割5分+2割5分=5割増し)になります。

 その上で、やはり給与が減らされているという事であれば、店長にやんわり、かつ、しっかり話をされた方が良いでしょう。恐らく店長も言われるまでは気づかないだろう的に行っている可能性もありますので、きちっと対応する事が必要です。i-love-cokeさんに非はありませんので。

 給与の消滅時効は2年間ですので、2年前まで遡れます。この場合はタイムカードは会社が押さえてしまっているので、日報やご自分の手帳のメモ、同僚の証言も証拠能力がありますので、不安であれば今までの勤務時間、これからの勤務時間の詳細を手帳などに残しておいた方が良いでしょう。締日前、最後の退勤時にタイムカードのコピーがとれればベストです。

 尚、外食産業という事を考慮すると本部若しくはスーパバイザーから経費を極力抑えろ!等の指示に基づいて店長がとった行動と考えられます。店長も仕方なく行っている可能性はありますが、反対に労働者との間でいろいろ問題が起きて本部沙汰になるのは本意ではないと思います。(=店長のアルバイト管理能力を問われますので)そのあたりと、店で毎日顔を合わせるという事情を考慮すると、まずは店長を見方につけるような形で話をするのが良いでしょう。それでなしのつぶてなら労働基準監督署に相談しますと伝えましょう。

この回答への補足

ご丁寧なレスありがとうございます。

まず、深夜手当てに関してですが、これはしっかり付けてもらっています。8時間以上&深夜という勤務は今までなかったので、こちらも特に問題ないとは思います。

>労働時間に対する対価が未払
これに関してですが、24:30までのシフトなのに、24:00までの給料しかもらってない場合は、シフトと照らし合わせて店長に話してみることにします。
しかし、お店が忙しかったときに、24:30までのシフトにかかわらず、25:00過ぎまで仕事が掛かってしまった場合の給料と言うのは、あきらめざるを得ないのでしょうか?
シフト上も24:30となっており、勤怠(退勤時刻)も24:30に調整されているため、実際に証拠となるものは何もありません(同僚が証人になることは出来ます)。
何か方法があれば、よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/04 16:29
    • good
    • 0

はじめまして。

法律の専門家ではないですが、わかる範囲でアドバイスさせていただきます。
まず、サービス残業とは、そもそも法律(労働基準法)で定められた労働時間(現在は週40時間)を超えて仕事をしているにもかかわらず、超過労働分に対する対価が支払われない状況をさします。
i-love-cokeさんのご相談の場合、サービス残業というより、労働時間に対する対価が未払いということになりますね。未払いの賃金は当然雇用者(会社)に対して請求することができます。(もちろん今までの分も…)ご相談内容を見ると、勤怠は恐らくタイムカードのようなもので管理されているのだと思います。客観的な証拠がある以上、タイムカード上の時間と、支払われたバイト料で時給を計算し、契約時の時給通りになっているかチェックしてみてはいかがですか。(店長にそれとなく「今月の労働時間を知りたいのですが…」と相談してみればいいのでは)
仮に勤怠表があなたの知らないところで改ざんされていて、雇用者が不当に給料を支払っていな場合、程度にもよるかと思いますが、「詐欺」(刑法246条第2項)、「私文書偽造」(刑法159条第3項)に該当する可能性もあり、立派に法律に違反しています。(いきなり裁判沙汰はないでしょうが…念のため)
ちなみに、短期労働者の賃金に関しては消滅時効が確か1年だったような気がします。消滅時効は、何も催促をしないと、権利が消滅してしまう、という法律上の決まりですから「不払いの分をきちんと支払ってください」と一言言えば時効が成立することはありません。
泣き寝入りすることなく、店長に一度ご相談してみることをお勧めしますよ。
(この回答をご覧になっている方へ:もし間違っている記述がありましたら、ご指摘、ご修正下さい。よろしくお願いします)

この回答への補足

savagerさん、ありがとうございます。
サービス残業とは、そのような意だったのですね。勉強になります。ありがとうございます。

本題の労働時間に対してですが、出退勤はレジで管理されており、従業員コードを入力することによって、その時刻がレジに登録されるようになっているようです。
ただ、店長がその日の売り上げ登録時に、退勤時刻を調整しているようでして、例えば、22:00~25:00頃まで働いた日であっても、「勤務時間2.5」と表示されていました。
そのため、確認は取ってないのですが、多分、本当の自分の退勤時刻はデータとしては残されていない気がします。
この場合、タイムカードのような客観的な証拠がないと思うのですが、このような場合でも給料を請求することは出来るのでしょうか?

補足日時:2005/04/04 05:43
    • good
    • 0

もし事実であれば当然労働基準法違反になります。


勤務時間の管理はタイムカードですか?
どのような形態であるにせよ、必ずコピーを取っておきましょう。
計算上の給与より実際の給与が少なかった場合、そのコピーをもってまず店長に理由を確認してみましょう。
他のアルバイトにも同様のことが行われている可能性がありますので、確認してみて複数で店長と話してみれば良いのでは?
絶対に泣き寝入りすることはありませんよ。
経費を抑えたいが為に勝手に店長の判断でカットしているのかもしれません。
本部に相談するのもひとつの手段だと思います。
仕事内容に不満がないからこそ気持ち良く働きたいですよね。
頑張って下さい。

この回答への補足

yamikuro3さん、お答えいただいてありがとうございます。

回答の順が逆になってしまいましたが、No.2の方で書かせていただいてように、タイムカードなどの物的(?)証拠というものはありません。
店長(社員)は、レジの操作で勤怠時刻を自在に変更できるようです。

また、以下のようなことも何度かありました。
ある時、仕事を終え、退勤手続きをしようとしたら、店長に「もう退勤にしておいたから、退勤登録しなくてもいいよ」と言われました。実際に仕事が終わる30分ほど前に退勤処理されていたようです。

ほかのアルバイトも、不満に思っている人はいると思うのですが、アルバイト先が比較的アットホームな雰囲気なので、見て見ぬ不利のようです。
もうバイトをやめた人など、証人になってくれる人はいると思いますが、実際に証拠となるものはないのが現状です。

このような場合でも、請求することとか出来るのでしょうか?

補足日時:2005/04/04 05:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ日本の左翼運動はサービス残業や長時間労働をあまり問題としないのか

なんで日本の左翼運動はサービス残業や休暇の少なさ、長距離通勤など労働問題をあまり取り上げず、ジェンダーやフェミニズム、在日外国人、部落問題などを積極的に取り上げるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
20年位前までは、労働組合運動はその点が一番の問題点でしたよ。

「総評」が労働者の核として、資本家と対等に機能していた時代「組織労働者」のために、賃金、待遇改善のため激しい戦いを繰り広げていましたよ。
右派が台頭し(国労くずしが始まり)
「総評」が破壊され、労使協調の「連合」が出来てから変わったのです。

力を失った左派はいわゆる、思想闘争に訴えるしか、すべがなくなったのです。

右派の思想は、会社有っての「労働者」皆で会社を守らなくてはいけない、そのためには、「我慢せよ」

左派は、「労働者」有っての会社、働く人間が居なければ、成り立たない、経営者こそ「我慢せよ」

組合運動が左派運動とは限りません!!

Q労働時間の計算、お願いします。8:30~4:30で休憩60分週4日勤務で時給1000円の場合、

労働時間の計算、お願いします。

8:30~4:30で休憩60分
週4日勤務で時給1000円の場合、

幾らになりますか?

Aベストアンサー

24時間制で表記すれば計算しやすいでしょう。
夕方4:30は16:30。
ということで 16:30 - 8:30 = 8:00 となり拘束時間は8時間。
時給制で休憩時間の1時間は勤務時間に含めないなら実働7時間。
その場合の1日の給与は 7 × 1,000 = 7,000円。
週4日勤務なら 7,000 × 4 = 28,000円。

参考まで。

Q長時間労働

「正社員・月平均100時間残業・年収600万円」
(1)正社員になりたいけどなかなかなれないという非正社員の方が多いとは思いますが、この条件でも正社員になりたいですか?
 企業規模関係なく長時間労働の会社が殆どです。
 せっかく正社員になれたとしてもこんな働き方では体を壊したりして 長く働けるか疑問です。幸せ感も薄いでしょう。
(2)何か解決策はないものでしょうか?
  論外であるサービス残業の問題もありますね。

Aベストアンサー

解決策があるとすれば、独立ですかね。サラリーマンって要は自分の時間の切り売りみたいなところがありますよね。
残業せずに働けるところを探すと、給料が少なかったりしますよね。そのような会社では残業をしたいといっても残業するような仕事もないかもしれませんよね。(こんな会社はほとんどないかもしれませんけどね)
では、基本給にどれだけ収入をアップさせることが出来るかというと、残業しかないですよね、それで収入を増やすしかないわけですから自分の価値観がどこにあるかで決まってくるでしょうね。
私はそれが嫌で独立しました。
サラリーマン時代からすると残業は格段に増えました。でも仕事をしたぶんだけ収入が増えていきます。もちろん時間ではなく仕事の内容で変わって来るわけですから、仕事自体は楽しくやりがいをもってやっています。
時間を収入に変えるのが嫌なら仕事の内容を収入につなげることが出来る独立がいいかもしれませんね。
そういう私もサラリーマン時代はほとんどサービス残業でしたがね・・・。

Q10:00~18:00(実動7時間)などの表記がありますが、この時間内にずっと働いていなければならないということなのでしょうか?

アルバイト情報で「10:00~18:00(実動7時間)」などの表記がありますが、この時間内にずっと働いていなければならないということなのでしょうか?
それとも、この時間内でシフトを決めて働くということでしょうか?

分かる方ご回答願います。

Aベストアンサー

休憩時間1時間を含めた労働時間帯ということです。

実際に働く(実働)時間が7時間で、もちろんシフトという形で
お昼休憩をチームや個人でずらすということは考えられますが。

Q長時間労働を誇る人達

能なしに限って成果より長時間労働を誇る傾向があります。
なぜ彼らは長時間労働を誇りにしてるんですか?

Aベストアンサー

それぐらいしか誇れそうなものが見当たらないからだと思います。
せめてもの自己正当化なのでしょう。本当は弱い人なのでは。強ければ誇る必要がありません。

そうでなければ、相当頭が弱いんでしょう。

Q9:00~20:30/シフト制週40時間以内

[社]9:00~20:30/シフト制(週40時間以内)ってどういうことですか?

月収は18万以上とあります。一日、9時から20時30分までがっつり働かなければいけないってことでしょうか?これは・・。

Aベストアンサー

9:00~18:00(休憩1hr)、11:30~20:30(休憩1hr)の
2交代制で、週40時間以内(つまり月~金)、月収18万以上
という意味と思います。工場などでは多く見られるパターンです。

Qサービス残業は誰のせいで発生する?

世の中にはサービス残業が多々あります。
これは勿論、会社が悪いのですが、従業員にも問題があると思っています。

例1) サービス残業についての不満を蔭で言うだけで、会社(上司)に対して異義を唱えない。
例2)出世を気にして、自らサービス残業する。

極端なことを言えば、従業員が決心して、サービス残業を拒否すれば、なくなると思うのですが、いかがなもんでしょう?
サービス残業が過度になって、裁判をおこしたり、過労死する前に、日常的に行動を取るべきではないのでしょうか?

ちなみに、うちの会社では、労基署の指導が入ってから、サービス残業は激減しました(まだ、少しある)。

Aベストアンサー

> サービス残業は誰のせいで発生する?

サービス残業は違法です。会社は法律を守る(守らせる)義務があります。従って、会社は、管理者を通じて、部下の仕事(残業時間含む)を適切に管理すべきなのです。

実態としては、以下の3つがあると思います。
●パターン1
管理者・・・部下の個々の作業を把握できていない
部下・・・自分の能力の問題で他の人に比べて仕事に時間が掛かっているのを隠したい
●パターン2
管理者・・・部下の個々の作業を把握できていない
部下・・・本当に仕事が多いが、残業代は上限が決まっているのを知っており、上司を困らせないようにしている。
●パターン3
管理者・・・部下の個々の作業を把握できていない
部下・・・やる事はないけど、上司(みんな)が忙しいそうだから自分も忙しそうにしている

現状ではどちらにも問題はあると思いますが、共通の解決策は、管理者がしっかり部下の仕事管理をすれば良い事と、部下は余計な気は使わずに法律やルールに基づき残業を行うことです。

Q10:00~20:00までの間で8hくらい働けるキッチンのアルバイトはなかなかないでしょうか?

10:00~18:00or11:00~19:00or12:00~20:00など。(都内)
募集には時間応相談など書いてありますがやはり18:00~忙しくなるのと
15時などで一度閉まるお店が多いので探せばそういうところもあるのかもしれませんが
詳しいことは面接で、となっているので探すのに時間がかかりそうです。

飲食店なのにわがまますぎる希望かもしれませんが時間が合わないところに無理をして
働いたりするよりも時間がかかっても丁度良いところがもしあれば…と思いました。
シフトの入れ替わりなどで意外とあるのか本当に稀なのかわかりません。

Aベストアンサー

質問の回答の回答です^^;

「面接で相談してみて」と言われる場合、
お店側の本音としては

(1)そもそも電話を取った人に決定権がなく断言できなかった
(2)とにかく人が足りない時間があって、
 面接にこぎつけて他の時間帯でも勤務して貰えるよう口説きたい
(3)人員を抑えている時間帯なので
 ある程度マルチプレーヤーになれる人でないと困る。
 きちんと育つ人なのか面接でそれを見極めたい。
(4)その他、勤務可能だが条件が複雑なので面接の場で説明したい。
 (週によって出勤回数が変わったり上がり時間が変わったり。)

こんなもんだと思います^^;
私のお店では(2)と(3)が多かったですねー
(2)を避ける為には
「○○の用事があってどうしてもこの時間帯以外は働けないので
 この時間帯で募集されてるか先に確認したくてお電話しました」
と言ってみると、お店側としても
『○○の用事なら出勤交渉無理だな~こりゃ口説けないわ~』
っと思って素直に「その時間は募集してないです」と言ってくれると思います^^;
○○が半端な用事だと口説けると思わせるばかりか、
もし(2)で無かった場合シフトに非協力的というマイナスイメージを持たれてしまうので
どーやっても、どうしても無理!という理由を掲げる事です・・w
まぁ電話の段階でそこまで話ができないかもしれませんが^^;

質問の回答の回答です^^;

「面接で相談してみて」と言われる場合、
お店側の本音としては

(1)そもそも電話を取った人に決定権がなく断言できなかった
(2)とにかく人が足りない時間があって、
 面接にこぎつけて他の時間帯でも勤務して貰えるよう口説きたい
(3)人員を抑えている時間帯なので
 ある程度マルチプレーヤーになれる人でないと困る。
 きちんと育つ人なのか面接でそれを見極めたい。
(4)その他、勤務可能だが条件が複雑なので面接の場で説明したい。
 (週によって出勤回数が変わ...続きを読む

Qサービス残業って普通なんですか?訴えれないんですか

今まで職を何度か変えましたが、サービス残業はありませんでした。
しかし、今回の仕事先はサービス残業は今の世の中当たり前だ
といわれました。
なんか、サービス残業は当たり前という会社の雰囲気です。
現在、サービス残業は当たり前なんでしょうか?
納得できないんですが・・・
労働監督基準局とか、ハローワークとかに言っても、社会的に多すぎて
とりあってもらえないんでしょうか?
それともサービス残業をやめるように是正勧告的なことがなされるんでしょうか?
どのようにすれば、いいんでしょうか?
よろしくおねがいします。
貯金もそこをつき辞めるわけにはいかないのですが、かといって、低賃金で、サービス残業を毎日やって夜遅く疲れて帰るのも納得いかないのです。

Aベストアンサー

そこに問題はあるというのはわかりますが

社内の経営体制にまで口を出せないのであれば
別の仕事を探すのが一番早いと思います。

会社としては、辞めてほしくはないけれど
一定の確率でやめていく人がいるのも納得済みで雇用をしています。

仮にそれらを是正するために訴えて勝ったとしても
とても時間も精神力もかかりますし
その状態で社内で残るというのも精神が強ければ別ですが
とても辛いことになりますよね。
他の社員のためにはなるでしょうけど。

納得いかない気持ちは重々わかりますが
そんな会社は星の数ほどあって
それぞれの理由と方針から成り立ちがあるので
一概に責めることができない会社も多々あるのです。

私もそういった会社で働いていたときは疑問だらけでしたので
今はその部分は最優先で転職先を考えます。

一応やり方としては
労働監督基準局は指導はしてくれます。
確か月100時間とか残業がオーバーしている場合は動いてくれた気がします。何か月分かの勤怠データ持っていかなければいけません。

Q求人広告に14:00~22:00と書いてあったんですがこれは電話相談で

求人広告に14:00~22:00と書いてあったんですがこれは電話相談で朝から入れないか聞いてもかまいませんか?

それともそうかいてあったならその時間帯オンリーなのか

Aベストアンサー

14:00-22:00までできる方を希望していると思いますが、聞くのはただです。もしかしたらほかの時間帯も募集しているかもしれませんので、シフトの有無などいろいろ確認されるのが良いでしょう。


人気Q&Aランキング