不明な入金はとりあえず仮受金(負債)勘定で処理するみたいなんですが、なぜ負債勘定なんですか

A 回答 (2件)

仮受金とは、金額や受け入れる勘定科目が決っていない場合に、一時的に処理をするための勘定科目です。


従って、返金する場合もあり、まだ自社の収益ではありません。
そのために負債勘定として処理をします。
    • good
    • 0

返す場合に困るから仮受金(負債)勘定


たとえば現金で預かっていれば、貸借の相手は「現金」で資産勘定
もし、代金が確定すれば、売り上げに移します
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮受金勘定を使った仕訳

預金×× 仮受金××

貸付金×× 預金××

仮受金×× 預金××

この3つの仕訳の関連や背景を教えてください。


預金×× 仮受金××

仮受金×× 預金××

もお願いします。 

Aベストアンサー

ayayaさん、はじめまして。

預金×××/仮受金×××
貸付金×××/預金×××
仮受金×××/預金×××

の方(仮に(1)とします)はこの順番で仕訳が起きていましたか?この順番だと関連がどうなのか私にはわかりません。
仮受金×××/預金×××
預金×××/仮受金×××
貸付金×××/預金×××
の順番なら貸付金が発生したのに、仮受金で処理してしまったため逆仕訳を起こしたのかなと思うのですが。

預金×××/仮受金×××
仮受金×××/預金×××

の方(仮に(2)とします)は以前いた会社で、例えば、10,000円でいいところをお客様が10,500円振り込んでしまったことがあります。とするとその500円の部分を

預金 500/仮受金 500

とし、数日後それを返金することになり、

仮受金 500/預金 500

という仕訳を起こしていましたよ。
はっきりした答えが出せなくてごめんなさい。
その伝票に摘要とか書いてあったりしてその部分にもう少し触れていただければわかるかもしれませんが。

Q資産のマイナス勘定と負債勘定は別物?

現在計算の苦手克服も兼ねて簿記3級の勉強をしております。
いま貸倒引当金の項目を勉強してまして、使用しているテキストを見てみると
貸倒引当金の勘定が負債ではなく資産のマイナス勘定と表記されています。

「資産のマイナス勘定」と「負債勘定」って別物なんですか?
何となく「資産のマイナスを補う科目だから負債には該当しないのかな?」とは思ってるんですが
どうもその考えに自信が持てなくて^^;
試験前までにスッキリしたいんで(ぇ よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 基本的に引当金は負債勘定です。
 厳密に言えば、「貸方勘定」です。貸方勘定とは、増えれば右側に仕訳する勘定のことです。
 ですから、貸倒引当金も貸方勘定です。
 ただ、貸倒引当金とは、売上債権が焦げ付いた場合に備えるものですので、あらかじめ売上債権から差し引くのが一般的です。
 その方が、その企業の資産価値を適切に判断できますので。
 したがって、当たり前だと負債の部に記載される貸倒引当金を、資産の部に記載するのです。
 ただ、貸方勘定なので、資産の部(借方)に移動させる場合はマイナス表示させます。
 無理に負債勘定に記載しても間違いではないのでしょうが、そうすると資産合計(=負債資本合計)がその分増えてしまうので、注意が必要ですし、一般的ではありません。
 このように、貸倒引当金は貸方勘定なので、もともとは負債勘定なのですが、資産の適正評価という意味合いから、資産の部にマイナス計上する特殊な勘定科目といえます。

Q仮受金がよくわかりません

新しい会社での仕訳の仕方がわかりません。

3月に決算なのですが、前期の決算で、仮受金200,000円を計上していました。

このお金は現金で入ったお金のようです。

その200,000円というのは何年か分の広告費のようです。

そして2月に広告費として50,000円が発生しました。

仮受金を計上したときの仕訳は

現金 200,000   /  仮受金 200,000

となっていました。

そのあとの仕訳の流れがよくわかりません。

仮受金と現金で逆の仕訳をすると、仮受金は消えますが、広告費が計上されない。

どのような仕訳をすればいいのでしょうか?

基本的なことだと思うのですが、恥ずかしながらわかりません・・・。

教えてください。

Aベストアンサー

関連会社から広告費として使うようにと20万円を受け取ったときに「仮受金」としていたのは少々問題があり、そのとき「雑収入」とすべきだったように思います(翌年以降、20万円すべてを広告費として使うとは限らないので)。

したがって今期
ア.(仮受金を全額なくす)
 仮受金 200,000 前期損益修正益 200,000
 宣伝広告費 50,000     現金 50,000


または
イ.(仮受金を5万だけ減らす)
 仮受金 50,000 雑収入 50,000
 広告宣伝費 50,000 現金 50,000

というところでいかがですか。

Q決算時に仮払金、仮受金の処理 

決算整理時に仮払金、仮受金に残高にある場合は、
雑損、雑益に振り返るのでしょうか?

それても、前払金、前受金に振り返るのでしょうか?
そうだとしたらなぜ前払金、前受金に振り返るのでしょうか?


あと、翌期に繰り越さない勘定科目は、
仮払金、仮受金、現金過不足以外にありますか?



あと、
「付随費用」を勘定科目に含めないものは
ありますか?
仕入時の発送費、、固定資産、有価証券の手数料、
全ての付随費用は勘定科目に含めていいのでしょうか?





よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 お金に動きがあった時は、その事実をその日の内に、仕訳に計上し、その事実が生まれた決算期の貸借対照表(B/S)に反映させないといけません。
 しかし、お金の増減に係る費用・収益は、決算期間内での出来事に限定した数字のみを、損益計算書(P/L)に計上することとされています。
 この、B/S上と、P/L上での、認識のずれを解消させるための苦肉の策として、「経過勘定科目」というB/S科目が作られました。
 次の4つがあります。

 前受金・・・決算日より後にもらうべきお金を、前もって受取った時に使用
 前払金・・・決算日より後に支払うべきお金を、前もって支払った時に使用
 未収金・・・決算日までにもらうべきお金を、まだ受取っていない時に使用
 未払金・・・決算日までに支払うべきお金を、まだ支払えていない時に使用

 また、予定外の出費・収入など、人為的な問題で正確な会計処理が追いつかない時に便宜を図るため、仮勘定が設けられました。
 仮受金・・・お金を受取った時点で、仕訳を計上する際、適当な相手科目が見付からない時に、一時しのぎで使用
 仮払金・・・お金を支払った時点で、仕訳に計上する際、適当な相手科目が見付からない時に、一時しのぎで使用

 これらの科目はいずれも、正式名称を持つ損益項目が現れて初めて、そのあるべき科目に姿を変えるべく、消滅します。
 通常、最長でも翌期には解消されますが、それまではB/S上にしぶとく残り続けます。
 ただ、実務上ではあまり褒められた話ではないので、試験問題では、すぐさま解消するという模範的な状況で出題がされることが多いです。
 (つまり、決算整理後残高試算表には、上記で述べた勘定科目の残高が残らないという設定が多い)

 仮受金を前受金に、仮払金を前払金に、という経理処理は、通常は行ないません。
 全く異なる意味を持った、あやふやな科目同士をキャッチボールさせたところで、何の意味もないからです。
 ただし、試験で「前受金に計上すべき科目を、間違って仮受金にしていた」と問題が出たら、それは当然の修正ですので、
 自信を持って「仮受金/前受金」と仕訳を起こして下さい。
 「前払金に計上すべき科目を、間違って仮払金にしていた」と問題が出たら、それは当然の修正ですので、
 自信を持って「前払金/仮払金」と仕訳を起こして下さい。

 そのような特別の指示がない限り、
 前受金⇔仮受金
 前払金⇔仮払金
 という処理は起こさなくてよいのです。

 「雑益・雑損」
 これらは経理処理の怠慢などで、決算整理仕訳を行なう時が来ても費用・収益となりうる要因が判明しないまま、どのP/L科目に数字を含めたらよいか決定できず、いよいよどうしようもなくなった場合、やむなく数字を放り込むための科目です。
 「好んで振替えるべき」勘定ではありません。
 現金過不足の原因が判らない場合などにのみ、使用するようにして下さい。

 「付随費用」を手数料として計上する場合、必ず問題文にヒントとなる指示があります。
 どんな設題においても、いくつか処理方法が考えられるのに、問題に指示がないよ・・・と迷った時には、原則の方法を適用すると判断してかまいません。
 (ご質問の場合ですと、#1さんのアドバイス通り、手数料は費用ではなく資産科目として、取得価格に含めて計上する原則の方法でOK。)

 お金に動きがあった時は、その事実をその日の内に、仕訳に計上し、その事実が生まれた決算期の貸借対照表(B/S)に反映させないといけません。
 しかし、お金の増減に係る費用・収益は、決算期間内での出来事に限定した数字のみを、損益計算書(P/L)に計上することとされています。
 この、B/S上と、P/L上での、認識のずれを解消させるための苦肉の策として、「経過勘定科目」というB/S科目が作られました。
 次の4つがあります。

 前受金・・・決算日より後にもらうべきお金を、前もって受取った時に...続きを読む

Q仮受金が残ったままになっていた

なんとなく、月次残高を見ていたら仮受金が、10000円ほど期首から
ずっと残っていました。
何?と思ってさがしてみると、4期も前の入力ミス発見。
決算仕訳で 

未払い金10000 仮受金10000
これは仮受金ではなく預かり金(源泉所得税分)

預かり金を仮受金と入力してしまったもの・・・

ええ、今頃・・・4年も前のもの
仮受をけさないと・・・

4年の前の間違いどうしょうと悩んでいるところです。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら
お教えくだされば助かります。 

Aベストアンサー

3期以上前のものですし金額も少額です。
また、預り金も正しい残高ではないのですからコメントを付けて
振替れば済みます。
即ち、 仮受金 10000 預り金 10000
問題は4年間も残高が違っているのに気が付かない点です。
少なくても、決算時には仮受金の内容精査をするものではないでしょうか?

Q有価証券利息勘定を受取利息勘定で処理できるか

税理士事務所に一年ほど勤務した経験があり、疑問に思うのですが、教えていただけませんでしょうか。
有価証券利息が一年間で、一仕分けしかない場合でも、有価証券利息を設けなければならないのでしょうか?たった一仕分けしかないのならば、受取利息勘定で処理してしまえばいいと思うのですが?勘定科目はできるだけ少ないほうがいいのですよね。
ついでに、受取配当金も受取利息勘定で処理してもいいように思うのですが。だめでしょうか。学習簿記では絶対にダメですよね。実務のことを教えてもらえませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

端的にいえば企業会計原則の注解1でいうところの「重要性の原則」の適用のしかた次第でしょう。
個人的には、法定監査の対象会社でなければご質問のとおりで構わないと思います。

また、あなたの勤務経験やご質問の文面から推察するに税務申告に対応できればよい会社を前提としているのでしょうから、極論すればPL項目には「損金」勘定と「益金」勘定の二つがあれば、こと申告だけに着目すればよいことになります(もちろん引当金繰入とか税務上特段の要件の定めがあれば別ですが)。

受配についても「受取利息及び配当金」として処理している例は見かけていませんか?特に問題ないでしょう。

厳密にいうならば、
企業会計原則や商法施行規則には、受取利息、有価証券利息、受取配当金を区分させる規定はありません。
財務諸表規則にはこれらを区分するむね90条に明記されています。(重要性による例外規定もあり)
というのが答えとなります。後は、あなたの質問の対象となる会社が財務諸表規則の適用会社になるかどうかということでしょう。

ただ、
>たった一仕分けしかないのならば、受取利息勘定で処理してしまえばいいと思うのですが

というのはどうでしょう?

例えば、『資本の部はほとんど仕訳が起きないから、「資本金」も「資本剰余金」も「利益剰余金」も全部ごちゃ混ぜにしちゃえ!』という理屈には賛同する人は少ないと思います。

>勘定科目はできるだけ少ないほうがいいのですよね。
これも突き詰めれば企業会計原則でいう「真実性の原則」「正規の簿記の原則」「明瞭性の原則」「重要性の原則」との兼ね合いで決まるものでしょう。
あなたのお考えは、会計原則からの導出というよりは、税務会計を満たせばよいという前提で仕訳入力の簡便性のために科目コードを極力集約しておきたいという実務上の利便性を優先させたものと考えられます。

8月に「中小企業の会計に関する指針」が税理士会、会計士協会、日商、企業会計基準委員会の連名で公表されました。BS項目についての会計処理の解説が主で、具体的な仕訳処理については必ずしも明らかにはされていませんが、参考にしてください。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/taxplayer/pdf/press_050803.pdf

端的にいえば企業会計原則の注解1でいうところの「重要性の原則」の適用のしかた次第でしょう。
個人的には、法定監査の対象会社でなければご質問のとおりで構わないと思います。

また、あなたの勤務経験やご質問の文面から推察するに税務申告に対応できればよい会社を前提としているのでしょうから、極論すればPL項目には「損金」勘定と「益金」勘定の二つがあれば、こと申告だけに着目すればよいことになります(もちろん引当金繰入とか税務上特段の要件の定めがあれば別ですが)。

受配についても「...続きを読む

Q仮受金の処理を間違えたときの訂正の仕方がわかりません

A社への支払いが115,500円(税込)ありました。
そこからB社への支払い(10,500円)を相殺のため差し引いて
仮受金とし、残りの105,000円をA社へ支払いました。
そのときの仕訳↓

外注費 100,000 / 普通預金 105,000
仮払消費税5,000 / 仮受金    10,500

次月、先月仮受金とした10,500円をB社の材料費で支払いました。
そのときの仕訳↓

仮受金 10,500 / 普通預金 10,500

支払った際、上記のように処理してしまいました。
仮受金は消えましたが材料費が計上されていません。
この場合どうやって訂正したら良いのでしょうか?

普通預金10,500 / 仮受金 10,500

という逆仕訳で間違った仕訳を消してから

仮受金 10,500 / 材料費 10,000
           / 仮払消費税  500

材料費 10,000 / 普通預金 10,500
仮払消費税 500 /

でいいのでしょうか?
でもこうすると材料費が相殺されて消えてしまいますよね・・・・
どうしたらいいのでしょうか?全然分かりません。
助けてください。

A社への支払いが115,500円(税込)ありました。
そこからB社への支払い(10,500円)を相殺のため差し引いて
仮受金とし、残りの105,000円をA社へ支払いました。
そのときの仕訳↓

外注費 100,000 / 普通預金 105,000
仮払消費税5,000 / 仮受金    10,500

次月、先月仮受金とした10,500円をB社の材料費で支払いました。
そのときの仕訳↓

仮受金 10,500 / 普通預金 10,500

支払った際、上記のように処理して...続きを読む

Aベストアンサー

取り消したい仕訳はそのまま削除することで良いですよ。
月締めの試算表が動かし難いようでしたら、逆仕訳を行って下さい。

確定しているのは、105,000円(A社)と10,500円(B社)を送金済みと言う事実ですから、

外注費 100,000 / 普通預金 105,000
仮払消費税 5,000


 
材料費 10,000 / 普通預金 10,500
仮払消費税  500

の仕訳をそれぞれの日付で起こします。

外注費を110,000円から100,000円に減額処理することで解決です。
請求書の上で、110,000円に△10,000円(材料費分)として、
100,000円に修正するわけですね。

仕訳は上記2つのみですから、それ以外の仕訳はすべて抹消して下さい。

っと、言うのが最も簡単な方法だと思います。
なあんだと思われるかもしれませんが、
難しく考えすぎてらっしゃったのではと思われます。






 

Q勘定/資本費用は左が+、負債資本収益は右が+になる理由

勘定による計算法の、「資産・負債・資本・収益・費用の各勘定の記入条件」で、「資産と費用の増加額は借方・減少額は貸方に記入、負債、資本、収益の増加額は貸方・減少額は借方に記入」、とあるのですが、なぜこのようなことになるのでしょうか?

図説

資産・費用
______
 + |  -

負債・資本・収益
______
 - | +

Aベストアンサー

貸借対照表は借方(左)に資産、貸方(右)に負債と資本がきます。

決算まで仕分け→元帳の記入をして、資産の各勘定の残高を借方に記入し、負債、資本の各勘定の残高を貸方に記入するのです。この規則に基づいて仕分けをするのです。

損益計算書は左に費用、右に収益ですが、これも仕分けのルールと同じなんです。

貸借対照表と損益計算書をあわせると左側は資産と費用、右側は負債と資本と収益です。仕分けのルール通りにしていくと決算の財務諸表が簡単に作れるようになっているのです。

なには、ともあれ、↑の説明ではうまく説明できなかったのですが、#1さんのいうように、とりあえず仕分けのルールにしたがって、決算まで一通りやってみてください。そうすれば、あなたのなぜこういう風に仕分けをするのかの原理がつかめます。僕も、同じ疑問を長い間もっていましたが、分かれば、「なんだ、こんなことか」と思うと思いますよ。

お勧めは↓の本とかです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4502865605/qid=1107348310/br=1-6/ref=br_lf_b_5/249-0137414-5716301
問題集も付属しています。なお、4級の方が詳しく書かれているかもしれません。4級は簿記の基本原理を学ぶのが重点的なので。また、ふつうの本より、受験参考書のほうがわかりやすいかもしれません。

とりあえず、決算まで仕分けをして、財務諸表を作ってみてください。すごく簡単なものでいいです。すぐ分かると思いますよ。

貸借対照表は借方(左)に資産、貸方(右)に負債と資本がきます。

決算まで仕分け→元帳の記入をして、資産の各勘定の残高を借方に記入し、負債、資本の各勘定の残高を貸方に記入するのです。この規則に基づいて仕分けをするのです。

損益計算書は左に費用、右に収益ですが、これも仕分けのルールと同じなんです。

貸借対照表と損益計算書をあわせると左側は資産と費用、右側は負債と資本と収益です。仕分けのルール通りにしていくと決算の財務諸表が簡単に作れるようになっているのです。

なには、と...続きを読む

Q入金を仮受金で処理していますが、費用はどう計上すればいいですか?

帳簿への計上についてご質問させて頂きます。
お客様からまず見積もり金額を銀行へ入金していただき、その後に商品を買い、あまりを返金しています。
この場合入金時に
借)銀行 10000 貸)仮受金 10000

と計上していますが、正しいでしょうか?
また、商品代・送料そして売上はどのように計上すればいいのでしょうか?

商品代と送料は、
借)商品代 5250 貸)現金 6250
借)送料  1000 
ではなく(費用を借方に計上すると、仮受金や売上計上時に貸借をどう合わせるかわかりません)、
借)仮受金 6250 貸)現金 6250
借)仮受金 3750 貸)売上 2750
借)       貸)銀行 1000 (あまりの返金) 
のようにすべきですか?
仮受金などを使用したことがないのでよく分かりません。
詳しい方、どうかご教示ください。
説明に不備がございましたら補足致します。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ご面倒でなければお答えいただきたく存じます…

本質的な部分で間違っています。

【仕入の計上】・・・仕入れたとき。前受金が入ったときではない。
借)仕入   5,250  貸)現金 (or普通預金) 5,250

【入金時】
借)普通 (or当座) 預金 10,000  貸)前受金 10,000

【経費の計上】・・・運賃を払ったとき。前受金が入ったときではない。
借)荷造運賃 1,000  貸)現金 1,000 

【発送・売上確定時】
借)前受金  9,000 貸)売上 9,000

【返金の処理】
借)前受金 [返金] 1,000 / 貸) 普通 (or当座) 預金1,000

Q簿記2級 建設仮勘定について

以下の問題と回答があるのですが、
イマイチ理解できません(><;)
力を貸してくださいませ!!

【問題】
次の仕訳を行いなさい。
3月31日決算。年1回。
決算整理前残高試算表は以下となっている。
建物:50,000
建物仮勘定:30,000
建物減価償却累計額:22,500
固定資産の減価償却する。
(定額法、耐用年数30年、残存価格は10%)
なお、建設仮勘定は、営業所の新築用であり昨年12月31日に
完成・引渡を受けたが、期中において建物勘定への振替が未処理であった。
新築建物の減価償却は他の建物と同一とし、当期分は月割り計上する。

【回答】
(建物)30,000    (建設仮勘定)30,000
(減価償却費)1,800   (建物減価償却累計額)1,800

理解できないのは、減価償却費です。
1,500 + 300 で1,800となっているのでしょうが
300円が理解できません。
解説には、新築の建設仮勘定30,000を使い
減価償却の計算を行っていますが
新築の30,000は建設仮勘定であり、建物そのものの値段は
不明ですよね?
減価償却は、建物そのものの金額で計算するのでは
ないのでしょうか?
問題では建物そのものの金額は不明ですが・・・。

皆さん、2級勉強したての私のアドバイスくださいm(__)m
よろしくお願い致します★

以下の問題と回答があるのですが、
イマイチ理解できません(><;)
力を貸してくださいませ!!

【問題】
次の仕訳を行いなさい。
3月31日決算。年1回。
決算整理前残高試算表は以下となっている。
建物:50,000
建物仮勘定:30,000
建物減価償却累計額:22,500
固定資産の減価償却する。
(定額法、耐用年数30年、残存価格は10%)
なお、建設仮勘定は、営業所の新築用であり昨年12月31日に
完成・引渡を受けたが、期中において建物勘定への振替が未処理であった。
新築建物の減価償...続きを読む

Aベストアンサー

建設仮勘定の処理が未処理となっていると問題文に記載がありますね。なので、本来であれば12月31日に建物/建設仮勘定 30,000と言う仕訳が入ります。
30,000×0.9(残存価格控除後)÷30(耐用年数)×4/12=300
となりませんか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報