90歳になる私の祖母が3月21日に脳梗塞で脳神経外科に入院しました。

脳梗塞により右半身が動かなくなり言語もかなり聞き取りにくなり、肺炎にならないかと心配しておりましたが、入院より17日後の4月7日に肺炎と診断されました。

医師の話では、今入院している脳神経外科には祖母に合う薬が無いからこれから探すとのことです。
そんなのんびりしていても祖母が弱っていくだけだと思うので、近くにある総合病院へ転院したらよいのではないかと思っています。
もしかすると祖母に合う薬があるかもしれないので…

以上のように考えてはいるものの、私には知識が無くどうしたらよいのか分かりません。
どうかアドバイスをお願い致します。


祖母についてですが、13年前に一度脳梗塞になりましたが、そのときは普通に生活出来るまで回復し、それ以来13年間普通に生活してきました。(もちろん歩行、言語共に問題なしです。)
そのときの脳梗塞の発症部位は今回とは異なります。

また、今回の脳梗塞が発症する2週間ほど前にインフルエンザにかかり、総合病院に入院しましたが1週間ほどで退院しました。


最後に、現在入院している脳神経外科は個人で運営されているそうです。

以上、どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今日は、13年前に脳梗塞で入院なさっていますね。

脳梗塞になった原因は分かりますか?高齢者に多いのですが、3人に1人は「心房細動」が原因に成っています。
血管内に血栓が出来、血液の固まりが脳内血管を詰まらせるものが脳梗塞です。以前、不整脈はありませんでしたか。心配なのは2度目と90歳という高齢ですと、体力も弱っていますので薬の投与も難しくどうしても副作用など医師は心配します。
やはり、インフルエンザなどは、免疫力の低下している高齢者では致命的なダメージを与えることもあります。まず、むやみに病院を移転してもどうかと思います。様子を見ることも大切かと思います。
    • good
    • 0

90歳ですか? もう十分生きたのではないですか?


少子高齢化で年寄りが急速に増えていますし無理に延命しても本人にとってありがたい事だとは限りません。静かに寝かせてあげて自然に任すのが最良だと思われますが。
    • good
    • 0

肝心の薬が何かわかりませんが


たいていのものは注文すれば薬問屋がすぐに持ってきますよ
    • good
    • 0

肺炎はご存じのように、お年寄りには致命的になりかねない疾患です。



肺炎の原因(起炎菌といいます)は、いろいろな細菌が考えられ、医師は、悪さをしている細菌が何かを調べ、それに対処できる抗生剤を処方します。(抗生剤はいろいろ種類がありますが、どの細菌に効くかが決まっている)

脳神経外科の「これから探す」というのが、これから検査をするというのか、細菌の種類がわかったので、それにぴったりの抗生剤を、薬の問屋さんに注文して取り寄せるというのか、どういう意味なのか、どういう段階か確認してください。

あなたが納得できる説明がなければ、いろいろな事態に対応が可能な総合病院に転医した方が良いかもしれません。

肺炎が治まれば、どの病院でも治療に大差はありませんが、肺炎の急性期は、出来る限りのことをしてあげてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五木ひろしの魅力を一言でいうと

50台男性で最近カラオケにはまっています。
持ち歌は男性歌手なら石原裕次郎や谷村新司のような低音が渋い人の歌ですが、五木ひろしを歌ってくれと良く言われます。五木ひろしはあまり好きでは無いのですが、大ヒット歌手であることは知っています。今の私には分からない五木ひろしの魅力を教えて下さい。

Aベストアンサー

裕次郎やサライ氏の歌い方は聴き栄えするし真似も容易で
対して細目師匠の歌い方真似るのは非常に辛い作業です
なんつーか「曲のいいところ」で開放しないんですよね
サブちゃんもそっち系かも知れないし大川栄作もそうか?

私の母親は声がぜんぜんだが節回しが上手で
息子の私が他人に褒められていい気に成ってる時言います
「おまえ五木の歌、歌ってみろ歌えるか?」って
まだ一回も披露したこと無いですね怖くてね

https://www.youtube.com/watch?v=kGkPuqP_fr8

よく聴いてよく歌ってみることです、サライや夜霧とはまた違う

Q肺がんで入院中、脳梗塞で倒れた祖父の入院先を探しています。

私の祖父が末期の肺がんで入院中、放射線治療を始める直前に脳梗塞で倒れてしまいました。今は寝たきりの状態(癌のため手術もできず、全身麻痺のある状態)です。入院先の病院からこれ以上治療は出来ないので年明けまでに転院先を探すように言われたのですが、色々探していくつかの病院に「障害度の申請後に」と早くて3月以降じゃないと入院できないと言われてしまいました。とても困っています。今の祖父の状態で受け入れてくれる病院はないのでしょうか?教えてくれる方がいましたら、是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここで聞いてもないと思います。(^^;;
先ずは現在の病院のソーシャルワーカーに。
そして介護保険の関係で3月以降以降しかできません。
それまで置いてください、でなければ探してください、と言うしかありません。
是非、相談してみてください。
それとお住いの福祉事務所にもご相談を。
お大事に

Q五木ひろしさんの「別れの磯千鳥」CDを探しているのですが。

ずいぶん以前に五木ひろしさんが歌っている「別れの磯千鳥」のテープを紛失してしまいましたが、何とか手に入れたくてさがしています。今ではCD版だろうと思いますが、どなたかこの曲のCD版を教えていただけませんか。他の歌手の方のはあるのですが五木ひろしさんのがどうしてもほしいのです。

Aベストアンサー

このCD2枚組のDisk1に収録されていたようですが、残念ながら既に廃盤ですね。

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-10-4988008081633

AmazonにもiTunesにもないようです。

Q脳梗塞発症後の早期のリハビリテーションについて

いつもお世話になります。

少し前に何かの番組で脳梗塞を発症した患者さんに対して
発症後1日か2日でリハビリテーションを開始するという
取り組みをされているお医者さんがいました。
詳しいことをもっと知りたいのですが、それが書かれているサイトが
おわかりの方、教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

 質問者さんがご覧になったのは「NHKスペシャル 闘うリハビリ」ではないでしょうか。
 番組等のホームページのURLをご紹介します。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/080211.html(NHKスペシャル 闘うリハビリ 第2回 早期リハビリ “常識”への挑戦)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080210.html(NHKスペシャル 闘うリハビリ 第1回 あなたはここまで再生できる ~脳がもつ可能性~)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090208.html(NHKスペシャル 闘うリハビリII 寄せられた声をたずねて)
http://www.ai-hosp.or.jp/sinryouka/center_riha/fuku2/4/page1.htm(急性期からリハビリテーションを開始する理由:相澤病院 原先生)
http://www.ai-hosp.or.jp/sinryouka/center_riha/index.htm(相澤病院リハビリテーションセンター)
http://www.ai-hosp.or.jp/sinryouka/center_riha/news/2007/0425/page1.htm(新聞記事)

http://d.hatena.ne.jp/zundamoon07/20080210/1202657042
http://www.omichikai.or.jp/whatsnew/morinomiya_h/037.htm(森之宮病院)
http://d.hatena.ne.jp/zundamoon07/20090208

参考URL:http://www.ai-hosp.or.jp/sinryouka/center_riha/fuku2/4/page1.htm,(相澤病院 原先生)

 質問者さんがご覧になったのは「NHKスペシャル 闘うリハビリ」ではないでしょうか。
 番組等のホームページのURLをご紹介します。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/080211.html(NHKスペシャル 闘うリハビリ 第2回 早期リハビリ “常識”への挑戦)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080210.html(NHKスペシャル 闘うリハビリ 第1回 あなたはここまで再生できる ~脳がもつ可能性~)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090208.html(NHKスペシャル 闘うリハビリII 寄せられた声...続きを読む

Q五木ひろし

五木ひろしの曲でカラオケでよく歌われる曲を教えて下さい。
また、あなたの一番好きな曲を教えて下さい。

Aベストアンサー

カラオケスナックで働いてます。
全国的によく歌われているのかどうかは知りませんが
うちの店でよく歌われるのは

長良川艶歌
細雪
汽笛
そして…めぐり逢い
港の五番町
よこはまたそがれ

他にもたくさんありますが、このあたりが特によく歌われます。
この中でも長良川艶歌がいちばん多く歌われています。
他の人も書いてますがデュエットも入れるならやはり
居酒屋
が一番でしょう。私もよくお客さんと一緒に歌います。

ちなみに、あんまり歌われないのですが
「愛しつづけるボレロ」
という歌が私は好きです。

Q父(現在71歳)が3年前に脳梗塞で倒れ、その後、後遺症が複数発症してい

父(現在71歳)が3年前に脳梗塞で倒れ、その後、後遺症が複数発症しています。
最初は左半身の痺れ。その後、不眠、頻尿に悩まされて現在に至ります。
現在は母親が自宅介護を行っております。
1年前に転倒。左大腿骨を骨折して以来、歩行も困難な状況です。

問題は『痺れ』『頻尿』『不眠』という後遺症(?)が原因で不安障害になってしまいました。
現在ではこの三重苦に悩まされ、四六時中不安状態にあり、排尿の時間を気にして毎日時計と睨めっこ。
痺れを解消させるためと言い、母親に身体のマッサージを一日に何時間も強要させています。
私も母の手助けをするのですが、父の不安障害は、母以外の人間を受け入れないという問題もあります。
子供の私、ホームヘルパーには非常識な要求はしませんが、母に対してだけは常識を逸脱した要求をするのです。(例えば、日中の外出を禁止したり、夜間眠れない場合は徹夜でマッサージをさせます。またパニック状態になった時はモノを投げたり、杖を振り回して母に当り散らします。)

半年ほど前に歩行障害のある高齢者も受け入れてくれる心療内科に入院させましたが、3ヶ月の入院生活も効果が少なく、日に日に症状は悪化しています。

このままでは母をはじめ、家族の者が精神的にも体力的にも限界に達してしまいます。

このような父を強制的に施設に入れるのも不憫に感じますが、今後の事を考えると自宅介護の限界を感じています。
この場合、どのような対処、また父を施設に入れる場合はどの様な施設が良いのか・・・などアドバイスいただければ幸いです。

父(現在71歳)が3年前に脳梗塞で倒れ、その後、後遺症が複数発症しています。
最初は左半身の痺れ。その後、不眠、頻尿に悩まされて現在に至ります。
現在は母親が自宅介護を行っております。
1年前に転倒。左大腿骨を骨折して以来、歩行も困難な状況です。

問題は『痺れ』『頻尿』『不眠』という後遺症(?)が原因で不安障害になってしまいました。
現在ではこの三重苦に悩まされ、四六時中不安状態にあり、排尿の時間を気にして毎日時計と睨めっこ。
痺れを解消させるためと言い、母親に身体のマッサ...続きを読む

Aベストアンサー

ウチも非常に似たケースです。
似過ぎていて少し驚いていますが、もしかしたら程度やその人の性格の差はあれ、よくあるケースなのかも知れないとも思っています。
数年前に父親が脳梗塞で倒れ、左半身に障害が残っていて、その後他にも色々併発して現在も基本的に同居の母が介護しています。朝昼夜構わず大声で叫んだりで起こしては何かと理不尽なことを言い付けたり、基本的に昔から自分勝手な性格ですので私にもそれはありましたが、それよりも特に母親には我侭放題でした。(傾向としては今でもそうです)
ただ、一時期はウチも正直言って酷いもんでしたが、周囲の方々の協力のお陰もあって今はだいぶマシです。

最初に何をしたかというと、まず母親の負担を少しでも軽減させるため、普段は別のところに住んでいる私が半同居しました。暫く後、母親を週に数日は別居させました。(私は日中は仕事のため外出しますので、その時は母親が日中は通う形にしました。私が1日中いられる場合は来なくて良いということにしました)
母親が倒れては元も子もないので、自分としては当然のことと思っていました。当然ですが、これだけで母親の負担は随分軽くなりました。
他、協力可能な者の応分の負担や、ケアマネージャーさんにも積極的に相談して(迷惑な話なのだと思いますが、こっちも必死でしたので、ケアマネージャーさんが余り親切でなかったり要望に応えてくれないようなら役所に強く苦情要望をするぐらいの覚悟でした)、可能な限りの公的なサービスを受けて、父親が希望する些細なことや要望も可能な限り叶えられるようにし、できるだけ会話するようにし、無理なものは無理と理解を求めながら、父親の不安の解消に努めました。
勿論、色々と何だかんだと問題もあって、簡単なものではありませんでしたが、今は母親と完全同居でも問題ないぐらいにはなっています。
今思えば、あれは我慢比べでした。
1つだけアドバイスするとすれば、お父様に対して決して感情的にならないこと。放置しないこと。厳しくしないこと。
もしかしたら、無茶な要求や理不尽なことを言われれると感情的になってしまって難しいことがあるかも知れませんが、怒ったり何か罰的なものを与えたりするのは殆ど逆効果のようです。
今でも夜中に叩き起されたり余りにムシの良い要求などされると時々腹立ってきますが(笑、結果的にいくらかでもマシになってるのだから、間違ってはなかったのかな、と思っています。

現在も定期的に受けているサービスは、週4回のデイサービスと週2回のマッサージです。
現在のところ特養は考えていません。また何かの弾みでおかしくなって、どうしても、ということになれば仕方がないとは思っていますが、同時に、そこには期待もしていません(気の遠くなる順番待ちのため)。自分達で何とかするしかないと思っています。
私のところは今のところは運良く何とかなっていますが、社会的に、これからもっとそういう人達って多分増えていく気しかしませんから、私のところも含めて、この先大丈夫かなぁと余計な心配はしています。

ウチも非常に似たケースです。
似過ぎていて少し驚いていますが、もしかしたら程度やその人の性格の差はあれ、よくあるケースなのかも知れないとも思っています。
数年前に父親が脳梗塞で倒れ、左半身に障害が残っていて、その後他にも色々併発して現在も基本的に同居の母が介護しています。朝昼夜構わず大声で叫んだりで起こしては何かと理不尽なことを言い付けたり、基本的に昔から自分勝手な性格ですので私にもそれはありましたが、それよりも特に母親には我侭放題でした。(傾向としては今でもそうです)
...続きを読む

Q森進一>五木ひろし

「森進一」のほうが「五木ひろし」より唄は上手い。
これを解説して下さい。

※「そうは思わない」のであれば回答は不要です。

Aベストアンサー

 演歌は西洋音楽の技法を用いていますが、根本は日本の音楽なので、音程やリズムの正確性を求めるのは間違っています。振動数が2倍であれば1オクターブ、その間を12等分したのが平均律で・・・などという音階に関するルールは、アジア人である私達には不自由で仕方がない。リズムについても同様です。規則的な拍感に性格であることは、音楽の本質ではありません。

 日本語の韻律は、西洋音楽の音階やリズムとは必ずしも合致しない。となれば、そこからいかに自由であるかが、日本語を歌詞とする音楽の命題ではないか・・・と考えます。ただし、そこには様式感というものもあって、「とにかく西洋的でなければよい」などと言い切ってしまえるほど単純なものではありません。

 しかし、演歌に限っていえば、西洋音楽の理論や楽器を用いてはいるものの「日本の音楽」であることは間違いないので、相当に自由であるべきだと考えます。特に言葉を扱うボーカルは、日本語ならではの韻律や、言語による世界観の表現を優先するべきで、最も「非西洋的要素」が要求されるパートです。

 このように考えた場合、五木ひろしの歌唱は、森進一に比べ西洋音楽的には正当です。五木ひろしは、演歌を西洋音楽と東洋文化の融合と考えているのでしょうか。西洋音楽の枠組みから著しくはみ出そうとはしません。
 一方で森進一は、演歌には西洋音楽としての要素もあるということすら気にしていません。否定しているのではなく、気にしていない。すなわち、西洋音楽に縛られることなく、全く自由です。言葉による表現が最優先で、歌唱というよりも、朗唱という言葉が適切であるような印象を受けます。

 そもそも「唄が上手い」ということの定義が難しい問題ですが、以上のことから私は勝手に次のように結論づけます。

 演歌は、西洋音楽の表現技法を取り入れた日本音楽である。したがって、日本語の韻律を生かした歌唱が優先されるべきで、西洋音楽的要素に合致することは必ずしも重要ではなく、むしろ非西洋的であることが演歌の特徴である。
 森進一は五木ひろしに比べ、演歌的特徴を強く表している。
 よって、「森進一」のほうが「五木ひろし」より唄は上手い。

 

 演歌は西洋音楽の技法を用いていますが、根本は日本の音楽なので、音程やリズムの正確性を求めるのは間違っています。振動数が2倍であれば1オクターブ、その間を12等分したのが平均律で・・・などという音階に関するルールは、アジア人である私達には不自由で仕方がない。リズムについても同様です。規則的な拍感に性格であることは、音楽の本質ではありません。

 日本語の韻律は、西洋音楽の音階やリズムとは必ずしも合致しない。となれば、そこからいかに自由であるかが、日本語を歌詞とする音楽の命...続きを読む

Q脳神経外科とは何?

脳神経外科とは普通の脳外科とはなにが違うのですか?脳外科といったら脳腫瘍、脳内出血、脳梗塞などを思い浮かびますが、脳内出血、脳梗塞などは神経というよりむしろ血管ですよね。

近所に脳神経外科の小病院があります。(十床程度でしょうか?)いつも車でいっぱいですが、あんな小さな病院で脳を開頭して手術してると思うと怖くなります。

Aベストアンサー

No.2です。
「脳血管外科」というのは、脳神経外科医でも特に血管系(血管異常や出血、梗塞)を主に扱う部門や病院のことでしょう。脳神経外科は脳腫瘍・頭蓋内の出血(高血圧性、血管異常、くも膜下出血など)・脳膿瘍・脳梗塞・頭部外傷他、頭頚部(一部頚部や脊髄疾患も含む)の外科的疾患(もしくは、内科的治療でも外科的加療が必要になるケースのあるもの)を主に扱うものと思います。

重症度の高い疾患は入院期間も長く、大きな病院ですら急性期を過ぎて慢性期になったら早期に転院を勧めなければならない状況(言い方は悪くすれば、新しい患者を入れて回転良くした方が收入は多い。逆に長期に入院されると主たる治療:手術などの急性期治療もすることがなく、保険点数も低い)であり、少ない病床数かつ入院設備で稼ごうとする場合は、すぐ退院できるような疾患(例えば慢性硬膜下血腫の穿頭術など、局所麻酔でできる手術など)でしか入院管理は難しいかと思います。
もしくは外来がメインで、どうしても調子が悪い人を一泊させる程度でしょうか。まぁどちらにしても憶測の域を出ませんが。

脳神経外科疾患は長期にリハビリが必要であったり障害が残ること、痙攣などの薬のコントロールが必要になる場合が多いため、在宅介護のフォローアップやデイケアなどでそのような患者を主に見たとしても不思議はないかと思います。薬のコントロールにしても、脳外科医の方がいいと思いますので。
(ただ、法改正により、それだけで経営が成り立つのかは分かりませんが)

No.2です。
「脳血管外科」というのは、脳神経外科医でも特に血管系(血管異常や出血、梗塞)を主に扱う部門や病院のことでしょう。脳神経外科は脳腫瘍・頭蓋内の出血(高血圧性、血管異常、くも膜下出血など)・脳膿瘍・脳梗塞・頭部外傷他、頭頚部(一部頚部や脊髄疾患も含む)の外科的疾患(もしくは、内科的治療でも外科的加療が必要になるケースのあるもの)を主に扱うものと思います。

重症度の高い疾患は入院期間も長く、大きな病院ですら急性期を過ぎて慢性期になったら早期に転院を勧めなければなら...続きを読む

Q五木ひろしはずっと前から目が細かったのですか

五木ひろしさんはずっと前から今と同じくらい目が細かったのですか

Aベストアンサー

 デビュー当時から確かに細かったです。

Q脳神経外科での看護助手の仕事内容って?

タイトルの求人を見つけ、トライしようか迷っているのですが、
看護助手のお仕事って大変だと聞きます。

実際その求人に載っていた仕事内容は、
「機器の洗浄消毒」
「材料作り(綿球、ガーゼなど)」
「ベッドメーキングなど」

ということでした。
40床程度の病院です。

お給料は19万円~ということで、
看護助手のお仕事にしては高いようで、
↑に書いた仕事以外にも色んな仕事がありそうだな、と推測したわけですが、
実際にどんな仕事があるのか想像がつきません。


私としては、
・17:30まで(残業月10時間程度)ということで、
 子供がいる身としては比較的早くあがれるのがありがたい。
・家から近い
・福利厚生が充実している(育児休暇制度など)

ということがメリットに感じられ、応募しようかとても迷っています。

現在は診療所で診療補助のパートをしています。

このような求人の実情について推察し解答できる方、
是非是非お願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

一口に看護助手と言っても、その業務内容は施設によってかなり異なりますが、
患者に直接触れる業務(もちろん看護師免許不要の範囲で)が含まれていると、
給与は高くなります。
患者に直接触れる業務とは、患者の移動(ベッドから降ろして車椅子に乗せる)や
清潔ケア(身体を拭いたり、オムツ交換など)などの看護師業務の手伝いです。
看護師に手を貸すだけとは言っても、寝たきりなど自分で動けない患者が主な対象となるので、
結構な力仕事です。
汚物を見る機会も多いため、慣れないうちはかなり苦痛を覚えるかも知れません。
因みに、脳外科なら自力で動ける患者の割合は他科より低い可能性が高いので、このような業務が
あると身体は相当きついと思ったほうが良いでしょう。
一方、患者に触れる業務は助手が行わない施設では、ベッドに患者が寝た状態でのベッドメイキングは
看護師だけで行いますし、車椅子を押すことさえありませんから随分楽です。

又、看護助手の主な業務には病棟内の清掃があります。
入院施設のある医療機関は便や尿や吐物などで汚れた箇所が非常に多いですから、
汚物を目にすることや汚物臭は避けられません。
便や尿・痰を捨てる汚物漕の清掃、ポータブルトイレや尿器などの清掃や消毒、排泄物で汚染された床や
ベッド周囲の清掃などが、
どうしても嫌だと辞めていく人も少なくありません。

病床数40床なら、大きな病院と違って動く範囲が狭い分は楽でしょうが、それくらいの規模の施設は、
大きな病院より病床数に対する看護師の配置人数が少ないところが殆どです。
つまり、看護師数が少ない分はより人件費の安い助手で補っているところが大半なので、
却って大きな病院より仕事がきつい場合もあります。

参考まで。。。

一口に看護助手と言っても、その業務内容は施設によってかなり異なりますが、
患者に直接触れる業務(もちろん看護師免許不要の範囲で)が含まれていると、
給与は高くなります。
患者に直接触れる業務とは、患者の移動(ベッドから降ろして車椅子に乗せる)や
清潔ケア(身体を拭いたり、オムツ交換など)などの看護師業務の手伝いです。
看護師に手を貸すだけとは言っても、寝たきりなど自分で動けない患者が主な対象となるので、
結構な力仕事です。
汚物を見る機会も多いため、慣れないうちはかなり苦...続きを読む


人気Q&Aランキング